for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス

UAL.O

現在値

52.70USD

変化

0.00(-0.00%)

出来高

15,065,935

本日のレンジ

51.20

 - 

53.17

52週レンジ

18.18

 - 

63.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
52.70
始値
52.04
出来高
15,065,935
3か月平均出来高
337.69
高値
53.17
安値
51.20
52週高値
63.70
52週安値
18.18
発行済株式数
323.58
時価総額
17,482.93
予想PER
-3.89
配当利回り
--

次のエベント

United Airlines Holdings Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

United Airlines Adds Over 480 Daily Flights To Its U.S. June Schedule

United Airlines Says 17 Of Co's 30 737 MAX Aircraft Are Out Of Schedule Due To Electrical Grounding Issue That Boeing Identified - Conf Call

United Airlines Says Q1 Total Unit Revenue Fell 27% Versus Q1 2019

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングスとは

ユナイテッド・エアラインズ・ホールディングス(United Airlines Holdings Inc)(旧名:United Continental Holdings Inc)は北米、アジア、ヨーロッパ、中東及びラテンアメリカの目的地に人及び貨物を輸送する会社である。【事業内容】主要な完全子会社はUnited Airlines Inc (United)である。子会社であるUnited及び各地域のキャリアを通じて、ニューアークリバティー国際空港(Newark)、シカゴ・オヘア国際空港(Chicago O'Hare)、デンバー国際空港(Denver)、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港(Houston Bush)、ロサンゼルス国際空港(LAX)、グアム国際空港(Guam)、サンフランシスコ国際空港(SFO)及びワシントン・ダレス国際空港(Washington Dulles)にハブがあり、6大陸にまたがって運営する。「ユナイテッド・エクスプレス (United Express) 」としてブランド化された地域の航空サービスを提供するために多様な地域の航空会社と契約関係を結ぶ。

業種

Airline

連絡先

E. Anna Ha - Whqld

233 South Wacker Drive

CHICAGO, IL

60606

United States

+1.872.8254000

https://ir.united.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Oscar X. Munoz

Executive Chairman of the Board

Brett J. Hart

President

J. Scott Scott Kirby

Chief Executive Officer and President of United Airlines

Gerald Laderman

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jonathan Roitman

Chief Operating Officer, Executive Vice President

統計

2.60 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

41.3K

2019

43.3K

2020

15.4K

2021(E)

23.0K
EPS (USD)

2018

9.130

2019

12.050

2020

-27.570

2021(E)

-13.880
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.65
株価純資産倍率(四半期)
3.36
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
538.82
長期負債/資本(四半期)
501.13
投資利益率(過去12カ月)
-15.92
自己資本利益率(過去12カ月)
-11.72

最新ニュース

最新ニュース

主要航空各社、米英政府との会談要求 大西洋路線の早期再開巡り

米英主要航空各社の最高経営責任者(CEO)は11日、大西洋を横断する運航の早期再開に向け両政府との会談を求めた。

米空港利用、2日は163万人 コロナ流行後で最多=運輸保安局

米運輸保安局(TSA)は、2日に米国の空港でセキュリティーチェックを受けた乗客の数が163万人と、新型コロナウイルス感染拡大で旅客需要が大打撃を受けた2020年3月以降で最多だったと発表した。

バフェット氏「予想以上の米景気回復が追い風」、株主総会

著名投資家ウォーレン・バフェット氏(90)が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイは1日、オンラインで年次株主総会を開いた。バフェット氏は、予想よりかなり順調な米景気回復が事業の追い風になっていると指摘した。

米ユナイテッド、第1四半期は予想より大幅な赤字 燃料コスト高で

米ユナイテッド航空が19日発表した第1・四半期決算は、市場予想よりも大幅な赤字となった。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で引き続き需要が低迷する中、燃料コストの上昇や運航便の減少が響いた。

米ユナイテッド航空、第1四半期は19年比66%減収の見通し

米航空大手ユナイテッド・エアラインズは、第1・四半期の売上高が2019年第1・四半期との比較で66%減少し、32億ドルになるとの見通しを示した。

米航空各社、ボーイング737MAX7運航停止 電気系統問題に対応

米航空機大手ボーイングが旅客機「737MAX7」の電気系統問題への対応を米航空16社に要請したことを受け、各社は9日、同機の運航を一時的に停止した。

米デルタ航空、サービス障害解消 グーグルの不具合で一時予約できず

米デルタ航空は5日、航空券予約ができなくなるトラブルが解消したと発表した。米IT大手グーグルは先に、多数の米航空会社ウェブサイト上における航空券販売などのサービス稼働にかかわる同社のソフトウエアに不具合があったことを認めていた。

