for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テキサス・インスツルメンツ・インク

TXN.O

前日終値

128.83USD

変化

-0.48(-0.37%)

出来高

2,677,010

本日のレンジ

128.50

 - 

130.26

52週レンジ

87.70

 - 

130.92

As of on the NASDAQ ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
129.31
始値
129.50
出来高
2,677,010
3か月平均出来高
96.28
高値
130.26
安値
128.50
52週高値
130.92
52週安値
87.70
発行済株式数
933.62
時価総額
120,959.80
予想PER
24.32
配当利回り
2.38

次のエベント

Q3 2019 Texas Instruments Inc Earnings Release

適時開示

その他

Texas Instruments Prices $750 Million Of Investment Grade Notes

TI Q2 Earnings Per Share $1.36

Texas Instruments Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.77 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テキサス・インスツルメンツ・インクとは

テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments Incorporated)は世界中の電子製品デザイナー及びメーカーへの半導体の設計・製造・販売に従事する。【事業内容】同社はアナログ及び埋込式加工という2つの事業区分により構成される。アナログ事業の製品ラインには大容量アナログ・ロジック(HVAL)、パワー・マネージメント(Power)、ハイ・パフォーマンス・アナログ(HPA)、シリコン・バレー・アナログ(SVA)を含む。HVAL製品は自動車安全装置、タッチスクリーン・コントローラ、低電圧モータ・ドライバ、統合モータ・コントローラ等のアプリケーションをサポートする。埋込式加工事業の製品ラインはプロセッサ、マイクロコントローラ、コネクティビティを含む。プロセッサ製品にはデジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)とアプリケーション・プロセッサを含む。DSPはデジタル・データを処理するための数学的計算を実行する。

業種

Semiconductors

連絡先

12500 T I Blvd

+1.972.9953773

http://www.ti.com

エグゼクティブリーダーシップ

Richard K. Templeton

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Rafael R. Lizardi

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Chief Accounting Officer

Ahmad S. Bahai

Senior Vice President, Chief Technology Officer

Ellen L. Barker

Senior Vice President, Chief Information Officer

Cynthia Hoff Trochu

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.54 mean rating - 35 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

13.4K

2017

15.0K

2018

15.8K

2019(E)

14.7K
EPS (USD)

2016

3.330

2017

4.360

2018

5.590

2019(E)

5.319
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.68
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.94
株価純資産倍率(四半期)
14.27
株価キャッシュフロー倍率
19.05
総負債/総資本(四半期)
68.43
長期負債/資本(四半期)
53.71
投資利益率(過去12カ月)
33.53
自己資本利益率(過去12カ月)
29.69

最新ニュース

神経質、重要イベント目白押し 国内は企業決算見極め=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、神経質な動きが予想されている。米連邦公開市場委員会(FOMC)、米中貿易協議、米雇用統計など重要イベントが目白押しとなるほか、国内主要企業の決算発表も続く。国内の企業業績がそれほど悪くないと受け止められれば日経平均は2万2000円の方向へ強含む可能性があるが、米国株市場が大きく崩れたりドル/円が円高方向に振れたりした場合は、先週の上昇分を返上する展開もあり得る。

神経質、重要イベント目白押し 国内は企業決算見極め=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、神経質な動きが予想されている。米連邦公開市場委員会(FOMC)、米中貿易協議、米雇用統計など重要イベントが目白押しとなるほか、国内主要企業の決算発表も続く。国内の企業業績がそれほど悪くないと受け止められれば、日経平均は2万2000円の方向へ強含む可能性があるが、米国株市場が大きく崩れたり、ドル/円が円高方向に振れたりした場合は今週の上昇分を返上する展開もあり得る。

米国株式市場=下落、企業決算やECB総裁発言で失望売り

米国株式市場は下落し、ダウ平均株価は128ドル安で取 引を終了した。自動車大手フォード・モーターなどの決算やドラギ欧州中央銀行( ECB)総裁発言が期待に届かず、失望売りを誘った。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27140.98 -128.99 -0.47 27247.3 27298. 27062. 9 43 48  前営業日終値 27269.97 ナスダック総合 8238.54 -82.96 -1.00 8294.68 8295.9 8233.4 5 0  前営業日終値 8321.50 S&P総合500...

