for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Total SA

TOTF.PA

前日終値

49.08EUR

変化

-0.33(-0.67%)

出来高

3,279,856

本日のレンジ

49.08

 - 

49.48

52週レンジ

42.65

 - 

52.27

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
49.41
始値
49.29
出来高
3,279,856
3か月平均出来高
114.01
高値
49.48
安値
49.08
52週高値
52.27
52週安値
42.65
発行済株式数
2,597.92
時価総額
131,776.00
予想PER
11.85
配当利回り
5.26

次のエベント

Total SA Shareholders Meeting - Montpellier

適時開示

その他

Russia's Novatek to receive Yamal LNG dividends in 2021

Total Adjusted Net Income Group Share Down At EUR 3.02 Bln

Total's Subsidiary Saft To Provide Batteries For Ergon Energy Network In Australia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Total SAとは

トータル(Total SA)は石油・ガス会社である。【事業内容】同社は3つの事業区分により構成される。上流事業は炭化水素の探査・生産事業とガス・エネルギー事業を含む。精製と化学品事業は石油精製、石油化学製品、特殊化学品、原油取引・輸送事業を含む産業用ハブで構成される。マーケティングとサービス事業は石油製品の供給・販売、及び新エネルギー事業に従事する。企業事業は持株運営と金融事業を含む。同社は再生可能エネルギーと発電セクターで運営する。同社は上流(炭化水素探査、開発および生産)及び下流(精製、石油化学、特殊化学品、原油と石油製品の取引・輸送及びマーケティング)を含む石油・ガス産業の各分野に従事する。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

Tour Coupole - 2 place Jean Millier

Paris-la-Defense

+33.1.47444546

https://www.total.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Patrick Pouyanne

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, President of the Executive Committee

Patrick de la Chevardiere

Chief Financial Officer, Member of the Executive Committee

Ladislas Paszkiewicz

Senior Vice President of Investor Relations, Member of the Executive Committee

Momar Saliou Nguer

President, Marketing & Services; Member of the Executive Committee

Namita Shah

President, People & Social Responsibility; Member of the Executive Committee

統計

1.81 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

149.7K

2017

171.5K

2018

209.3K

2019(E)

198.2K
EPS (USD)

2016

3.380

2017

4.120

2018

5.050

2019(E)

4.626
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.81
株価純資産倍率(四半期)
1.23
株価キャッシュフロー倍率
5.80
総負債/総資本(四半期)
54.40
長期負債/資本(四半期)
41.67
投資利益率(過去12カ月)
5.09
自己資本利益率(過去12カ月)
3.75

最新ニュース

最新ニュース

コラム:サウジアラムコ株、ESG視点で投資できない理由

サウジアラビア国営石油会社・サウジアラムコ<IPO-ARMO.SE>が新規公開する株式を買うかどうか思案中の外国投資家にとって、最も重要な意味を持つ書類は、アラムコの目論見書ではない。

南アの新製油所、サウジ支援で28年までに操業開始 100億ドル投入

南アフリカ・エネルギー省傘下の中央エネルギー基金(CEF)は7日、サウジアラビアの支援を受け計画中の東沿岸部リチャーズ・ベイの新製油所(原油処理能力日量30万バレル)は、2028年までに操業を開始するとの見通しを示した。

アングル:危険に満ちた韓国造船所、下請け労働者の悲劇続く

パク・チョルヒさんの突然の悲劇は、2年前にさかのぼる。2017年の「勤労者の日」、パクさんは、サムスン重工業の巨済造船所に休日出勤していた。この日、大型クレーンが別のクレーンと衝突して倒壊し、パクさんの弟を含む6人が犠牲になった。

マクロン仏大統領の訪中、総額150億ドルの商談成立

中国政府は6日、マクロン仏大統領の訪中に伴い、両国間で総額150億ドルの商談が成立したと発表した。

イラン、あらゆる手段で原油輸出へ 米国の圧力に屈せず=通信社

イランのザンギャネ石油相は、米国の圧力にイランは屈しないと言明し、あらゆる手段を尽くして原油を輸出する考えを示した。シャナ通信が6日報じた。

仏トタル、アナダルコのモザンビークLNG事業の取得完了 三井物産出資

フランスの石油・ガス大手トタル<TOTF.PA>は30日、米エネルギー大手アナダルコ・ペトロリアム<APC.N>が主導するモザンビーク液化天然ガス(LNG)事業の権益26.5%の取得を完了したと発表した。取得額は39億ドル。債務問題を抱えるモザンビークの収入増加につながるとみられる。

