for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ターゲット・コーポレーション

TGT.N

現在値

217.25USD

変化

-4.47(-2.02%)

出来高

2,206,753

本日のレンジ

214.30

 - 

220.74

52週レンジ

166.84

 - 

268.97

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
221.72
始値
220.00
出来高
2,206,753
3か月平均出来高
78.38
高値
220.74
安値
214.30
52週高値
268.97
52週安値
166.84
発行済株式数
479.12
時価総額
106,231.40
予想PER
16.87
配当利回り
1.62

次のエベント

Dividend For TGT.N - 0.9000 USD

適時開示

その他

Target Corporation Declares Regular Quarterly Dividend

Target CEO Says Co Navigating Broader Cost Pressures As Many Vendors Have Raised Wholesale Prices - Conf Call

Target Corp Reports ‍Q3 GAAP EPS $3.04 Q3 Adjusted EPS $3.03

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ターゲット・コーポレーションとは

ターゲット(Target Corp)は、店舗やデジタルチャネルを通じて商品を販売する総合商品小売業者である。【事業内容】雑貨店では、生鮮食品、乾物、乳製品、冷凍食品など、編集された食品の品揃えを提供する。デジタルチャネルには、店で見つけた多くのアイテムを含むさまざまな商品の品揃えと、補完的な品揃えが含まれる。雑貨や食品の品揃えを販売する。フォーマットストアは、厳選された雑貨や食品の品揃えを提供する。アパレル、アクセサリー、室内装飾、電子機器、おもちゃ、季節商品、食品など、さまざまな商品カテゴリで在庫を管理する。都市市場や大学のキャンパスでフォーマットストアを含むストアを運営する。製品カテゴリには、アパレルとアクセサリー、美容と家庭用品、食品と飲料、ハードライン、家具と装飾が含まれる。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

1000 Nicollet Mall

MINNEAPOLIS, MN

55403

United States

+1.612.3046073

https://corporate.target.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Brian C. Cornell

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Michael J. Fiddelke

Chief Financial Officer, Executive Vice President

John J. Mulligan

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Melissa K. Kremer

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Michael Edward McNamara

Executive Vice President, Chief Information Officer

統計

2.00 mean rating - 34 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

75.4K

2020

78.1K

2021

93.6K

2022(E)

106.6K
EPS (USD)

2019

5.390

2020

6.390

2021

9.420

2022(E)

13.263
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.03
株価純資産倍率(四半期)
7.72
株価キャッシュフロー倍率
11.34
総負債/総資本(四半期)
92.46
長期負債/資本(四半期)
83.94
投資利益率(過去12カ月)
21.75
自己資本利益率(過去12カ月)
12.91

最新ニュース

最新ニュース

米政府、「N95」マスク4億枚を無償配布 コロナ対策の一環

米政府が新型コロナウイルス対策の一環で、戦略国家備蓄から高性能マスク「N95」4億枚を放出し、全米各地の薬局や地域医療センターなどで国民に無償配布すると、ホワイトハウス当局者が19日明らかにした。マスクの受け取りは来週終盤から可能となる見通し。

21年米年末商戦の小売売上高14.1%増、逆風も消費支出堅調

全米小売業協会(NRF)は14日、2021年の米年末商戦(11─12月)の小売売上高が前年同期比14.1%増の8867億ドルと、NRFの予想である最大11.5%増を上回った。

ウォルマート、12月に約60店舗一時閉鎖 コロナ対策で店内清掃

米小売大手ウォルマートは12月に国内の約60店舗を一時閉鎖し、新型コロナウイルスの感染を防ぐために店内の消毒や清掃を行った。急速に広がる新型コロナのオミクロン変異株が小売業界に混乱をもたらす可能性がある。

米、クリスマス前の供給網危機を回避 政府対策が奏功=大統領

バイデン米大統領は22日、供給網の制約問題を巡り米宅配大手フェデックスなどの民間企業のトップを交えた会合を開き、政府が取った一連の対策でクリスマス前の危機は回避できたとの考えを示した。

焦点:供給網と物流大渋滞、中国から米国にゲーム機が届くまで

肌寒いある日の朝、中国から米ボストン郊外にあるゲーム機企業T2Mの倉庫に届いた貨物コンテナはパレット(荷役台)に穴が空いていた。「フォークリフトの仕業に違いない」──。最高経営責任者(CEO)のフレーザー・タウンリーさんはそうつぶやきながらも、製品が倉庫に届いただけで御の字だと思っている。

