for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トムソン・ロイター・コーポレーション

TRI.TO

現在値

142.89CAD

変化

1.18(+0.83%)

出来高

401,427

本日のレンジ

140.73

 - 

143.44

52週レンジ

119.23

 - 

156.62

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
141.71
始値
142.00
出来高
401,427
3か月平均出来高
8.02
高値
143.44
安値
140.73
52週高値
156.62
52週安値
119.23
発行済株式数
483.38
時価総額
68,500.03
予想PER
42.36
配当利回り
1.62

次のエベント

Q3 2022 Thomson Reuters Corp Earnings Release

適時開示

その他

Thomson Reuters Reports Q2 Adjusted Earnings Of $0.60/Share

Thomson Reuters Corp Files For Debt Shelf Of Up To US$3 Billion

Thomson Reuters Announces Annual Renewal Of Normal Course Issuer Bid And New US$2.0 Billion Share Repurchase Program

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トムソン・ロイター・コーポレーションとは

トムソン・ロイター(Thomson Reuters Corp)は、カナダに本拠を置くビジネス情報サービスのプロバイダーである。【事業内容】5つのセグメントで運営される。法務専門家セグメントは、コンテンツ、ツール、分析を組み合わせたテクノロジーと統合された法務ワークフローソリューションを活用した法務研究に焦点を当て、法律事務所と政府に調査およびワークフロー製品を提供する。企業セグメントは、法務、税務、規制、コンプライアンスにまたがるサービスを提供し、グローバルな会計事務所を含む企業顧客にサービスを提供する。税務および会計専門家セグメントは、税務の提供と税務ワークフローの自動化に重点を置いた調査およびワークフロー製品を提供する会計事務所の税務、会計および監査の専門家にサービスを提供する。ロイターニュースセグメントは、Reuters News Agency、Reuters.com、Reuters Events、Thomson Reuters製品、およびロンドン証券取引所グループ(LSEG)のリフィニティブ ビジネスを通じて、メディア組織、専門家、ニュース消費者にビジネス、金融、グローバル ニュースを提供する。グローバル印刷セグメントは、印刷形式で法務および税務情報を提供する。

業種

Computer Services

連絡先

333 Bay Street, Suite 400

TORONTO, ON

M5H 2R2

Canada

+1.416.6877500

https://www.thomsonreuters.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David Kenneth Roy Thomson

Non-Independent Chairman of the Board

Steve Hasker

President, Chief Executive Officer, Director

David W. Binet

Non-Independent Deputy Chairman of the Board

Michael Keith Eastwood

Chief Financial Officer

Paul Fischer

Interim President - Legal Professionals

統計

2.38 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

5.9K

2020

6.0K

2021

6.3K

2022(E)

6.7K
EPS (USD)

2019

1.290

2020

1.850

2021

1.950

2022(E)

2.479
株価売上高倍率(過去12カ月)
94.94
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.65
株価純資産倍率(四半期)
3.77
株価キャッシュフロー倍率
20.39
総負債/総資本(四半期)
30.47
長期負債/資本(四半期)
29.65
投資利益率(過去12カ月)
8.34
自己資本利益率(過去12カ月)
7.36

最新ニュース

最新ニュース

焦点:交通渋滞と大洪水、インドの急拡大テック都市に衰退の影

1980年代後半、ハリシュ・プラノールさんは、インドの大都市ベンガルールの東端に位置するイェマルアーと呼ばれる地域で週末を過ごした。そのあたりの湿地帯や池の周囲を歩き回り、従兄弟たちと一緒に小さな淡水魚を取ったりしたものだ。

ロンドン証取G、リフィニティブ統合のコスト目標達成へ

ロンドン証券取引所グループ(LSEG)は5日、金融情報会社リフィニティブの統合について、コストと節約の目標達成に向かっていると表明した。

トムソン・ロイター、通期売上高見通し引き上げ 主要3部門好調

[ニューヨーク 4日 ロイター] - トムソン・ロイターは4日、2022年通期の売上高見通しを6%増と、従来の5.5%増から上方修正した。法務、税・会計、企業の主要3部門で7%増収が見込まれるという。第2・四半期決算は利益が市場予想を上回った。

米テキサスとオハイオの州最高裁、中絶制限・禁止を支持 各州で法廷闘争

中絶の憲法上の権利を否定した6月24日の米連邦最高裁判断を受けて州レベルで中絶制限・禁止の合法化や、これを差し止めようとする法的措置が相次ぐ中、テキサス州とオハイオ州の州最高裁が1日、それぞれ中絶制限と禁止の実施を認める判断を出した。

