for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ自動車株式会社

TM.N

現在値

159.42USD

変化

-1.04(-0.65%)

出来高

50,248

本日のレンジ

158.59

 - 

159.88

52週レンジ

152.14

 - 

213.66

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
160.46
始値
159.30
出来高
50,248
3か月平均出来高
4.72
高値
159.88
安値
158.59
52週高値
213.66
52週安値
152.14
発行済株式数
13,722.37
時価総額
260,651.10
予想PER
17.25
配当利回り
1.56

次のエベント

Q2 2023 Toyota Motor Corp Earnings Release

適時開示

その他

Hino Motors: Express Freight International Of U.S. Launches Lawsuit Against Hino, Hino Motors Sales Usa And Toyota Motor

BMW Will Start Mass-Producing, Selling Fuel Cell Vehicles Developed Jointly With Toyota As Early As 2025 - Nikkei

Toyota Motor Corp: Bought Back 34,805,800 Own Shares Worth 74.1 Billion Yen In July

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ自動車株式会社とは

トヨタ自動車グループは自動車事業を中心に、金融事業及びその他の事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。自動車事業は、セダン、ミニバン、2ボックス(BOX)、スポーツユーティリティビークル、トラック等の自動車とその関連部品、用品の設計、製造及び販売を行う。金融事業は、製造する自動車と他の製品の販売を補完するための金融並びに車両のリース事業を行う。その他の事業は、住宅の設計、製造及び販売、情報通信事業等を行う。子会社を通じて、北米と欧州の研究開発及び製造販売会社の統括、並びに渉外、広報、調査活動を行う。また、ロボット、基盤研究事業、自家用クルーザーを紹介するマリン事業、及び農業支援の取り組みを紹介するアグリバイオ事業を行う。電気自動車、運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載した自動車の販売、ドライバー支援、コネクテッドカーの提供も行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

1, Toyota-cho

TOYOTA-SHI, ACH

471-8571

Japan

+81.565.282121

https://toyota.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takeshi Uchiyamada

Chairman of the Board, Representative Director

Akio Toyoda

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Shigeru Hayakawa

Vice Chairman of the Board, Chief Privacy Officer, Representative Director

Kenta Kon

Chief Financial Officer, Vice President, Executive Officer, Director

Masanori Kuwata

Vice President, Executive Officer, Chief Risk Officer, Chief Compliance Officer, Chief Human Resources Officer

統計

2.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

272.6K

2020

275.3K

2021

256.7K

2022(E)

228.2K
EPS (USD)

2019

11.732

2020

13.530

2021

15.152

2022(E)

17.100
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.09
株価純資産倍率(四半期)
1.07
株価キャッシュフロー倍率
7.57
総負債/総資本(四半期)
106.18
長期負債/資本(四半期)
61.67
投資利益率(過去12カ月)
6.07
自己資本利益率(過去12カ月)
4.05

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、好地合い継続し2万9000円を回復 7カ月半ぶり

<11:51> 前場の日経平均は反発、好地合い継続し2万9000円を回復 7カ月半 ぶり 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比232円42銭高の2万9101円3 3銭と反発した。米国の金融引き締めに対する過度な懸念からのセンチメント改善が継続 し、2万9000円の大台を7カ月半ぶりに回復した。TOPIXも一時、7カ月ぶりに 2000ポイントを回復した。 日経平均は、反発して寄り付いた後も上げ幅を広げ、284円14銭高の2万915 3円05銭に上昇した。指数寄与度の高いファーストリテイリングが大幅高とな り連日の年初来高値を更新したほか...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、過熱感を警戒 下値の堅さも

<10:58> 日経平均は伸び悩み、過熱感を警戒 下値の堅さも 日経平均は2万9100円付近で伸び悩んでいる。過去3営業日で1000円超上昇 し、過熱感が意識される中、「もう一段高はなかなか厳しい。スピード調整も警戒される ところ」(国内証券)との声が聞かれる。 一方、好地合い継続への思惑も根強い。「年初来高値(1月5日、2万9388円1 6銭)を狙う動き。板が薄い中、先物でまとまった買いが入ると値が飛びやすい」(別の 国内証券)との見方もある。 幅広く物色され、東証プライム市場の値上がり銘柄は74%となっている。値下がり は20%。東証...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調を持続、TOPIXが1月以来の2000ポイント回復

<10:05> 日経平均は堅調を持続、TOPIXが1月以来の2000ポイント回復 日経平均は堅調を持続。米国の過度な金融引き締めに対する不安後退から、センチメ ントの改善が顕著となっており、2万9000円を回復した後も上値追いの展開となって いる。一方、TOPIXもしっかり。立ち会い時間中としては1月18日以来の2000 ポイント回復となった。 市場では「ナスダック安からグロース株はやや弱さが感じられ、物色面ではグロース 株が優勢となっている」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、ファーストリテイリングが連日の年初来高値更新。中国四川省成...

