for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トムソン・ロイター・コーポレーション

TRI.TO

現在値

105.99CAD

変化

-1.05(-0.98%)

出来高

167,543

本日のレンジ

105.99

 - 

107.48

52週レンジ

75.91

 - 

109.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
107.04
始値
107.08
出来高
167,543
3か月平均出来高
10.40
高値
107.48
安値
105.99
52週高値
109.99
52週安値
75.91
発行済株式数
496.56
時価総額
53,210.90
予想PER
43.85
配当利回り
1.88

次のエベント

Q3 2020 Thomson Reuters Corp Earnings Release

適時開示

その他

Thomson Reuters Reports Q2 Adjusted Earnings Of $0.44 Per Share

London Stock Exchange expects to complete Refinitiv deal by early 2021

Thomson Reuters Appoints Kirsty Roth Chief Operations And Technology Officer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トムソン・ロイター・コーポレーションとは

トムソン・ロイター(Thomson Reuters Corp)(Thomson Reuters)は専門的市場向けのニュースと情報の提供に従事するカナダの企業である。【事業内容】同社は法律、税務・会計、及びロイター・ニュースという3つの事業区分により構成される。法律事業は世界中の法律、調査、ビジネスと政府専門家をサポートするオンラインと印刷情報、デシジョンツール、ソフトウェア及びサービスを提供する。税務・会計事業は会計事務所、企業、法律事務所、政府の専門家向けの統合的税務コンプライアンスと会計情報、ソフトウェア及びサービスを提供する。ロイター・ニュース事業は、世界中の新聞、テレビ、ケーブルネットワーク、ラジオ局及びウェブサイト向けに、リアルタイムのマルチメディアニュースと情報を提供する。同社は100以上の国で事業を展開する。

業種

Computer Services

連絡先

333 BAY STREET, SUITE 300

TORONTO, ON

M5H 2R2

Canada

+1.416.6877500

https://www.thomsonreuters.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David Kenneth Roy Thomson

Non-Independent Chairman of the Board

Steve Hasker

President, Chief Executive Officer, Director

David W. Binet

Non-Independent Deputy Chairman of the Board

Michael Keith Eastwood

Chief Financial Officer

Stephen J. Adler

President and Editor-in-Chief, Reuters

統計

2.69 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

11.3K

2018

5.5K

2019

5.9K

2020(E)

6.0K
EPS (USD)

2017

2.758

2018

0.750

2019

1.290

2020(E)

1.818
株価売上高倍率(過去12カ月)
107.20
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.71
株価純資産倍率(四半期)
4.32
株価キャッシュフロー倍率
23.62
総負債/総資本(四半期)
44.51
長期負債/資本(四半期)
42.37
投資利益率(過去12カ月)
6.36
自己資本利益率(過去12カ月)
5.57

最新ニュース

最新ニュース

トムソン・ロイター、第2四半期は利益予想上回る 通年見通し維持

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.TO> <TRI.N>が5日発表した第2・四半期決算は、利益が予想を上回った。世界的に先行き不透明感が高まる中でも通年の業績見通しを維持した。

ロンドン証取、リフィニティブ買収承認のため伊取引所売却も

ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>は31日、金融情報・分析会社リフィニティブ買収計画で欧州独禁当局の承認を得るためにイタリア証券取引所グループの一部またはすべての売却を検討する可能性があると表明した。

EU、LSEのリフィニティブ買収に競争上の懸念表明 本格調査へ

欧州連合(EU)の反トラスト当局は22日、ロンドン証券取引所(LSE)による金融情報・分析会社リフィニティブの買収に関して、競争上の懸念を指摘し、4カ月間にわたる本格調査に着手した。

フォトログ:香港「戦場」の記録、ピュリツァー賞に

地面に押さえつけられた若い女性のすぐ脇に、香港武装警察の盾が写る。当局に拘束されたその女性は仲間に向かって叫び、弁護士に連絡するよう頼んでいる。

トムソン・ロイター、第1四半期は増収増益 見通し下方修正

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.N><TRI.TO>が5日発表した第1・四半期決算は増収増益となったが、市場予想はわずかに下回った。また、新型コロナウイルス危機による世界経済の悪化を理由に通期の売上高見通しを引き下げた。

ピュリツァー賞、アラスカ地方紙が公益部門、報道写真はロイター

米コロンビア大学は4日、優れた報道に授与されるピュリツァー賞を発表、公益部門には、米アラスカ州の3分の1の村で警察が実質機能せず性的犯罪が蔓延する実態を伝えた地方紙「アンカレジ・デーリー・ニューズ」と協力した調査報道専門メディア「プロパブリカ」が選ばれた。