S&Pとナスダック最高値更新、TI決算好感

米国株式市場はS&P総合500種指数とナスダック総合指数が上昇し、終値で最高値を更新した。企業決算では航空機大手ボーイング<BA.N>や重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>がさえない一方、半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>は底堅く、相場の下支えとなった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 弱いユーロ圏指標を受け、ユーロが対ドルで一時約2カ月ぶりの安値を付けた。25日の欧 州中央銀行(ECB)理事会や来週の米連邦準備理事会(FRB)の会合を控え、ドル指数は小動き。 ユーロは対ドルで0.1%安の1.1137ドル。アジアや欧州の取引時間帯に、1.1128 ドルと5月30日以来の安値を記録した。 IHSマークイットが発表した7月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は51.5と 6月の52.2から低下し、ロイター調査による予想中央値52.1も下回った。 これを受け、25日のECB理事会が10ベーシスポイント(...

米国株式市場=S&Pとナスダック最高値更新、TI決算好感

米国株式市場はS&P総合500種指数とナスダック総合 指数が上昇し、終値で最高値を更新した。企業決算では航空機大手ボーイングや重 機メーカーのキャタピラーがさえない一方、半導体大手テキサス・インスツルメ ンツ(TI)は底堅く、相場の下支えとなった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27269.97 -79.22 -0.29 27262.2 27291. 27191. 4 04 12  前営業日終値 27349.19 ナスダック総合 8321.50 +70.10 +0.85 8227.36 8321.8 8226.5...

UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、米国株高を好感 上値では利益確定売りも

(内容を追加して更新します。) [東京 24日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     21620.88 22362.92 19241.37              +204.09 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9月 21695(円建て) 限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。前日の米国株主要3指数はそろって上 昇し、為替も1ドル108円前半で安定している。投資家心理は悪くなく、東京市場は上昇してスタートし そうだ。ただ...

焦点:ファーウェイ排除の緩和を、米半導体各社がロビー活動

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)にチップを供給しているクアルコム<QCOM.O>やインテル<INTC.O>などの米国半導体各社が、密かに自国政府に圧力をかけ、ファーウェイに対する販売禁止措置を緩和するよう求めている。

UPDATE 1-米アプライド・マテリアルズ、第2四半期は売上高予想超え 株価上昇

半導体・ディスプレー製造装置の米アプライド・マテリアルズが16日に発表した第2・四半期(4月28日終了)決算は、売上高が予想を上回った。同時に発表した第3・四半期の業績見通しは、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。

米TI、第1四半期は減収減益も予想上回る 見通しも底堅い

米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)の第1・四半期決算は、減収減益となったものの、市場予想は上回った。昨年終盤にみられたマイクロチップの需要減速が予想ほど長くは続かないとの明るい見方が広がった。

ソウル株式市場・引け=続伸、半導体主導

韓国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 総合株価指数< 2,177.73 + 32.70 + 1.52 2,147.92 2,178.01 2,146.64 .KS11> 前営業日終値 2,145.03 25日のソウル株式市場の株価は続伸して引けた。米半導体株高に追随して半導体銘 柄が上昇を主導した。 総合株価指数(KOSPI) は前日終値比32.70ポイント(1.52% )高の2177.73で終了。KOSPIは15日以来の大幅上昇。今週を通じては2. 5%高と、週間ベースで3週続伸。 米国市場ではザイリンクスとラム・リサーチの四半期決算...

UPDATE 2-NY市場サマリー(24日)

(株のリポートを追加しました。) [24日 ロイター] - <為替> 終盤にユーロが対ドルで下落し、6週間ぶりの安値。ドラギ欧州中央銀行 (ECB)総裁が成長リスクは下向きに移行し、短期的な成長の勢いは当初の予想よりも 弱まる公算が大きいと発言したことが響いた。 ロス米商務長官が米中通商交渉が妥結する可能性は十分にあるものの、妥結には程遠 いとの見方を示したため、安全とみられるドルを買う動きが広がった。 テンパス(ワシントン)のトレーディング部副社長、ジョン・ドイル氏は「ECBの ハト派姿勢が主要な材料となった。見通しが下向きに移行したとの...

