for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Inc

UBER.K

前日終値

33.82USD

変化

-0.44(-1.28%)

出来高

6,884,274

本日のレンジ

33.68

 - 

34.64

52週レンジ

30.67

 - 

47.08

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
34.26
始値
34.20
出来高
6,884,274
3か月平均出来高
207.52
高値
34.64
安値
33.68
52週高値
47.08
52週安値
30.67
発行済株式数
1,700.00
時価総額
58,242.13
予想PER
-4.97
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2020 Uber Technologies Inc Earnings Release

適時開示

その他

Uber Announces Pricing Of Upsized $1.2 Billion Senior Notes Offering

Uber Announces Proposed $750 Million Senior Notes Offering

Uber Lays Off 435 People Across Engineering And Product Teams - TechCrunch

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Incとは

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies, Inc.)はユーザーが交通機関及び食品注文サービスにアクセスできるようにするプラットフォームを提供する。【事業内容】同社は2つのセグメントを通じて運営する。コア・プラットフォームセグメントは、ライドシェアリングとウーバーイーツにより構成される。その他のベットセグメントは、ユーバーフレイト及びニュー・モビリティ・プラットフォームにより構成される。ライドシェアリングとは、自動車、オート・リクシャー、オートバイ、ミニバス、タクシーなどの各種乗り物に乗る人と、消費者を結び付ける製品のことである。ウーバーイーツ・プラットフォームは、消費者が地元のレストランを検索・発見し、オンラインで食事を注文することを可能にする。フレイト・プラットフォームは荷送人と運送業者を結ぶ透明でオンデマンド市場を提供する。ニュー・モビリティ製品はユーザーがドックレスの電動自転車と電動スクーターなどの各種モードで乗り物にアクセスできるようにする。

業種

Computer Services

連絡先

1455 Market St Fl 4

+1.415.6128582

https://www.uber.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald D. Sugar

Independent Chairperson of the Board

Dara Khosrowshahi

Chief Executive Officer, Director

Nelson J. Chai

Chief Financial Officer

Jill Hazelbaker

Senior Vice President - Communications and Public Policy

Nikki Krishnamurthy

Senior Vice President and Chief People Officer

統計

2.26 mean rating - 35 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019(E)

14.0K
EPS (USD)

2019(E)

-6.888
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
3.65
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
30.87
長期負債/資本(四半期)
29.86
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

米民泊仲介エアビー、来年IPOへ 直接上場の見通し

米民泊仲介大手エアビーアンドビーは19日、2020年に新規株式公開(IPO)を実施する計画を明らかにした。「ユニコーン企業」の中でも財務状況が安定しているとみられており、来年の目玉IPOの一つして注目される。

アングル:米企業、社債発行やIPOに奔走 景気や選挙見据え

米企業は、景気後退や米大統領選に伴う相場の変動に見舞われる前に、株と債券の強気相場を最大限活用しておこうと、新規株式公開(IPO)や社債発行に奔走しているようだ。

EXCLUSIVE-米ウィーワーク、IPO評価額100億ドルまで引き下げも=関係筋

共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーが新規株式公開(IPO)での評価額を100億─120億ドルと、従来想定の470億ドルからの大幅引き下げを検討していることが13日、関係筋の話で明らかになった。

サウジアラムコIPO、JPモルガンなどが主幹事獲得へ=関係筋

関係筋によると、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが計画している新規株式公開(IPO)では、JPモルガン<JPM.N>、モルガン・スタンレー<MS.N>、ナショナル・コマーシャル・バンク<1180.SE>が主幹事に選ばれる見通し。

JPモルガン、サウジアラムコIPOの主幹事獲得へ=関係筋

米銀大手JPモルガン・チェースがサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)の主幹事に選ばれる見通しだと関係筋が8日、明らかにした。今週中に最終決定が下される可能性が高いという。

オランダ財務副大臣、ウーバーとの面会否定 61億ドル税控除巡り

米配車大手ウーバー・テクノロジーズがオランダで暫定的に61億ドルの税控除が認められたことについて、同国のメノ・スネル財務副大臣は議会の質問に対する回答の中で、ウーバー担当者との面会を否定した。

米連邦検察、元グーグル社員を起訴 自動運転技術の盗用で

米連邦検察は27日、米グーグル<GOOGL.O>から自動運転に関する企業秘密を盗んだとして同社の元社員を起訴した。盗んだ技術を、米ライドシェア最大手のウーバーテクノロジーズに持ち込んだとみられている。

コラム:「身銭を切る」ソフトバンク、ファンドに大きなリスク

ソフトバンクグループ<9984.T>は「身銭を切る」という概念を極限まで拡張してしまったようだ。

中国ナインボット、自動で充電拠点に戻る電動スクーター発表

電動スクーターの製造を手掛ける中国のセグウェイ・ナインボットグループは16日、自動で充電ステーションに戻る電動スクーターを発表した。急成長している電動スクーターのシェアサービスに貢献する可能性がある。

NY市場サマリー(9日)

USバンク・ウェルス・マネジメントの債券調査部門責任者、ビル・マーズ氏は「世 界的な経済指標が引き続き低下傾向にあり、分散投資家として債券を選好する」と述べた 。 トランプ米大統領はこの日、米国は当面、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェ イ) と取引を行わないと表明。これにより米中貿易摩擦への懸念が高まり、米国 株は下落。債券利回りも低下した。 もっともフォックス・ビジネスのエドワード・ローレンス記者がホワイトハウス関係 者の話として、トランプ氏の発言は連邦各省によるファーウェイ製品の購入のみを禁止す ることを意味しており、ファーウェイ...

