for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ターゲット・コーポレーション

TGT.N

前日終値

106.67USD

変化

-1.20(-1.11%)

出来高

2,213,300

本日のレンジ

106.60

 - 

108.50

52週レンジ

60.17

 - 

110.93

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
107.87
始値
108.31
出来高
2,213,300
3か月平均出来高
113.48
高値
108.50
安値
106.60
52週高値
110.93
52週安値
60.17
発行済株式数
510.93
時価総額
54,500.75
予想PER
17.31
配当利回り
2.47

次のエベント

Dividend For TGT.N - 0.6600 USD

適時開示

その他

Target Declares Regular Quarterly Dividend And Announces New $5 Bln Share Repurchase Program

Target Corp Says Plans To Roll Out New Loyalty Offering, Target Circle, Nationwide On Oct. 6

Disney And Target Team Up To Bring Disney Store To Target Shoppers

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ターゲット・コーポレーションとは

ターゲット(Target Corporation)は自社の店舗とデジタルチャンネルを通じて商品を販売する一般小売業者である。【事業内容】一般雑貨店では、生鮮食品、乾燥食料品、乳製品、凍結品などの編集済みの食品を提供する。そのデジタルチャンネルには、オンラインでのみ販売される追加のサイズと色など、店舗で見つかった多様なアイテムや品揃えなど、一般的な商品が含まれる。同社は「Archer Farms」、「Market Pantry」、「Sutton&Dodge」、「Art Class」、「Merona」、「Threshold」、「Ava&Viv」、「Pillowfort」、「Room Essentials」、「Wine Cube」、「Cat&Jack」、「Simply Balanced」及び「Wondershop」などのブランドを有する。独占的なブランドには、「Champion」、「Hand Made Modern」、「Mossimo」、「Levi's」の「DENIZEN」、「Nate Berkus for Target」、「Fieldcrest」、「Kid Made Modern」、「Genuine Kids from OshKosh and Liz Lange for Target」などがある。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

1000 Nicollet Mall

+1.612.3046073

https://corporate.target.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Brian C. Cornell

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

John J. Mulligan

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Michael Edward McNamara

Executive Vice President, Chief Information Officer

Rick H. Gomez

Executive Vice President, Chief Marketing & Digital Officer

Don H. Liu

Executive Vice President, Chief Legal & Risk Officer, Corporate Secretary

統計

2.22 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

69.5K

2018

71.9K

2019

75.4K

2020(E)

78.3K
EPS (USD)

2017

5.010

2018

4.710

2019

5.390

2020(E)

6.163
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.91
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.71
株価純資産倍率(四半期)
4.61
株価キャッシュフロー倍率
9.71
総負債/総資本(四半期)
97.31
長期負債/資本(四半期)
87.57
投資利益率(過去12カ月)
11.69
自己資本利益率(過去12カ月)
7.62

最新ニュース

UPDATE 1-米国株式市場=横ばい、マイクロソフト最高値 アップルさえず

(内容を追加しました) [19日 ロイター] - 米国株式市場は、連邦準備理事会(FRB)の政策決定が 消化される中、横ばいで取引を終えた。マイクロソフトが上昇し、アップル<AAP L.O>の下げを補った。 FRBは前日の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げを決定したほか、追加緩和 の可能性に含みを残した。CMEグループのFEDウオッチによると、金利先物が織り込 む10月の0.25%利下げの確率はほぼ五分五分となっている。 スレートストーン・ウエルスのシニア・ポートフォリオ・マネジャー、ロバート・パ ブリック氏は「FRBが金融緩和姿勢...

米ディスカウント小売勢、関税対応策が奏功 通期利益見通し上げ

米ディスカウント小売大手ダラー・ゼネラルとダラー・ツリーは29日、通期利益見通しを上方修正した。トランプ米大統領による対中関税の打撃を被っているものの、新商品の投入などによる影響軽減策が奏功しているもよう。

NY市場サマリー(22日)

指標10年債利回りは1.598%と、前日終盤の1.577%から上昇。2年債と10年 債の金利差は取引終盤で逆転する場面があった。 米金融・債券市場: <株式> ほぼ横ばいで終了。朝方発表された米経済指標が強弱入り混じる内容となる中、パウエルF RB議長が23日にジャクソンホールで行う講演に注目が集まっている。 ブルーダーマン・アセットマネジメントの主任市場ストラテジスト、オリバー・パーシュ氏は「PMI の50割れはやや予想外だったものの、新規失業保険申請は底堅い内容で、経済が深刻な景気後退(リセッ ション)に陥るとは想定していない」と述...

UPDATE 1-米国株式市場=横ばい、あすのFRB議長講演に注目

(内容を追加しました) [ニューヨーク 22日 ロイター] - 米国株式市場はほぼ横ばいで終了した。朝 方発表された米経済指標が強弱入り混じる内容となる中、連邦準備理事会(FRB)のパ ウエル議長が23日にジャクソンホールで行う講演に注目が集まっている。 パウエル議長は、FRB内に見られる金融政策を巡る見解の不一致に加え、利下げに 向けた政治的圧力、景気後退の前兆とされる長短金利差逆転の動きといった向かい風の板 ばさみとなる中、7月の利下げが「サイクル半ばの調整」というスタンスを堅持する公算 が大きいとみられている。 こうした中、金融当局者...

