for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メトロ PCS コミュニケーションズ・インク

TMUS.O

現在値

83.90USD

変化

0.00(-0.00%)

出来高

6,920,878

本日のレンジ

81.98

 - 

84.75

52週レンジ

63.50

 - 

101.35

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
83.90
始値
83.04
出来高
6,920,878
3か月平均出来高
107.88
高値
84.75
安値
81.98
52週高値
101.35
52週安値
63.50
発行済株式数
856.93
時価総額
71,228.26
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2020 T-Mobile US Inc Earnings Release

適時開示

その他

T-Mobile Is Financially Prepared To Close The Sprint Merger

T-Mobile Us Inc - Impact Of Covid-19 Could Be Material

T-Mobile Us - Further Reducing Number Of Company-Owned Retail Stores Co Has Open

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メトロ PCS コミュニケーションズ・インクとは

TモバイルUS(T-Mobile US, Inc)はワイヤレス会社である。【事業内容】同社はブランド、T-Mobile、MetroPCSによってサービス、デバイス、アクセサリーを提供する。同社はサービス・プラン・オプションを通じてワイヤレス通信サービスを提供する。同社はデバイスをアップグレードする特定価格のトレードイン権を顧客に提供するデバイス・トレードイン・プログラム、Just Upgrade My Phone(JUMP!)を提供する。同社は携帯電話、タブレット等のモバイル通信デバイス、販売用アクセサリー、設備設置プラン(EIP)による融資、JUMPオン・デマンドによるリース等の各種ワイヤレス・デバイスを提供する。同社はサードパーティの小売店とサードパーティのウェブサイトを通じて販売店と販売代理店に再販用デバイスを販売する。

連絡先

12920 SE 38th St

BELLEVUE, WA

98006-1350

United States

+1.425.3784000

https://www.t-mobile.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Timotheus Hottges

Chairman of the Board, Director

G. Michael Sievert

President, Chief Operating Officer, Director

John J. Legere

Chief Executive Officer, Director

J. Braxton Carter

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Thomas Christopher Keys

President - T-Mobile Indirect Channels

統計

1.91 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

40.6K

2018

43.3K

2019

45.0K

2020(E)

47.2K
EPS (USD)

2017

2.710

2018

3.360

2019

4.020

2020(E)

4.500
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.58
株価純資産倍率(四半期)
2.47
株価キャッシュフロー倍率
7.06
総負債/総資本(四半期)
102.50
長期負債/資本(四半期)
99.09
投資利益率(過去12カ月)
5.08
自己資本利益率(過去12カ月)
4.35

最新ニュース

最新ニュース

米大統領、通信大手幹部らと会談 在宅増加受けた通信網維持巡り

トランプ米大統領は31日、米通信大手や携帯大手などの経営陣と電話会談し、数千万人の米国民が在宅業務を行う中で、ネットワークがどのように維持されているのかについて協議した。

アングル:ソフトバンクG、自社株買いでくすぶる大型資産売却の思惑

ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>による大型資産売却の思惑がくすぶっている。先日決めた自社株買い5000億円の「原資」ねん出のためだ。株式市場では好感される自社株買いだが、クレジット市場にとっては財務のバランスを崩しかねない危険な選択であり、早期の資産売却による資金創出が期待されている。相場が不安定な中で、すんなり売却できるかは見通しにくい。

NY市場サマリー(21日)

<為替> ドルが広範な通貨に対し下落した。2月の米購買担当者景気指数(PMI)は新型コロナウイルスへの懸念の高まりを背景にサービス業と製造業がともに低調で、ドル売りにつながった。

米国株は下落、新型肺炎懸念やさえない米指標受け

米国株式市場は下落して取引を終えた。ナスダックの下落率は約3週間ぶりの大きさだった。新型コロナウイルスの感染拡大に加え、米経済指標がさえない内容だったことで、米経済成長に対する懸念が高まった。

米スプリントとTモバイル、合併条件を修正 4月1日の完了目指す

ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米携帯通信4位スプリント<S.N>と同3位TモバイルUS<TMUS.O>は20日、新たな合併条件で合意したとし、合併手続きを4月1日にも完了する計画を明らかにした。

米スプリントとTモバイル、新たな合併条件で合意間近=WSJ

ソフトバンクグループ傘下の米携帯通信4位スプリントと同3位TモバイルUSが新たな合併条件で合意に近づいており、最終的な合意が20日にも発表される可能性がある。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が、複数の関係者の話として報じた。

ドイツテレコム、今年コア利益伸び鈍化へ Tモバイルの合併に期待

ドイツテレコム<DTEGn.DE>は、今年のコア利益の伸びが3%に鈍化するとの見通しを示した。またTモバイル合併への期待を明らかにした。

再送-ドイツテレコム、今年のコア利益の伸び鈍化へ

同社はリース後の利払い・税・償却前利益(EBITDA・AL)が255億ユーロ(275億ドル)になると予想。これはアナリスト予想を下回る水準だ。増益率は昨年から半減することになる。

