for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Tullow Oil plc

TLW.L

現在値

40.57GBp

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

38.05

 - 

254.71

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
40.57
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
498.06
高値
--
安値
--
52週高値
254.71
52週安値
38.05
発行済株式数
1,408.00
時価総額
567.26
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2019 Tullow Oil PLC Earnings Release

適時開示

その他

Eco Atlantic Oil & Gas Says 22 Prospects Identified On Orinduik Block Including 11 Leads In Upper Cretaceous Horizon

Samuel Dossou-Aworet Discloses Stake Of 11% In Tullow Oil PLC As Of Jan. 30 Versus Previous Stake Of 9.67% - Filing

Samuel Dossou-Aworet Discloses 9.67% Stake In Tullow As Of Jan. 24 Vs Prior Stake Of 7.06%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Tullow Oil plcとは

スロウ・オイル(Tullow Oil plc)は独立系の石油とガスの探査・生産に従事する会社である。【事業内容】同社はアフリカと大西洋のマージンで石油を発見して収益を上げることに焦点を当てる。同社は西アフリカ事業、東アフリカ事業及びニューベンチャーズ事業を通じて運営する。同社は20以上の国をわたってそれらの事業によって管理された約120のライセンスのポートフォリオを有する。同社はアフリカ、中南米、カリブ海及び欧州における探査・生産資産のポートフォリオを有する。西アフリカ事業は西アフリカと欧州での生産・開発プロジェクトを運営する。東アフリカ事業はウガンダとケニアで陸上面積をカバーする。ニューベンチャーズ事業はアフリカ及びラテンアメリカにおける同社のフロンティア探査・評価活動を担当する。西アフリカ事業はガーナでのオフショア開発を行うTENプロジェクト、及び1つの非営利生産資産のポートフォリオを含む。

連絡先

Chiswick Park, 566 Chiswick High Road

+44.20.32499000

https://www.tullowoil.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Dorothy C. Thompson

Executive Chairman of the Board

Les Wood

Chief Financial Officer, Executive Director

Mark MacFarlane

Chief Operating Officer

Martin F. Greenslade

Non-Executive Director

Sheila Khama

Non-Executive Director

統計

2.71 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

1.3K

2017

1.7K

2018

1.9K

2019(E)

1.8K
EPS (USD)

2016

0.247

2017

-0.020

2018

0.410

2019(E)

0.042
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.38
株価純資産倍率(四半期)
0.26
株価キャッシュフロー倍率
1.02
総負債/総資本(四半期)
170.47
長期負債/資本(四半期)
160.13
投資利益率(過去12カ月)
1.44
自己資本利益率(過去12カ月)
1.23

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。米中の「第1段階」通商合意文書の署名がこの日行われることから株式が買われた。ただ、米国が中国製品への関税を直ちには撤廃しないとしたことから上昇幅は限定的だった。

ロンドン株式市場=続伸、ディフェンシブ銘柄買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7642.80 +20.45 +0.27 7622.35 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米中の「第1段階」通商合意文書の署名 がこの日行われることから株式が買われた。ただ、米国が中国製品への関税を直ちには撤 廃しないとしたことから上昇幅は限定的だった。 マクロ経済の先行き不透明がある際に買われる傾向のあるディフェンシブ銘柄が買わ れた。製薬のアストラゼネカとグラクソ・スミスクライン(GSK)はと もに2%近く上昇。消費関連銘柄も値を上げた。 ムニューシン...

欧州市場サマリー(14日)

<ロンドン株式市場> 小幅に続伸して取引を終えた。投資家は翌日に予定されている「第1段階」の米中通商合意署名に注目している。

欧州株式市場=まちまち、高級ブランド株買われる一方石油株値下がり

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 419.59 +1.20 +0.29 418.39 種 FTSEユーロファー 1639.51 +3.86 +0.24 1635.65 スト300種 ユーロSTOXX50 3774.88 -4.80 -0.13 3779.68 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場はまちまちで取引を終えた。高級ブランド銘柄や住宅建設のテイラー・ ウィンペイが上昇する一方、石油株は値を下げた。 投資家は翌日に予定されている「第1段階」の米中通商合意の署名に注目している。 18...

ロンドン株式市場=上昇、米イラン衝突への不安後退で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7598.12 +23.19 +0.31 7574.93 ロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。中東で本格的な衝突が 起きる可能性が薄れたことで買い安心感が広がった。 トランプ米大統領はイランに対するさらなる武力行使を見送る方針 を示した。イランは報復措置が完結したことを示唆した。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「 撃ち合いは今のところ終わったようだ。ただいつでも緊張が高まる可能 性はある」と述べた。「比較的落ち着いたことから、注目は...

