for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TUI AG

TUIGn.DE

現在値

4.04EUR

変化

0.22(+5.88%)

出来高

10,300,209

本日のレンジ

3.72

 - 

4.08

52週レンジ

1.52

 - 

7.13

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3.81
始値
3.78
出来高
10,300,209
3か月平均出来高
209.04
高値
4.08
安値
3.72
52週高値
7.13
52週安値
1.52
発行済株式数
1,099.39
時価総額
4,189.79
予想PER
-28.61
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2021 Tui AG Earnings Release

適時開示

その他

TUI AG: Results Of Rump Placement

Tui AG Results Of The Subscription Offer

TUI Announces Early Redemption Of EUR 300 Million Senior Bond 2016/2021

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

TUI AGとは

トゥイ(TUI AG)は、ドイツを拠点とする総合観光グループ会社である。【事業内容】北部地域、中部地域、西部地域に分割されたホテルとリゾート、クルーズ、デスティネーションエクスペリエンス、マーケットとエアライン、及びその他のセグメントで事業を行う。ホテルズとリゾーツセグメントは、所有するすべてのホテルとホテルの株式保有で構成される。クルーズセグメントは、Hapag-Lloyd Cruises、Marella Cruises、及び合弁会社のTUI Cruisesで構成される。デスティネーションエクスペリエンスセグメントは、デスティネーションでのサービスを提供する。北部地域セグメントは、英国、アイルランド、北欧、カナダ、ロシアのグループのツアーオペレーターと航空会社で構成される。中部地域セグメントは、ドイツのツアーオペレーターと航空会社、オーストリア、ポーランド、スイスのツアーオペレーターで構成される。西部地域セグメントは、ベルギー、オランダ、フランスのツアーオペレーターで構成される。その他すべてのセグメントは、新しい市場と中央の企業及び観光機能のための事業運営で構成される。

業種

Personal Services

連絡先

Karl-Wiechert-Allee 4

30625

Germany

+49.511.56600

https://www.tuigroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Dieter Zetsche

Independent Chairman of the Supervisory Board

Friedrich Joussen

Chairman of the Executive Board, Chief Executive Officer, Chairman of the Executive Committee

Frank Jakobi

First Deputy Chairman of the Supervisory Board, Employee Representative

Peter J. Long

Second Deputy Chairman of the Supervisory Board

Birgit Conix

Chief Financial Officer, Member of the Executive Board, Member of the Executive Committee

統計

4.18 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2018

19.5K

2019

18.9K

2020

7.9K

2021(E)

11.6K
EPS (EUR)

2018

0.462

2019

0.351

2020

-2.150

2021(E)

-0.057
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.53
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-37.93
自己資本利益率(過去12カ月)
-19.89

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。新型コロナウイルスワクチ ンへの楽観的な見方が相場を押し上げた。金属の値上がりで鉱業株の値上がりが目立った。 オンラインカジノなどを運営するエンテイン(旧GVC)は25.3%急騰し、過去最高値を 付けた。米カジノ運営のMGMリゾーツから買収提案を受けたことが材料視された。 FTSE350種鉱業株指数は5.66%上昇した。資源大手リオ・ティントが 最大の押し上げ要因となった。 日用品のユニリーバとレキット・ベンキーザーは1.6%と3.7%それぞれ上昇し、 消費関連株の押し上げ要因となった。 こうした...

欧州株式市場=反発、英EU妥結とコロナワクチンで

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 401.69 +2.66 +0.67 399.03 FTSEユーロファースト 1548.28 +11.75 +0.76 1536.53 300種 ユーロSTOXX50種 3564.39 +11.75 +0.33 3552.64 欧州株式市場は反発して取引を終え、2021年は好調な幕開けとなった。英国と欧 州連合(EU)の通商協定妥結や新型コロナウイルスワクチンの普及を背景に経済が力強 く回復するとの期待が高まった。 旅行大手のTUIのドイツ市場上場株は2.7...

