for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Inc

UBER.N

現在値

51.75USD

変化

0.30(+0.58%)

出来高

3,453,036

本日のレンジ

50.61

 - 

52.75

52週レンジ

13.71

 - 

64.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
51.45
始値
52.07
出来高
3,453,036
3か月平均出来高
441.70
高値
52.75
安値
50.61
52週高値
64.00
52週安値
13.71
発行済株式数
1,851.32
時価総額
95,250.29
予想PER
-33.73
配当利回り
--

次のエベント

Uber Technologies Inc Keynote at Morgan Stanley Technology, Media and Telecom Conference (Virtual)

適時開示

その他

Soros Fund Management Takes Share Stake In Uber, Dissolves Share Stake In Peloton Interactive

Uber Qtrly Loss Per Share $0.54

S.Korea Antitrust Regulator Approves Uber-T Map Mobility Joint Venture

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Incとは

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies, Inc.)は、そのプラットフォームで多様な製品をサポートするテクノロジーアプリケーションを開発・運用する。【事業内容】事業セグメントには、Rides、Eats、貨物、その他の賭け、及びAdvanced Technologies Group(ATG)とその他の技術プログラムが含まれる。Rides製品は、自動車、自動人力車、タクシーなどの多様な車両に乗り物を提供するドライバーと消費者をつなぎる。Eatsの提供により、消費者はレストランを検索して食事を注文し、食事を届けることができる。貨物は、プラットフォーム上で運送業者と運送業者をつなぎ、貨物を予約する機能を提供する。その他の賭けセグメントは、電子スクーターを含む多様なモードで乗り物へのアクセスを消費者に提供する製品を指す新しいモビリティ製品を含む、複数の投資ステージ製品で構成される。ATGとその他の技術プログラムセグメントは、自動運転車及びライドシェアリング技術の開発と商品化を担当する。

業種

Computer Services

連絡先

1515 3Rd Street

SAN FRANCISCO, CA

94158

United States

+1.415.6128582

https://www.uber.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald D. Sugar

Independent Chairperson of the Board

Dara Khosrowshahi

Chief Executive Officer, Director

Nelson J. Chai

Chief Financial Officer

Jill Hazelbaker

Senior Vice President - Communications and Public Policy

Nikki Krishnamurthy

Senior Vice President and Chief People Officer

統計

1.88 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

14.1K

2020

11.1K

2021(E)

16.2K
EPS (USD)

2019

-6.810

2020

-3.860

2021(E)

-1.525
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.89
株価純資産倍率(四半期)
7.77
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
61.63
長期負債/資本(四半期)
61.63
投資利益率(過去12カ月)
-27.00
自己資本利益率(過去12カ月)
-20.78

最新ニュース

最新ニュース

米ドアダッシュ、今年下期の受注鈍化見込む ワクチン普及で

米料理宅配サービスのドアダッシュは25日、今年下期に顧客の注文が減少するとの見通しを示した。新型コロナウイルスワクチンの接種が進み、レストランやカフェでの外食需要が回復すると見込まれるためだ。

訂正:サウジ政府系ファンド、5年で資産倍増し1.07兆ドル目指す=皇太子

サウジアラビアのムハンマド皇太子は24日、政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」の資産を2025年までに現在の2倍の4兆リヤル(1兆0700億ドル)に拡大する計画を発表した。世界最大級の政府系ファンド(SWF)を目指す。

韓国クーパン、IPOでビジョン・ファンド投資先の稼ぎ頭に浮上か

韓国のネット通販大手、クーパンは米ニューヨーク市場への上場によって、ソフトバンクグループ傘下ビジョン・ファンドに最大の資産価値をもたらす投資先企業に浮上する見込み。同ファンドの巨額損失から記録的利益までの急転換をさらに後押しすることになる。

英最高裁、ウーバー運転手の従業員権利認める 事業モデルに打撃

英最高裁は19日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズの運転手の権利を巡る訴訟で、運転手に従業員としての権利を認める判断を下した。配車や宅配サービスを単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」に頼るウーバーにとっては痛手となる。

米ウーバー、EUのギグワーカー保護巡り単発契約の重要性主張

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは15日、欧州連合(EU)の規制当局に対し、「ギグワーカー」を保護する新たなルールを検討する際に、雇用創出における単発契約の重要性を認識するよう訴えた。

ウーバー、ビットコインに投資せず 決済手段は検討も=CEO

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は11日、同社が暗号資産(仮想通貨)ビットコインに投資する可能性を協議したものの、「すぐに却下された」と明らかにした。