メキシコ湾岸の米エネルギー施設、熱帯低気圧で生産に影響

熱帯性低気圧「イメルダ」が、メキシコ湾岸の米エネルギー施設に大きな被害をもたらしている。施設の関係者によると、テキサス州では19日、洪水により製油所や石油パイプライン、ターミナルなどが閉鎖を余儀なくされている。

ロシア北極圏LNG事業が始動、投資規模210億ドル 日中の企業など参画

ロシアの民間天然ガス会社ノバテク<NVTK.MM>が主導する北極圏の液化天然ガス(LNG)事業「アークティック LNG─2」が始動することになった。同事業に参画する企業が5日、ウラジオストクで開催された国際会議で最終投資決定(FID)に署名した。

米石油メジャー2社、第2四半期決算は明暗分かれる

米石油大手のエクソンモービル<XOM.N>とシェブロン<CVX.N>が2日発表した第2・四半期決算は、明暗が分かれる結果となった。

欧州市場サマリー(17日)

ユーロ圏の10年債利回りは軒並み3─6ベーシスポイント(bp)低下。 イタリア10年債利回りは一時1.57%と、2016年終盤以来の低 水準を付けた。 仏10年債利回りは5bp低下のマイナス0.04%と、今月初旬に付 けた過去最低水準のマイナス0.14%に迫った。 独10年債利回りもマイナス0.29%。 FRBの利下げ観測を背景に、欧州中央銀行(ECB)が9月に利下げを実施すると の憶測も広がっている。 クーレECB専務理事は、理事会を来週に控えたこの日、インフレ率が目標に向かう のを支援するために、必要なら行動する用意があると述べた。...

欧州株式市場=反落、決算軟調でスウェーデン株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 387.66 -1.44 -0.37 389.10 種 FTSEユーロファー 1525.29 -5.22 -0.34 1530.51 スト300種 DJユーロSTOXX 3501.58 -19.78 -0.56 3521.36 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式市場は反落して取引を終えた。軟調な決算でスウェーデンの銘柄が売られた ほか、原油安を受け石油株が値を下げた。 スウェーデンの銀行株が重しとなりSTOXX欧州600種銀行株指数は1 .50%低下した...

訂正:東芝が米LNG事業を仏トタルに売却へ、今期930億円損失計上

東芝<6502.T>は1日、米国液化天然ガス(LNG)事業をフランスのエネルギー大手トタル<TOTF.PA>に売却すると発表した。巨額損失のおそれのあったLNG事業を切り離すことで経営再建を加速させる。

東芝、仏トタルに米LNG事業売却へ=関係筋

東芝は、米国の液化天然ガス(LNG)事業を仏エネルギー大手トタルに売却することで合意した。関係筋が31日、明らかにした。

パプア首相が辞任、政治混乱で国内資源開発事業に影響も

パプアニューギニアのオニール首相は29日、正式に辞任した。政権運営を巡る懸念や貧困層が国内資源の恩恵を受けていないと批判する声が高まるなか、閣僚や与党議員の離反が相次ぎ、退任に追い込まれた。

焦点:宙に浮くロシア産「汚染原油」、西側と支払い巡る泥沼劇

その請求書に記載されているのは、ベラルーシからドイツへと至るパイプライン内で何週間も滞留している、有機塩素化合物に汚染された大量のロシア産石油の代金だ。

仏伊石油大手、ロシア産汚染原油の代金支払い中止

ロシア産原油に高濃度の有機塩素化合物が混入した問題で、フランスの石油大手トタル<TOTF.PA>とイタリアの同ENI<ENI.MI>がロシア企業に対する当該原油の購入代金の支払いを中止したことが、複数の商社筋の話で分かった。

汚染で停止のパイプライン、正常化は5月後半に=露エネルギー相

ロシアのドルジバ・パイプラインが原油の汚染のため停止している問題で、ノバク・エネルギー相は、問題の解決は5月後半になるとの見方を示した。

独仏、欧州のEV電池生産に共同投資へ 最大60億ユーロ

フランスとドイツは2日、欧州での電気自動車(EV)向け電池の開発に共同で投資すると発表した。この分野で先行する米国や中国に対抗する。

ロシア、2週間以内に欧州向けパイプライン復旧へ

ロシアのコザク副首相は26日、ベラルーシ、ウクライナ、ポーランドとの協議を受け、主要パイプライン「ドルジバ」を通じた欧州への原油供給を2週間以内に再開すると明らかにした。

ドイツとポーランド、ロシア産原油の輸入を一部停止 品質悪化で

ポーランドとドイツは主要パイプライン「ドルジバ」を通じたロシア産原油の輸入を停止した。高濃度の有機塩素化合物が混入し、原油の品質が悪化していることが理由。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up