for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テキサス・インスツルメンツ・インク

TXN.O

現在値

198.67USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

815

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

134.12

 - 

199.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
198.67
始値
0.00
出来高
815
3か月平均出来高
73.71
高値
--
安値
--
52週高値
199.10
52週安値
134.12
発行済株式数
923.21
時価総額
180,875.30
予想PER
24.87
配当利回り
2.38

次のエベント

Q3 2021 Texas Instruments Inc Earnings Release

適時開示

その他

Ti To Return More Cash To Shareholders With 13% Dividend Increase

Ti Reports Second Quarter 2021 Financial

TI To Acquire Micron 300-mm Semiconductor Factory

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テキサス・インスツルメンツ・インクとは

テキサス・インスツルメンツ(Texas Instruments Incorporated)は、半導体を設計、製造し、世界中の電子機器設計者やメーカーに販売する。【事業内容】アナログおよびエンベデッド・プロセッシングなどのセグメントで事業を展開する。アナログ事業の製品ラインは、パワーとシグナルチェーンがある。パワー分野には、すべてのエンド・マーケットにおける電子システムの電力管理を支援する製品が含まれる。シグナルチェーンには、信号を感知し、調整し、測定して、処理や制御のために情報を転送したり変換したりする製品が含まれる。エンベデッド・プロセッシング事業は、マイクロコントローラー、デジタル・シグナル・プロセッサー(DSP)、アプリケーション・プロセッサーが含まれる。マイクロコントローラーは、プロセッサーコア、メモリー、周辺機器を備えたシステムで、電子機器の一連のタスクを制御するように設計される。DSPは、デジタルデータを処理するために数学的な計算を行う。アプリケーション・プロセッサーは、コンピュータの動作を目的とする。

業種

Semiconductors

連絡先

12500 T I Blvd

DALLAS, TX

75243-0592

United States

+1.972.9953773

http://www.ti.com

エグゼクティブリーダーシップ

Richard K. Templeton

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Rafael R. Lizardi

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Chief Accounting Officer

Haviv Ilan

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Cynthia Hoff Trochu

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

Ahmad S. Bahai

Senior Vice President

統計

2.52 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

15.8K

2019

14.4K

2020

14.5K

2021(E)

17.9K
EPS (USD)

2018

5.590

2019

5.240

2020

5.810

2021(E)

7.884
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.79
株価純資産倍率(四半期)
16.22
株価キャッシュフロー倍率
23.47
総負債/総資本(四半期)
56.05
長期負債/資本(四半期)
51.57
投資利益率(過去12カ月)
39.93
自己資本利益率(過去12カ月)
35.35

最新ニュース

最新ニュース

STマイクロ、売上高・投資額見通し引き上げ 半導体の需要増で

フランス・イタリア系の半導体メーカー、STマイクロエレクトロニクスは29日、2021年通年の売上高と投資額の見通しを引き上げた。この日発表した第2・四半期決算は、自動車・スマートフォンメーカーからの需要増加を背景に利益が拡大した。同社の工場は需要への対応に追われる状況が続いている。

インテルとTI、需要見通し対照的 半導体他社の決算に注目

米半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)とインテルが直近決算発表時に示した需要見通しは対照的な内容だった。投資家は26日からの週に予定されている他の半導体メーカーの企業決算で今後の需要動向を見極める必要がある。

米TI、売上高見通しが市場予想下回る 供給懸念で株価下落

米半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)は21日、第3・四半期の売上高が44億─47億6000万ドルになるとの見通しを示した。市場予想を若干下回るもので、世界的な半導体不足の中で同社が需要に対応できるのか懸念が出ている。

米TI、売上高見通しが市場予想下回る 供給網阻害など懸念

米半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)は21日、第3・四半期の売上高が44億─47億6000万ドルになるとの見通しを示した。市場予想を若干下回るもので、供給網の阻害などで販売が圧迫されるとの懸念が出ている。

米国株式市場=S&P6日連続で最高値更新、雇用統計に注目

米国株式市場は、S&P総合500種指数が6日連続で最高値を更新した。堅調な経済指標を受けて幅広い銘柄に買いが入った。市場は2日の雇用統計に注目している。

UPDATE 1-NY市場サマリー(1日)S&P6日連続で最高値更新、ドル上昇

(株式の内容を追加しました) [1日 ロイター] - <為替> ドルが上昇し、一時主要通貨バスケットに対し3カ月ぶり高値を付けた。 しかし、6月の米雇用統計の発表を2日に控え、狭いレンジでの取引となった。 終盤の取引で、ドル指数は0.2%高の92.572。一時92.602と、 4月上旬以来の高値を付けた。 ドル/円は0.4%高の111.560円。一時、15カ月ぶり高値とな る111.640円を付ける場面もあった。 朝方発表された6月26日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は 36万4000件と、前週の41万5000件から...

