for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ターゲット・コーポレーション

TGT.N

現在値

114.96USD

変化

-1.96(-1.68%)

出来高

527,882

本日のレンジ

114.80

 - 

116.65

52週レンジ

69.07

 - 

130.21

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
116.92
始値
116.54
出来高
527,882
3か月平均出来高
109.75
高値
116.65
安値
114.80
52週高値
130.21
52週安値
69.07
発行済株式数
506.74
時価総額
59,247.70
予想PER
18.42
配当利回り
2.26

次のエベント

Dividend For TGT.N - 0.6600 USD

適時開示

その他

Target Reports Holiday Sales And Maintains EPS Guidance

Casper Sleep Inc Files For IPO Of Up To $100 Mln

Target Declares Quarterly Dividend Of 66 Cents Per Common Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ターゲット・コーポレーションとは

ターゲット(Target Corporation)は自社の店舗とデジタルチャンネルを通じて商品を販売する一般小売業者である。【事業内容】一般雑貨店では、生鮮食品、乾燥食料品、乳製品、凍結品などの編集済みの食品を提供する。そのデジタルチャンネルには、オンラインでのみ販売される追加のサイズと色など、店舗で見つかった多様なアイテムや品揃えなど、一般的な商品が含まれる。同社は「Archer Farms」、「Market Pantry」、「Sutton&Dodge」、「Art Class」、「Merona」、「Threshold」、「Ava&Viv」、「Pillowfort」、「Room Essentials」、「Wine Cube」、「Cat&Jack」、「Simply Balanced」及び「Wondershop」などのブランドを有する。独占的なブランドには、「Champion」、「Hand Made Modern」、「Mossimo」、「Levi's」の「DENIZEN」、「Nate Berkus for Target」、「Fieldcrest」、「Kid Made Modern」、「Genuine Kids from OshKosh and Liz Lange for Target」などがある。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

1000 Nicollet Mall

+1.612.3046073

https://corporate.target.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Brian C. Cornell

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Michael J. Fiddelke

Chief Financial Officer, Executive Vice President

John J. Mulligan

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Michael Edward McNamara

Executive Vice President, Chief Information Officer

Rick H. Gomez

Executive Vice President, Chief Marketing & Digital Officer

統計

2.14 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

69.5K

2018

71.9K

2019

75.4K

2020(E)

78.3K
EPS (USD)

2017

5.010

2018

4.710

2019

5.390

2020(E)

6.349
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.73
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.76
株価純資産倍率(四半期)
5.13
株価キャッシュフロー倍率
10.23
総負債/総資本(四半期)
101.10
長期負債/資本(四半期)
91.06
投資利益率(過去12カ月)
12.19
自己資本利益率(過去12カ月)
7.41

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(16日)

昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加した。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準を付けた。[nL4N29L3K4][nL4N29L3WV]

米国株市場は主要指数最高値、S&P初の3300台 IT株が高い

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が初めて3300台に乗せたほか、他の主要株価指数も最高値で取引を終えた。情報技術(IT)株の上昇や堅調な小売統計、強い内容となったモルガン・スタンレー<MS.N>の決算に支援された。

NY市場サマリー(16日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米経済指標がドル相場の支えになった。 昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加し た。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準 を付けた。 BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の為替戦略部長、グレッグ・アンダ ーソン氏は「特にフィラデルフィア指数の伸びが好感され、すでに低い景気後退(リセッ ション)確率がさらに後退した」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.1%高の97.329。前日の海外市場で は一時97.085と1月8日以来...

米年末商戦小売売上高、19年は4.1%増 ネット販売堅調=NRF

全米小売業協会(NRF)は16日、2019年の米年末商戦小売売上高(自動車ディーラー、ガソリンスタンド、レストランを除く)が前年同期比4.1%増の7302億ドルになったと発表した。

米年末商戦小売売上高、19年は4.1%増 ネット販売堅調=NRF

全米小売業協会(NRF)は16日、2019年の米年末商戦小売売上高(自動車ディーラーを除く)が前年同期比4.1%増の7302億ドルになったと発表した。

米小売売上高、12月は0.3%増 3カ月連続プラス

米商務省が16日発表した2019年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致した。3カ月連続で増加した。家計は自動車以外おおむね購入を増やしており、19年末時点で米経済が緩やかに成長していたことを示す。