米サウスウエスト操縦士200人超復帰へ、夏の需要回復に備え

米サウスウエスト航空は5日、今夏の運航スケジュールに合わせて自主帰休延長プログラムの対象パイロット209人を復帰させると明らかにした。米航空各社は、新型コロナウイルスワクチン接種の進展に伴う旅客需要回復に向け準備に入っている。

米、ワクチン接種完了者は旅行可能に CDCが指針改定

米疾病対策センター(CDC)は2日、新型コロナウイルスのワクチン接種が完了した人に対する指針を改定し、「低リスク」で旅行できるとの認識を示した。これまでは全国民に対し、必須でない旅行を控えるよう勧告していた。

米、ワクチン接種完了者は旅行可能に CDCが指針改定

米疾病対策センター(CDC)は2日、新型コロナウイルスのワクチン接種が完了した人に対する指針を改定し、「低リスク」で旅行できるとの認識を示した。これまでは全国民に対し、必須でない旅行を控えるよう勧告していた。

ANA、コロナ検査・ワクチン接種履歴のデジタル証明実験実施

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は29日、渡航者の新型コロナウイルス検査の結果やワクチン接種の履歴を示す世界共通のデジタル証明書「コモンパス」の実証実験を実施した。国内外で感染の再拡大が続く中、スマートフォン(スマホ)のアプリを使った証明書で渡航者の安全な往来や手続きの効率化に役立てる。

米空港利用、21日に154万人 昨年3月以来の高水準

米運輸保安局(TSA)は、21日に米国の空港でセキュリティーチェックを受けた乗客は約154万人で、昨年3月13日以降で最多になったと発表した。

米航空会社、レジャー需要回復 ワクチン接種で最悪期脱した公算

米航空会社は15日、新型コロナウイルスワクチンの接種が進むにつれレジャー目的の航空便の予約が増えていると明らかにした。ユナイテッド航空は3月にも手元流動性の減少が終息すると予想。感染拡大で大打撃を受けた航空業界が最悪期を脱した可能性が示唆された。

米議会、140億ドルの航空業界支援第3弾を承認 コロナ対策の一環

米議会は10日、新型コロナウイルス追加経済対策法案の一環として、国内航空業界向けに140億ドル規模の新たな給与支援策を承認した。政府支援第3弾となる。

米ボーイング、2月納入22機で前年同月上回る 純受注もプラス

米ボーイングは9日、2月の納入が22機で前年同月(17機)を上回ったと発表した。また、新型コロナウイルスワクチン配布で航空会社の信頼感が改善し、純受注は14カ月ぶりにプラスとなった。

米航空業界、コロナ健康証明への支援をバイデン政権に要請

米国の主要航空・旅行業界団体や労働組合は8日、旅行需要の回復を支えるため、新型コロナウイルスに関する一時的な健康証明の枠組み構築を支援するようバイデン政権に要請した。

米航空業界「なお苦境」、第3弾の政府支援必要=業界団体

米主要航空会社を代表する業界団体エアラインズ・フォー・アメリカ(A4A)は2日、「航空業界がなお苦境に立たされている」とし、連邦政府支援の第3弾が必要と強調した。

石油大手幹部、今後10年は需要増を予測 化石燃料の優位揺るがずと

エネルギー業界の国際会議「CERAウイーク2021」に参加した大手石油会社幹部らは、今後10年間に原油需要は上昇すると予想。再生可能エネルギーが注目を集めたとしても、化石燃料がエネルギー構成の主要部を担う構図は変わらないとの見方を示した。

NY市場サマリー(1日)ドル指数3週間ぶり高値、米株大幅高

バイデン政権が大規模な追加景気対策の策定を進める中、景気回復とインフレ高進に対する期待が膨らみ、ドル相場はこのところ米国債利回りの上昇に歩調を合わせ上昇している。

米国株式市場=大幅高、債券市場の落ち着きや景気回復期待で

米国株式市場は大幅高で取引を終えた。債券市場の売りが落ち着いたほか、新型コロナウイルスワクチンや追加経済対策に関連した動きを受けて早期の景気回復への期待が高まった。S&P総合500種は昨年6月以来の大幅な上昇となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up