for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Inc

UBER.K

現在値

--

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

--

 - 

--

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
--
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
451.17
高値
--
安値
--
52週高値
--
52週安値
--
発行済株式数
1,705.82
時価総額
48,479.27
予想PER
-4.36
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2020 Uber Technologies Inc Earnings Release

適時開示

その他

Uber Nears Deal For Self-Driving Car Simulation Startup - The Information

UFCW 1518 President Kim Novak - Union Asked Labour Relations Board Of BC To Rule Ride Hailing Drivers Of Lyft, Uber Are Employees Protected By Law

Uber CEO Says "TFL Decision Is Just Wrong" - Tweet

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Incとは

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies, Inc.)はユーザーが交通機関及び食品注文サービスにアクセスできるようにするプラットフォームを提供する。【事業内容】同社は2つのセグメントを通じて運営する。コア・プラットフォームセグメントは、ライドシェアリングとウーバーイーツにより構成される。その他のベットセグメントは、ユーバーフレイト及びニュー・モビリティ・プラットフォームにより構成される。ライドシェアリングとは、自動車、オート・リクシャー、オートバイ、ミニバス、タクシーなどの各種乗り物に乗る人と、消費者を結び付ける製品のことである。ウーバーイーツ・プラットフォームは、消費者が地元のレストランを検索・発見し、オンラインで食事を注文することを可能にする。フレイト・プラットフォームは荷送人と運送業者を結ぶ透明でオンデマンド市場を提供する。ニュー・モビリティ製品はユーザーがドックレスの電動自転車と電動スクーターなどの各種モードで乗り物にアクセスできるようにする。

業種

Computer Services

連絡先

1455 Market St Fl 4

+1.415.6128582

https://www.uber.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald D. Sugar

Independent Chairperson of the Board

Dara Khosrowshahi

Chief Executive Officer, Director

Nelson J. Chai

Chief Financial Officer

Jill Hazelbaker

Senior Vice President - Communications and Public Policy

Nikki Krishnamurthy

Senior Vice President and Chief People Officer

統計

2.15 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019(E)

14.2K
EPS (USD)

2019(E)

-6.592
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.71
株価純資産倍率(四半期)
3.21
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
40.44
長期負債/資本(四半期)
39.40
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

米ウーバー、ロンドンでの営業免許剥奪巡り不服申し立て

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は13日、ロンドン運輸局(TfL)によるロンドン市内での営業免許剥奪を巡り、ウェストミンスター治安判事裁判所に不服申し立てを行った。法的手続きは長期化する可能性があり、その間は事業継続が認められる。

独デリバリー・ヒーロー、韓国食品配達ウーワを40億ドルで買収へ

ドイツの食品配達サービス企業デリバリー・ヒーローは、韓国の同業ウーワ・ブラザーズを40億ドルで買収することで合意した。ウーワ・ブラザーズが13日、明らかにした。合弁会社を設立し、グラブやウーバー・イーツ、ゴジェックに対抗する。

独デリバリー・ヒーロー、韓国食品配達ウーワを40億ドルで買収へ

ドイツの食品配達サービス企業デリバリー・ヒーローは、韓国の同業ウーワ・ブラザーズを40億ドルで買収することで合意した。ウーワ・ブラザーズが13日、明らかにした。

ソフトバンク出資のワンコネクト、米IPOで評価額低下へ=関係筋

中国・平安保険<2318.HK>傘下のフィンテック事業会社で、ソフトバンクグループ<9984.T>が出資するワンコネクト・ファイナンシャル・テクノロジー<OCFT.K>は、米国市場での新規株式公開(IPO)で、評価額が落ち込む見通しだ。

米株市場で相次ぐIPO先送り、来年は上場集中で混乱も

米国株式市場でバリュエーションが過去最高水準にある中、多くの企業が今年、新規株式公開(IPO)を先送りしている。2020年はIPOが集中し、混乱する可能性がある。

ウーバー、2018年に米国で約3000件の性的暴行事件の報告

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は5日、安全に関する報告書を公表し、同社のサービス中に運転手や利用客が関わった性的暴行事件が米国内で2018年に3000件以上報告されたと明らかにした。

