for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Tesla Inc

TSLA.O

前日終値

346.49USD

変化

-5.68(-1.61%)

出来高

2,216,863

本日のレンジ

346.10

 - 

353.15

52週レンジ

176.99

 - 

379.49

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
352.17
始値
352.92
出来高
2,216,863
3か月平均出来高
173.34
高値
353.15
安値
346.10
52週高値
379.49
52週安値
176.99
発行済株式数
180.24
時価総額
63,476.83
予想PER
-539.23
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2019 Tesla Inc Earnings Release

適時開示

その他

T. Rowe Price Cuts Share Stake In Tesla By 34.6% - SEC Filing

Tesla Obtained Mass Production License For Pure Electric Passenger Cars From China's MIIT- Global Times

S&P Says Tesla Inc. Outlook Revised To Positive From Negative On Improving Business Prospects; 'B-' Rating Affirmed

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Tesla Incとは

テスラ(Tesla, Inc.)(旧名:Tesla Motors, Inc.)は完全電気自動車とエネルギー貯蔵システムの設計・開発・製造・販売及び太陽光とエネルギー貯蔵製品の設置・運営・維持を行う。【事業内容】同社は2つの事業を運営する。自動車事業は電気自動車の設計・開発・製造・販売を含む。エネルギー生成・貯蔵事業は据置型エネルギー貯蔵製品及び太陽エネルギーシステムの設計・製造・設置・販売または賃貸、住宅および商業顧客への販売、または太陽エネルギーシステムによって発電された電力の顧客への販売を含む。同社は2つの完全電気自動車、モデルSセダン及びモデルXスポーツユーティリティビークル(SUV)を製造・販売する。また、大量市場向けに設計されたセダンのモデル3を提供する。同社は住宅、商業施設、公共施設で使用するためのエネルギー貯蔵製品を開発する。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

3500 Deer Creek Rd

+1.650.6815000

https://www.tesla.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robyn M. Denholm

Independent Chairman of the Board

Elon Musk

Chief Executive Officer, Director

Zachary Kirkhorn

Chief Financial Officer

Jerome M. Guillen

President - Automotive

Jeffrey Brian Straubel

Chief Technology Officer

統計

2.94 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

7.0K

2017

11.8K

2018

21.5K

2019(E)

24.3K
EPS (USD)

2016

-2.870

2017

-8.660

2018

-1.330

2019(E)

-0.653
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.60
株価純資産倍率(四半期)
10.50
株価キャッシュフロー倍率
46.10
総負債/総資本(四半期)
220.91
長期負債/資本(四半期)
187.30
投資利益率(過去12カ月)
-3.54
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.25

最新ニュース

最新ニュース

米テスラのセダン2車種、有力専門誌の「推奨」評価を回復

米有力専門誌「コンシューマー・リポート」が14日公表した自動車ブランドの信頼調査で、米電気自動車(EV)大手テスラのセダン、「モデル3」と「モデルS」が「推奨」の評価を回復した。

米テスラ、ベルリンでの工場建設はブレグジットが理由=マスク氏

米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.o>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は13日、自動車専門サイト、オート・エクスプレスに対し、英国は欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)により同社の欧州初となる大規模工場を誘致する好機を逃したと述べた。

米テスラ、独ベルリンに欧州初の工場建設へ=CEO

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は12日、同社にとって欧州初となる工場をドイツの首都ベルリンに建設すると明らかにした。エンジニアリング・デザインセンターも設立するとした。

米テスラ、独ベルリンに「ギガファクトリー4」建設へ=CEO

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は12日、「ベルリン地区」に新たな自動車工場「ギガファクトリー4」を建設すると明らかにした。

アングル:自動運転で揺れる車の整備市場、純正品以外は保証なしか

衝突回避技術の急速な発達に伴い、自動車メーカーとカー用品店の間で修理の安全性をめぐる新たな衝突が生じるようになっている。自動車の整備や修理を行うアフターマーケットの規模はおよそ8000億ドル。メーカーと用品店のあつれきは、この巨大市場の主導権をめぐる争いにもなっている。

米テスラ、21日にピックアップトラック型EVを公表=CEO

米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は6日、ツイッターへの投稿で、ピックアップトラック型EV「サイバートラック」を今月21日にロサンゼルスで公開すると明らかにした。

