for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トラベラーズ・カンパニーズ・インク

TRV.N

前日終値

133.54USD

変化

0.25(+0.19%)

出来高

390,588

本日のレンジ

133.00

 - 

133.94

52週レンジ

111.09

 - 

155.09

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
133.29
始値
133.00
出来高
390,588
3か月平均出来高
27.26
高値
133.94
安値
133.00
52週高値
155.09
52週安値
111.09
発行済株式数
779.69
時価総額
34,403.85
予想PER
14.03
配当利回り
2.46

次のエベント

Dividend For TRV.N - 0.8200 USD

適時開示

その他

Travelers Companies Q3 Core Earnings Per Share $1.43

Travelers Offers Wildfire Defense Services Endorsement To California Customers

Travelers Companies Inc Files For Potential Mixed Shelf Offering; Size Not Disclosed

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トラベラーズ・カンパニーズ・インクとは

ザ・トラベラーズ(The Travelers Companies, Inc)は持株会社である。【事業内容】同社のセグメントには、事業および国際保険、債券および専門保険、個人保険を含む。子会社を通じ、同社は商業的および個人的損害保険商品およびサービスを提供する。事業および国際保険事業は米国、カナダ、英国、アイルランド、ブラジルおよび世界の他の地域において顧客に損害保険および保険関連サービスを提供する。債券および専門保険事業は財務基盤の引受アプローチを利用して、主に国内の顧客に対して、保証、負債管理、専門職業責任保険、およびその他の損害賠償責任保険および関連リスク管理サービスを提供している。個人保険事業は個人リスクを対象とした損害保険を発行する。

業種

Insurance (Prop. & Casualty)

連絡先

385 WASHINGTON ST

+1.651.3107911

https://www.travelers.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Alan D. Schnitzer

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Avrohom J. Kess

Vice Chairman and Chief Legal Officer

Jay S. Benet

Vice Chairman

William H. Heyman

Vice Chairman of the Management Board

Daniel S. Frey

Chief Financial Officer, Executive Vice President

統計

2.95 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

25.0K

2017

26.2K

2018

27.7K

2019(E)

29.2K
EPS (USD)

2016

10.120

2017

7.280

2018

8.940

2019(E)

9.499
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.97
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.10
株価純資産倍率(四半期)
1.34
株価キャッシュフロー倍率
10.94
総負債/総資本(四半期)
25.61
長期負債/資本(四半期)
25.22
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
2.21

最新ニュース

最新ニュース

訂正:米国株式市場=過去最高値に迫る、米中協議に楽観的な見方

米国株式市場は上昇。ダウ平均株価は177ドル高で取引を終えたほか、S&P総合500種とナスダック総合が過去最高値に迫った。飲料のコカ・コーラ<KO.N>や航空機エンジン・機械のユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)<UTX.N>の決算を好感して買いが集まった。

訂正:NY市場サマリー(23日)

<為替> 前日にトランプ大統領と議会指導部が2年間の借り入れ権限の延長と歳出枠の設定で合意したことを受け、ドル指数が約5週間ぶりの水準に上昇。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで1週間強ぶりの高値水準を付けた。米指標が好調だった一方、欧州の製造業指標は弱かった。

米株市場は小幅高、経済指標・企業決算が堅調

米国株式市場では、主要3株価指数が小幅高で終了した。米経済指標のほか、企業決算が堅調だったことが追い風となった。

大型ハリケーン「フローレンス」、14日に米南東部直撃の見込み

大型ハリケーン「フローレンス」の接近に備え、11日午後までに米南東部沿岸部では100万人超に対し避難命令が発令された。

NY市場サマリー(10日)

<為替> ポンドとユーロが対ドルで上昇した。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡りEUのバルニエ首席交渉官が向こう6─8週間で合意にこぎ着けられるとの見方を示したことが背景。