米マイクロン、3─5月業績と6─8月売上高見通しが市場予想上回る

米半導体大手マイクロン・テクノロジーが30日発表した第3・四半期(3─5月)決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。供給逼迫や力強い需要を背景にメモリーチップ価格が高止まりしており、第4・四半期の売上高見通しも、予想を上回った。

米TI、第4四半期は市場予想以上に増収 今期見通しも予想超え

米半導体大手のテキサス・インスツルメンツ(TI)が発表した2020年第4・四半期決算は、純利益が16億9000万ドル(1株当たり1.80ドル)と、前年同期の10億7000万ドル(同1.12ドル)から拡大した。

米ザイリンクス、10─12月期売上高見通しが市場予想上回る

米半導体ザイリンクス<XLNX.O>は21日、第3・四半期(10─12月)の売上高が市場予想を上回るとの見通しを示した。

お知らせ-重複記事を削除します

(午後0時21分配信の「UPDATE 1-米TI、第3四半期は予想外の増収 今期売上見通しも予想上回る」は重複のため削除します。) [21日 ロイター] -

米TI、第3四半期は予想外の増収 今期売上見通しも予想上回る

米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>が発表した第3・四半期決算は、売上高が減少予想に反して約2年ぶりに増加した。第4・四半期の売上高見通しも市場予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に在宅勤務が広がる中、電子製品向け半導体の需要増加が寄与した。

米TI、第3四半期業績と第4四半期売上高見通しが予想上回る

米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)が発表した第3・四半期決算は、売上高が予想外に増加した。第4・四半期の売上高見通しも市場予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大で世界的に在宅勤務が広がる中、電子製品向け半導体の需要増加が寄与した。

今日の株式見通し=反落、米経済対策に不透明感 売り一巡後は下げ渋り

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反落が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場は、追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る不透明感で主要3指数が下落。東京株式市場でも幅広い銘柄が売りに押される展開となりそうだ。ただ、日経平均の2万3500円近辺は押し目買いが入りやすい水準でもあるため、売り一巡後は下げ止まるとの見方が多い。

米TI、第2四半期業績と第3四半期売上高見通しが予想上回る 株価上昇

米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>が21日発表した第2・四半期決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。第3・四半期の売上高見通しも予想を上回り、株価は時間外取引で3%超上昇した。

米クアルコム、1─3月期は予想上回る 株価上昇

米通信用半導体大手クアルコムが29日に発表した第2・四半期決算(1─3月期、3月29日まで)は、売上高が前年同期比で約5%増の52億2000万ドルとなり、アナリスト予想の50億3000万ドルを上回った。一時項目を除く1株当たり利益も、市場予想の0.78ドルを超える0.88ドルとなった。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(22日現在)

中国で最近、新型コロナウイルス感染拡大が特に顕著な黒竜江省ハルビン市は22日、市外からの移動の制限を一段と強化した。現地の政府系メディアによると、市民および市内で登録されている車両以外は、住宅地に入ることを禁じた。

米TI、第1四半期は予想上回る 第2四半期は新型コロナが影響へ

米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>が21日発表した第1・四半期決算は、市場予想を上回った。一方、新型コロナウイルス感染拡大により半導体業界が大きな打撃を受ける見通しとなる中、第2・四半期の売上高と利益の予想レンジ下限は、市場予想を下回った。

米株続落、原油安・企業業績が懸念材料

米国株式市場は続落して終了した。原油価格の急落に加え、企業の業績見通し悪化を受け、深刻な景気減速に対する懸念が高まっていることが重しとなった。

米TIの第1四半期売上高の自社予想、市場見通し上回る

米半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>は22日、第1・四半期の売上高が31億2000万─33億8000万ドルになるとの見通しを示し、リフィニティブがまとめたアナリスト予想(32億1000万ドル)を上回る水準を見込んだ。

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

20日から始まる週の米株式市場はネットフリックス<NFLX.O>やインテル<INTC.O>、テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>の決算発表に注目が集まる。2019年10─12月期の決算シーズンの行方を占う材料となるかもしれないが、危険信号と受け止められるような数字が出れば過去最高値を更新し続けている米株式市場に冷水を浴びせることになると警戒する投資家もいる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up