for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Twitter Inc

TWTR.N

現在値

62.77USD

変化

-0.40(-0.63%)

出来高

1,731,139

本日のレンジ

62.30

 - 

63.43

52週レンジ

38.93

 - 

80.75

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
63.17
始値
63.21
出来高
1,731,139
3か月平均出来高
242.67
高値
63.43
安値
62.30
52週高値
80.75
52週安値
38.93
発行済株式数
797.97
時価総額
50,407.55
予想PER
69.33
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Twitter Inc Earnings Release

適時開示

その他

Twitter Enters Into Definitive Agreement To Sell Mopub To Applovin For $1.05 Billion In Cash

Twitter Inc Announces Proposed Settlement Of Consolidated Class Action Lawsuit

Twitter Says Starting Today, Rolling Out Safety Mode To A Small Feedback Group On IOS, Android, & Twitter.Com

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Twitter Incとは

ツイッター(Twitter, Inc.)は、ユーザー、広告主、開発者、データパートナー向けの製品とサービスを提供する。【事業内容】製品およびサービスには、「ツイッター」、「Periscope」、「Promoted Tweets」、「Promoted Accounts」、「Promoted Trends」がある。「ツイッター」は、リアルタイムで公共の自己表現と会話用のプラットフォームである。「Periscope」ブロードキャストは、「ツイッター」やデスクトップまたはモバイルWebブラウザーでも表示できる。プロモート製品により、広告主はブランド、製品、サービスを宣伝し、認知度とリーチを拡大し、広告キャンペーンに関する会話を広げられる。「Promoted Accounts」は、「Who to Follow」という推薦エンジンによって提案されたアカウントと同じフォーマット・場所で表示され、場合によってはユーザーのタイムラインに表示される。「Promoted Trends」は、特定の国またはグローバルベースの1日のトレンドトピックのリストの上部に表示される。「MoPub」は、モバイル向けの広告エクスチェンジである。「Twitter Audience Platform」は広告の提供を行う。

業種

Computer Services

連絡先

1355 Market St Ste 900

SAN FRANCISCO, CA

94103-1337

United States

+1.415.2229670

https://twitter.com

エグゼクティブリーダーシップ

Patrick Pichette

Independent Chairman of the Board

Jack Dorsey

Chief Executive Officer, Director

Ned D. Segal

Chief Financial Officer

Michael Montano

Engineering Lead

Sarah Personette

Customers Lead

統計

2.80 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

3.0K

2019

3.5K

2020

3.7K

2021(E)

5.1K
EPS (USD)

2018

0.860

2019

2.370

2020

-0.870

2021(E)

0.895
株価売上高倍率(過去12カ月)
134.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.32
株価純資産倍率(四半期)
6.53
株価キャッシュフロー倍率
55.95
総負債/総資本(四半期)
67.42
長期負債/資本(四半期)
55.06
投資利益率(過去12カ月)
3.10
自己資本利益率(過去12カ月)
2.76

最新ニュース

最新ニュース

米ツイッター、広告に新機能 電子商取引サービスが視野

米ツイッターは12日、新たな広告機能を追加するとともに、表示する広告を決定するアルゴリズムを刷新した。利用者の好みに合う広告を表示し、クリックする確率を高める狙いがあり、同社サイトで事業者が商品を直接販売できるようにする下地作りとなる。

豪テック業界団体、偽情報巡る裁定小委員会設置 自主規制アピール

米フェイスブック、グーグル、ツイッターなどのオーストラリア子会社が加盟する業界団体デジタル・インダストリー・グループ(DIGI)は11日、偽情報に対する苦情について裁定を下す小委員会を設置したことを明らかにした。

豪政府、ネットの誹謗中傷巡りSNS企業に責任取らせる措置検討

オーストラリア政府は、ソーシャルメディア(SNS)企業に自社のプラットフォーム上でなされた誹謗(ひぼう)中傷への責任を取らせるための幅広い措置を検討している。フレッチャー通信相が10日、オーストラリア放送協会(ABC)のインタビューで明らかにした。

ツイッター、傘下モバイル広告会社を売却 中核事業に注力へ

米ツイッターは6日、モバイル向け広告サービスを手掛ける傘下企業のMoPub(モパブ)をモバイルゲーム会社、AppLovin(アップラビン)に現金10億5000万ドルで売却することに合意したと発表した。

トランプ氏、ツイッターアカウント凍結解除求め仮処分申請

トランプ前米大統領は1日、自身のツイッターアカウントの再開を求めてフロリダ州の連邦地裁に仮処分を申請した。ツイッターは今年1月、同氏の投稿が暴力を扇動するリスクがあるとしてアカウントを永久停止した。

