for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テキサス・インスツルメンツ・インク

TXN.O

現在値

131.70USD

変化

1.54(+1.18%)

出来高

5,487,095

本日のレンジ

130.44

 - 

132.04

52週レンジ

94.81

 - 

132.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
130.16
始値
130.76
出来高
5,487,095
3か月平均出来高
96.00
高値
132.04
安値
130.44
52週高値
132.20
52週安値
94.81
発行済株式数
935.18
時価総額
123,109.90
予想PER
25.67
配当利回り
2.73

次のエベント

Q4 2019 Texas Instruments Inc Earnings Release

適時開示

その他

Texas Instruments Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.90 Per Share

Texas Instruments Q3 Earnings Per Share $1.49

Texas Instruments Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.90 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テキサス・インスツルメンツ・インクとは

テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments Incorporated)は世界中の電子製品デザイナー及びメーカーへの半導体の設計・製造・販売に従事する。【事業内容】同社はアナログ及び埋込式加工という2つの事業区分により構成される。アナログ事業の製品ラインには大容量アナログ・ロジック(HVAL)、パワー・マネージメント(Power)、ハイ・パフォーマンス・アナログ(HPA)、シリコン・バレー・アナログ(SVA)を含む。HVAL製品は自動車安全装置、タッチスクリーン・コントローラ、低電圧モータ・ドライバ、統合モータ・コントローラ等のアプリケーションをサポートする。埋込式加工事業の製品ラインはプロセッサ、マイクロコントローラ、コネクティビティを含む。プロセッサ製品にはデジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)とアプリケーション・プロセッサを含む。DSPはデジタル・データを処理するための数学的計算を実行する。

業種

Semiconductors

連絡先

12500 T I Blvd

+1.972.9953773

http://www.ti.com

エグゼクティブリーダーシップ

Richard K. Templeton

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Rafael R. Lizardi

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Chief Accounting Officer

Ahmad S. Bahai

Senior Vice President, Chief Technology Officer

Ellen L. Barker

Senior Vice President, Chief Information Officer

Cynthia Hoff Trochu

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.51 mean rating - 35 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

13.4K

2017

15.0K

2018

15.8K

2019(E)

14.2K
EPS (USD)

2016

3.330

2017

4.360

2018

5.590

2019(E)

5.131
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.35
株価純資産倍率(四半期)
13.71
株価キャッシュフロー倍率
19.74
総負債/総資本(四半期)
64.56
長期負債/資本(四半期)
59.01
投資利益率(過去12カ月)
32.24
自己資本利益率(過去12カ月)
28.37

最新ニュース

最新ニュース

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

20日から始まる週の米株式市場はネットフリックス<NFLX.O>やインテル<INTC.O>、テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>の決算発表に注目が集まる。2019年10─12月期の決算シーズンの行方を占う材料となるかもしれないが、危険信号と受け止められるような数字が出れば過去最高値を更新し続けている米株式市場に冷水を浴びせることになると警戒する投資家もいる。

ホットストック:半導体関連株は堅調、インテルの好決算を受けて

半導体関連株は堅調。午前09時10分現在、SUMCO、ルネサスエレクトロニクス、SCREENホールディングス、東京エレクトロンなどの国内半導体関連メーカーは値上がり率上位で推移している。

今日の株式見通し=続伸、米国株高・円安など安心材料 個別は決算見極め

きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。米国株主要3指数が上昇し、為替も1ドル108円半ばとやや円安方向に振れている。前日終値で約1年ぶりの高水準を付けるなど高値警戒感はあるものの、安定した外部環境を好感してしっかりした動きになるとみられている。

NY市場サマリー(23日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、英ポンドとユーロがドルに対して安定的に推移した。欧州連合(EU)首脳は、英国のEU離脱を3カ月延期する決定を先送りした。

米株小幅高、決算不振もボーイング・キャタピラーに買い

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。ボーイング<BA.N>やキャタピラー<CAT.N>が発表した四半期決算は低調な内容となったものの、売りにはつながらなかった。

米国株式市場=小幅高、決算不振もボーイング・キャタピラーに買い

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。ボーイング<BA .N>やキャタピラーが発表した四半期決算は低調な内容となったものの、売りにはつながらなかった 。 一方、売上高見通しが嫌気されたテキサス・インスツルメンツ(TI)は下落し、半導体株全 体を圧迫した。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 26833.95 +45.85 +0.17 26835.24 26896.89 26745.00  前営業日終値 26788.10 ナスダック総合 8119.79 +15.50 +0.19 8090.24 8122.89...

欧州市場サマリー(23日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。原油の 値上がりに伴い石油株が買われたほか、ニッケルと銅の値上がりで鉱業株も値を上げた。 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が1.8%上昇。米食品医 薬品局(FDA)が葉巻メーカーのスウェディッシュ・マッチに対して、無煙 たばこ「スヌース」が従来のたばこよりも害が少ない製品として宣伝することを認めたこ とが材料視された。 英国の欧州連合(EU)離脱は依然として先行き不透明感が漂う。英議会は、ジョン ソン首相がEUとまとめた離脱合意案の実行に不可欠な関連法案の大枠について採決し、 可決...

欧州株式市場=小幅続伸、決算まちまちの内容

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 395.03 +0.44 +0.11 394.59 FTSEユーロファース 1549.32 +0.95 +0.06 1548.37 ト300種 ユーロSTOXX50種 3606.89 +2.07 +0.06 3604.82 <.STOXX50E > 欧州株式市場は小幅続伸して取引を終えた。強弱まちまちの決算内容が主な材料だっ た。英国の欧州連合(EU)離脱がさらに後ずれする可能性が不安視され、上昇幅は限定 的だった。 STOXX欧州600種資源株指数は0.97...