今日の株式見通し=小じっかり、買い一巡後は節目にらみ一進一退

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小じっかりした展開が予想されている。前日の米国株が上昇したことを好感し、買い先行となりそうだ。ただ、引き続き市場参加者が少なく、週末のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を見極めたいとのムードが強い。日経平均は戻りの節目として意識されている9日高値2万0782円06銭をにらみ、買い一巡後は一進一退になるとの見方が出ている。

ダウ240ドル高、企業の好決算やFOMC議事要旨で

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は240ドル値上がりして引けた。小売り企業の好決算に加え、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅利下げが討議されたことが議事要旨から判明し、買いが優勢となった。

NY市場サマリー(21日)

<為替> ドルが安全資産とされる円やスイスフランに対し上昇。今週終盤に予定されるパウエル米連 邦準備理事会(FRB)議長の講演や主要7カ国(G7)首脳会議に注目が集まる中、世界の株価や米利利 回りが上昇し、リスク選好の動きが高まった。 パウエル議長は23日、ワイオミング州ジャクソンホールでの年次経済シンポジウムで講演する。また 、24─26日にフランスで開催されるG7サミットで各国の金融当局者が示す発言にも関心が集まる。 FRBはこの日、7月30─31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表。複数の参 加者が50ベーシスポイント...

WRAPUP 2-米国、中国製品3000億ドル相当に10%追加関税発動へ 協議進展なく

トランプ米大統領は1日、3000億ドル相当の中国製品に対し10%の制裁関税を課すと発表した。9月1日に発動する。閣僚級の米中通商協議が7月末に再開したものの進展がみられないこと背景にあり、貿易摩擦が再び悪化する恐れがある。

米小売業界、対中追加関税に反発 価格上昇や雇用への打撃を警告

トランプ米大統領が3000億ドル相当の中国製品に対する10%の制裁関税を9月1日に発動すると表明したことを受け、米主要小売業界団体は1日、関税発動は個人消費を冷え込ませるうえ、価格上昇や雇用への打撃につながるとして強く反発した。

カリフォルニア大学、電球関連の特許巡りアマゾンなど小売5社を提訴

カリフォルニア大学は30日、フィラメントLED電球に関する特許4件を侵害しているとして、アマゾン<AMZN.O>など小売5社をロサンゼルス連邦地方裁判所に提訴した。

米小売のネット売上高拡大、アマゾン「プライムデー」受け=アドビ

米小売各社が、アマゾン・ドット・コムが15─16日にプライム会員向けに展開するセール「プライムデー」の恩恵を受けていることが分かった。

アマゾン「プライムデー」に商機、米小売各社がセールで対抗

米小売各社は「ブラックフライデー」と並んで、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のセール「プライムデー」期間中に主要な商機があるとみて、熱い視線を送っている。

〔アングル〕対中関税第4弾、懸念される米年末商戦への影響

トランプ米大統領は中国製品に課す制裁関税「第4弾」の発動の可否の判断を間もなく下す見通しだ。検討対象にはハイテク製品やゲーム機、玩具、家電などが含まれる。米国の消費者に直接大きな影響が及び、今年の年末商戦の小売売上高が落ち込む恐れがある。 これまで米国が対中関税を発動した輸入品は主に、製造業に卸される製品が対象だった。そのため、米消費者への影響はさほど大きくなかった。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

焦点:肉に挑む人工肉、米スーパーで熾烈な売り場の陣取り合戦

植物由来の代替肉メーカー米ビヨンド・ミート<BYND.O>は、自社製品は米スーパーの「精肉売り場」に並ぶ世界初の植物性バーガーであるとうたい、本物の牛ひき肉や豚肉ソーセージに真正面から戦いを挑んでいる。

米企業団体がトランプ大統領に書簡、対中貿易問題の解決訴え

米小売り大手のウォルマートやターゲットなど600以上の米企業が13日、中国製品への関税は米国の企業や消費者にとって打撃になるとし、トランプ米大統領に中国との貿易問題の解決を求める書簡を送付した。

民主サンダース氏、ウォルマート株主総会で賃上げ要求

2020年米大統領選の民主党候補指名争いに名乗りをあげているバーニー・サンダース上院議員は5日、米ウォルマートの年次株主総会に出席し、従業員の最低賃金を時給15ドルに引き上げるよう訴えた。

サンダース米上院議員、ウォルマート株主総会で賃上げ要求へ

2020年米大統領選で民主党の候補指名を争うバーニー・サンダース上院議員は5日、小売大手ウォルマートの株主総会に出席し、従業員の最低賃金引き上げなど労働者の権利向上を訴える。

UPDATE 1-米国株式市場=下落、米中貿易戦争懸念再び高まる

(内容を追加しました) [ニューヨーク 22日 ロイター] - 米国株式市場は下落して終了した。米中貿 易戦争を巡る懸念が再び高まったことが市場心理の重しとなった。 前日は米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する規制措置を一 部緩和したことを背景に株価が上昇したが、この日はトランプ政権が中国の監視カメラ大 手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)への禁輸措置を検討しているとの報道が株 安につながった。 米中による報復的な措置が世界の経済成長を阻害するという懸念から投資家の不安が 高まっており、5月のS&P500は月次...

小売りが決算発表、米中貿易摩擦の影響に注目=今週の米株式市場

20日に始まる週の米国株式市場は、ホーム・デポ<HD.N>、ノードストローム<JWN.N>、コールズ<KSS.N>、ターゲット<TGT.N>など小売り企業が決算発表を予定しているが、米中貿易摩擦の影響が注目されそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up