for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Teva Pharmaceutical Industries Limited

TEVA.TA

現在値

3,520.00ILa

変化

-181.00(-4.89%)

出来高

539,555

本日のレンジ

3,520.00

 - 

3,569.00

52週レンジ

2,175.00

 - 

7,353.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,701.00
始値
3,521.00
出来高
539,555
3か月平均出来高
37.95
高値
3,569.00
安値
3,520.00
52週高値
7,353.00
52週安値
2,175.00
発行済株式数
1,092.09
時価総額
40,418.23
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2019 Teva Pharmaceutical Industries Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Ironwood, Allergan Announce Settlement Resolving Linzess (Linaclotide) Patent Litigation

Teva, In Response To Report On Probe Of Opioid Makers, Distributors, Says Subpoena Referenced On Nov. 26 Was Previously Disclosed In Q3 Public Filings

Federal Prosecutors Launch Criminal Probe Of Opioid Makers, Distributors - WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Teva Pharmaceutical Industries Limitedとは

テバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ(Teva Pharmaceutical Industries Ltd)はイスラエルの製薬会社。【事業内容】同社はすべての治療カテゴリー内のジェネリック医薬品の開発、生産及びマーケティングに従事する。同社の医薬品事業は「Copaxone」及び「Azilect」等主要製品を含む。同社の原薬(API)事業は自社の薬品生産に垂直統合型業務を提供する。同社のグローバル運営事業は北米・中南米からヨーロッパとアジアまでに展開される。同社はカナダ、クロアチア、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、イスラエル、日本、ポーランド、ロシア、スペイン、オランダ、英国と米国など国々で数多くの子会社を運営する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

5 Basel St.,

P.O. Box 3190

+972.3.9267267

http://www.tevapharm.com

エグゼクティブリーダーシップ

Sol J. Barer

Independent Chairman of the Board

Kaare Schultz

President, Chief Executive Officer, Director

Eli Kalif

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Director

Mark Sabag

Executive Vice President - Global Human Resources

Iris Beck-Codner

Executive Vice President - Global Brand & Communications

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.67
株価純資産倍率(四半期)
0.85
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
195.36
長期負債/資本(四半期)
172.66
投資利益率(過去12カ月)
-9.42
自己資本利益率(過去12カ月)
-7.00

最新ニュース

最新ニュース

米検察当局、オピオイドのメーカー・流通企業6社を刑事捜査

米連邦検察が、刑事事件として立件する可能性を念頭に、麻薬入り医療用鎮痛剤「オピオイド」の大量流通に関与したメーカーおよび医薬品卸6社を捜査していることが、規制当局への提出資料で明らかになった。

S&P過去最高値に迫る、米中合意期待でハイテク株などに買い

米国株式市場は、米中通商合意への期待が高まったことで貿易動向や世界的な景気動向に敏感な銘柄に買いが入り、S&P総合500種は過去最高値に迫った。

NY市場サマリー(21日)

終盤の取引で、10年債利回りは1.794%に上昇。前週末の終値は 1.75%だった。 30年債利回りは2.286%。一時は5週間ぶり水準の2.3%まで 上げた。 2年債利回りは前週末の1.576%から1.616%に上昇した。 エバーコアISIの債券ストラテジスト、スタン・シプリー氏は、経済減速のリスク は残るが、景気後退(リセッション)懸念は和らいだと指摘。2カ月前のリセッション確 率は35─45%だったが、現在は20─25%と指摘した。 今週は1130億ドル規模の2年債、5年債、7年債入札などが予定されている。 米金融・債券市場: <...

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、医薬関連大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、連邦地裁の審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、製薬会社大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

製薬・卸売の5社、オピオイド訴訟で総額500億ドルの和解提案

米国のオピオイド中毒訴訟の和解に向けて、医薬品メーカーと卸売り計5社が、現金計220億ドルの支払いと280億ドル相当の医薬品と医療サービスの提供を申し出ている。事情に詳しい関係筋2人が16日、ロイターに明らかにした。

米地裁、10月21日にオピオイド中毒巡る審理決定 和解勧告も

処方鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、米オハイオ州北部地区の連邦地裁は3日、米製薬大手パーデュー・ファーマら被告側による手続き無効の申し立てを棄却し、10月21日に審理を行うことを決定した。同時に双方に和解勧告も提案した。

