for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Top Glove Corporation Berhad

TPGC.KL

現在値

28.14MYR

変化

-0.26(-0.92%)

出来高

13,140,500

本日のレンジ

28.10

 - 

29.30

52週レンジ

4.21

 - 

29.30

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
28.40
始値
28.46
出来高
13,140,500
3か月平均出来高
510.14
高値
29.30
安値
28.10
52週高値
29.30
52週安値
4.21
発行済株式数
2,703.27
時価総額
76,091.84
予想PER
51.79
配当利回り
0.50

次のエベント

Top Glove Corporation Bhd Extraordinary Shareholders Meeting

適時開示

その他

Top Glove Updates On Developments On U.S. Customs And Border Protection Order

Top Glove Corporation Proposes To Undertake Proposed Bonus Issue Of Up To 5.48 Bln New Ordinary Shares

Top Glove Confirms U.S. CBP Placed A Detention Order On Disposable Gloves Manufactured By 2 Units

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Top Glove Corporation Berhadとは

トップ・グローブ(Top Glove Corporation Berhad)は投資持株、及び管理サービスの提供に従事する。【事業内容】同社の製品はラテックス粉末、ラテックスフリー粉末、ニトリル試験手袋、ビニール試験手袋、手術用手袋、高密度ポリエチレン(HDPE)手袋、ロング丈12高リスクの手袋、クリーンルーム用手袋、伸縮性のあるビニール検査用手袋、ソフトニトリル検査用手袋、及び家庭用・産業用手袋を含む。

業種

Medical Equipment & Supplies

連絡先

Lot 4969

Jln Teratai, 6th Miles, Off Jln Meru

40170

Malaysia

+60.3.33623098

https://www.topglove.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Wee Chai Lim

Executive Chairman of the Board

Cheong Guan Lim

Executive Director - Finance, Executive Director

Chong Ban Wong

Chief Operating Officer

Kim Meow Lee

Managing Director, Executive Director

Yat Hing Lam

Senior General Manager - Marketing

統計

1.78 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, MYR)

2017

3.4K

2018

4.2K

2019

4.8K

2020(E)

7.4K
EPS (MYR)

2017

0.133

2018

0.172

2019

0.145

2020(E)

0.541
株価売上高倍率(過去12カ月)
111.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.31
株価純資産倍率(四半期)
15.81
株価キャッシュフロー倍率
87.37
総負債/総資本(四半期)
32.56
長期負債/資本(四半期)
20.61
投資利益率(過去12カ月)
13.34
自己資本利益率(過去12カ月)
10.08

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・引け=まちまち、感染拡大でフィリピン下落

東南アジア株式市場はまちまちで引けた。フィリピンでは新型コロナウイルスの感染者増加を受けて下落し、週間でも2週連続の下げだった。

アジア株式市場サマリー(17日)

前日発表の中国の第2・四半期国内総生産(GDP)が予想より堅調な数字となったことから当局の政策引き締めに対する警戒感が高まったほか、海外勢の利食い売りも広がった。

東南アジア株式・引け=上昇、米中合意維持と中国景気回復の兆しで

東南アジア株式市場は上昇して引けた。香港の自治をめぐって米中関係が悪化する中、トランプ米大統領が米中貿易協議の「第1段階」合意を撤回しなかったことが背景。中国の景気の回復兆候も市場心理を改善した。

アジア株式市場サマリー:引け(1日)

中国株式市場は大幅高。トランプ米大統領が香港に対する優遇措置を即座に撤廃しなたかったことで警戒感が和らいだほか、中国製造業の好調な指標が本土株式相場を押し上げた。

訂正-東南アジア株式・中盤=上昇、米中貿易は当面の混乱回避

東南アジア株式市場は上昇。香港をめぐり中国と争うトランプ米大統領が、既存の両国間の貿易取引を脅かすことを回避する姿勢を見せたことで、この日は株高となった。また、東南アジア最大の貿易相手国である中国の経済状況について、段階的な回復を示す兆候が発表され、投資家心理の改善につながった。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、クアラルンプール市場が大幅高

21日の東南アジア株式市場の株価は、大半が上昇して引けた。新型コロナウイルス感染拡大を受けた封鎖措置を緩和する動きや中国が景気刺激策を打ち出す見通しにより、経済活動再開への期待が高まった。

東南アジア株式・中盤=上昇、米株に追随 マレーシア2カ月超ぶり高値

21日中盤の東南アジア株式市場の株価は、軒並み上昇している。アジア株や前日の米国株の値上がりに追随。中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の開幕を控え、新型コロナウイルスに伴う封鎖措置からの景気回復が加速すると、再び期待された。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、感染第2波を懸念