世界の広告費、21年は予想よりも大幅増に=業界見通し

6日に発表された広告代理店2社の見通しによると、今年の世界の広告費は当初予想よりも大幅に伸び、来年も増加する見通し。コロナ禍で企業がアルファベット傘下のグーグルやメタなどのサーチエンジンやソーシャルメディアのプラットフォームで広告の出稿を増やしていることが背景にある。

米サイバーマンデー売上高、前年比横ばいか 商品不足や値引き減で

米感謝祭後に展開されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」が29日始まった。今年は世界的なサプライチェーン混乱に伴う商品不足や値引きの減少などが響き、売り上げは前年比でほぼ横ばいとなる公算が大きい。

米サイバーマンデー売上高、前年比横ばいか 商品不足や値引き減で

米感謝祭後に展開されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」が29日始まった。今年は世界的なサプライチェーン混乱に伴う商品不足や値引きの減少などが響き、売り上げは減速する公算が大きい。

米ブラックフライデー、ネット購入が小幅減 実店舗客足は増加

米年末商戦の幕開けとなる感謝祭翌日「ブラックフライデー」の今年のオンライン支出は、新型コロナウイルスへの懸念や供給制約などで、前年から小幅減少した。一方、実店舗の客足は前年よりも増えた。

米ブラックフライデー商戦の混雑緩和、値引きは減少

[シカゴ 26日 ロイター]- - 米年末商戦の幕開けとなる「ブラックフライデー」の26日のセールには、肌寒い中でクリスマスプレゼントを求める買い物客が小売店に集まった。米大手小売業が商戦を早めたため、店舗は例年より混雑していなかった。

米ベスト・バイ、年末商戦期の売上高見通し予想下回る 商品不足で

米家電量販大手ベスト・バイが23日発表した第4・四半期(11月─2022年1月)の既存店売上高見通しはアナリスト予想を下回った。重要な年末商戦が商品不足による打撃を受けると予想している。

NY市場サマリー(18日)ドル高一服、S&Pとナスダック最高値

主要6通貨に対するドル指数は前日の取引で96.226と、2020年7月半ば以来の高水準を付けたが、この日の取引の終盤では0.272%安の95.553。

米国株式市場=S&Pとナスダックが最高値、小売・ハイテク好決算受け

米国株式市場は値動きの荒い展開となる中、S&P総合500種とナスダック総合が最高値を更新して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)当局者からタカ派的な発言があったものの、小売企業やハイテク企業の好決算が注目された。

米国株式市場=下落、インフレ・供給網巡る懸念で

米国株式市場は下落して取引を終えた。インフレやサプライチェーン(供給網)を巡る懸念に圧迫された。米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げを開始するとの見方が高まっている。

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場では、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観測が織り込まれた。

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下 落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場で は、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観 測が織り込まれた。 NY外為市場: <債券> 米金融・債券市場ではこのところの利回り上昇を受けた買いが入り、利回 りが低下(価格は上昇)した。20年債入札が軟調だったものの、ひどい結果にならなか ったことも作用した。 10年債利回りは一時1.65%と10月26日以来の高水準を付けた が、その後は1....

米国株式市場=下落、インフレ・供給網巡る懸念で

米国株式市場は下落して 取引を終えた。インフレやサプライチェーン(供給網)を巡る懸念に圧 迫された。米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げを開 始するとの見方が高まっている。 小売り大手ターゲットは好調な決算を発表。通年の見通し を引き上げたほか、利益が予想を上回った。ただ、株価は下落し、前日 の同業ウォルマートの下げに追随した。両社ともサプライチェ ーンの問題により第3・四半期の利益率が圧迫された。 18日に決算発表を控えるメーシーズ、コールズ、来 週に発表予定のギャップ、アーバン・アウトフィッターズ<URBN .O>など...

米国株式市場=上昇、小売統計やホーム・デポ決算を好感

米国株式市場は上昇して取引を終えた。ホームセンター大手ホーム・デポの決算や米小売統計で消費の堅調さが示され、インフレを巡る懸念が後退したことが背景。

米国株式市場=ほぼ横ばい、利回り上昇でテクノロジー株が下落

米国株式市場はほぼ変わらずで取引を終えた。米国債利回りが上昇する中、テクノロジー株への買い意欲が減退した。一方、貨物機需要増加の兆しからボーイング株が買われた。

NY市場サマリー(12日)ドル小幅安、株上昇 国債は売り一服

<為替> ドルが小幅下落した。インフレ率の高進が消費者心理を悪化させた。ただ、投資家は米国の景気回復への期待を高め、週間では約3カ月ぶりの大幅な上昇を記録する基調にある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up