for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ティファニー・アンド・カンパニー

TIF.N

前日終値

91.88USD

変化

3.85(+4.37%)

出来高

341,868

本日のレンジ

90.29

 - 

92.69

52週レンジ

73.13

 - 

117.90

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
88.03
始値
90.45
出来高
341,868
3か月平均出来高
40.94
高値
92.69
安値
90.29
52週高値
117.90
52週安値
73.13
発行済株式数
120.80
時価総額
11,098.98
予想PER
18.96
配当利回り
2.53

次のエベント

Q3 2019 Tiffany & Co Earnings Call

適時開示

その他

Tiffany Q2 Earnings Per Share $1.12

Tiffany & Co Sets Regular Qtrly Dividend Of $0.58 Per Share

Tiffany & Co And Reliance Brands Limited Announce Plans To Bring Tiffany To India

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ティファニー・アンド・カンパニーとは

ティファニー(Tiffany & Co.)は子会社を通じて事業を運営する持株会社である。【事業内容】同社の主要子会社であるTiffany and Company(Tiffany)は宝飾品及び専門小売業者である。同社のセグメントは米州、アジア太平洋、日本、ヨーロッパ等を含む。子会社を通じて、同社は世界中のTIFFANY&COの小売店舗を設計・製造して、インターネット、カタログ、企業間取引及び卸売業を通じて製品を販売する。同社はまた時計、皮革製品、純銀、クリスタル、文房具、香水、アクセサリーを販売する。米州事業は米国、カナダ、ラテンアメリカにあるTIFFANY&CO店舗での販売を含む。他の事業は報告不要のセグメントにより構成される。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

200 5th Ave Fl 10

+1.212.7558000

http://www.tiffany.com

エグゼクティブリーダーシップ

Roger N. Farah

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Alessandro Bogliolo

Chief Executive Officer, Director

Mark J. Erceg

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Gretchen Koback-Pursel

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President

Philippe Galtie

Executive Vice President - Global Sales

統計

2.30 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

4.0K

2018

4.2K

2019

4.4K

2020(E)

4.5K
EPS (USD)

2017

3.750

2018

4.130

2019

4.750

2020(E)

4.846
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.53
株価純資産倍率(四半期)
3.49
株価キャッシュフロー倍率
14.02
総負債/総資本(四半期)
32.05
長期負債/資本(四半期)
27.80
投資利益率(過去12カ月)
10.99
自己資本利益率(過去12カ月)
9.55

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 2-香港で警察がデモ隊に催涙弾、中国建国70周年 多くの店舗が休業

中国建国70周年の1日、香港では数千人が各地で反政府デモに参加、警察が催涙弾を発射する事態となっている。

コラム:減税が下支えする中国個人消費、減速は時間の問題か

中国は景気に強い逆風が吹き付けているが、減税や不動産価格上昇が支えとなり、スポーツ用品や家電製品などの販売が着実に増えている。しかしこうした支援材料がなければ小売業者は危機感を抱くだろう。中国の個人消費は、見掛けほど好調ではない。

米国株式市場は反発、エネルギー・金融株が高い

米国株式市場は反発して取引を終了。エネルギー株や金融株が上昇し、序盤の下げから切り返した。ただ依然として、米中貿易摩擦激化を巡る懸念はくすぶっている。

NY市場サマリー(28日)

ユーロ/ドルは0.12%安の1.1077ドル。イタリア与党左派の「五つ星運動」と野党中 道左派の民主党(PD)は28日、連立政権の樹立に向け合意に達した。五つ星のディマイオ党首と民主党 のジンガレッティ書記長(党首)がコンテ首相の続投で一致した。これにより懸念されていた総選挙の前倒 しはひとまず回避される見通しとなった。ただユーロの反応は限定的だった。 NY外為市場: <債券> 国債利回りが低下し、30年債利回りが過去最低水準を更新した。景気後退懸念に加え、米 中貿易戦争を巡る緊張が払拭されない中、安全資産とされる米国債に対する需要が高...

ティファニー、5-7月期利益が予想上回る 中国本土の販売好調

米宝飾品大手ティファニー<TIF.N>が28日発表した第2・四半期決算(7月31日まで)は利益が市場予想を上回った。中国本土での好調な販売などが下支えとなった。同社は通期見通しを据え置いた。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

アングル:中国の「Z世代」、高級ブランド品の強力な購買層に

コンサルタント会社のベインは13日、海外の高級ブランド各社が中国人の旺盛な需要を取り込もうとする中、年齢が10代後半から20代前半にかけての中国版「ジェネレーションZ(Z世代)」がブランド品市場で強力な購買層になりつつあるとの見方を示した。

ティファニー、通年見通し引き下げ 四半期既存店売上高予想届かず

米宝飾品大手ティファニー<TIF.N>は4日、通年の1株当たり利益伸び率見通しを従来の1桁台半ばから1桁台前半から半ばに引き下げた。

NY市場サマリー(22日)

米金融・債券市場: <株式> 急反落、主要3指数の下落率が1月3日以来の大きさとなった。米欧の製 造業指標が弱く、米国の長短金利が逆転し、世界景気低迷への不安が強まった。 3月の米製造業活動指標が予想を下回ったほか、欧州や日本の指標もさえなかった。 これを受けて、米国の3カ月物財務省短期証券(Tビル)と10年債<S10YT=R R>の利回りが、2007年以来約12年ぶりに逆転した。長短金利の逆転は景気後退(リ セッション)入りの兆候ともみられる。 エコノミック・アウトルック・グループの首席グローバルエコノミスト、バーナード ・バウモル氏...

