for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Inc

UBER.N

前日終値

32.00USD

変化

0.88(+2.83%)

出来高

1,433,017

本日のレンジ

31.20

 - 

32.17

52週レンジ

28.32

 - 

47.08

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
31.12
始値
31.20
出来高
1,433,017
3か月平均出来高
203.07
高値
32.17
安値
31.20
52週高値
47.08
52週安値
28.32
発行済株式数
1,700.00
時価総額
52,904.11
予想PER
-4.40
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2019 Uber Technologies Inc Earnings Release

適時開示

その他

Burger King Restaurants Partners With Uber Eats For Delivery

Didi Chuxing Shareholders Look To Sell Stakes On Prices Lower Than Co's Most Recent Valuation- The Information

Uber Says Uber Transit To Expand To Ten More Cities By 2019-End

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Incとは

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies, Inc.)はユーザーが交通機関及び食品注文サービスにアクセスできるようにするプラットフォームを提供する。【事業内容】同社は2つのセグメントを通じて運営する。コア・プラットフォームセグメントは、ライドシェアリングとウーバーイーツにより構成される。その他のベットセグメントは、ユーバーフレイト及びニュー・モビリティ・プラットフォームにより構成される。ライドシェアリングとは、自動車、オート・リクシャー、オートバイ、ミニバス、タクシーなどの各種乗り物に乗る人と、消費者を結び付ける製品のことである。ウーバーイーツ・プラットフォームは、消費者が地元のレストランを検索・発見し、オンラインで食事を注文することを可能にする。フレイト・プラットフォームは荷送人と運送業者を結ぶ透明でオンデマンド市場を提供する。ニュー・モビリティ製品はユーザーがドックレスの電動自転車と電動スクーターなどの各種モードで乗り物にアクセスできるようにする。

業種

Computer Services

連絡先

1455 Market St Fl 4

+1.415.6128582

https://www.uber.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald D. Sugar

Independent Chairperson of the Board

Dara Khosrowshahi

Chief Executive Officer, Director

Nelson J. Chai

Chief Financial Officer

Jill Hazelbaker

Senior Vice President - Communications and Public Policy

Nikki Krishnamurthy

Senior Vice President and Chief People Officer

統計

2.24 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019(E)

14.0K
EPS (USD)

2019(E)

-7.068
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
3.32
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
30.87
長期負債/資本(四半期)
29.86
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

JPモルガン、第3四半期は予想上回る増益 「消費なお堅調」

米JPモルガン・チェース<JPM.N>が15日発表した第3・四半期決算は利益が市場予想を上回った。同社のダイモン最高経営責任者(CEO)は、米個人消費の堅調さが続いているという見方を示した。

リブラの運営団体が取締役選出、旅行予約サイト大手は参画見送り

旅行予約サイト「ブッキング・ドット・コム」の運営会社、ブッキング・ホールディングスは14日、フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」への参画を見送ると発表した。

再送-ソフトバンクG出資の米医薬ベンチャー、IPO価格は仮条件の下限に

ソフトバンクグループ運営のビジョン・ファンドなどが出資する感染症薬開発の米VIRバイオテクノロジーは10日、米市場での新規株式公開(IPO)で公開価格を仮条件の下限である20ドルに設定した。調達額は1億4290万ドルとなった。

コラム:ソフトバンクのファンド、ウィーワーク投資失敗のつけ

ハイテク株に投資するベンチャーキャピタル(VC)に失敗はつきものだ。例えばVC界の大立者、マーク・アンドリーセン氏は自身のファンドについて、投資案件の半分は減損処理を強いられているが、一握りの大成功によって失敗は取り返せると語っている。ソフトバンクグループ<9984.T>が運営する1000億ドル規模のビジョン・ファンドも同様に、共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーの上場延期を華麗に切り抜けられるだろうか。おそらく無理だろう。

UPDATE 1-米ペイパル、暗号通貨「リブラ」運営協会を脱退へ

米決済サービス大手ペイパルは4日、米フェイスブックが導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」から脱退すると発表した。自社のコア事業に注力するという。

ウーバーが仕事紹介サービス、アプリで情報提供 企業の人手確保支援

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は、シフト勤務を探す非正規労働者と企業を結びつけるアプリ「ウーバー・ワークス」を発表した。繁忙期の企業の人手確保を支援する。

アングル:ウィーワーク上場延期で見えた米IPO市場の曲がり角

米国で新規株式公開(IPO)を目指す企業にとって、特に赤字を計上し続けている場合、市場に手放しで歓迎されにくくなってきた。こうした地合いの変化は、年内のIPOのスケジュールに影を落とし始めている。