訂正-ニュースを避ける人が増加、信頼度も低下=ロイター研究所

英オックスフォード大学ロイター・ジャーナリズム研究所が14日発表した調査によると、新型コロナウイルスの流行やロシアのウクライナ侵攻、生活費の急騰といった重要なニュースを意識的に避ける人が増えている。

ピュリツァー賞、公益部門にワシントン・ポスト紙 ウクライナ記者は特別賞

米コロンビア大学は9日、メディアや文学などの分野における功績をたたえるピュリツァー賞を発表し、特に注目度が高い「公益」部門ではワシントン・ポスト紙による昨年1月の米連邦議会議事堂襲撃事件に関する報道を選んだ。またニューヨーク・タイムズ紙は「国内報道」「国際報道」「批評」の3部門で受賞。ロイターはインドの新型コロナウイルス大流行の惨状を伝えた写真が「特集写真」部門に選ばれた。

トムソン・ロイター、22年売上高見通し上方修正 第1四半期好調

トムソン・ロイターは3日、2022年の売上高見通しを上方修正した。合わせて発表した第1・四半期と利益と売上高は、中核事業の好調な業績に押し上げられ、市場予想を上回った。

ロンドン証取G、ウクライナ紛争が圧迫 財務目標は達成へ

ロンドン証券取引所グループ(LSEG)はウクライナ戦争によりグループの収益が打撃を受けているが、金融情報・分析会社リフィニティブとの統合が進み、財務目標は達成に向かっていると明らかにした。

ロイター、ニュースコンテンツサービスからタス通信を除外

ロイターは23日、自社を含め、グローバルなメディアのコンテンツを提供するプラットフォーム「ロイターコネクト」からロシアのタス通信のコンテンツを削除したことを明らかにした。

UPDATE 1-ロイター、ニュースコンテンツサービスからタス通信を除外

ロイターは23日、自社を含め、グローバルなメディアのコンテンツを提供するプラットフォーム「ロイターコネクト」からロシアのタス通信のコンテンツを削除したことを明らかにした。

ロンドン証取G、ロシアでニュース配信停止

英ロンドン証券取引所グループ(LSEG)は8日、ロシアでニュースや解説記事を含む商品の提供を9日1200GMT(日本時間午後9時)以降、停止すると発表した。

トムソン・ロイター、第4四半期利益が予想下回る 投資拡大が重し

トムソン・ロイターが8日発表した第4・四半期決算は利益が市場予想を下回った。2022─23年の成長実現に向けた投資拡大が重しとなった。

トムソン・ロイター、第4四半期利益が予想下回る 投資拡大が重し

トムソン・ロイターが8日発表した第4・四半期決算は利益が市場予想を下回った。2022─23年の成長実現に向けた投資拡大が重しとなった。

J&J、ロイター記事配信差し止め請求 ベビーパウダー訴訟巡り

米日用品・医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は、自社のベビーパウダーががんを引き起こしたとされる訴訟を巡りロイターが先に報じた記事について、法的手段に関する会社の機密文書に基づくものだとして配信差し止めを求める訴えを起こした。

米ニューズ、ハッキングで記者に関する情報漏洩 中国関与の疑い

米メディア大手ニューズ・コーポレーションは4日、電子メールシステムがハッキングされ、不特定多数の記者に関するデータが漏えいしたと発表した。中国政府のための情報収集が目的だった可能性が高いという。

SKハイニックスの中国半導体生産、先行き不透明 米政府が懸念

複数の関係者がロイターに明らかにしたところによると、韓国の半導体大手SKハイニックスが半導体をより効率的に製造するために中国の設備を改修する計画の先行きが不透明になっている。米政府が高度な製造機器が中国国内で使われることを望んでいないためという。

トムソン・ロイター、通年売上高見通し上方修正

トムソン・ロイターは2日、世界的に景気が回復する中、2021通年の売上高見通しを上方修正した。上方修正は3回目。第3・四半期決算は、売上高と調整後の1株当たり利益がアナリスト予想平均を上回った。

ロイターのフリーデンバーグ社長、12月に退任へ

ロイターのマイケル・フリーデンバーグ社長は13日、12月に退任すると発表した。親会社のトムソン・ロイターは社内メモで、後任社長の選任に近く着手すると明らかにした。

リフィニティブ、為替ベンチマーク算出方法の変更検討

金融情報サービス会社リフィニティブは、為替レートのベンチマーク指数の算出方法の変更を検討している。リフィニティブのWM/Rレートは、27年にわたり、グローバルな為替レートのベンチマークとなっている。

ロンドン証取G、上期は増収増益 リフィニティブの統合進む

ロンドン証券取引所グループ(LSEG)が6日発表した上期決算は増収増益となった。同社は増配も発表。買収した金融情報・分析会社リフィニティブの統合が進んでいることを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up