米国株市場はダウが初の2万9000ドル台、米中の通商合意署名で

米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種<.DJI>が初めて2万9000ドル台に乗せて終了。S&P総合500種<.SPX>も終値ベースで最高値を更新した。米中両国はこの日、貿易交渉を巡る「第1段階」の合意に署名し、1年以上にわたって市場を揺るがしてきた関税合戦の終結に向け取り組む姿勢を表明した。

焦点:ネット販売増で複雑化、見えにくい小売各社「真の実力」

クリスマス商戦の時期に同じ店舗を見て回るのが、マーシャル・コーエン氏の30年来の恒例行事だ。

米年末商戦、最初の5日間の支出額平均は16%増=全米小売業協会

全米小売業協会(NRF)は3日、年末商戦の開始を告げる感謝祭からサイバーマンデーまでの5日間で過去最多となる約1億9000万人が買い物をし、前年同期比で約14%増えたとする調査結果を発表した。

米サイバーマンデー売上高、過去最高の92億ドルの見込み 無料配送など奏功

米感謝祭明けの月曜日に実施されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」の売上高は92億ドルに達する見通しだ。従来予想の94億ドルから下方修正されたが、依然として過去最高に達する見込み。

焦点:トランプ関税、顧客に転嫁せず 米小売企業がコスト吸収

年末商戦シーズンを控えた米国で、大手小売企業がオンライン販売する多くの製品の価格が、中国からの輸入品への関税引き上げにもかかわらず横ばい程度に抑えられている。ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>といった大手が輸入価格の上昇分を吸収し、消費者に転嫁していないからだ。

米サイバーマンデー売上高、過去最高の94億ドルに 無料配送など奏功

米感謝祭明けの月曜日に実施されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」の売上高は、過去最高の94億ドルに達する見通しだ。

米ブラックフライデー、ネット販売70億ドル超に増加 店舗利用に変化

米年末商戦の幕開けとされる感謝祭翌日の「ブラックフライデー」の小売売上高は、オンライン販売が70億ドル超に増加する一方、感謝祭当日の夜は実店舗への来客が数年ぶりに増加し、消費者が店舗で買い物するタイミングが変化していることが調査会社のデータでわかった。

米年末商戦スタート、例年より行列少なめ ネット販売増などで

米国では29日、年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた。今年は店舗に行列をつくる人の姿が例年より少なく、セール前倒しやオンラインショッピング拡大の影響が出ているとみられる。

アングル:年末商戦の勝敗、見極めは感謝祭明けの値引き具合

米国では感謝祭開けの金曜日、いわゆるブラックフライデーに当たる29日から年末商戦が始まる。株式市場で既に進行している勝ち組と負け組の選別は、商戦をきっかけに一層拍車が掛かるかもしれない。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが上昇した。「第1段階」の米中通商合意が来年にずれ込む可能性があるとの関係者の話が伝わったことで、安全資産に対する需要が増大した。

米国株式市場は下落、米中の「第1段階」合意が越年も

米国株式市場は、主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米中通商協議の「第1段階」の合意が来年にずれ込む可能性があるとの報道を受けて懸念が高まった。米連邦準備理事会(FRB)が20日公表した10月29─30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨も市場の支援材料にはならなかった。

米ターゲット、通期利益見通し引き上げ 好調な年末商戦を予想

米小売大手ターゲット<TGT.N>が20日、通期の利益見通しを引き上げた。即日配送サービスや店舗改装が奏功する中、年末商戦が力強い内容になることを示唆した。

米国株市場はダウとS&Pが下落、小売企業の業績見通しさえず

米国株式市場はダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>が最高値から下落して取引を終えた。ホームセンター大手ホーム・デポ<HD.N>や百貨店コールズ<KSS.N>のさえない業績見通しを受け、消費支出への懸念が高まった。米中貿易摩擦も引き続き重しとなった。

米国株市場は小幅高で最高値更新、米中協議巡り様子見ムード

米国株式市場は主要株価3指数がわずかに上昇し、最高値を更新して取引を終えた。米中通商合意を巡るまちまちのニュースを受け、様子見の展開となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up