UPDATE 2-米国株式市場=ダウとS&Pほぼ横ばい、半導体主導でナスダック上昇

(内容を追加しました) [ニューヨーク 24日 ロイター] - 米国株式市場はS&P総合500種が若干上昇したものの、 ダウ工業株30種はわずかに下げて取引を終えた。企業決算が好調となった一方で、世界経済の減速や貿易 摩擦を巡る根強い懸念が重しとなった。半導体銘柄が買われてナスダックは上昇した。 第4・四半期の企業決算はこの日もおおむね明るい内容となったが、ロス米商務長官が米中通商交渉に ついて、妥結には程遠いとの認識を示したことを受け、楽観的な見方が後退した。 ナスダックは、ザイリンクスやラムリサーチの四半期決算が予想を上回ったことを...

NY市場サマリー(24日)

<為替> 終盤にユーロが対ドルで下落し、6週間ぶりの安値。ドラギ欧州中央銀行 (ECB)総裁が成長リスクは下向きに移行し、短期的な成長の勢いは当初の予想よりも 弱まる公算が大きいと発言したことが響いた。 ロス米商務長官が米中通商交渉が妥結する可能性は十分にあるものの、妥結には程遠 いとの見方を示したため、安全とみられるドルを買う動きが広がった。 テンパス(ワシントン)のトレーディング部副社長、ジョン・ドイル氏は「ECBの ハト派姿勢が主要な材料となった。見通しが下向きに移行したとの発言に意外感はないが 、今後ユーロの重しになることは間違...

半導体大手の決算に注目、中国の動向が鍵=今週の米株式市場

今週の米株式市場では、インテル<INTC.O>やテキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>などの半導体大手や自動車大手のフォード<F.N>が、決算発表で中国事業についてどのような見解を示すかが注目される。

UPDATE 2-米インテル、第3四半期収益は予想超え PC向けの好調際立つ

米半導体大手インテルが25日発表した第3・四半期決算(9月29日まで)は、利益と売上高が市場予想を上回った。利益率の高いデータセンター向け事業が好調だったほか、パソコン(PC)向け半導体の需要が強かった。

UPDATE 1-NY市場サマリー(24日)

(株式を更新しました) [24日 ロイター] - <為替> ドルが上昇。株価下落のほか、この日発表された指標でユーロ圏全域で経 済成長の失速が示されたことが背景。 安全資産への逃避が強まり、主要6通貨に対するドル指数は0.54%高の9 6.438を付けた。円も買われ、112.23円に上昇した。円は今月4日から2%上 昇している。 ユーロは対ドルで一時0.8%安となり、テクニカル上の節目である1.14 ドルを下抜けた。終盤は1.139ドルで、1日の下落率としては9月27日以来の大き さになる見通し。 BNPパリバの北米為替戦略主任ダニエル・カツィーブ...

米ナスダック調整入り確認、S&Pとダウは年初来マイナスに

米国株式市場は急落。半導体メーカーのさえない業績見通しや軟調な住宅販売データを受け、経済や企業業績への懸念が強まった。ダウ平均株価は600ドル超値下がり。ハイテク株の多いナスダック総合も300ポイント超の大幅な下げを記録した。ダウとS&P総合500種は年初来でマイナスとなり、ナスダック総合は調整局面入りが確認された。

NY市場サマリー(24日)

<為替> ドルが上昇。株価下落のほか、この日発表された指標でユーロ圏全域で経 済成長の失速が示されたことが背景。 安全資産への逃避が強まり、主要6通貨に対するドル指数は0.54%高の9 6.438を付けた。円も買われ、112.23円に上昇した。円は今月4日から2%上 昇している。 ユーロは対ドルで一時0.8%安となり、テクニカル上の節目である1.14 ドルを下抜けた。終盤は1.139ドルで、1日の下落率としては9月27日以来の大き さになる見通し。 BNPパリバの北米為替戦略主任ダニエル・カツィーブ氏は、欧州の指標が予想を下 回り、「第...

アングル:中国頼みの米国企業、経済減速による決算影響に注目

米企業はカジノから半導体に至る幅広いセクターで中国頼みの業績となっており、中国の成長鈍化によって直撃を被る。中国の国内総生産(GDP)成長率が2009年以来の水準に鈍る中で、今後本格化する米企業の四半期決算発表では中国の成長リスクが注目を集めそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up