中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が下落した。ジャカルタ市場の下げが大きい。新型コロナウイルス感染拡大防止のための封鎖措置が解除されることで、感染拡大第2波の可能性が高まり、経済回復が遅れるとの懸念が広がった。

東南アジア株式・中盤=大半が小幅高、米中対立懸念の後退 リスク選好強まる

8日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が小幅高。投資家の間では米国と中国の通商当局者間の協議に注目が集まったほか、一部の国で新型コロナウイルスにより打撃を受けた経済活動を再開する計画で進展が見られていることなどを受け、リスク選好の動きが強まった。 両国間の緊張が高まる中、この日は中国の劉鶴副首相と米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官が、貿易協議「第1段階」合意の履行状況などについて電話協議を行った。 こうした流れを踏まえ、オアンダ(OANDA)のシニア市場アナリスト、ジェフリー・ハレー氏は「アジア市場の...

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(10日現在)

仏自動車大手ルノー<RENA.PA>のスナール会長は10日、40億─50億ユーロ(44億─54億ドル)の銀行融資を求める可能性があると述べた。

マレーシア、手袋メーカーなどが医療用品を優先的に生産

世界最大の医療用手袋メーカーであるマレーシアのトップ・グローブ・コープ<TPGC.KL>は、新型コロナウイルス感染拡大による需要増加に対応するため、マスクの生産を開始する計画だ。Lim Wee Chai執行会長が、ロイターに明らかにした。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2日現在)

トランプ米大統領は1日、中国が公表している新型コロナウイルスの感染状況に関する統計について、「やや少ない」ようだとの見解を示した。一方、トランプ大統領の補佐官は政府として中国の統計が正確かどうか判断できないと指摘した。[nL4N2BQ223]

マレーシア医療手袋大手、世界的な「コロナ需要」で深刻な人手不足

世界最大の医療用手袋メーカーであるマレーシアのトップ・グローブ・コープ<TPGC.KL>が、深刻な人手不足に苦慮している。米国などで新型コロナウイルスの感染が拡大して医療用防護用品が不足し、需要が大幅に増加しているためだ。

焦点:医療用手袋が世界で不足、最大の生産国マレーシア封鎖

新型コロナウイルスとの闘いには、使い捨てのゴム手袋が必須だ。しかし、世界生産の5分の3を担うマレーシアでロックダウン(封鎖)が実施され、世界中の病院でゴム手袋が不足する恐れが生じている。

アジア株式市場サマリー:引け(28日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [28日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 休場 - - - - - 前営業日終値 - 中国 CSI300指 休場 - - - - - <.CSI30 数 0> 前営業日終値 - 香港 ハンセン指数 休場 - - - - - 前営業日終値 - 香港 ハンセン中国株 休場 - - - - - 指数 前営業日終値 - 韓国 総合株価指数 2176.72 -69.41 -3.09 2192.22 2199.93 2166.23 前営業日終値 2246.13...

東南アジア株式・引け=軒並み下落、新型肺炎の影響懸念

東南アジア株式市場は軒並み下落。シンガポール市場が最も下げた。同国政府が中国での新型コロナウイルスの流行は国内経済に打撃を与えるとの見解を示したことが嫌気された。

東南アジア株式・中盤=シンガポール3日続伸、その他は休日控え下落

中盤の東南アジア株式市場は、シンガポール市場が「第1段階」の米中貿易合意をめぐる楽観を追い風に3営業日続伸。一方、その他の市場は休日を前に下落している。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、タイは通信関連株が下支え

東南アジア株式市場は大半の市場が上昇した。米国で前向きな内容の経済指標が相次いだこともあり、景気後退や世界経済の失速への懸念が和らいだ。

東南アジア株式・午前=ジャカルタ続伸、マニラは続落

15日午前の東南アジア株式市場は、ジャカルタ市場が続伸。2月のインドネシアの貿易収支が、市場予想に反して5カ月ぶりに黒字に転換したことが好感された。一方、シンガポール市場とクアラルンプール市場は、米中貿易協議が進展したとの報道を受けて上昇している。

東南アジア株式・引け=軒並み下落、世界経済の減速懸念背景に

週明け11日の東南アジア株式市場の株価は、軒並み下落。先週発表された中国の貿易統計が期待外れの内容だったことに続き、米雇用統計も弱い内容となり、世界経済の減速懸念が強まった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up