ロンドン株式市場=横ばい、米イランの緊迫化巡る不安後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7574.93 +1.08 +0.01 7573.85 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。序盤はマイナス圏で取引されたもの の、米イランの緊張が一段と高まることはないとの見方から終盤にかけて持ち直した。 イランは先週起きた精鋭部隊の司令官殺害への報復としてイラクに駐留する米軍の拠 点をミサイルで攻撃した。相場は当初、不安定になったものの、徐々に楽観的な見方が広 がった。OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は、イランの動きについて市場 は「危害を与...

ロンドン株式市場=横ばい、石油株さえず EU離脱巡る報道で買いも

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7573.85 -1.49 -0.02 7575.34 ロンドン株式市場は、ほぼ横ばいで取引を終えた。中東の緊張が直近で高まる様子が ないことから買い安心感が広がる一方、原油安に伴い石油株が売られた。英国の欧州連合 (EU)離脱で合意がない場合の準備をやめたと伝わり、国内経済に左右される銘柄は値 を上げた。 石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは0.8%と1.1%そ れぞれ下落した。 ジョンソン英首相の離脱協定案が今週、議会で可決される見込みである中、英政府は...

ロンドン株式市場=反落、中東情勢を不安視

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7575.34 -47.06 -0.62 7622.40 週明けロンドン株式市場は反落して取引を終えた。中東情勢の緊迫で金融株を中心に 幅広い銘柄に売りが出た。 トランプ米大統領はイラクに対して制裁を科すと警告したほか、米軍による先週の空 爆にイランが武力で報復した場合、反撃すると表明した。 原油の値上がりに伴い買われた石油株以外は全部門がマイナス圏で取引された。米中 が第1段階の合意に至るとの期待から世界的に株価が上がっていたが、米イラン間の緊張 が買い意欲に水...

ロンドン株式市場=続伸、石油とたばこ株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7622.40 +18.10 +0.24 7604.30 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米国によるイラクへの空爆を受け原油供 給に影響が出るとの見方から石油株が買われた。タバコ株も値を上げた。 米軍の空爆でイランとイラクの司令官が死亡。地政学的緊張感が高まる中でリスク志 向が弱まり、日中は株価が低迷した。 ただ石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPが1.9%と2.7 %それぞれ上昇し、終盤にかけて相場はプラスに転じた。 たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコ...

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。中国の金 融緩和が好感されたほか、トランプ米大統領が中国との第1段階の合意の署名日を発表し たことで買い安心感が広がった。 中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準 備率」を引き下げると発表した。またトランプ大統領は第1段階合意を15日に両国間で 正式に文書に署名すると表明した。 鉱業株と石油株の値上がりが目立った。英石油大手BPとスイスの商品取引・ 資源大手グレンコア、チリ産銅大手アントファガスタは2.0%から3 .1%上昇した。 景気循環株も値を上げた。...

欧州株式市場=反発、中国の金融政策と米中交渉の進展で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 419.72 +3.88 +0.93 415.84 FTSEユーロファース 1638.12 +14.16 +0.87 1623.96 ト300種 ユーロSTOXX50種 3793.24 +48.09 +1.28 3745.15 <.STOXX50E > 年明けの欧州株式市場は反発して取引を終えた。中国の金融緩和と米中通商合意への 期待が相場を押し上げた。 トランプ米大統領は第1段階の合意文書を15日に署名すると表明した。 STOXX欧州600種銀行株指数は1...

ロンドン株式市場=反発、中国の金融緩和や米中の合意署名日発表で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7604.30 +61.86 +0.82 7542.44 年明けのロンドン株式市場は反発して取引を終えた。中国の金融緩和が好感されたほ か、トランプ米大統領が中国との第1段階の合意の署名日を発表したことで買い安心感が 広がった。 中国人民銀行(中央銀行)は市中銀行から強制的に預かるお金の比率を示す「預金準 備率」を引き下げると発表した。またトランプ大統領は第1段階合意を15日に両国間で 正式に文書に署名すると表明した。 鉱業株と石油株の値上がりが目立った。英石油大手...

欧州市場サマリー(9日)

これを受け、世界的に株式が下落したが、通常の動きに反してイタリアとギリシャの 国債には買いが集まった。 ギリシャ10年債利回りは14ベーシスポイント(bp)低下の1.4 2%で、11月以来の低水準。イタリア10年債利回りは7bp低下の1. 38%。 イタリアとギリシャより格付けが高いスペインとポルトガルの国債利回りは約4bp 低下した。 みずほの金利戦略部門責任者、ピーター・チャットウェル氏はこの日の動きについて 「ファンダメンタルズに強く関連しているというより、利回りを求める動きに見える」と 指摘。また、年末に向けて取引高が減ることで...