欧州市場サマリー(21日)

英国とEUは、欧州議会が定めた期限だった20日までに合意に達することができず 、この日も協議が継続される見通し。 こうした中、安全資産に資金が流れ、独10年債利回りはマイナス0. 62%と、1.5ベーシスポイント(bp)低下した。 DZバンクの金利ストラテジスト、レネ・アルブレヒト氏は「新型ウイルスの感染ペ ースが一段と加速するとの懸念が市場に重くのしかかっている」と指摘。変異種の出現で 、ワクチンだけで生活が急激に改善するわけではないと改めて認識されたと述べた。 イタリア、スペイン、ポルトガルなどユーロ圏南部諸国の10年債<ES10...

欧州株式市場=続落、コロナ変異種巡る不安で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 386.69 -9.21 -2.33 395.90 種 FTSEユーロファー 1492.32 -36.40 -2.38 1528.72 スト300種 ユーロSTOXX50 3448.68 -97.06 -2.74 3545.74 <.STOXX50E 種 > 週明け欧州株式市場は11月中旬以来の安値に続落して取引を終え た。2カ月近くぶりの大幅なマイナスだった。新型コロナウイルスの変 異種による感染が急速に拡大する中、英国で制限措置が厳しくなったほ か、複数の...

英、自主隔離期間を10日間に短縮 国内の感染疑いや入国者対象

英政府は11日、新型コロナウイルス感染予防のために設けている自主隔離期間を14日間から10日間に短縮すると発表した。国内で感染者と接触した疑いがある場合や海外からの入国者が対象となる。

空売り投資家、ワクチン期待受けた旅行関連株の反発で多額の損失

9日の欧米株式市場では、新型コロナウイルスワクチンのニュースがきっかけとなり、これまでコロナ行動規制の影響を受けてきた旅行・レジャー関連株や銀行株の買い戻しが進み、これらの銘柄に空売りを入れていた投資家は多額の損失を出した。

旅行最大手のTUI、4ー6月は11億ユーロの赤字

世界最大の旅行代理店であるドイツのTUI<TUIT.L><TUIGn.DE>が発表した第3・四半期(4-6月)決算は、支払利息・税金控除前利益(EBIT)が11億ユーロの赤字となった。

欧州市場サマリー(27日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。英政府 がスペインからの入国者に2週間の隔離措置を課したことで旅行・娯楽関連株が売られた 。 英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の親会社IAGは5.9 %下落し、約1カ月ぶりの大幅なマイナスとなった。8月9日までスペイン本土への旅行 を中止した旅行大手のTUIは11.4%安だった。 中型株では格安航空会社のイージージェットとクルーズ運航のカーニバル<CC L.L>の値下がりが目立った。FTSE350種旅行・娯楽関連株指数は2. 91%低下した。 英国はフランスやドイツなどその他の旅行先...

欧州株式市場=続落、旅行株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 366.15 -1.14 -0.31 367.29 種 FTSEユーロファー 1425.95 -3.79 -0.27 1429.74 スト300種 ユーロSTOXX50 3302.84 -8.05 -0.24 3310.89 <.STOXX50 種 E> 週明け欧州株式市場は続落して取引を終えた。英国が、新型コロナ ウイルスの感染件数が急増したスペインからの入国者に2週間の隔離措 置を課したことで旅行関連株が売られた。 STOXX欧州600種旅行・娯楽関連株指数...