ユーチューブ、新型コロナ含む全ての反ワクチンコンテンツを禁止

米アルファベット傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」は29日、新型コロナウイルスワクチンだけでなく、全ての反ワクチンコンテンツを禁止すると発表した。

ロシア、ユーチューブ遮断を警告 RTのチャンネル削除受け

米アルファベット傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」がロシア政府系メディアRTのドイツ語放送チャンネルをサイトから削除した。これを受け、ロシア側は29日、ユーチューブへのアクセスを遮断すると警告した。

ツイッター、仮想通貨で投げ銭可能に クリエーターの収益化支援

米ツイッターは23日、お気に入りのコンテンツクリエーターに暗号資産(仮想通貨)ビットコインで「投げ銭」を送金できる機能を開始すると発表した。

M・ジョーダン氏、スポーツベッティング企業に出資拡大 特別顧問に

スポーツ・ベッティング企業のスポートレーダー・グループは20日、米プロバスケットボールの名選手だったマイケル・ジョーダン氏が同社への投資を拡大し、取締役会の特別顧問に就任すると発表した。

米ツイッター、和解金約8億ドル支払い 16年の株主集団訴訟巡り

短文投稿サイトを運営する米ツイッターがユーザーエンゲージメントに関する判断を誤らせ、株価を人為的に上昇させたとして2016年9月に提起された株主代表訴訟を巡り、ツイッターは20日、和解金8億0950万ドルを支払うと発表した。ただ不正行為に関しては否定した。

中国恒大集団の本社で投資家が抗議、金融商品の償還求め

中国南部の深セン市にある不動産開発大手、中国恒大集団の本社に13日、金融商品の償還やその他債権の返済を求めて約100人の投資家が押しかけ、現場は緊迫した雰囲気となった。

アフガン元大統領、政権崩壊を謝罪 多額の現金持ち出しは否定

イスラム主義組織タリバンの政権掌握を受け、アフガニスタンを出国したガニ元大統領は8日、アフガン市民に突然の政権崩壊を謝罪した。

米ペイパル、後払いサービスのペイディを3000億円で買収

米決済大手ペイパル・ホールディングスは7日、後払いサービスのペイディ(東京・港)を3000億円で買収すると発表した。買収は現金で行う。今年10─12月までに完了させる予定。

TikTok、商品購入機能導入へ 加ショッピファイと提携

オンラインショップの出店支援サービスを手掛けるカナダのショッピファイは24日、中国系短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と提携し、ティックトックの画面から直接商品を購入できる機能の導入に取り組んでいることを明らかにした。

米フェイスブック、自社のニュースレター執筆者を新たに25人選定

インターネット交流サイト最大手の米フェイスブックは自社のニュースレターサービス「ブレティン」で執筆する国内の独立系ジャーナリスト25人を選定した。500万ドルを投じて、複数年の契約を交わす。フェイスブックが19日、ロイターに明らかにした。

SNS各社がアフガンのユーザー保護措置、閲覧機能の停止など

フェイスブックなどのソーシャルメディア(SNS)各社は、イスラム主義組織タリバンの管理下に入ったアフガニスタンについて、人道的対応として市民のアカウントを保護する措置を講じている。

タリバンのFB利用、米政府が制裁解除しても禁止継続の可能性

米フェイスブックの幹部は18日、アフガニスタンを掌握したイスラム主義組織タリバンについて、米国が制裁指定を解除したとしても、同社プラットフォームの利用を解禁しない可能性があると明らかにした。

米ツイッター、誤情報ツイートの報告機能を実験

短文投稿サイトを運営する米ツイッターは誤情報対策の一環で、誤解を招く内容と思われる企業のツイートをユーザーが報告できる機能の実用化実験に乗り出す。

焦点:タリバンのアフガン制圧、SNSの有害コンテンツ対策に新課題

反政府武装勢力タリバンによるアフガニスタン制圧は、有害なコンテンツ対策を巡り米国の交流サイト(SNS)大手に新たな課題を突き付けている。一部の政府がテロ組織と認定する団体をどのように扱うかについて明確な判断基準はなく、各社の対応にばらつきがある。

SNS運営の米レディット、評価額100億ドル超に 新規資金調達で

インターネット交流サイト(SNS)を運営する米レディットは12日、フィデリティ・マネジメント・アンド・リサーチが主導する資金調達ラウンドで最大7億ドルを集めると発表した。金融界での影響力の高まりに応じ、評価額は現在の3倍の100億ドル超に達する見込みだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up