米国株式市場=反落、トランプ氏発言で貿易懸念が再燃

米国株式市場は反落。トラ ンプ大統領の米中貿易協議に関する発言を受けて、摩擦悪化を巡る懸念 が再燃した。 主要株価3指数は一時、軒並み1%を超える下げとなったものの、 午後になって切り返した。ダウ平均は値動きの荒い展開となる中、プラ ス圏に浮上する場面もあった。 トランプ米大統領は、米国は引き続き中国との貿易交渉を継続して いるが、当面の合意はないと言明。貿易戦争による世界経済への影響を 巡る懸念が再燃した。大統領はまた、中国通信機器大手の華為技術(フ ァーウェイ)と取引は当面行わないとの方針も示した。 関税に敏感なS&P情報技術は下落...

ウーバー第2四半期、過去最大の52億ドル赤字 売上高が予想下回る

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>が8日発表した第2・四半期決算は、純損益が約52億ドルの赤字となり、売上高が市場予想を下回った。赤字幅は過去最大。主力の配車事業の伸びが鈍化したことが響いた。

米S&P2カ月ぶり大幅高、指標受け貿易巡る懸念が後退

米国株式市場は上昇して取引を終えた。S&P総合500種<.SPX>は1日としては約2カ月ぶりの大幅な上昇率を記録した。市場予想を上回る米中の経済指標を受け、貿易を巡る懸念が一部和らいだ。

ウーバー第2四半期、売上高が予想下回り赤字拡大 株価13%安

総売上高は前年同期比14.4%増の31億7000万ドル。しかし、リフィニティブのまとめたアナリスト予想の33億6000万ドルを下回った。

米リフト、利用者増で第2四半期72%増収 通年売上見通し上方修正

米配車サービス大手リフト<LYFT.O>が7日発表した第2・四半期決算は72%の増収となった。利用者数が増加し、競合大手ウーバーとの価格競争が一段落したことが業績への追い風となった。

米リフト、利用者増で第2四半期72%増収 通年売上見通し上方修正

米配車サービス大手リフトが7日発表した第2・四半期決算は72%の増収。利用者数が増加し、競合大手ウーバーとの価格競争が一段落したことが業績への追い風となった。

コラム:ビヨンド・ミート株式売り出し第2弾、売上高が支えか

植物由来の代替肉メーカー、米ビヨンド・ミート<BYND.O>はおなかを空かせた投資家に味見をさせようとしている。5月に新規株式公開(IPO)をしたばかりのビヨンド・ミートは29日、イーサン・ブラウン最高経営責任者(CEO)や他の内部関係者が当初の期限より3カ月も早く、一部保有株を放出する計画だと発表した。内部関係者の保有株売却というマイナス材料を売上高の急増で覆い隠せると期待しているのだろう。

NY市場サマリー(29日)

一方、同ニュースが重しとなり、ファイザーは3.8%下落。通年の利益・売上高見通し下方修 正も嫌気された。 配車サービス大手リフトは2.3%安。ジョン・マクニール最高執行責任者(COO)が辞任 するというCNBCの報道が圧迫した。 同業ウーバー・テクノロジーズも1.4%安で終了。世界のセールス・マーケティング部門で 社員の約20%を削減するとの報道が売りを誘った。 前週末に過去最高値を更新していたスターバックスは反落し、1.1%安。JPモルガンが、 バリュエーションが「過度にストレッチしている」とし、投資判断を引き下げたことが悪材料となった...

UPDATE 1-米国株式市場=買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

(内容を追加します。) [ニューヨーク 29日 ロイター] - 米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価<.D JI>は小幅高。一方、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックが売られ 、ナスダック総合指数とS&P総合500は下落して取引を終えた。米連 邦公開市場委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。 ダウ構成銘柄では3M、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 、アップルが上昇を主導した。 米連邦準備理事会(FRB)は今週開く連邦公開市場委員会(FOMC)で、約10 年ぶりの利下げを実施するとみられている。また、米国と中国は30...

アマゾン、インドでネット出前サービス計画 近く開始も=関係筋

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>がインドでインターネットを使った食事の出前サービス(オンライン・フードデリバリー)を開始することを計画していると、関係筋2人が明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up