〔マーケットアイ〕新興株式市場は堅調、決算発表など個別材料に反応

<15:50> 新興株式市場は堅調、決算発表など個別材料に反応 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続伸し た。市場からは「きょうは決算発表やIR(投資家向け広報)などが材料視され、個別要 因による売買が目立った」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ジェイテック 、栄電子 が急騰しストップ高 比例配分。プロパスト は反落した。 マザーズ市場ではそーせいグループ が6日続伸、チームスピリット が3日続伸。霞ヶ関キャピタル は7日ぶり反落、エディア は3日続落し た。 <15:07> 日経平均...

日経平均は3日続伸、終値は約1年ぶり高値 企業決算を期待する買い

東京株式市場で日経平均は3日続伸し、終値ベースでは2018年10月18日以来約1年ぶりの高値となった。続伸して寄り付いたものの、為替が1ドル108円前半まで急落し、伸び悩んだ。その後、しばらくプラス圏とマイナス圏を行き来する一進一退の展開となったが、大引けにかけては為替も戻り歩調で日経平均もじり高となった。

〔マーケットアイ〕日経平均・日足は「小陽線」、上昇期待と高値警戒感

<15:07> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇期待と高値警戒感 日経平均・日足は、短い上ヒゲと極端に長い下ヒゲを伴う「小陽線」。上昇期待感を持ちつつも、高値 圏で気迷う投資家心理を表している。 中期的な上昇トレンドは継続を示唆する。25日移動平均線(2万1954円43銭=23日)、75 日移動平均線(2万1385円45銭=同)は右肩上がりで、200日移動平均線(2万1242円87銭 =同)も横ばいから角度がやや上向いてきた。短期RSI(相対力指数)や騰落レシオ(東証1部、25日 平均)は上昇してきたものの、過度な過熱感はない。ボリンジャーバンド...

〔マーケットアイ〕日経平均は小幅高、決算発表控え様子見ムード

<13:45> 日経平均は小幅高、決算発表控え様子見ムード 日経平均は小幅高。後場は前日終値付近で一進一退の動きで、現在は2万2570円 台で推移している。市場からは「前場で動いた後は、様子見といったイメージ。米テキサ ス・インスツルメンツ(TI)だけでなく、これから本格化する国内企業の決算発表を見 極めたい投資家が多いのではないか」(国内証券)との声が出ていた。   <11:42> 前場の日経平均は小反落、半導体関連やソフトバンクGが安い  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比8円34銭安の2万2540円56銭 となり、小幅に反落...

アジア株式市場サマリー:中盤(23日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:07 2942.84 -11.545 -0.39 2952.9693 2957.2995 2942.7383 前営業日終値 2954.3799 中国 CSI300指 12:07 3880.09 -15.790 -0.41 3892.677 3901.424 3880.016 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 3895.881 香港 ハンセン指数 12:07 26517.35 -268.85 -1.00 26771.98 26818.99 26491.71...

前場の日経平均は小反落、半導体関連やソフトバンクGが安い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比8円34銭安の2万2540円56銭となり、小幅に反落した。為替が1ドル108円台で安定していたことを支えに続伸スタートしたが、その後は手掛かり材料に乏しく、プラス圏とマイナス圏を行き来する展開となった。半導体関連銘柄の軟調推移やソフトバンクグループ<9984.T>の下げは相場全体の上値を重くした。

ホットストック:半導体関連株は軟調、「下げは一時的」との見方も

半導体関連株は軟調。午前10時10分現在、ルネサスエレクトロニクス、ローム、ローツェ、東京エレクトロンなどの国内半導体関連メーカーは値下がり率上位で推移している。

再送-〔マーケットアイ〕日経平均は前日終値近辺でもみあい、半導体関連が軟調

(見出しを修正し情報を更新しました) [東京 23日 ロイター] - <09:35> 日経平均は前日終値近辺でもみあい、半導体関連が軟調   日経平均は前日終値近辺でもみあい、2万2550円近辺で推移している。前日の米国株式市場でハイ テク関連株が売られ、東京市場でも半導体関連が軟調に推移している。「日経平均も2万2500円より上 の水準では利益確定売りが出やすいとみられている」(国内証券)という。 米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI) は22日、第4・四半期の売上高を30億 7000万─33億3000万ドルとする見通しを示し...

米株下落、英EU離脱巡る先行き不透明感が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。一部企業の好決算を追い風に中盤にかけて上昇していたが、英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受け、下げに転じた。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ポンドが対ドルやユーロで下落。英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議(プログラム動議)を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受けた動き。

焦点:米ハイテク企業の決算予想、半導体とソフトウエアで明暗

米ハイテク企業の第3・四半期決算の発表がまもなく本格化する。セクター全体は前年同期比で8%近い減益が予想されているが、セクター内では明暗が分かれる見通しだ。半導体企業の利益が大幅に落ち込む一方、情報技術(IT)関連などは総じて底堅いためだ。

今週の日本株は神経質、重要イベント目白押し 国内は企業決算見極め

今週の東京株式市場は、神経質な動きが予想されている。米連邦公開市場委員会(FOMC)、米中貿易協議、米雇用統計など重要イベントが目白押しとなるほか、国内主要企業の決算発表も続く。国内の企業業績がそれほど悪くないと受け止められれば日経平均は2万2000円の方向へ強含む可能性があるが、米国株市場が大きく崩れたりドル/円が円高方向に振れたりした場合は、先週の上昇分を返上する展開もあり得る。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up