for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TモバイルUS

TMUS.O

現在値

138.88USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

10,838

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

86.41

 - 

138.98

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
138.88
始値
0.00
出来高
10,838
3か月平均出来高
99.15
高値
--
安値
--
52週高値
138.98
52週安値
86.41
発行済株式数
1,246.86
時価総額
173,163.60
予想PER
58.58
配当利回り
--

次のエベント

T-Mobile US Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

T-Mobile Raises 2021 Guidance As Network Leadership Fuels Growth

T-Mobile US Inc Says 2020 Total Compensation For CEO Michael Sievert $54.9 Million

Dish Complains To FCC About T-Mobile's Plans To Shut Down Network Its Customers Still Use - Axios

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TモバイルUSとは

TモバイルUS(T-Mobile US Inc)はワイヤレス企業である。【事業内容】後払い、前払い、卸売の顧客に無線サービスを提供し、これらの顧客に手頃な価格の無線通信サービスを提供するだけでなく、多様な無線デバイスとアクセサリを提供することで収益を生み出す。旗艦ブランドである「T-Mobile」、「Metro by T-Mobile」、「Sprint」のサービス、デバイス、アクセサリを、自社が所有・運営する小売店、ウェブサイト、「T-Mobile」アプリ、カスタマーケアチャネルを通じて提供する。更に、独立したサードパーティの小売店や各種なサードパーティのWebサイトを通じて、デバイスをディーラーやその他のサードパーティのディストリビューターに再販するために販売する。

業種

Communications Services

連絡先

12920 SE 38th St

BELLEVUE, WA

98006-1350

United States

+1.425.3784000

https://www.t-mobile.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Timotheus Hottges

Independent Chairman of the Board

G. Michael Sievert

President, Chief Executive Officer, Director

Peter Osvaldik

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Neville R. Ray

President - Technology

Deeanne King

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

統計

1.90 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

43.3K

2019

45.0K

2020

68.4K

2021(E)

79.5K
EPS (USD)

2018

3.360

2019

4.020

2020

2.650

2021(E)

2.329
株価売上高倍率(過去12カ月)
63.82
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.25
株価純資産倍率(四半期)
2.61
株価キャッシュフロー倍率
8.84
総負債/総資本(四半期)
121.79
長期負債/資本(四半期)
113.60
投資利益率(過去12カ月)
2.13
自己資本利益率(過去12カ月)
1.88

最新ニュース

最新ニュース

Tモバイル、第1四半期の契約者数が予想上回る 5G需要旺盛

米携帯電話サービス大手のTモバイルUSが4日に発表した第1・四半期の月額払い(ポストペイド)の契約者数は市場予想を超えた。新型コロナウイルス禍に伴うリモートワークの拡大で、第5世代移動通信(5G)への需要が高まった。

米株はナスダック急落、ハイテク株売りで

米国株式市場はナスダック総合が急落した。金利上昇懸念や雇用統計を巡る不透明感を受け、時価総額の大きな成長株を売り、ディフェンシブ銘柄に資金をシフトする動きが広がった。

NY市場サマリー(4日)ナスダック急落でドルに安全買い、利回り低下

<為替> 株安を受けたリスク選好度の低下を反映し、ドルが2週間ぶり高値を付けた。イエレン米財務長官が、経済の過熱を防ぐために金利は上昇する必要があるとの考えを示したこともドルの支援要因となった。

米株は3日ぶり反発、決算嫌気でネットフリックス大幅安

米国株式市場は3日ぶりに反発して終了した。動画配信サービス大手ネットフリックスが軟調な決算を受け売られたものの、景気回復の恩恵を受けやすい銘柄を中心に幅広く上昇した。

米ベライゾン、第1四半期は携帯電話契約予想以上に減少 競争激化

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが21日に発表した第1・四半期決算によると、携帯電話契約件数が予想を超えて減少した。TモバイルUSとAT&Tとの競争激化が響いた。

ドイツテレコム、予想上回る第4四半期業績 21年も成長維持へ

独通信大手ドイツテレコムは26日、予想を上回る2020年第4・四半期決算を発表した。傘下の米Tモバイルが好調だった。

ソフトバンクG株が実質20年ぶりに1万円乗せ、好決算受け買い優勢

ソフトバンクグループが続騰し、1万円台に乗せた。過去に実施した株式分割を考慮すると、実質的に20年ぶりの1万円乗せとなる。2000年2月15日に付けた最高値19万8000円の換算値は1万1000円で、これも視界に入ってきた。前日に発表した好決算を受け、買い優勢となっている。

