for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Inc

UBER.N

現在値

48.36USD

変化

1.08(+2.28%)

出来高

3,221,963

本日のレンジ

47.35

 - 

48.83

52週レンジ

32.91

 - 

64.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
47.28
始値
47.91
出来高
3,221,963
3か月平均出来高
531.77
高値
48.83
安値
47.35
52週高値
64.00
52週安値
32.91
発行済株式数
1,884.35
時価総額
91,127.02
予想PER
-307.61
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Uber Technologies Inc Earnings Release

適時開示

その他

Uber Launches 'Holiday Shop' For On-Demand Seasonal Delivery

Uber Joins Drivers In Strike Against Brussels Rules - Bloomberg News

UK pensions regulator welcomes Uber pensions enrolment

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Incとは

ウーバー・テクノロジーズ(Uber)(Uber Technologies Inc)は、プラットフォーム上で様々な製品をサポートするテクノロジーアプリケーションを開発・運用する。【事業内容】消費者を乗車サービス、商人、食品配達サービスのプロバイダー、および公共交通機関のネットワークと結び付ける。セグメントには、モビリティ、配達、および貨物が含まれる。モビリティとは、車、自動人力車、バイク、ミニバス、タクシーなど、様々な車両に乗車するコドライバーをつなぐ製品を指す。モビリティセグメントには、ビジネス用 Uber(U4B)、金融パートナーシップ、交通機関、車両ソリューションの提供に関連する活動も含まれる。配達セグメントには、消費者は地元のレストランを検索して見つけ、食事を注文し、レストランで受け取るか、食事を配達することができる。また、特定の市場では、食料品やコンビニエンスストアの配達も含まれる。ラットフォーム上で輸送業者と荷主を結びつけ、貨物の予約を可能にする。

業種

Computer Services

連絡先

1515 3Rd Street

SAN FRANCISCO, CA

94158

United States

+1.415.6128582

https://www.uber.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald D. Sugar

Independent Chairperson of the Board

Dara Khosrowshahi

Chief Executive Officer, Director

Nelson J. Chai

Chief Financial Officer

Nikki Krishnamurthy

Senior Vice President, Chief People Officer

Jill Hazelbaker

Senior Vice President - Marketing and Public Affairs

統計

1.77 mean rating - 48 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

14.1K

2020

11.1K

2021(E)

16.1K
EPS (USD)

2019

-6.810

2020

-3.860

2021(E)

-0.186
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.48
株価純資産倍率(四半期)
6.41
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
55.01
長期負債/資本(四半期)
55.01
投資利益率(過去12カ月)
-4.34
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.26

最新ニュース

最新ニュース

コラム:し烈さが増すインドのIT人材獲得競争

インドでは、IT技術者にとってかつてないほど恵まれた時代が訪れている。デリーに拠点を置く、あるフィンテック新興企業の新人は、BMWのオートバイの無償供与が約束され、17日にドバイで始まるT20ワールドカップ(トウェンティ20方式のクリケットの世界選手権)観戦ツアーもプレゼントされる。外国ブランドへの憧れが強く、まるで宗教のようにスポーツに熱狂するインドのお国柄からすれば、いずれも非常に魅力のある特典だ。

ソフトバンクG出資の印オヨがIPO申請、最大11.4億ドル調達へ

ソフトバンクグループが出資するインドのホテル予約サービス会社オヨ・ホテルズ・アンド・ルームズが1日、新規株式公開(IPO)を申請した。仮条件によると株式売却の規模は最大11億4000万ドルとなる。

米ウーバー、ベルギー首都で一時サービス停止 欧州初

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは30日、ベルギーの首都ブリュッセルでの配車サービスを午前中に3時間停止すると発表した。ブリュッセル首都圏政府が、公約に反し配車サービスなどに関する規則改革案を今夏までに提示しなかったためという。

米ウーバー、第3四半期に黒字化達成も 配車事業回復で

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは21日、第3・四半期の調整後利払い・税・償却前損益(EBITDA)の予想レンジを2500万ドルの赤字─2500万ドルの黒字とし、予想よりも早く黒字化する可能性があるとの見通しを示した。料理宅配事業が堅調に推移しているほか、配車事業が新型コロナウイルス禍の落ち込みから回復しているという。

中国版ウーバーの滴滴、共同創業者兼総裁が退任意向=関係筋

中国の配車サービス大手、滴滴出行(ディディ)の共同創業者兼総裁の柳青(ジーン・リウ、43)氏が、退任する意向を一部側近に伝えたことが分かった。事情に詳しい関係筋2人が明らかにした。同社はニューヨーク証券取引所(NYSE)に今年上場してから中国当局の調査を受けている。

