for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Top Glove Corporation Berhad

TPGC.KL

現在値

8.78MYR

変化

-0.13(-1.46%)

出来高

11,079,400

本日のレンジ

8.72

 - 

9.00

52週レンジ

1.44

 - 

9.77

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.91
始値
9.00
出来高
11,079,400
3か月平均出来高
1,354.02
高値
9.00
安値
8.72
52週高値
9.77
52週安値
1.44
発行済株式数
8,191.36
時価総額
73,005.71
予想PER
--
配当利回り
1.33

適時開示

その他

Top Glove Says Evaluating Dual Primary Listing On HKEX

Top Glove Says Not Decided On Special Dividend Payout As Mentioned In An Article

Top Glove Corporation Says Looking To List In Hong Kong In 6-9 Months, In Talks With Bankers

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Top Glove Corporation Berhadとは

トップ・グローブ(Top Glove Corporation Berhad)は投資持株、及び管理サービスの提供に従事する。【事業内容】同社の製品はラテックス粉末、ラテックスフリー粉末、ニトリル試験手袋、ビニール試験手袋、手術用手袋、高密度ポリエチレン(HDPE)手袋、ロング丈12高リスクの手袋、クリーンルーム用手袋、伸縮性のあるビニール検査用手袋、ソフトニトリル検査用手袋、及び家庭用・産業用手袋を含む。

業種

Medical Equipment & Supplies

連絡先

Lot 4969

Jln Teratai, 6th Miles, Off Jln Meru

40170

Malaysia

+60.3.33623098

https://www.topglove.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Wee Chai Lim

Executive Chairman of the Board

Cheong Guan Lim

Executive Director - Finance, Executive Director

Chong Ban Wong

Chief Operating Officer

Kim Meow Lee

Managing Director, Executive Director

Yat Hing Lam

Senior General Manager - Marketing

統計

1.96 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, MYR)

2018

4.2K

2019

4.8K

2020

7.2K

2021(E)

18.3K
EPS (MYR)

2018

0.057

2019

0.048

2020

0.232

2021(E)

0.962
株価売上高倍率(過去12カ月)
48.89
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.09
株価純資産倍率(四半期)
11.52
株価キャッシュフロー倍率
34.54
総負債/総資本(四半期)
8.68
長期負債/資本(四半期)
3.51
投資利益率(過去12カ月)
35.43
自己資本利益率(過去12カ月)
26.51

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=フィリピンが3カ月ぶり高値、コロナ感染者減を好感

東南アジア株式市場ではマニラ市場が上昇し、3カ月超ぶりの高値をつけた。フィリピンで新型コロナウイルスの新規感染者数が減少したことが好感された。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、トランプ氏の病状に注目

中盤の東南アジア株式市場は大半の市場が上昇した。アジア市場では、トランプ米大統領の健康状態に関するホワイトハウスの声明が強材料とみなされた。

東南アジア株式・引け=大半が下落、シンガポールは4日続落

ジャカルタ市場の総合株価指数は1.31%安の4934.093で終了。21日のインドネシアの新型コロナウイルス感染者数が過去最高を記録したことが響き、約2週間ぶり安値を付けた。個別銘柄では、商業用不動産の開発に従事するシティ・リテール・デベロップメントや、ミネラルウオーターなどの飲料会社であるトリ・バニャン・ティルタが大きく下げた。

東南アジア株式・引け=おおむね下落、ジャカルタとバンコクが1%安

週明け21日の東南アジア株式市場の株価は、おおむね下落して引けた。新型コロナウイルスの感染者が地元や欧州で増加している状況が、投資家心理を圧迫した。

アジア株式市場サマリー:引け(18日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [18日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3338.0897 + 67.6547 + 2.07 3270.9110 3338.3243 3268.5260 前営業日終値 3270.4350 中国 CSI300指 4737.089 +104.375 +2.25 4636.642 4737.804 4631.705 数 前営業日終値 4632.714 香港 ハンセン指数 24455.41 +114.56 +0.47 24381.13 24501.16 24295.01...

