for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TC Energy Corp

TRP.TO

現在値

57.74CAD

変化

-0.25(-0.43%)

出来高

3,590,565

本日のレンジ

57.71

 - 

58.30

52週レンジ

54.60

 - 

74.44

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
57.99
始値
57.90
出来高
3,590,565
3か月平均出来高
121.10
高値
58.30
安値
57.71
52週高値
74.44
52週安値
54.60
発行済株式数
1,011.96
時価総額
58,744.14
予想PER
13.55
配当利回り
6.20

次のエベント

Dividend For TRP.TO - 0.9000 CAD

適時開示

その他

TC Energy declares force majeure over Keystone pipeline outage - source

TC Energy Corp not focused on reducing future capital spending with asset sales - CEO

TC Energy CEO sees strong demand for stable, contracted infrastructure assets

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TC Energy Corpとは

TC エナジー(TC Energy Corp)はカナダを拠点とする会社で、北米でエネルギーの移動、生成、貯蔵を行う。【事業内容】天然ガスパイプライン、液体パイプライン、電力および貯蔵の3つの中核事業で事業を行う。天然ガスパイプライン事業には、93,300キロメートル(km)の天然ガスパイプラインネットワークが含まれ、家庭の暖房、燃料産業、発電のために、北米全体で毎日消費されるクリーン燃焼天然ガスの約25パーセンテージ(%)を供給する。液体パイプライン事業には、アルバータ州の原油供給をイリノイ州、オクラホマ州、テキサス州、米国湾岸の米国精製市場に接続する約4,900kmの石油および液体パイプラインインフラストラクチャがある。エネルギーインフラストラクチャ資産のポートフォリオには、7つの発電施設への投資が含まれる。カナダの天然ガスパイプライン、米国の天然ガスパイプライン、メキシコの天然ガスパイプライン、液体パイプライン、電力と貯蔵の5つのセグメントがある。

業種

Oil Well Services & Equipment

連絡先

450 1 St SW

CALGARY, AB

T2P 5H1

Canada

+1.403.9202000

https://www.tcenergy.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Siim A. Vanaselja

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Francois L. Poirier

President, Chief Executive Officer, Director

Joel E. Hunter

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jonathan E. Wrathall

Vice-President - Finance and Evaluations

Patrick M. Keys

Executive Vice President, General Counsel

統計

2.81 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CAD)

2019

13.3K

2020

13.0K

2021

13.4K

2022(E)

14.8K
EPS (CAD)

2019

4.140

2020

4.200

2021

4.270

2022(E)

4.280
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.90
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.05
株価純資産倍率(四半期)
1.77
株価キャッシュフロー倍率
10.15
総負債/総資本(四半期)
164.57
長期負債/資本(四半期)
144.11
投資利益率(過去12カ月)
3.59
自己資本利益率(過去12カ月)
3.04

最新ニュース

最新ニュース

キーストーン・パイプライン停止、カンザス州で原油1.4万バレル流出

カナダのTCエナジーは8日、同国の原油を米国の精製施設に輸送する「キーストーン・パイプライン」の稼働を止めたと発表した。米カンザス州の川に1万4000バレル超の原油が流出する事故が発生したためで、再開時期は未定。

キーストーン・パイプライン、カンザス州原油流出で稼働停止

カナダのTCエナジーは8日、同国の原油を米国の精製施設に輸送する「キーストーン・パイプライン」の稼働を止めたと発表した。カンザス州の川に原油が流出する事故が発生したためで、再開時期は未定。

NY原油先物、需要低迷懸念で5日続落

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 8日のニューヨーク原油先物相場は5営業日続落し。世界経済の減速による需要減への懸念で売られた。

カナダ、米への原油輸出拡大目指す 欧州諸国支援へ

カナダのウィルキンソン天然資源相は10日、米国向けの原油輸出を増やすため、パイプラインの稼働率を引き上げる方法を模索していると明らかにした。米国への原油輸出を拡大することで、ロシア産原油の輸入停止を段階的に進める欧州諸国を支援する。

テキサスなど18州、石油パイプライン建設認可取り消し巡り政権提訴

バイデン米大統領がカナダの油田と米メキシコ湾岸の製油所を結ぶパイプライン「キーストーンXL」の建設認可を取り消したことを巡り、テキサス州など米国の複数の州が政権を提訴した。テキサス州のパクストン司法長官が17日夜に明らかにした。

米加首脳が来月も会談へ、新型コロナ対策などで協力体制

カナダ首相府によると、トルドー首相とバイデン米大統領は来月会談することで合意した。バイデン大統領の就任後、両首脳はすでに電話で会談し、北米における新型コロナウイルス感染拡大対策での協力を申し合わせている。

バイデン氏、就任日に15の大統領令などに署名 前政権の路線転換

20日に米大統領に就任するバイデン氏は、就任直後に15の大統領令などに署名する方針。環境問題や新型コロナウイルス対策などトランプ政権の政策を転換する。

バイデン氏、就任初日にもキーストーンXLパイプライン認可撤回=関係筋

バイデン次期米大統領は、1月20日の就任初日にも大統領令を通じ、カナダから米中西部まで原油を運ぶ「キーストーンXLパイプライン」の建設認可を取り消すことを計画している。1人の関係筋が明らかにした。

次期米大統領、就任初日にパイプランの認可取り消しへ=加報道

バイデン次期米大統領は就任初日に大統領令を通じ、カナダから米メキシコ湾に原油を運ぶ「キーストーンXLパイプラン」建設計画の認可を取り消すことを計画している。カナダのCBCニュースが17日、関係筋の話として伝えた。

バイデン氏、トランプ政権推進のパイプライン建設中止する計画

民主党のバイデン前副大統領は、カナダから米メキシコ湾に原油を運ぶ「キーストーンXLパイプライン」建設計画について、大統領選での当選後に中止させる方針を打ち出した。バイデン氏の選挙陣営が18日に発表した。

カナダ警察が線路封鎖の先住民10人を逮捕、完全な運行再開は未定

カナダ東部で居住地へのガスパイプライン建設に反対する先住民らが線路を数週間にわたり封鎖していた問題で、カナダ警察は24日、先住民グループの10人を逮捕し、線路上のバリケードを撤去した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up