米NY州、スプリントとTモバイルの合併巡る訴訟取り下げ

米ニューヨーク州は16日、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米携帯通信4位スプリント<S.N>と同3位TモバイルUS<TMUS.O>の合併差し止めを求めて起こした訴訟の取り下げを明らかにした。合併を認める連邦地裁の判断に控訴しない方針という。

米NY州、スプリントとTモバイルの合併巡る訴訟取り下げ

米ニューヨーク州は16日、米携帯電話大手TモバイルUSと同業スプリントの合併差し止めを求めて起こした訴訟の取り下げを明らかにした。合併を認める連邦地裁の判断に控訴しない方針という。

コラム:孫氏とエリオット、双方が代償払えば歩み寄り可能

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長と、「物言う株主」として知られる米ヘッジファンド、エリオット・マネジメントを率いるポール・シンガー氏は、見る世界が異なっている。孫氏は300年先の展望をとうとうと語り、シンガー氏はもっと目先の株主価値が高まることを望む。その結果、どちらも満足は得られないかもしれないが、2人なら歩み寄れる地点を見つけられるはずだ。

ソフトバンクG孫社長「潮目が変わった決算」

ソフトバンクグループ<9984.T>が12日発表した10―12月の連結営業損益は25億円の黒字だった(前期は7043億円の赤字)。当期損益は550億円の黒字(同7001億円の赤字)。孫正義会長兼社長決算会見で「潮目が変わった決算」と総括した。

ソフトバンクG株取得の米ファンド、自社株買いの基本方針は一致=孫社長

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長は12日の決算会見で、米ヘッジファンドのエリオット・マネジメントが同社株式を取得し経営改革を要求していると伝わっていることに触れ「余裕資金で自社株買いをする基本方針は一致する」と述べた。

BRIEF-ソフトバンクG社長:スプリントとTモバイルの合併は最終段階に入った

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は12日の決算会見で、以下のように述べた。 * 孫ソフトバンクG社長:スプリントとTモバイルの合併は最終段階に入った * 孫ソフトバンクG社長:ビジョンファンドは12月末から1カ月余りで上場株だけで約3000億円の利益、事実上の黒転 * 孫ソフトバンクG社長:ビジョンファンド2で10社前後の新たな投資を準備 * 孫ソフトバンクG社長:重要な業績指標は「株主価値」、約4カ月で5兆円増 * 孫ソフトバンクG社長:著名株主が仲間になることはありがたい=エリオットによる株式取得で * 孫ソフトバンクG社長:...

日経平均は、反発、ソフトバンクGが押し上げ 上値は重い

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株式市場が堅調だったことが好感されたほか、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大の影響に対する懸念が後退し、地合いは落ち着いた。ソフトバンクグループ<9984.T>が大幅高となり、日経平均を約133円押し上げた。ただ、新型肺炎の経済への影響などはなお不透明で、積極的に上値は追いづらいという。

ホットストック:ソフトバンクG買い気配、米連邦地裁がスプリントとTモバの合併容認

ソフトバンクグループは買い気配。米ニューヨーク州南部地区連邦地裁が11日、同社傘下の米携帯通信4位スプリントと、同3位TモバイルUSの合併を認める判断を示し、スプリントとTモバイルの株価が大幅高となったことが材料視されている。

NY市場サマリー(11日)

<為替> ドルが対ユーロで前日に付けた4カ月ぶり高値から下落。中国の新型コロナウイルス懸念を受けた安全資産買いが一服し、リスク選好が改善した。

米株市場はS&Pとナスダックが最高値、新型肺炎巡る当局者発言で

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が前日に続き最高値を更新して取引を終えた。中国当局者が新型コロナウイルスの流行について、4月ごろに終息する可能性があるとの見解を示したことが背景。

欧州市場サマリー(11日)

旅行大手のTUIは13.1%急騰。年末商戦で需要が底堅かったことで、 米航空機大手ボーイングの737MAX型機の運航停止による通期利益への打撃を 相殺すると述べたことが買い安心感につながった。格安航空会社のイージージェット<EZJ .L>と航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAGは4.0 %と3.8%の連れ高となった。 一方、前日に30%超値上がりした医療サービスのNMCヘルスは16.0 %急落。米投資会社のKKRがNMCへ買収提案を出す意向はないと述べたことが売り材 料だった。 ショッピングセンターを保有・管理するイントゥ・プロパティーズ...

欧州株式市場=上昇、過去最高値更新 新型肺炎の終息期待で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 428.48 +3.84 +0.90 424.64 FTSEユーロファース 1672.64 +13.92 +0.84 1658.72 ト300種 ユーロSTOXX50種 3825.84 +32.66 +0.86 3793.18 <.STOXX50E > 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。新型コロナウイルスの流行が近く頭打ちとな るとの期待や、世界経済への打撃が予想されていたほど大きくないとの見方からSTOX X欧州600種指数は過去最高値を更新した。通信大手...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up