for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メトロ PCS コミュニケーションズ・インク

TMUS.O

現在値

110.72USD

変化

-1.19(-1.06%)

出来高

8,822,916

本日のレンジ

107.79

 - 

112.65

52週レンジ

63.50

 - 

119.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
111.91
始値
112.21
出来高
8,822,916
3か月平均出来高
149.16
高値
112.65
安値
107.79
52週高値
119.20
52週安値
63.50
発行済株式数
1,237.81
時価総額
137,050.20
予想PER
59.79
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 T-Mobile US Inc Earnings Release

適時開示

その他

T-Mobile Usa Increases Aggregate Commitment Under Revolving Credit Facility To $5.5 bln

T-Mobile Says Shentel Delivered Tot-Mobilea "Notice Of Dispute" Relating To Appraisal Framework Items

T-Mobile Overtakes AT&T As America's #2 Wireless Provider

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メトロ PCS コミュニケーションズ・インクとは

TモバイルUS(T-Mobile US Inc)はワイヤレス企業である。【事業内容】後払い、前払い、卸売の顧客に無線サービスを提供し、これらの顧客に手頃な価格の無線通信サービスを提供するだけでなく、多様な無線デバイスとアクセサリを提供することで収益を生み出す。旗艦ブランドである「T-Mobile」、「Metro by T-Mobile」、「Sprint」のサービス、デバイス、アクセサリを、自社が所有・運営する小売店、ウェブサイト、「T-Mobile」アプリ、カスタマーケアチャネルを通じて提供する。更に、独立したサードパーティの小売店や各種なサードパーティのWebサイトを通じて、デバイスをディーラーやその他のサードパーティのディストリビューターに再販するために販売する。

業種

Communications Services

連絡先

12920 SE 38th St

BELLEVUE, WA

98006-1350

United States

+1.425.3784000

https://www.t-mobile.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Timotheus Hottges

Independent Chairman of the Board

G. Michael Sievert

President, Chief Executive Officer, Director

Peter Osvaldik

Chief Financial Officer

Neville R. Ray

President - Technology

Deeanne King

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

統計

2.00 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

40.6K

2018

43.3K

2019

45.0K

2020(E)

66.3K
EPS (USD)

2017

2.710

2018

3.360

2019

4.020

2020(E)

1.886
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.47
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.65
株価純資産倍率(四半期)
2.17
株価キャッシュフロー倍率
11.84
総負債/総資本(四半期)
124.02
長期負債/資本(四半期)
114.35
投資利益率(過去12カ月)
2.00
自己資本利益率(過去12カ月)
1.74

最新ニュース

最新ニュース

焦点:ソフトバンクG非公開化の現実味、アーム売却で高まる観測

ソフトバンクグループ(SBG) <9984.T>を巡って浮かんでは消える「非公開化」観測が再燃している。英アーム株式を米エヌビディアに最大4兆円超で売却すると発表したことで、金融市場では現実味が増してきたとの受け止めが聞かれる。大型の資産売却はポストコロナをにらんだ動きとの見方もある。

東京外為市場・15時=ドル106円前半、ソフトバングGが再び話題に

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 106.05/07 1.1852/56 125.71/75  午前9時現在 106.13/15 1.1838/42 125.67/71  NY午後5時 106.14/17 1.1845/48 125.75/79 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の106 円前半。週明けアジア市場は手がかりに乏しく小動きだったが、ソフトバンクグループの 海外企業売却が円相場に影響を与える可能性が話題となった。 主要通貨は全般小動きで、ドルも106...

ホットストック:ソフトバンクGが堅調、資産の売却・資産化計画完了

ソフトバンクグループが堅調に推移している。28日に保有する通信子会社のソフトバンクの株式を同日の終値ベースで最大約1兆4700億円分売り出すと発表、手元資金を拡充する4.5兆円の資産の売却・資金化の計画の一環で、今回の売り出しで同計画は完了することを受け、地合いが好転する中で買い人気となった。

ソフトバンクGが通信子会社株を最大1.47兆円売り出し、資金化計画は完了

ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>は28日、保有する通信子会社のソフトバンク<9434.T>の株式を同日の終値ベースで最大約1兆4700億円分売り出すと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の第2波、第3波に備え、手元資金を拡充する。SBGによる4.5兆円の資産の売却・資金化の計画の一環で、今回の売り出しで同計画は完了する。

ドイツテレコム、第2四半期は増収増益 スプリント買収が寄与

ドイツテレコム<DTEGn.DE>が発表した第2・四半期決算は増収増益となった。傘下のTモバイルUS<TMUS.O>が米スプリントを230億ドルで買収したことが寄与した。実質ベースの利益も市場予想を上回った。

ソフトバンクG、4―6月期は1.25兆円の黒字 市場回復で投資損益改善

ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>が11日に発表した2020年4―6月期の連結純損益(国際会計基準)は前年同期比11.9%増の1兆2557億円の黒字だった。Tモバイル株の売却関連益が貢献したほか、株式市場の復調を追い風に、1―3月期の1兆4381億円の赤字から大きく改善した。前年同期は1兆1217億円の黒字だった。

欧州株式市場=小幅続伸、中国の統計が相場下支え

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 364.65 +1.10 +0.30 363.55 FTSEユーロファース 1413.58 +3.60 +0.26 1409.98 ト300種 ユーロSTOXX50種 3259.71 +7.06 +0.22 3252.65 <.STOXX50E > 週明け欧州株式市場は小幅続伸して取引を終えた。中国の経済指標が改善したことで 景気循環株が買われる一方、米中関係の緊迫化が不安視されテクノロジー株が売られた。 国際石油価格の上昇を受け、中国の7月の卸売物価指数(...