米地裁、J&Jに制裁金5.72億ドル オピオイド中毒問題で

米オクラホマ州地裁は26日、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が不適切な手法で麻薬入り鎮痛剤「オピオイド」を販売し、オピオイド中毒をまん延させた責任があるとし、5億7210万ドルの制裁金支払いを命じた。J&Jは上訴する方針を示した。

ダウ800ドル安、長短金利逆転で景気後退懸念

米国株式市場は大幅安となり、主要3指数は揃って約3%下落した。ダウ工業株30種は800.49ドル安で終了し、下げ幅は2018年10月以降で最大だった。米国債の長短金利が12年ぶりに一時逆転したことを受け、景気後退懸念が高まった。

米下院委、マイラン・テバなどに文書提出要求 薬価高騰調査で

米下院監視・政府改革委員会の指導部は14日、議会が進めるジェネリック(後発医薬品)の価格高騰を巡る調査の一環で、製薬メーカー大手マイラン、テバ・ファーマシューティカル、ヘリテージ・ファーマシューティカルズの3社に文書の提出を求めた。

米ファイザー、特許切れ医薬品事業をマイランと統合で合意

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は29日、特許切れ医薬品事業を分離して、後発医薬品(ジェネリック)大手の米マイラン<MYL.O>と統合することで合意したと発表した。

EXCLUSIVE-テバの「エピペン」後発薬、米国で品薄 認可から5カ月

イスラエルのジェネリック医薬品(後発薬)大手テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズが製造する「エピペン」のジェネリック(後発医薬品)は、米国での販売認可が5カ月前におりたが、米国内の大手薬局で入手困難な状態となっている。

製薬企業、米国で薬価引き上げ 250品目以上

2019年に入り、製薬会社が米国において250品目以上の医薬品価格を引き上げた。ただそのペースは昨年に比べ緩やかなものになっている。

バークシャー、ゴールドマンとアップル株を買い増し

米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は、ゴールドマン・サックス<GS.N>とアップル<AAPL.O>の株式を買い増した。14日、証券当局への提出文書で明らかになった。

トランプ米大統領、ファイザーなど製薬大手の値上げ批判

トランプ米大統領は9日、今月初めに一部医薬品の値上げに踏み切ったファイザー<PFE.N>などの製薬大手を批判し、何らかの対策を講じると言明した。

バークシャーがアップルの第2株主に浮上、テバ株の保有倍増

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は15日、アップル<AAPL.O>株式を買い増し、第2位株主に浮上したことを確認した。

欧州市場サマリー(13日)

<為替> ドルが主要6通貨に対し横ばいまで回復。当初は昨年10月以来の水準に沈んでいたが、堅調な米指標を受けて持ち直した。

欧州株式市場=続伸、前日から上昇幅圧縮

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 386.14 +1.24 +0.32 384.90 FTSEユーロファースト300種 1518.91 +4.32 +0.29 1514.59 DJユーロSTOXX50種 3527.83 +12.60 +0.36 3515.23 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長 のハト派寄りの発言を背景に大幅に値上がりした前日からは上昇幅を圧縮した。 景気循環株が好調だった。中でも金利上昇の恩恵を受けるSTOXX欧州600種銀 行株指数...

ロンドン株式市場=反落、アストラゼネカや石油株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード FT100種 7413.44 -3.49 -0.05 7416.93 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。製薬大手アストラゼネカが 売られたほか、原油安に伴い石油大手のBPやロイヤル・ダッチ・シェル<RDS a.L>も値を下げた。 アストラゼネカは3.4%下落した。パスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO )がイスラエルの製薬大手テバファーマスーティカル・インダストリーズ に移るかもしれないとする報道が嫌気された。アストラゼネカは報道を否定すること を控えた。 一方、通信大手BTグループ...

米国株式市場はダウ小幅続落、FBI長官解任などが重しに

米国株式市場は、ナスダック総合が再び最高値を更新した一方、ダウ工業株30種は小幅続落。トランプ米大統領による連邦捜査局(FBI)のコミー長官解任や、いくつかのさえない企業決算が相場の重しになった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up