for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タペストリー

TPR.N

現在値

47.06USD

変化

0.24(+0.51%)

出来高

222,603

本日のレンジ

46.15

 - 

47.13

52週レンジ

12.16

 - 

49.65

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
46.82
始値
46.77
出来高
222,603
3か月平均出来高
80.42
高値
47.13
安値
46.15
52週高値
49.65
52週安値
12.16
発行済株式数
278.86
時価総額
13,056.15
予想PER
16.19
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2021 Tapestry Inc Earnings Release

適時開示

その他

Tapestry, Inc. Reports Q3 EPS $0.32

Tapestry, Inc. Appoints Scott A. Roe Chief Financial Officer And Head Of Strategy

Kate Spade Announces New Structure For Creative Organization

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タペストリーとは

タペストリー(Tapestry, Inc.)(旧名:Coach, Inc.)は、高級アクセサリーとライフスタイルコレクションのデザインハウスである。【事業内容】同社の製品は、多様な皮革、織物とその他の材料を使用して製造される。同社のブランドは、「Coach」、「Kate Spade」及び「Stuart Weitzman」を含む。同社は3つの事業セグメントを運営する。北米事業は、「Tapestry」ブランドの製品を、同社が運営する店舗(インターネットを含む)を通じて北米の顧客及び卸売顧客に販売する。国際事業は、デパートの店内に出店するショップインショップ、小売店、アウトレット店及び電子商取引のウェブサイトを運営する。スチュアート・ワイツマン事業は、主に北米及び海外のデパート、並びに米国、カナダ、欧州における「Stuart Weitzman」の店舗(インターネットを含む)を通じて、世界中で「Stuart Weitzman」ブランドの製品を販売する。

業種

Apparel/Accessories

連絡先

10 Hudson Yards

NEW YORK, NY

10001

United States

+1.212.9468400

https://www.tapestry.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Susan J. Kropf

Independent Chairman of the Board

Joanne C. Crevoiserat

Chief Executive Officer, Director

Andrea Shaw Resnick

Interim Chief Financial Officer, Global Head of Investor Relations and Corporate Communications

Liz Fraser

Chief Executive Officer and Brand President, Kate Spade

Todd Kahn

Chief Executive Officer and Brand President of Coach

統計

2.22 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

5.9K

2019

6.0K

2020

5.0K

2021(E)

5.7K
EPS (USD)

2018

2.630

2019

2.570

2020

0.970

2021(E)

2.891
株価売上高倍率(過去12カ月)
54.69
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.69
株価純資産倍率(四半期)
4.33
株価キャッシュフロー倍率
28.01
総負債/総資本(四半期)
52.89
長期負債/資本(四半期)
52.86
投資利益率(過去12カ月)
3.70
自己資本利益率(過去12カ月)
3.13

最新ニュース

最新ニュース

米タペストリーの1─3月期、売上高が予想上回る 北米・中国好調

米高級ブランドのタペストリー(旧コーチ)が6日発表した第3・四半期(3月27日まで)決算は、売上高が市場予想を上回った。通期についても、市場予想を上回る売上見通しを示した。北米および中国での高級品需要が回復したことが背景。

米タペストリー、四半期利益が予想上回る 中国で需要回復

米高級ブランドのタペストリー(旧コーチ)が4日発表した第2・四半期(2020年12月26日まで)決算は、利益が予想を上回った。中国の需要増と年末商戦での割引縮小が要因。

米株反発、ナスダック1.6%高 決算控え大手IT株に買い

米国株式市場は反発して終了した。決算発表を控えた主要情報技術株に買いが入ったほか、米経済指標が堅調だったことで、前日の急落から持ち直した。

NY市場サマリー(13日)ドル下落、S&Pは最高値更新後に小幅安

<為替> ドルがユーロやスイスフラン、ポンドなどに対して下落。追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議に進展が見られないことが相場の重しとなった。一方、対円では一時107円台に上昇した。

S&P小幅安、一時は過去最高値更新 アップルが高い

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>が取引時間中に終値としての過去最高値を上回ったものの、小幅安で終了した。ダウ工業株30種<.DJI>も、ネットワーク機器大手シスコシステムズ<CSCO.O>が前日に示した業績見通しが嫌気され、下落して終了した。

米タペストリー、四半期赤字が予想ほど膨らまず 中国販売が回復

米高級ブランドのタペストリー(旧コーチ)<TPR.N>が13日発表した第4・四半期(6月27日まで)決算は、市場予想よりも小幅な赤字にとどまった。中国の販売回復を追い風に、コスト管理を通じ新型コロナウイルス禍の打撃を一部しのいだ。