パナソニック、今期売上高予想を下方修正 為替を円高方向に見直し

パナソニック <6752.T>は31日、2020年3月期(国際会計基準)の連結売上高を7兆9000億円から7兆7000億円(前年比3.8%減)へと引き下げた。想定為替を円高方向に見直したことが主な要因。

米自動車販売、10月は前年比1.3%減の見通し=JDパワー/LMC

10月の米自動車販売台数は前年同月比1.3%減の約139万台になる見通しであることが、自動車業界コンサルタントのJDパワーとLMCオートモーティブの集計で29日明らかになった。

訂正:焦点:自動運転開発で「低速」のトヨタ、テスラ事故後は競合も失速

トヨタ自動車<7203.T>は来年、高級車ブランド「レクサス」初の電気自動車(EV)を発売する。高速道路で自動運転できる「レベル2」以上の技術を搭載する計画だ。自動運転車の商品化では競合他社に後れをとってきたかにみえたトヨタは着実に歩を進めているが、一方でその技術の複雑さは、先行する日産自動車<7201.T>などで開発目標時期の後ずれを余儀なくさせている。

コラム:テスラ決算、経費節減を実現 ようやく朗報

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>の株主にようやく朗報がもたらされた。23日の株式市場引け後に発表された第3・四半期決算は、純損益が1億4300万ドルの黒字。小幅とはいえ、黒字は予想外だ。売り上げの急拡大が黒字の要因だった1年前と異なり、今回はコスト削減が奏功した。これは歓迎すべき変化と言える。

テスラ、中国で現地生産「モデル3」販売 オートパイロット機能

米電気自動車メーカー、テスラ<TSLA.O>は25日、中国で現地生産のオートパイロット機能付き「モデル3」の販売を開始した。テスラのウェブサイトによると、価格は35万5800元(5万0310ドル)から。

米テスラ、時価総額でGM抜き車メーカー首位 黒字公約達成を評価

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>の株価が24日、17%急伸した。長期的な先行きに関して疑念は残るものの、同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が公約通り第3四半期での黒字を達成したことが背景。ただ市場には依然として、長期的な業績見通しに懐疑的な見方も残っている。

S&P500とナスダックが上昇、ハイテク企業の好決算で

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が上昇して取引を終えた。マイクロソフト<MSFT.O>など複数のハイテク企業が発表した堅調な四半期決算が支援した。一方、スリーエム(3M)<MMM.N>の決算はさえず、ダウ工業株30種の重しとなった。

米テスラ、第3四半期は予想外の黒字 株価急騰

米電気自動車(EV)メーカーのテスラが23日発表した第3・四半期決算は、市場の予想に反して黒字となり、株価は引け後の取引で急騰した。四半期の納車台数が過去最高に達したほか、コスト削減や新型EVの生産開始が早まる見通しとなったことが寄与した。

米テスラ、第3四半期は予想外の黒字 株価17%急伸

米電気自動車(EV)メーカーのテスラが23日発表した第3・四半期決算は、市場の予想に反して黒字となり、株価は引け後の取引で17%急伸した。四半期の納車台数が過去最高に達する一方、コスト削減の進ちょくなどが寄与した。

日本車各社、小型でEV普及加速へ 東京モーターショーで披露

「東京モーターショー2019」が23日報道陣に公開され、24日開幕する。日本車メーカーが試作車や市販間近の新型車を披露するが、特に注目されるのが電気自動車(EV)だ。その多くが小型で、トヨタ自動車<7203.T>とホンダ<7267.T>は20年発売予定の市販モデルを展示。日産自動車<7201.T>は軽自動車(以下、軽)のEVを出展する。

中国、米テスラの自動車生産にゴーサイン 証明書を交付

中国工業情報省は17日にウェブサイトで、米電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA.O>を自動車生産企業のリストに加えたことを発表した。中国国内の自動車生産開始に必要な証明書をテスラに交付した。

英ダイソン、EV開発事業を終了 採算合わず

英家電大手ダイソンの創業者ジェームズ・ダイソン氏は10日、同社の電気自動車(EV)開発事業について、商業的に採算が合わないため打ち切ったと発表した。

トヨタ、新型「ミライ」でFCV普及図る 輸入車とも競える車に

トヨタ自動車<7203.T>は11日、2020年末に発売する燃料電池自動車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の開発最終段階のモデル車両を報道陣に初公開した。競合他社が環境対応車(エコカー)として電気自動車(EV)を中心に据える中、トヨタは新型ミライでFCVにも注力する姿勢を改めて示す。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up