東南アジア株式・引け=ジャカルタ上昇、中銀独立性への懸念後退

東南アジア株式市場はジャカルタ市場が上昇した。インドネシア中央銀行が、政治的影響からの自由を請け合ったことが市場に好感された。

アジア株式市場サマリー:引け(9日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [9日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3254.6279 - 61.7891 - 1.86 3280.9974 3289.6148 3238.5606 前営業日終値 3316.4170 中国 CSI300指 4584.589 -109.801 -2.34 4634.247 4645.197 4558.030 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 4694.389 香港 ハンセン指数 24468.93 -155.41 -0.63 24295.42...

東南アジア株式・引け=軒並み下落

東南アジア株式市場は軒並み下落。ハイテク株の世界的な下落が響き、クアラルンプール市場とジャカルタ市場、マニラ市場が大きく下げた。

東南アジア株式・中盤=まちまち、米市場再開待ちで薄商い

中盤の東南アジア株式市場は、連休明けの米国市場の取引再開を控えて薄商いとなる中、まちまちに推移した。

アジア株式市場サマリー:引け(25日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [25日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3373.5781 - 12.0602 - 0.36 3392.8797 3408.8697 3364.1602 前営業日終値 3385.6383 中国 CSI300指 4761.951 +6.102 +0.13 4769.211 4802.412 4746.313 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 4755.849 香港 ハンセン指数 25486.22 -65.36 -0.26 25586.99 25621.08...

東南アジア株式・引け=まちまち、シンガポール・ジャカルタなどは上昇

25日の東南アジア株式市場の株価はまちまち。米中貿易協議に進展の兆候が見られたことが好感され、輸出との関連が強いシンガポール市場などが上昇した。

東南アジア株式・中盤=まちまち、シンガポールは1%超上昇

東南アジア株式市場はまちまち。米中貿易協議が進展するという兆候を手掛かりにリスク選好姿勢が強まった。特に輸出状況に関心が集まる市場では、両国が第1段階合意をめぐる議論の進展を確認したことを受けて、株価上昇の先導役となった。

東南アジア株式・中盤=おおむね下落、弱い中国経済指標が響く

東南アジア株式市場は中盤の東南アジア株式市場はおおむね下落。7月の中国の小売売上高が市場予想に反して減少したことから、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて低迷した同国の景気が短期間で回復することへの期待が薄れている。同国の鉱工業生産も市場予想に届かなかった。 0410GMT(日本時間午後1時10分)時点で、クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.73%安。個別銘柄では、ゴム手袋大手トップ・グローブとハルタレガ・ホールディングスが大きく下げている。

東南アジア株式・引け=軒並み上昇、景気回復期待

13日の東南アジア株式市場の株価は軒並み上昇して引けた。景気回復期待や今週予定されている米中通商協議に対する楽観ムードが相場を押し上げた。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、マレーシア下落

12日の東南アジア株式市場は大半が上昇して引けた。クアラルンプール市場は手袋メーカー株の大幅安が重しとなり、下落した。

アジア株式市場サマリー(12日)

中国株式市場は続落。世界的に市場センチメントが冷え込んだことや、中国の銀行融資減少を示す統計が重しとなった。

東南アジア株式・中盤=まちまち、クアラルンプールは1%近く下落

中盤の東南アジア株式市場の株価はまちまち。クアラルンプール市場は手袋製造メーカーの下げにつれ1%近く下げた。

アジア株式市場サマリー:引け(10日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [10日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3379.2524 + 25.2172 + 0.75 3341.5276 3399.9323 3335.0427 .SSEC 前営業日終値 3354.0352 中国 CSI300指 4724.870 +16.944 +0.36 4681.755 4757.663 4646.289 <.CSI30 .CSI3 数 0> 00 前営業日終値 4707.926 香港 ハンセン指数 24377.43 -154.19...

東南アジア株式・引け=まちまち、マニラは封鎖解除期待で上昇

東南アジア株式市場はまちまちで引けた。中国が発表した7月の卸売物価指数(PPI)が改善したことで、米中緊張の高まりをめぐる警戒感が和らいだ。

東南アジア株式・引け=まちまち、感染拡大でフィリピン下落

東南アジア株式市場はまちまちで引けた。フィリピンでは新型コロナウイルスの感染者増加を受けて下落し、週間でも2週連続の下げだった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up