スペイン、週末のコロナ新規感染6000人超 英は渡航自粛勧告を拡大

スペイン保健当局は27日、新型コロナウイルス感染症の新規感染者が週末に6361人報告されたと発表した。カタルーニャ、アラゴン自治州などを中心に国内で発生している361の集団感染の状況を注視しているとした。

英国、新型コロナ検疫強化巡り独仏の状況を注視=保健担当相

ワッテリー英保健担当閣外相は27日、スペインからの入国者への検疫を強化したことについて、ドイツとフランスについても新型コロナウイルス感染状況を注視していると明らかにした。

英がスペインからの全入国者に14日の隔離措置、コロナ感染再拡大で

英政府は25日午後11時から、スペインからの全ての入国者に対する検疫を強化し、14日間の隔離措置を講じると発表した。スペインで新型コロナウイルスの感染が再び急増していることに対応したものだが、突然の発表で、ようやく活動再開にこぎ着けた欧州の観光産業や航空業界などが新たな痛手を受けかねない事態だ。

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> 休場 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 薄商いの中、上昇して取引を終えた。ドイツの経済指標改善が支 えとなり、同国株が大幅に値上がりした。 ドイツ株価指数(DAX)は2.9%高の1万1391ポイントと3月6日 以来の高値を付けた。今年の最安値からは約4割値を戻した。 ドイツのIFO経済研究所が発表した5月の業況指数は79.5と、過去最低水準お よび過去最大の低下幅を記録した前月から回復。新型コロナウイルスの感染抑制措置が徐 々に解除されるとともに、企業はより楽観的になっている。 ウニクレディトのエコノミスト、トマス・ストローベル...

欧州株式市場=上昇、経済指標改善でドイツ株高い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 345.18 +5.01 +1.47 340.17 FTSEユーロファース 1347.27 +19.56 +1.47 1327.71 ト300種 ユーロSTOXX50種 2971.35 +65.88 +2.27 2905.47 <.STOXX50E > 欧州株式市場は薄商いの中、上昇して取引を終えた。ドイツの経済指標改善が支えと なり、同国株が大幅に値上がりした。 ドイツ株価指数(DAX)は2.9%高の1万1391ポイントと3月6日 以来の高値を付けた。今年...

英、不要不急の海外渡航中止を勧告 30日間=外相

ラーブ英外相は17日、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、全ての不要不急の海外渡航を30日間中止するよう勧告した。

航空各社、各国に新型コロナ対策支援呼び掛け 3連合が共同声明

世界の航空大手が加盟するワンワールド、スカイチーム、スターアライアンスの3航空連合は16日、共同声明を発表し、各国政府に対し新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた航空各社を支援するよう呼び掛けた。

航空業界、大幅減便や人員削減が不可避に 各国の入国制限で

新型コロナウイルスの感染拡大で各国が入国規制や渡航制限に動く中、世界中の航空会社で大幅減便に伴う人員削減が不可避となっており、公的支援を求める動きも予想される。アナリストからは、政府と業界が一体となって対応策を講じなければ、多くの航空会社に破綻の懸念が生じるとの指摘も聞かれる。

英で休暇を近場で過ごすステイケーションが増加、観光業界に頭痛の種

23日に発表された英大手銀行バークレイズの調査で、今年の休暇シーズンに海外旅行より国内にとどまる「ステイケーション」を選ぶ英国民が増えていることが分かった。苦戦している観光業者にとって、新たな打撃となる可能性がある。

ロンドン株式市場=小幅続落、世界経済減速や通商政策巡る懸念が相場抑制

<株式指数> 終値 前日 % 前営業日終 コード 比 値 FTSE10 7417.95 -3.96 -0.05 7421.91 0種 ロンドン株式市場は小幅に続落して取引を終えた。世界経済の減速や通商政策を巡る 先行き不透明感が相場を押し下げた。 米国と欧州連合(EU)の貿易摩擦によって市場心理が悪化した。また、世界経済へ の懸念から銅が値下がりしFTSE350種鉱業株指数は1.58%低下し た。 配当落ちした民放大手のITVと保険会社アビバ、資産運用会社スタ ンダード・ライフ・アバディーンは3.1%から3.4%下落した。 一方、EUが...

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。英中銀イングランド銀行(BOE)が国内の経済成長見通しを引き下げたほか、欧州連合(EU)欧州委員会もユーロ圏の成長見通しを引き下げたことで市場心理が悪化した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up