トムソン・ロイター、新CEO発表 第4四半期は60%営業増益

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.N><TRI.TO>は25日、ジム・スミス最高経営責任者(CEO)の後任に米情報・調査会社ニールセン・ホールディングス<NLSN.N>の元社長、スティーブ・ハスカー氏(50)を指名したと発表した。

トムソン・ロイター、新CEO発表 第4四半期は60%営業増益

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイターは25日、ジム・スミス最高経営責任者(CEO)の後任に米情報・調査会社ニールセン・ホールディングスの元社長、スティーブ・ハスカー氏(50)を指名したと発表した。

トムソン・ロイター、元調査会社幹部を新CEOに近く指名=関係筋

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.TO> <TRI.N>はジム・スミス最高経営責任者(CEO)の後任に米情報・調査会社ニールセン・ホールディングス<NLSN.N>の元幹部、スティーブ・ハスカー氏を近く指名する見通し。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

ブルームバーグ氏、米大統領に当選すれば通信社を売却へ

米大統領選の民主党候補指名を争うブルームバーグ前ニューヨーク市長の選挙事務所は18日、大統領選に当選した場合には、同氏が創業した金融情報サービス事業を売却する方針であることを確認した。

米フェイスブック、ロイターと事実検証で提携

米フェイスブック<FB.O>は12日、同社のプラットフォームおよび傘下の写真共有アプリのインスタグラムに投稿されたコンテンツに関するファクトチェック(事実検証)でロイターと提携したと発表した。

ロンドン証取のリフィニティブ買収、欧州当局判断は夏ごろ=取締役

欧州競争当局は、ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>が金融情報会社リフィニティブを270億ドルで買収する計画について、「夏ごろに」承認の是非を決定する見通しだ。LSE取締役のラファエレ・イェルサルミ氏が21日明らかにした。

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニティブが自己検閲

今年8月、香港が反政府デモに揺れる中、ロイターは、暴動を鎮めるためにデモ参加者らの要求を一部受け入れたいという林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の秘密の提案を、中国政府が却下していたと報道した。中国当局が神経をとがらせかねない内容だった。

大手外為取引プラットフォームの出来高減少、銀行が取引内部化=BIS

国際決済銀行(BIS)の四半期報告によると、今年は外為市場のボラティリティー低下を受けて一部のグローバル行が行内システムでの取引に移行した結果、世界最大級の外為取引プラットフォームを介した銀行間の取引が3年前に比べて7%減少、1日当たり3680億ドルとなった。

トムソン・ロイター、営業利益が予想超え 自社株買い拡大へ

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.N><TRI.TO>が31日発表した第3・四半期決算は営業利益が市場予想を上回った。自社株買いを拡大し、配当性向を引き上げる方針も合わせて発表した。

ロンドン証取、第3四半期は増収増益 デリバティブ清算部門が好調維持

英ロンドン証券取引所(LSE)グループ<LSE.L>が発表した第3・四半期(7─9月)決算は、増収増益だった。デリバティブ清算機関LCHが19%の増益となり、英国の欧州連合(EU)離脱を控えて、ユーロの中央清算機関としての存在感を示した。

香港取引所、ロンドン証取の買収断念

香港取引所<0388.HK>は8日、ロンドン証券取引所(LSE)グループ<LSE.L>の買収を断念すると発表した。LSE経営陣の賛同が得られなかったためとした。

トムソン・ロイター、BtoBイベントのFCBIを買収

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.TO><TRI.N>は4日、BtoBイベントを手掛けるFCビジネス・インテリジェンス(FCBI)社を買収したと発表した。

香港商取、買収支持されたいなら提案の20%増額を=LSE株主

香港証券取引所(HKEX)<0388.HK>によるロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>の買収提案を巡り、LSEの一部株主がHKEXに対し、LSE株主から支持されたいなら買収額のうちの現金比率引き上げと全体の評価額の最大20%の引き上げが必要と伝えた。LSE株主3人と銀行筋1人が明らかにした。

コラム:香港取引所のLSE買収案、金額以外にも難点

香港とロンドンには、政治的な混乱に苦しんでいる金融センターという共通点がある。だが香港取引所(HKEX)<0388.HK>の李小加最高経営責任者(CEO)にとって、「逃亡犯条例」改正案に端を発した数カ月にわたる香港の抗議デモや、欧州連合(EU)離脱を巡る英議会の紛糾は、2つの都市の取引所を統合しようという自らの野望の妨げにはなっていない。李氏は11日、ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>を現金と株式合わせて370億ドルで買収する計画を発表したのだ。LSEが標的から逃れるのを阻止する上で、ぎりぎりのタイミングで動きだした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up