欧州株式市場=反落、タロー・オイル大幅安

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 406.39 -0.96 -0.24 407.35 種 FTSEユーロファー 1587.46 -3.81 -0.24 1591.27 スト300種 ユーロSTOXX50 3672.18 -20.16 -0.55 3692.34 <.STOXX50 種 E> 週明けの欧州株式市場は反落して取引を終えた。英石油開発大手タロー・オイル<TLW .L>が大幅安となったほか、中国の軟調な指標を受け市場心理が悪化した。 タロー・オイルは71.8%急落。最高経営責任者が辞任...

ロンドン株式市場=小幅反落、輸出銘柄とアジア関連株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7233.90 -5.76 -0.08 7239.66 週明けのロンドン株式市場は小幅反落して取引を終えた。ポンド高に伴い輸出銘柄が 売られたほか、中国の成長懸念からアジアへのエクスポージャーが高い銘柄が値を下げた 。 英総選挙を12日に控えポンドが上昇し、酒造大手のディアジオや製薬のア ストラゼネカなどの輸出銘柄が売られた。 中国の11月の輸出が4カ月連続で縮小したことから米中貿易摩擦の中国経済への影響が 懸念された。 こうした中、小売り大手テスコは4.6%上昇...

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。米中通 商協議の先行き不透明感が相場の重しとなった。 トランプ米大統領は講演で、米中通商協議の進展について新たな情報を明らかにしな かった。香港のデモが和らぐ兆しがないことと合わさり、金融大手HSBCなど アジアへのエクスポージャーが高い銘柄が値を下げた。投資家は米中通商協議に注視して いる。両国関係の緊張緩和や関税撤廃に向けた動きがみられる中でも投資家は米中が正式 に合意に至るまで慎重な姿勢を保っている。 ポンド安に伴い酒造大手のディアジオや製薬のアストラゼネカなどの 輸出銘柄は買われ、FTSE100...

ロンドン株式市場=反落、米中通商協議に先行き不透明感

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7351.21 -14.23 -0.19 7365.44 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。米中通商協議の先行き 不透明感が相場の重しとなった。 トランプ米大統領は講演で、米中通商協議の進展について新たな情 報を明らかにしなかった。香港のデモが和らぐ兆しがないことと合わさ り、金融大手HSBCなどアジアへのエクスポージャーが高い 銘柄が値を下げた。投資家は米中通商協議に注視している。両国関係の 緊張緩和や関税撤廃に向けた動きがみられる中でも投資家は米中が正式...

欧州株式市場=反落、米中協議の先行き不透明感と香港デモ激化で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 405.86 -1.04 -0.26 406.90 種 FTSEユーロファー 1591.83 -3.12 -0.20 1594.95 スト300種 ユーロSTOXX50 3699.50 -12.70 -0.34 3712.20 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。米中通商協議の先行き不透明間や香港でのデ モの過激化で、投資家の買い意欲が弱まった。 投資家が注視していた前日のトランプ米大統領の講演では、米中通商協議の進展につ いて詳細...

欧州市場サマリー(16日)

こうした中、ジョンソン英首相は16日、ルクセンブルクを訪問し、欧州委員会のユ ンケル委員長と昼食を取りながら会談した。欧州委は、英国のEU離脱協定案で争点とな っているアイルランド国境問題の解決策「バックストップ(安全策)」を巡り、英国側が なお代替策を提示していないと強調。ジョンソン首相は離脱協定案を巡る協議を加速させ る必要があると前向きな姿勢を示しつつも、離脱期限の延長を要請しない意向を改めて鮮 明にした。 ラボバンクの金利戦略部長、リチャード・マグワイアー氏は「原油が世界的に主要な 材料となったほか、英EU離脱を巡る緊張も影響を...

ロンドン株式市場=反落、サウジ石油施設攻撃で地政学リスク高まる

証券会社シティインデックスのアナリスト、ケン・オデルガ氏は「投資家は、既に世 界経済鈍化のリスクがあったところに、今回の地政学リスクがさらなる重しとなり得ると みているようだ」と述べる。 エネルギーと公益部門以外は全て値下がりした。航空銘柄を含むFTSE350種旅 行・娯楽株指数は1%の低下だった。 中国の8月の鉱工業生産が17年半ぶりの低い伸びにとどまったことでアジアへのエ クスポージャーが高い金融株や鉱業株も値下がりした。 一方、原油・天然ガス株指数は2.81%上昇した。石油大手のBP<B P.L>は4.0%、ロイヤル・ダッチ・シェル...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up