米インフレ抑制法成立、年内は約20車種がEV税控除対象に=政権

[ワシントン 16日 ロイター] - 米政権は16日、バイデン大統領が同日署名・成立した「インフレ抑制法」に基づき、約20車種が2022年末まで引き続き最大7500ドルの電気自動車(EV)税額控除の対象になると発表した。

トヨタ、中国四川省の工場20日まで停止 電力不足で

トヨタ自動車は16日、中国四川省成都にある工場の稼働を20日まで停止すると明らかにした。 電力不足を巡り地元政府から指導を受けたため、としている。

トヨタ、中国四川省の工場停止 電力不足で=報道

複数の国内メディアによると、トヨタ自動車は16日、中国四川省成都にある工場の稼働を停止した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線は上向き

<15:27> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線は上向き 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴い、実体部分が短い「陽のコマ」の「小陽線」 となった。終値は2万8868円91銭。買い手の心理としては上昇期待感の中、気迷い を示している。 日経平均は前日までの連騰で高値警戒感が意識されるものの、5日移動平均線(2万 8421円39銭=16日)や25日線(2万7676円03銭=同)が明確に上を向い ており、短期的には上昇基調が継続するとみられている。目先は、心理的の節目の2万9 000円をトライできるかが焦点となりそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、米金利低下受けグロース株堅調

<15:10> 新興株はマザーズが3日続伸、米金利低下受けグロース株堅調 新興株式市場では、マザーズ総合が2.69%高の750.21ポイントと3日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比2.69%高の954.00ポイントで取引を 終えた。「米長期金利の低下基調を受けて、中小型のグロース(成長)株を買い戻す流れ が継続している」(国内証券)という。 個別では、イーディーピーが一時ストップ高となったほか、くふうカンパニ ー、ラクオリア創薬が堅調に推移した。反面、ディー・ディー・エス<3 782.T>、サイジニア、ウェッジホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値重い、グロース株の買い戻し継続 SBGは安い

<13:29> 日経平均は上値重い、グロース株の買い戻し継続 SBGは安い 日経平均は後場も上値が重く、一時的にプラスとなっても小安い時間帯が長い。ソフ トバンクグループ(SBG)が下げ幅を広げ指数の重しとなる場面があったが、 相場全体には波及していない。セクター別では、海運業が前引け時点に比べて下げ幅を広 げている。 全般的には、TOPIXグロース指数は0.13%高の一方、同バリュー指数は0. 41%安となっており「グロース株を買い戻す動きが続いているようだ」(国内証券)と の声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は小反落、利益確定売...

午前の日経平均は小反落、利益確定売り重し 強気継続の思惑も

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比10円02銭安の2万8861円76銭と、小幅に反落した。前日終値を挟んだ一進一退の値動きが続き、方向感を欠いた。連騰後の利益確定売りが上値を抑えたものの、強気相場継続への思惑との綱引きになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、連騰後の利益確定と強気継続の思惑が綱引き

<11:05> 日経平均は一進一退、連騰後の利益確定と強気継続の思惑が綱引き 日経平均は前日終値を挟んで一進一退となっている。先週末からの連騰で1000円 超上昇し、短期的な調整への警戒感から利益確定売りが上値を抑えている一方、前日の米 株高を受けて強気相場継続への思惑もあり、綱引きとなっている。 朝方から小安く推移している時間外取引の米株先物が下げ幅をやや広げた場面では、 日本株も下げを広げており「今のところ日本株は底堅そうだが、米株先物が下げを強める ようなら連れ安となりかねず注意が必要」(国内証券)との声が聞かれる。 東証33業種...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時プラスに、利益確定売りを着実に消化

<10:15> 日経平均は一時プラスに、利益確定売りを着実に消化 日経平均は一時、前日比でプラスに転換した。朝方は高値警戒感から軟調に始まった ものの、売り一巡後は押し目が買われる展開になった。利益確定売りが着実に消化されて いる。 市場では「25日移動平均線とのかい離率が5%近くに達しており、テクニカル的に いったん調整が入りそうだが、押し目を買うニーズが強く崩れる雰囲気は感じられない」 (国内証券)との声が聞かれた。 物色面では、主力銘柄が高安まちまち。「材料が出た銘柄を買う動きが中心で、物色 の方向性は見えない」(別の国内証券)という...

寄り付きの日経平均は反落、急上昇に対する警戒感で利益確定売り

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比42円95銭安の2万8829円53銭と反落した。前日の米国株式市場はしっかりだったものの、これまでの急な上昇に対して警戒感が生じ、利益確定売りが優勢で始まった。

バイデン氏、インフレ抑制法案に16日署名へ

[15日 ロイター] - バイデン米大統領は16日、先週議会を通過した4300億ドル規模の「インフレ抑制法案」に署名する。米ホワイトハウスが発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、一段と強さ増すが徐々に過熱感も

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、薄商いの中で値幅取り活発化

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏で推移、薄商いの中で買い戻し活発化

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一段高、値がさ株が引き続き堅調

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

午前の日経平均は続伸、米金利低下で値がさハイテク株に買い

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比283円92銭高の2万8830円90銭と続伸した。前週末の米国市場でインフレへの過度な警戒感が和らぎ長期金利が低下傾向となったことで、値がさのハイテク株が堅調に推移した。好決算銘柄への買いも相場を押し上げ、日経平均は1月6日以来の高水準となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、300円高 値がさ株が押し上げ

 市場予想の2.5%プラスは下回ったが「日本経済の底堅さが示され、株式市 場の支えになっている側面もありそうだ」(野村証券の澤田麻希ストラテジスト)との声 が聞かれる。 ファーストリテイリングやソフトバンクグループなど値がさ株の上 昇が指数押し上げに寄与。第一三共は大幅高で、これら3銘柄で指数を120円 程度押し上げている。 第一三共は、抗体薬物複合体(ADC)技術をめぐる米シージェン社との紛争で、米 国仲裁協会がシージェンの主張を全面的に否定する判断を下したと伝わり、手掛かりにな っている。 <09:05> 日経平均は続伸スタート、米...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up