米S&Pとナスダック小反発、アップル軟調

米国株式市場は、S&P総合500種とハイテク株の多いナスダック総合指数が5日ぶりに反発した。ただ、アップルが軟調で上値は限定的だった。

ハリケーン「フローレンス」勢力増し米南東部に接近 沿岸部で避難命令

ハリケーン「フローレンス」が米南東部に接近する中、直撃が予想されているサウスカロライナ、ノースカロライナ両州の沿岸部で10日、避難命令が発令された。米国立ハリケーン・センター(NHC)によると、フローレンスは勢力を増し、同日正午時点で5段階中2番目に強い「カテゴリー4」に強まった。

ハリケーン「フローレンス」勢力増し米南部州に接近 沿岸部で避難命令

米南東部ノースカロライナ州は10日、ハリケーン「フローレンス」の接近に備え、沿岸部に避難命令を発令した。

米国株式市場は下落、さえない企業決算や貿易摩擦懸念で

米国株式市場は下落して取引を終えた。企業決算が失望を誘ったほか、欧州連合(EU)が米国からの輸入品に報復関税を課す可能性に懸念が広がった。

米国株はネットフリックス急伸でおおむね上昇、ダウ横ばい

米国株式市場はおおむね上昇して終了。第4・四半期決算が好調だった米動画配信大手ネットフリックス<NFLX.O>の急伸を受け、S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合指数<.IXIC>が上昇して引けた。

アングル:米企業収益を圧迫するハリケーンの影響

8月から9月にかけて米南部やプエルトリコに相次いで襲来したハリケーン「ハービー」、「イルマ」、「マリア」による被害の影響が足元で米企業の収益を圧迫している。

米保険株が上昇、「イルマ」被害は想定以下との見方で

11日の米国株式市場で保険株が上昇。特に米フロリダ州の保険株に買いが集まった。大型ハリケーン「イルマ」が熱帯性低気圧へと勢力を弱め、被害規模が懸念されたほど深刻なものにはならないとの見方が広がった。

米国株式はS&P最高値、ハリケーン・北朝鮮巡る懸念後退

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種<.SPX>は終値として過去最高値を更新、ダウ工業株30種は1日として2月以来の大幅な伸びを記録した。ハリケーン「イルマ」がフロリダ州にもたらした被害が予想より小規模にとどまったことや、北朝鮮が週末にミサイル発射実験に踏み切らなかったことを受け、安心感が広がった。

NY市場サマリー(8日)

<為替> 年内の米追加利上げ観測が後退する中、ドルが主要6通貨バスケットに対し約2年半ぶりの安値を更新。ユーロも対ドルで数年ぶり高値を更新。前日開催された欧州中央銀行(ECB)理事会が引き続き材料視された。

S&P小幅安、「イルマ」接近で警戒感

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>が小幅安で取引を終えた。大型ハリケーン「イルマ」がフロリダ州に近づくなか、影響が出ないか投資家は身構えた。

米国株は下落、北朝鮮巡る懸念が再燃

米国株式市場は下落して取引を終えた。S&P総合500種は3週間ぶりの大幅安を記録。北朝鮮情勢を巡る緊張が再び高まっていることが市場の重しとなった。

米損保株が下落、ハリケーン被害は最大200億ドルか 浸水続く

ハリケーン「ハービー」の襲来で米テキサス州ヒューストンや湾岸部一帯が大規模な被害に見舞われる中、28日の米株市場では米損害保険株が軒並み下落した。

米国株式市場はほぼ横ばい、エネルギー・銀行売られる

28日の米国株式市場は、S&P総合500種とダウ工業株30種がほぼ横ばいで取引を終了した。テキサス州南部を襲ったハリケーン「ハービー」によって製油所の操業が閉鎖に追いやられたことなどを背景に、エネルギー株や銀行株が売られる一方、ハイテク株やヘルスケア株が買われ、ナスダックを押し上げた。

サイバー攻撃の被害企業、誘拐保険利用し保険金を請求

保険会社によると、身代金要求型のウイルス「ランサムウエア」によるサイバー攻撃が増加する中、被害を受けた企業が、誘拐・身代金・脅迫を対象とした保険を利用して、サイバー被害の保険金を請求している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up