for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Inc

UBER.N

現在値

50.82USD

変化

0.31(+0.61%)

出来高

2,084,603

本日のレンジ

50.22

 - 

51.54

52週レンジ

28.39

 - 

64.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
50.51
始値
51.21
出来高
2,084,603
3か月平均出来高
418.66
高値
51.54
安値
50.22
52週高値
64.00
52週安値
28.39
発行済株式数
1,871.76
時価総額
94,542.60
予想PER
-38.65
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2021 Uber Technologies Inc Earnings Release

適時開示

その他

Uber Technologies Inc - On June 18, Reached Agreement With Minority Shareholders Of Cornershop Global Llc To Acquire Their Interests In Cornershop

Uber Says Plans To Expand India Tech, Product Teams To Hire Nearly 250 Engineers

Goldman Taps Uber Executive Peeyush Nahar To Run Its Consumer Bank - WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Incとは

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies, Inc.)は、そのプラットフォームで多様な製品をサポートするテクノロジーアプリケーションを開発・運用する。【事業内容】事業セグメントには、Rides、Eats、貨物、その他の賭け、及びAdvanced Technologies Group(ATG)とその他の技術プログラムが含まれる。Rides製品は、自動車、自動人力車、タクシーなどの多様な車両に乗り物を提供するドライバーと消費者をつなぎる。Eatsの提供により、消費者はレストランを検索して食事を注文し、食事を届けることができる。貨物は、プラットフォーム上で運送業者と運送業者をつなぎ、貨物を予約する機能を提供する。その他の賭けセグメントは、電子スクーターを含む多様なモードで乗り物へのアクセスを消費者に提供する製品を指す新しいモビリティ製品を含む、複数の投資ステージ製品で構成される。ATGとその他の技術プログラムセグメントは、自動運転車及びライドシェアリング技術の開発と商品化を担当する。

業種

Computer Services

連絡先

1515 3Rd Street

SAN FRANCISCO, CA

94158

United States

+1.415.6128582

https://www.uber.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald D. Sugar

Independent Chairperson of the Board

Dara Khosrowshahi

Chief Executive Officer, Director

Nelson J. Chai

Chief Financial Officer

Nikki Krishnamurthy

Senior Vice President, Chief People Officer

Jill Hazelbaker

Senior Vice President - Marketing and Public Affairs

統計

1.83 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

14.1K

2020

11.1K

2021(E)

15.9K
EPS (USD)

2019

-6.810

2020

-3.860

2021(E)

-1.307
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.00
株価純資産倍率(四半期)
6.94
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
57.37
長期負債/資本(四半期)
57.37
投資利益率(過去12カ月)
-15.93
自己資本利益率(過去12カ月)
-12.15

最新ニュース

最新ニュース

ウーバーイーツ、徒歩での配達可能に 東京23区で試験運用

ウーバージャパンは21日、料理のデリバリーサービス「イーツ」事業について、東京23区を対象に徒歩で近距離の配達を始めると発表した。22日から試験運用する。新規登録者だけでなく、登録済みの配達員も徒歩を選択できる。階段や狭い路地の移動が容易になり、自転車の駐輪の手間が省けるなどの利点があり、徒歩の配達は海外ではニューヨークや香港などで導入されている。

コラム:中国の滴滴、評価額11兆円は「高望み」か

中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディチューシン)が一段と飛躍するには、エンジンの出力がいささか足りないようだ。同社は、ニューヨーク市場で7年前のアリババ以来の大規模な新規株式公開(IPO)を実施するための準備を急いでいる。ロイターが関係者の話として伝えたところでは、程維最高経営責任者(CEO)は評価額を1000億ドル(約11兆円)に乗せて100億ドルを調達したい考え。だが600億ドル前後だった2018年の評価額をここまで高めるのは、手の届く範囲を超えているように見える。

ソフトバンクG出資の米料理宅配ドアダッシュ、日本に進出

ソフトバンクグループが出資する米料理宅配サービスのドアダッシュは9日、日本でサービスを開始すると発表した。まず宮城県仙台市限定で開始する。

米予算教書、「ギグワーカー」の権利強化に支出増やす

バイデン米大統領は28日に発表した、2022会計年度(21年10月〜22年9月)の予算教書で、労働省の賃金・労働時間部門への予算を増やそうとしている。この部門では、単発で仕事を請け負う「ギグワーカー」が、独立請負人と誤って区分され、各種手当てが受けられないケースがないかを調査している。

中国トラック配車の満幇、米上場申請 最大15億ドル調達へ=関係者

中国でトラック配車サービスを手掛けるスタートアップ企業、満幇集団(フル・トラック・アライアンス)がニューヨーク証券取引所に上場申請を行ったと、関係者が明らかにした。最大15億ドルの調達を目指すという。