米ウーバー、10─12月期は料理宅配・配車好調 コロナ禍で需要増

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ が10日に発表した2020年10─12月期決算は、新型コロナウイルス感染拡大を受けたロックダウン(都市封鎖)で需要が伸び、料理宅配サービスと配車サービス事業が好調だった。

米リフト、年末までの黒字化目標堅持 第2四半期の需要回復見込む

米配車サービス大手リフトは9日、2021年末までに調整後損益ベースで黒字化するとの目標を堅持した。新型コロナウイルス感染拡大は続いているものの、配車サービス需要が今年第2・四半期から回復すると見込む。

トヨタとデンソー、オーロラと提携 ウーバー向け自動運転車開発

トヨタ自動車とデンソーは9日、自動運転車開発スタートアップ企業のオーロラと連携し、ウーバー・テクノロジーズなどの配車サービス企業向けに自動運転ミニバンの開発・製造を手掛けると発表した。

ソフトバンクG、4―12月の純利益は3兆円 日本企業で過去最大

ソフトバンクグループ(SBG)は8日、2020年4─12月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期の約6.4倍となる3兆0551億円だったと発表した。投資先の株価や公正価値の上昇により、ファンド事業で投資利益が拡大した。日本企業では4―12月期として過去最大となる。

ソフトバンクG、10─12月期は大幅増益の見通し IPO活況が寄与

ソフトバンクグループが8日発表する第3・四半期(2020年10─12月期)決算は、株式市場の上昇を背景にした投資ポートフォリオの評価額増加や新規株式公開(IPO)ブームに支援され、利益の回復が続くとみられている。

米で公共交通機関のマスク着用、2日から義務付け

米国で公共交通機関でのマスク着用を義務化する新ルールが2日から施行された。航空機内や電車、バス・タクシーの車内のほか、空港や駅などでも着用が義務付けられる。

米レストラン、21年売上高は11%増予想 コロナ前水準回復できず

全米レストラン協会が26日に公表した報告書によると、2021年の米国のレストランの売り上げは前年比11%増の7315億ドルとなる見込みで、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)中の大幅な落ち込みは完全に取り戻せない見通し。

中国動画投稿アプリ快手がIPOの仮条件設定、最大54.2億ドル調達

中国の動画投稿アプリ大手、快手科技が香港での新規株式公開(IPO)の公開価格の仮条件を105─115香港ドルに設定したことがロイターが確認したタームシートで明らかになった。調達額は最大54億2000万ドルとなる。

中国動画投稿アプリ快手がIPOの仮条件設定、最大54.2億ドル調達

中国の動画投稿アプリ大手、快手科技が香港での新規株式公開(IPO)の公開価格の仮条件を105─115香港ドルに設定したことがロイターが確認したタームシートで明らかになった。調達額は最大54億2000万ドルとなる。

トランプ氏、企業秘密詐取の元グーグルエンジニアに恩赦

トランプ米大統領は20日、自動運転技術に関する企業秘密詐取で実刑を受けた元グーグルのエンジニアのアンソニー・レバンドウスキ被告に恩赦を与えたと明らかにした。

コラム:コロナ禍で電動キックボードに脚光、シェアリング好調

立ち乗り式の電動キックボードはもはや、子供の遊具ではない。コロナの時代に、都市交通に欠かせない一部となっている。公道での電動キックボード利用を許可する都市も増えている。この結果、シェア電動キックボード事業を手掛ける欧州の新興企業が活気を取り戻しつつある。

米グーグル、移民問題巡るバイデン氏の取り組みに支持表明

米アルファベット傘下のグーグルは13日、新たな移民法制定に向けたバイデン次期大統領の取り組みを支持し、幼少期に親と米国に不法入国した若者(ドリーマー)の在留を認める移民救済制度「DACA」の下で、合法な就労を目指す移民のビザ申請費用を一部負担する方針を示した。

米テスラ、インド進出に向け現地法人を設立

米電気自動車(EV)メーカーのテスラがインドに現地法人を立ち上げ、同国で事業を展開する態勢を整えつつある。

ソフトバンクG、ウーバー株の一部を約2100億円で売却

ソフトバンクグループ(SBG)は、傘下ファンドを通じて保有する米ウーバー・テクノロジーズの株式の一部を約20億ドル(約2100億円)で売却した。ウーバー株の売却は2018年の出資以来、初めてとみられる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up