コラム:米ハイテク投資で陰るソフトバンクの威光、ライバルに好機

ソフトバンクグループ<9984.T>の米ハイテク業界向け投資における影響力が陰りつつある。同社と傘下の1000億ドル規模に上るビジョン・ファンドはこれまで、新興企業に数十億ドルを投じ、時には強引な出資者として割り込んできた。ただシェアオフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーなど株式保有先の問題が、今後の投資ペースを鈍らせるかもしれない。それはセコイア・キャピタルをはじめとするライバルの投資企業の活動余地が広がることを意味する。ブラックストーン<BX.N>が立ち上げた新成長ファンドにとってもプラスだ。

ABインベブのアジア部門、IPO調達額が今年世界2位=関係筋

ビール大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)がアジア太平洋部門子会社の香港市場での新規株式公開(IPO)価格を仮条件下限の27香港ドルに設定し、約50億米ドルを調達したことが、事情に詳しい関係者2人の話で明らかになった。

米民泊仲介エアビー、来年IPOへ 直接上場の見通し

米民泊仲介大手エアビーアンドビーは19日、2020年に新規株式公開(IPO)を実施する計画を明らかにした。「ユニコーン企業」の中でも財務状況が安定しているとみられており、来年の目玉IPOの一つして注目される。

アングル:米企業、社債発行やIPOに奔走 景気や選挙見据え

米企業は、景気後退や米大統領選に伴う相場の変動に見舞われる前に、株と債券の強気相場を最大限活用しておこうと、新規株式公開(IPO)や社債発行に奔走しているようだ。

EXCLUSIVE-米ウィーワーク、IPO評価額100億ドルまで引き下げも=関係筋

共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーが新規株式公開(IPO)での評価額を100億─120億ドルと、従来想定の470億ドルからの大幅引き下げを検討していることが13日、関係筋の話で明らかになった。

サウジアラムコIPO、JPモルガンなどが主幹事獲得へ=関係筋

関係筋によると、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが計画している新規株式公開(IPO)では、JPモルガン<JPM.N>、モルガン・スタンレー<MS.N>、ナショナル・コマーシャル・バンク<1180.SE>が主幹事に選ばれる見通し。

JPモルガン、サウジアラムコIPOの主幹事獲得へ=関係筋

米銀大手JPモルガン・チェースがサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)の主幹事に選ばれる見通しだと関係筋が8日、明らかにした。今週中に最終決定が下される可能性が高いという。

オランダ財務副大臣、ウーバーとの面会否定 61億ドル税控除巡り

米配車大手ウーバー・テクノロジーズがオランダで暫定的に61億ドルの税控除が認められたことについて、同国のメノ・スネル財務副大臣は議会の質問に対する回答の中で、ウーバー担当者との面会を否定した。

米連邦検察、元グーグル社員を起訴 自動運転技術の盗用で

米連邦検察は27日、米グーグル<GOOGL.O>から自動運転に関する企業秘密を盗んだとして同社の元社員を起訴した。盗んだ技術を、米ライドシェア最大手のウーバーテクノロジーズに持ち込んだとみられている。

コラム:「身銭を切る」ソフトバンク、ファンドに大きなリスク

ソフトバンクグループ<9984.T>は「身銭を切る」という概念を極限まで拡張してしまったようだ。

中国ナインボット、自動で充電拠点に戻る電動スクーター発表

電動スクーターの製造を手掛ける中国のセグウェイ・ナインボットグループは16日、自動で充電ステーションに戻る電動スクーターを発表した。急成長している電動スクーターのシェアサービスに貢献する可能性がある。

NY市場サマリー(9日)

USバンク・ウェルス・マネジメントの債券調査部門責任者、ビル・マーズ氏は「世 界的な経済指標が引き続き低下傾向にあり、分散投資家として債券を選好する」と述べた 。 トランプ米大統領はこの日、米国は当面、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェ イ) と取引を行わないと表明。これにより米中貿易摩擦への懸念が高まり、米国 株は下落。債券利回りも低下した。 もっともフォックス・ビジネスのエドワード・ローレンス記者がホワイトハウス関係 者の話として、トランプ氏の発言は連邦各省によるファーウェイ製品の購入のみを禁止す ることを意味しており、ファーウェイ...

米国株式市場=反落、トランプ氏発言で貿易懸念が再燃

米国株式市場は反落。トラ ンプ大統領の米中貿易協議に関する発言を受けて、摩擦悪化を巡る懸念 が再燃した。 主要株価3指数は一時、軒並み1%を超える下げとなったものの、 午後になって切り返した。ダウ平均は値動きの荒い展開となる中、プラ ス圏に浮上する場面もあった。 トランプ米大統領は、米国は引き続き中国との貿易交渉を継続して いるが、当面の合意はないと言明。貿易戦争による世界経済への影響を 巡る懸念が再燃した。大統領はまた、中国通信機器大手の華為技術(フ ァーウェイ)と取引は当面行わないとの方針も示した。 関税に敏感なS&P情報技術は下落...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up