米ウーバーとリフト、ワクチン接種拠点への無料・割引送迎開始

米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズとリフトがホワイトハウスと協力して実施する新型コロナウイルスワクチン接種拠点への無料ないし割引の送迎プログラムが24日、始まった。バイデン大統領が2週間前、7月4日の独立記念日までの米成人7割接種を目標に、2社と連携すると発表していた。

コラム:インドネシアIT大手が大合併、東南アジアに巨大企業

東南アジアの巨大ハイテク企業が、栄華の時を迎えている。インドネシアの配車・決済サービス大手のゴジェックと電子商取引大手・トコペディアが合併し、インドネシアでハイテク業界の巨人が生まれる。

米加州当局、ウーバー・リフト車両にEV目標 走行距離の9割

米カリフォルニア州大気資源局(CARB)は20日、配車大手ウーバー・テクノロジーズとリフトに対し、2030年までに配車サービスの大部分を電気自動車(EV)で行うよう義務付ける規則を全会一致で採択した。こうした規制は米国の州では初めて。

米政府、ワクチン接種加速に腐心 ウーバーなどの乗車無料に

米ホワイトハウスは11日、新型コロナウイルスワクチンの接種ペース加速に向け、配車サービスのウーバーやリフトと連携し、ワクチン接種に向かう人の乗車料金を支援すると発表した。

コラム:米ウーバー、配車事業への回帰が黒字化達成に唯一の道

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが5日発表した第1・四半期決算は、売上高では配車サービス部門の大幅な落ち込みを料理宅配部門「イーツ」の伸びが辛うじて支えたものの、収益で見ると移動サービス部門が黒字だったのに対して料理宅配部門は赤字だった。だからウーバーは配車事業に軸足を戻すことこそが、黒字化に向けた唯一の道だ。

NY市場サマリー(6日)ドル下落、ダウ最高値

<為替> ドルが下落し3日ぶりの安値を付けた。世界的にリスク選好度が改善した。投資家は7日発表の4月米雇用統計に注目している。

米株はダウが最高値、失業保険統計を好感 製薬は軟調

米国株式市場はダウ工業株30種が終値で最高値を更新。週間の米新規失業保険申請件数の改善が追い風となった。一方、バイデン米大統領が新型コロナワクチン特許の一時放棄に支持を表明したことを受け、ファイザーやモデルナなどワクチンメーカーの株価は下落した。

バイデン米政権、ギグワーカー巡る前政権の規則撤回 権利保護重視

バイデン米政権は5日、運転手や配達員など単発で仕事を請け負う「ギグワーカー」を従業員ではなく独立した請負業者と分類することを容易にするトランプ前政権の規則の撤回を決めた。労働者の権利保護強化に政策を転換させる可能性を示唆した。

ウーバー、第1四半期は赤字縮小 運転手関連費巡る懸念で株価下落

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが5日発表した第1・四半期決算は、調整後の利払い・税・償却前損益(EBITDA)が3億5900万ドルの赤字と、前四半期から赤字幅が約1億ドル縮小した。ただ、同社が運転手の報酬引き上げを示唆し、米国の運転手について社会保障費負担が増える可能性も浮上したため、株価は下落した。

NY市場サマリー(5日)ドル伸び悩む、ダウ最高値更新

<為替> ドルが2週間超ぶりの高値を付けた後に伸び悩んだ。米経済指標が予想をやや下回った。投資家は週末の米雇用統計待ちとなっている。

米国株式市場でダウ最高値更新、ナスダックは下落

米国株式市場は、ダウ工業株30種が終値ベースで過去最高値を更新した。ゴールドマン・サックス、キャタピラー、シェブロンなどが買われ、ダウを押し上げた。ナスダック総合は大型テクノロジー株が下落する中、当初の上げから反転し、マイナス圏で終了した。

米ウーバー、第1四半期は赤字幅縮小 料理宅配事業好調

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが5日発表した第1・四半期決算は、調整後の利払い・税・償却前損益(EBITDA)が3億5900万ドルの赤字と、前四半期から赤字幅が約1億ドル縮小した。料理宅配事業が引き続き好調だった。ただ、配車事業の予約件数は前四半期比で横ばいとなった。

単発請け負いの「ギグワーカー」、大半は従業員と分類すべき=米労働長官

ウォルシュ米労働長官は29日、運転手や配達員など単発で仕事を請け負う「ギグワーカー」について、米国では大半が「従業員」に分類されるべきだとの考えを示した。

米、ウーバーアプリでワクチン接種予約 レンタカー予約も

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは28日、アプリを使って新型コロナウイルスワクチンの接種予約ができるサービスを米国内で提供すると発表した。

トヨタ、米リフトの自動運転部門を買収 5.5億ドル

トヨタ自動車は自動運転技術を担う子会社を通じ、米配車サービス大手リフトの自動運転部門「レベル5」を5億5000万ドルで買収する。トヨタとリフトが発表した。トヨタは同分野の開発体制を強化する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up