米メーシーズ、来週一部店舗の営業再開 6週以内に全店でも

米百貨店大手メーシーズ<M.N>は新型コロナウイルス感染拡大に伴い一時的に閉店していた米国内の店舗のうち、感染拡大抑制策が緩和された州にある68店舗の営業を5月4日に再開すると発表した。

米、新型肺炎対策で1億ドル支援 クルーズ船は中国国民の乗船禁止

ポンペオ米国務長官は7日、新型コロナウイルス感染拡大に対処するため、中国や感染の影響を受けている国に最大1億ドルを拠出する用意があると表明した。

アングル:企業決算に見る堅調な米個人消費、先行きには慎重論

米国で堅調な個人消費を示す企業決算が相次いでいる。小売り最大手のウォルマート<WMT.N>は通期予想を上方修正。一部の大手銀行や住宅メーカーの決算会見でも消費に明るい見方を示す声が出ている。

コラム:中国怒らせた欧米高級ブランド、謝罪して不買のジレンマ

欧米の高級ブランド各社が屈辱を忍んでいる。オーストリアのスワロフスキー、イタリアのベルサーチ、フランスのジバンシィといった高級ブランドがここ数日、香港などを国家として扱い、中国の感情を害したことを平身低頭で謝罪した。香港で中国本土に対する抗議活動が激化しており、一見ささいなこの対応も、深刻な事態に発展しかねない。

米タペストリー、7─9月は減収減益予想・通期見通し下げ 株価急落

米高級皮革ブランドのタペストリー(旧コーチ)<TPR.N>は15日、第1・四半期(7─9月)は減収減益になると予想し、通期利益伸び率見通しを下方修正した。

今日の株式見通し=急反落、米国株安を嫌気 香港デモにも警戒感

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、急反落となる見通し。週明けの米国株式市場が軟化したことが嫌気される一方、引き続き円高警戒感が強いことから、主力銘柄を中心に売り優勢の展開になるとみられる。米中貿易摩擦に加え、香港デモなど地政学的な緊張感も懸念されだしており、旧盆休み中で薄商いの中、厳しい展開となりそうだ。

今日の株式見通し=急反落、米国株安を嫌気 香港デモにも警戒感

           前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均   20684.82 22362.92 19241.37               +91.47 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9 20265(円建て) 月限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は、急反落となる見通し。週明けの米国株式市 場が軟化したことが嫌気される一方、引き続き円高警戒感が強いことから、主力銘柄を中 心に売り優勢の展開になるとみられる。米中貿易摩擦に加え、香港デモなど地政学的な緊 張感も懸念されだしており、旧盆休...

UPDATE 1-NY市場サマリー(12日)

(債券の内容を更新しました) [12日 ロイター] - <為替> 主要6通貨に対するドル指数がおおむね横ばいで推移したほか、円高が進 んだ。全般的に夏枯れ相場となる中、様子見ムードが根強かった。 ドル指数は0.1%安の97.390。米中貿易戦争の長期化が米経済に悪影 響を及ぼすという懸念から下げが拡大する場面もあった。貿易戦争長期化に伴いマネーの 逃避先として円が買われるという思惑から円が対ドルで上昇、0.4%高の105 .26円近辺で取引された。 ウエスタンユニオン・ビジネスソリューション(ワシントン)のシニア市場アナリス ト、ジョー・マニンボ...

NY市場サマリー(12日)

<為替> 主要6通貨に対するドル指数がおおむね横ばいで推移したほか、円高が進んだ。全般的に夏枯れ相場となる中、様子見ムードが根強かった。

米株主要指数1%超安、香港デモなど地政学的緊張が重し

米国株式市場は主要株価指数が1%超下落して取引を終えた。長引く米中貿易摩擦を背景に景気後退懸念が高まる中、地政学的な緊張感が投資家の動揺を誘った。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

米株下落、米中協議に注目 トランプ氏発言で下げ渋り

米国株式市場は下落して取引を終えた。米中通商協議の行方に注目が集まる中、ダウ平均株価は当初400ドル超値下がりしていたが、その後トランプ大統領が週内の合意は可能との認識を示したことで、下げ幅が大きく縮小した。

タペストリー、1─3月利益は予想上回る 10億ドルの自社株買い発表

米高級皮革ブランドのタペストリー(旧コーチ)の第3・四半期(3月30日まで)決算は、利益が市場予想を上回った。主力ブランド「コーチ」の販売が堅調だったほか、「ケイト・スペード」の売り上げが持ち直した。

仏ケリング、中国需要に強気 グッチは19年好調な滑り出し

仏高級ブランドグループ、ケリングは12日、経済減速の影響が懸念される中国市場について強気な見方を示した。また、同社の営業利益の80%超を占める主力ブランド「グッチ」の業績が今年好調な滑り出しを見せていることを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up