米ウーバーがアビジャンでサービス開始、アフリカ事業拡大の一環

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は5日、コートジボワールの主要都市アビジャンでサービスを開始した。

ウーバー、2018年に米国で約3000件の性的暴行事件の報告

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは5日、安全に関する報告書を公表し、同社のサービス中に運転手や利用客が関わった性的暴行事件が米国内で2018年に3000件以上報告されたと明らかにした。

欧州飲食店、宅配サービスで収益拡大=ウーバーイーツ調査

デロイトが欧州の複数都市の飲食店を対象に実施した調査によると、飲食店の収益は宅配サービスを利用したことで独立系とチェーン店の双方で増加した。

ソフトバンクG出資のオラ、21年度末までのIPO開始目指す=関係筋

複数の関係筋によると、ソフトバンクグループ<9984.T>が出資するインドの配車サービス大手オラは、2021年3月末までに新規株式公開(IPO)の手続きを開始することを目指している。

焦点:隠れ家に逃走手段、香港デモ隊を支える市民の輪

朝、目を覚ましたマクさんのもとに、子供たちが驚いた表情で駆け込んできた。おもちゃの台所セットやブロック、電車や自動車の模型、ドラムセットが散乱する子ども部屋の真ん中にあるエアベッドで、見知らぬ男性が眠っていたからだ。

著名投資家マークス氏、米IPOの変調を歓迎 「市場が機能している証」

著名投資家のハワード・マークス氏は27日、米国で今年、大型IPO(新規株式公開)の不調が相次いでいることについて、市場が正しく機能してバブルを抑止している証だとして、歓迎する姿勢を示した。

NY市場サマリー(25日)

<為替> ドルが対円で1週間ぶり高値に上昇。米中通商協議を巡る前向きな報道で、リスク選好度が高まった。

米国株式市場は3指数が最高値、米中協議の進展期待膨らむ

米国株式市場は続伸し、主要3指数がいずれも終値での最高値を更新した。米中通商協議を巡り「第1段階」の合意が近いとの期待が高まったほか、複数の買収合意が市場心理を支えた。

米ウーバー、ロンドンで営業免許再び剥奪 安全面の不備で

英米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は25日、安全性やセキュリティー面の不備を理由にロンドン市内の営業免許を剥奪された。免許剥奪は2017年に続き2度目となる。

再送-ロンドン当局、ウーバーの営業免許剥奪 安全性の問題で

英米配車大手ウーバー・テクノロジーズは25日、安全性やセキュリティ面の不備を理由にロンドン市内の営業免許を剥奪された。免許剥奪はここ2年あまりで2度目となる。

ウーバー自動運転車事故、安全軽視姿勢と不注意が原因=NTSB

米国家運輸安全委員会(NTSB)は19日、配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転車が昨年起こした死亡事故について、同社の安全に対する配慮が不十分だったと批判するとともに、車に乗っていたバックアップドライバーの前方不注意が事故につながったとの見方を示した。

ウーバー創業者カラニック氏、ロックアップ解除で同社株21%売却

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>の創業者で前最高経営責任者(CEO)のトラビス・カラニック氏が、保有していた同社株21%近くを売却した。売却が禁じられる「ロックアップ」期間が明けたためで、8日の規制当局への申請書類で明らかになった。

コラム:巨額債務のソフトバンク、資産下落時に逆回転リスク

孫正義氏が会長兼社長として率いるソフトバンクグループ<9984.T>は、ハイテク分野の巨大投資マシーンであり、気前よく重ねた借金が潤滑油の役割を果たしている。同社が抱える資産の価値が高まっていた局面では、借り入れによる経営がうまく機能した。しかし、今後は資産価値が下がって、借金が問題になりかねない。

コラム:目算狂ったソフトバンク孫会長、失敗認めてもなお懸念

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長は、「投資の達人」というよりも、おもちゃ屋にいる小さな子供のような色合いが濃くなり始めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up