米国株式市場=急反落、世界景気低迷不安強まる

米国株式市場は急反落、主要3指数の下落 率が1月3日以来の大きさとなった。米欧の製造業指標が弱く、米国の長短金利が逆転し 、世界景気低迷への不安が強まった。 3月の米製造業活動指標が予想を下回ったほか、欧州や日本の指標もさえなかった。 これを受けて、米国の3カ月物財務省短期証券(Tビル)と10年債<S10YT=R R>の利回りが、2007年以来約12年ぶりに逆転した。長短金利の逆転は景気後退(リ セッション)入りの兆候ともみられる。 エコノミック・アウトルック・グループの首席グローバルエコノミスト、バーナード ・バウモル氏は「景気後退が...

焦点:カタール投資戦略に変化、不本意なクシュナー物件救済で

経営難に陥ったニューヨーク超高層ビルの救済を、カタールが意図せず手助けした可能性があるというニュースが報じられ、同国首都ドーハでは驚きが広がった。ビルのオーナーがトランプ米大統領の娘婿ジャレッド・クシュナー氏の実家が経営する不動産開発企業だったからだ。

コラム:iPhone、中国の購買意欲の指標として信頼できず

iPhoneは中国の購買意欲を計る指標としては信頼できない。米アップル<AAPL.O>は2日、中国販売が予想を下回ると警告、市場を動揺させた。しかし、1000ドルのスマホなど海外の高級品はより幅広いトレンドをとらえ切れない。中国の需要は確かに冷え込みつつあるが、品目によりむらがある。投資家はまだパニックを起こす必要はない。

コラム:ティファニー、高級ブランドの顧客獲得競争でつまずく

米宝飾品ティファニー<TIF.N>が、気まぐれな消費者を追いかける高級ブランド業界の顧客獲得競争でつまずいた。

米国株式市場は続伸、FRB議長講演受け利上げ終了近いとの見方

米国株式市場は大幅続伸して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が28日の講演で、政策金利は中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示したことを受け、利上げ終了時期が近いとの見方が広がった。

UPDATE 2-NY市場サマリー(28日)

(株式を更新しました) [28日 ロイター] - <為替> ドルが2週間ぶりの高値から下落した。米連邦準備理事会(FRB)のパ ウエル議長が28日、政策金利が中立金利を「若干下回る」水準にあるとの認識を示した ことを受け、利上げ終了時期が近いとの見方が広がった。 DRWトレーディング(シカゴ)の市場ストラテジスト、ロウ・ブライアン氏は「F RBは10月3日から今日まで利上げをしていない。ということは、経済に対するパウエ ル氏の見方が低下したことになる」と述べた。 世界的な成長鈍化や最高潮に達した企業決算、激化する貿易摩擦などを背景にFRB...

UPDATE 1-NY市場サマリー(28日)

(米株の内容を追加しました) [28日 ロイター] - <為替> ドルが続落し、4週間ぶり安値を更新した。北米自由貿易協定(NAFT A)再交渉を巡り、米国とメキシコの2カ国が前日合意したことを受けてリスク選好が改 善、安全資産としてのドル買いが引き続き後退した。ただ、売り一巡後は下げ渋った。 主要6通貨に対するドル指数は足元0.1%安の94.717。 米国とメキシコが合意したことで、焦点はカナダが新協定で譲歩するかどうかに移行 した。ドルはカナダドルに対して0.2%安。対円では0.1%高の111 .23円。 経済指標では、8月の米消費者信頼感指数...

米国株式市場はS&P500とナスダック、3営業日連続で最高値更新

米国株式市場は上昇。S&P総合500種とナスダック総合は3営業日連続で最高値を更新して引けた。貿易摩擦懸念の後退が引き続き相場を支援したが、利益確定の売りに押される場面もあった。

NY市場サマリー(28日)

<為替> ドルが続落し、4週間ぶり安値を更新した。北米自由貿易協定(NAFT A)再交渉を巡り、米国とメキシコの2カ国が前日合意したことを受けてリスク選好が改 善、安全資産としてのドル買いが引き続き後退した。ただ、売り一巡後は下げ渋った。 主要6通貨に対するドル指数は足元0.1%安の94.717。 米国とメキシコが合意したことで、焦点はカナダが新協定で譲歩するかどうかに移行 した。ドルはカナダドルに対して0.2%安。対円では0.1%高の111 .23円。 経済指標では、8月の米消費者信頼感指数が133.4と、市場予想の126.7を 上回...

UPDATE 2-米国株式市場=S&P・ナスダックが最高値更新、米メキシコNAFTA合意を好感

(内容を追加しました) [ニューヨーク 27日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 26049.64 +259.29 +1.01 25882.7 26067. 25882.7 1 57 1  前営業日終値 25790.35 ナスダック総合 8017.90 +71.92 +0.91 7989.64 8024.9 7976.60 4  前営業日終値 7945.98 S&P総合500 2896.74 +22.05 +0.77 2884.69 2898.2 2884.69 種 5  前営業日終値 2874.69...

高級ブランド品、中国筆頭に今年も好調か=調査

コンサルタント会社ベインが7日発表した調査結果によると、世界の高級ブランド品販売は今年も好調を続け、中国の若年層が中心的なけん引役としての地位を固める見通しだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up