ソフトバンクG、4―12月の純利益は3兆円 日本企業で過去最大

ソフトバンクグループ(SBG)は8日、2020年4─12月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期の約6.4倍となる3兆0551億円だったと発表した。投資先の株価や公正価値の上昇により、ファンド事業で投資利益が拡大した。日本企業では4―12月期として過去最大となる。

米ベライゾン、第4四半期の契約者数が予想下回る 競争激化で

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが26日に発表した2020年第4・四半期決算は、競合との競争激化に伴い月額払い(ポストペイド)契約者数が予想に届かなかった。

ソフトバンクG、現金800億ドル確保 投資や自社株買いに=孫氏

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長は17日、投資機会と自社株買いなどに向けて約800億ドルの現金を確保していると明かし、テクノロジー企業への投資を続ける考えを示した。

ソフトバンクG、4―9月期純利益4.4倍 利益の変動は「新常態」

ソフトバンクグループ<9984.T>は9日、2020年4―9月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比4.4倍の1兆8832億円だったと発表した。資産売却に伴う利益計上に加え、金融市場の復調や新型コロナウイルスの影響によるデジタル需要拡大が追い風となって投資先の価値が上昇した。

NY市場サマリー(6日)ドル103円前半に下落、米株は横ばい

<為替> ドル指数が下落し、約2カ月ぶりの安値を付けた。米大統領選の開票が進む中、上下両院で多数派が異なる「ねじれ議会」が継続するとの見方が根強く、ドルの下押し圧力となった。

米国株は横ばい、週間上昇率は4月以降で最大

米国株式市場はほぼ変わらずで取引を終えた。米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領が勝利する可能性が高まる一方、この日発表された雇用統計では米経済回復のハードルが依然として高いことが示された。

米Tモバイル、第3四半期の契約者数が予想以上に増加

米携帯電話大手TモバイルUS<TMUS.O>は5日、第3・四半期(9月30日まで)の月額払い(ポストペイド)の契約者数が予想以上に増加したと発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う外出自粛などが寄与した。

Tモバイルが2億ドル支払いで米当局と和解、傘下スプリント違反で

米携帯電話大手TモバイルUS<TMUS.O>は、低所得層への補助を巡り同社傘下のスプリントに規則違反があったとされる問題で、2億ドルの制裁金を支払うことで連邦通信委員会(FCC)と合意した。米政府が4日発表した。

焦点:ソフトバンクG非公開化の現実味、アーム売却で高まる観測

ソフトバンクグループ(SBG) <9984.T>を巡って浮かんでは消える「非公開化」観測が再燃している。英アーム株式を米エヌビディアに最大4兆円超で売却すると発表したことで、金融市場では現実味が増してきたとの受け止めが聞かれる。大型の資産売却はポストコロナをにらんだ動きとの見方もある。

東京外為市場・15時=ドル106円前半、ソフトバングGが再び話題に

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 106.05/07 1.1852/56 125.71/75  午前9時現在 106.13/15 1.1838/42 125.67/71  NY午後5時 106.14/17 1.1845/48 125.75/79 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の106 円前半。週明けアジア市場は手がかりに乏しく小動きだったが、ソフトバンクグループの 海外企業売却が円相場に影響を与える可能性が話題となった。 主要通貨は全般小動きで、ドルも106...

ホットストック:ソフトバンクGが堅調、資産の売却・資産化計画完了

ソフトバンクグループが堅調に推移している。28日に保有する通信子会社のソフトバンクの株式を同日の終値ベースで最大約1兆4700億円分売り出すと発表、手元資金を拡充する4.5兆円の資産の売却・資金化の計画の一環で、今回の売り出しで同計画は完了することを受け、地合いが好転する中で買い人気となった。

ソフトバンクGが通信子会社株を最大1.47兆円売り出し、資金化計画は完了

ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>は28日、保有する通信子会社のソフトバンク<9434.T>の株式を同日の終値ベースで最大約1兆4700億円分売り出すと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の第2波、第3波に備え、手元資金を拡充する。SBGによる4.5兆円の資産の売却・資金化の計画の一環で、今回の売り出しで同計画は完了する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up