米料理宅配ドアダッシュ、NY市提訴 顧客情報共有巡る新法巡り

料理宅配アプリの米ドアダッシュは15日、レストランとの顧客データ共有を義務付ける新たな法律を巡り、米ニューヨーク市を提訴した。

ウーバー運転手は個人事業主ではなく従業員、オランダ地裁が判断

オランダのアムステルダム地裁は13日、配車大手ウーバーのドライバーについて、個人事業主ではなく従業員であり、労働者としての権利をさらに享受する資格があるとの判断を示した。

ウーバー・イーツなどがNY市提訴、料理宅配業者の手数料上限で

料理宅配アプリ運営業者のドアダッシュ、グラブハブ、ウーバー・イーツは、飲食店から徴収する手数料に恒久的に上限を設ける法律を巡って、米ニューヨーク市を提訴した。

米テキサス州の中絶禁止法、企業から批判や対抗策の表明相次ぐ

米テキサス州で1日に人工妊娠中絶をほぼ禁じる州法が発効したことに対し、米企業から厳しい批判や独自の対抗策の表明が相次いだ。一部企業の間では社会的責任への強い関与を示す努力が強まっていることの表れだ。

米オーロラ、無人運転車の安全性を判断するツールを公表

自動運転スタートアップの米オーロラは、無人の自動運転車の安全性を判断するツールを公表した。こうしたツールは業界初という。

米ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧迫

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが4日発表した第2・四半期決算は赤字幅が拡大した。配車および料理宅配事業は底堅く推移したものの、運転手向け奨励金が収益を圧迫した。

UPDATE 1-米ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧迫

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが4日発表した第2・四半期決算は赤字幅が拡大した。配車および料理宅配事業は底堅く推移したものの、運転手向け奨励金が収益を圧迫した。

米マクドナルド、全従業員と顧客にマスク着用をふたたび義務化

米マクドナルドは2日、米国内の全従業員と来店客に対し、新型コロナワクチン接種の有無にかかわらず、今後は店内および感染リスクの高い場所でのマスク着用をふたたび義務付けるとの方針を確認した。ワクチン未接種の従業員と顧客は、マスクの常時着用が義務になるとした。

日経平均反発、好決算銘柄が人気化 上値追いは慎重

東京株式市場で日経平均は反発した。注目された米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過した安心感に加え、アジア株の堅調さも支援となり終始しっかり推移した。好決算銘柄を物色する動きが活発化したものの、戻り売りや新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感から、上値追いには慎重となった。

ホットストック:ソフトバンクGが反発、米ウーバー株の売却報道を好感

ソフトバンクグループ(SBG)が反発している。米配車大手ウーバー・テクノロジーズの株式約4500万株を売却することが分かったと報じられ、好感されている。SBG株は、中国当局の規制強化の動きへの警戒感から、年初来安値を連日更新していた。

ソフトバンクG、米ウーバー株売却へ 約4500万株

ソフトバンクグループが、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの株式約4500万株を売却することが分かった。事情に詳しい関係筋が28日、ロイターに明らかにした。

自動運転の米オーロラ、ナスダック上場へ 評価額130億ドル

自動運転技術の米スタートアップ企業オーロラは15日、特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じてナスダック市場に上場すると発表した。この取引に基づく企業価値の評価額は130億ドルとなる。

オンライン決済の米ストライプ、株式上場への準備始動=関係筋

オンライン決済サービスの米ストライプは株式上場に向けた初期準備のため、法律事務所と助言契約を結んだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

中国配車最大手の滴滴が米上場、初値は19%高 時価総額684億ドル

中国の配車サービス最大手、滴滴出行(ディディ)が6月30日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場した。終値で計算した時価総額は684億9000万ドル。調達額は44億ドルで、中国企業による米IPO時の調達額としては、2014年のアリババ集団の250億ドルに次ぐ規模となった。

ウーバーイーツ、徒歩での配達可能に 東京23区で試験運用

ウーバージャパンは21日、料理のデリバリーサービス「イーツ」事業について、東京23区を対象に徒歩で近距離の配達を始めると発表した。22日から試験運用する。新規登録者だけでなく、登録済みの配達員も徒歩を選択できる。階段や狭い路地の移動が容易になり、自転車の駐輪の手間が省けるなどの利点があり、徒歩の配達は海外ではニューヨークや香港などで導入されている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up