NY市場サマリー(7日)ダウ小幅高・ナスダック下落、ドルは上昇

<為替> ドルが上昇した。7月の米雇用統計を受け、雇用市場に対する投資家の懸念が一部和らいだ。ただ、週間では7週連続で下落した。

米ダウ小幅高、ナスダック下落 雇用急減速やコロナ協議決裂で

米国株式市場では、ダウ平均株価<.DJI>が46ドル高と小幅な値上がりにとどまったほか、ナスダック総合指数<.IXIC>は100ポイント近く下げて取引を終えた。雇用統計で雇用の伸びが大幅に鈍化したことや、新型コロナウイルス追加経済対策を巡る与野党協議が決裂したことなどが相場の重しとなった。

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 横ばいで取引を終えた。一次産品 の値下がりで関連銘柄が売られる一方、好決算を発表した銘柄や製薬のアストラゼネカ<A ZN.L>が買われた。欧州連合(EU)との通商協定の交渉が進展するとの期待から中型株 で構成するFTSE250種指数は0.82%上昇した。 この日発表された7月の米雇用統計は、雇用者数の伸びが前月から大幅に鈍化した。 米国ではまた、新型コロナウイルスの追加支援策の協議が難航している。景気回復への不 安が漂った。 オアンダの上級市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「非農業部門の雇用者数を受 け、経済指標...

欧州株式市場=反発、通信株やヘルスケア株に買い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州60 363.55 +1.06 +0.29 362.49 0種 FTSEユーロファ 1409.9 +3.77 +0.27 1406.21 ースト300種 8 ユーロSTOXX5 3252.6 +12.26 +0.38 3240.39 <.STOXX50 0種 5 E> 欧州株式市場は反発して取引を終えた。STOXX欧州600種通信株指数 とテクノロジー株指数、ヘルスケア指数が上昇した。今週は米中関係の緊 迫化が不安視される中でも投資家は決算が総じて好調だったことや欧州...

米Tモバイル、第2四半期の契約者数が予想上回る増加

米携帯電話大手TモバイルUS<TMUS.O>は6日、第2・四半期の月額払い(ポストペイド)の契約者数が予想以上に増加したと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するロックダウン(都市封鎖)措置に伴い、在宅勤務などが広がったことが寄与した。

焦点:鈍重なドル円、経済停滞でフロー退潮 ソフトバンクGで思惑も交錯

ドル/円<JPY=>の値動きが再び鈍ってきた。コロナ禍で経済活動が停滞し、貿易やM&A(企業の合併・買収)などを含むマネーフローが退潮しているためだ。加えて、ソフトバンクグループ<9984.T>の米企業売却が投機筋の思惑を掻き立て、円の売買が短期間に激しく交錯。円が狭いレンジ内を上下動したことも響いた。

ソフトバンクG、第1四半期にTモバイル株売却益約6000億円を計上

ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>は29日、保有する米携帯電話サービス大手TモバイルUS<TMUS.O>株の売却と持分法適用関連会社からの除外に伴い、2021年3月期第1・四半期に利益約6000億円(概算値)を計上する見込みとなったと発表した。

ドル方向感定まらず、106・107円台を行き来か=今週の外為市場

今週の外為市場でドルは方向感の定まらない不安定な値動きとなりそうだ。米国で新型コロナウイルスの感染拡大が続き米経済にも暗い影を落とす中、リスク回避のドル買いが先行する可能性も否定できない一方で、市場のムード次第ではリスク回避の円買いという従来のパターンに戻る余地がある。

ドル方向感定まらず、106・107円台を行き来か=来週の外為市場

来週の外為市場でドルは不安定な値動きとなりそうだ。米国で新型コロナウイルスの感染拡大が続き米経済にも暗い影を落とす中、リスク回避のドル買いが先行する可能性も否定できないが、市場のムード次第では、リスク回避の円買いという従来のパターンに切り替わる余地もありそうだ。

ソフトバンクG、スプリントにかかる支配喪失利益7500億円を計上

ソフトバンクグループ<9984.T>は25日、米子会社だったスプリント<S.N>とTモバイルUS<TMUS.O>の合併完了に伴いスプリントが子会社でなくなったため、2021年3月期第1・四半期の連結決算で支配喪失利益約7500億円を計上すると発表した。

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円前半、LIBORは5年ぶり低水準を更新

短期筋による買い戻しや実需のドル買いフローで朝方の安値107.01円から正午前に107.25円まで上昇したが、午後は方向感に乏しい値動きとなっている。

ソフトバンクG、スプリントにかかる支配喪失利益で約7500億円計上

ソフトバンクグループは25日、米子会社だったスプリントとTモバイルUSの合併完了に伴いスプリントが子会社でなくなったため、2021年3月期第1・四半期の連結決算に同社にかかる支配喪失利益約7500億円を計上すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up