for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Inc

UBER.N

現在値

23.68USD

変化

-1.74(-6.85%)

出来高

6,080,508

本日のレンジ

23.00

 - 

25.20

52週レンジ

13.71

 - 

47.08

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
25.42
始値
25.01
出来高
6,080,508
3か月平均出来高
814.53
高値
25.20
安値
23.00
52週高値
47.08
52週安値
13.71
発行済株式数
1,727.30
時価総額
43,907.87
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Uber Technologies Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Short-Seller Chanos Says He Is Still Short All Gig-Economy Companies - CNBC

French supermarket retailer Carrefour and Uber Eats launch new service

Babyquip Acquires Tot Squad's Baby Gear Cleaning Services As Covid-19 Concerns Grow

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Incとは

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies, Inc.)はユーザーが交通機関及び食品注文サービスにアクセスできるようにするプラットフォームを提供する。【事業内容】同社は2つのセグメントを通じて運営する。コア・プラットフォームセグメントは、ライドシェアリングとウーバーイーツにより構成される。その他のベットセグメントは、ユーバーフレイト及びニュー・モビリティ・プラットフォームにより構成される。ライドシェアリングとは、自動車、オート・リクシャー、オートバイ、ミニバス、タクシーなどの各種乗り物に乗る人と、消費者を結び付ける製品のことである。ウーバーイーツ・プラットフォームは、消費者が地元のレストランを検索・発見し、オンラインで食事を注文することを可能にする。フレイト・プラットフォームは荷送人と運送業者を結ぶ透明でオンデマンド市場を提供する。ニュー・モビリティ製品はユーザーがドックレスの電動自転車と電動スクーターなどの各種モードで乗り物にアクセスできるようにする。

連絡先

1455 Market St Fl 4

SAN FRANCISCO, CA

94103-1355

United States

+1.415.6128582

https://www.uber.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald D. Sugar

Independent Chairperson of the Board

Dara Khosrowshahi

Chief Executive Officer, Director

Nelson J. Chai

Chief Financial Officer

Jill Hazelbaker

Senior Vice President - Communications and Public Policy

Nikki Krishnamurthy

Senior Vice President and Chief People Officer

統計

2.02 mean rating - 42 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

14.1K

2020(E)

15.3K
EPS (USD)

2019

-6.810

2020(E)

-2.195
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.10
株価純資産倍率(四半期)
3.08
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
43.59
長期負債/資本(四半期)
41.78
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2日現在)

トランプ米大統領は1日、中国が公表している新型コロナウイルスの感染状況に関する統計について、「やや少ない」ようだとの見解を示した。一方、トランプ大統領の補佐官は政府として中国の統計が正確かどうか判断できないと指摘した。[nL4N2BQ223]

料理宅配大手が食品雑貨に配達拡大 コロナの在宅需要で

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>傘下の料理宅配ウーバーイーツや、同様の事業をドイツを拠点にオンライン展開するデリバリー・ヒーロー<DHER.DE>は、食料雑貨配達に事業を広げている。新型コロナウイルスの感染拡大による外出制限などで、在宅を強いられる顧客に対応する。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(26日現在)

チリ政府は25日、3月初めに国内で新型コロナウイルスの感染が始まってからの累計感染者数が1000人を超えたことを受け、首都サンティアゴの大半を隔離すると表明した。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(26日現在)

> 米経済、新型コロナで最大6%縮小 失業率15%=CB 米コンファレンス・ボード(CB)は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で今年の米経済は前年から最大で6%縮小する恐れがあると警告した。

ウーバーやリフトの運転手、新型コロナで雇用形態の弱さ鮮明に

米配車大手のウーバー・テクノロジーズとリフトの運転手は個人事業主として配車需要の急増や柔軟な労働時間の恩恵を受けてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で全国的に景気が停滞する中、個人事業主の曖昧な労働体制の不都合な点が鮮明になっている。

米S&P500時価総額、新型コロナや原油急落で5兆ドル消失

新型コロナウイルスの急速な感染拡大とその世界経済への影響を巡る懸念は、9日の原油価格急落と相まって、ここ数週間でS&P総合500種指数<.SPX>の時価総額を5兆ドル超吹き飛ばした。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(5日現在)

韓国疾病予防管理局(KCDC)の5日の発表によると、国内の新型コロナウイルス感染者は438人増え、累計5766人となった。増加ペースは前日に比べて若干鈍った。

自動運転の米ウェイモが資金調達、親会社アルファベットなどから

米アルファベット<GOOGL.O>傘下の自動運転車部門ウェイモは2日、親会社と外部投資家から22億5000万ドルを調達したと発表した。

MUFGとTIS、配車大手グラブに8.56億ドル出資

東南アジアの配車大手グラブは25日、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)<8306.T>から7億0600万ドルの出資を受けることを明らかにした。TIS<3626.T>からも1億5000万ドルの出資を受ける。

コラム:ソフトバンクGのヘッジファンド型新投資、誰のためか

ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の巨額ファンド「ビジョン・ファンド」を率いるラジーブ・ミスラ氏は狡猾なヘッジ戦略の持ち主なのかもしれない。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は16日、ミスラ氏が上場企業に投資するため最大40億ドルの調達に動いていると報じた。このアイデアは恐らく、アブダビやカザフスタンの政府系ファンドといった可能性のある投資家にとってよりも、ミスラ氏や同氏の上司である孫正義グループ会長にとって、良い結果を生むだろう。

韓国の裁判所、新興企業タダのライドシェアを合法と判断

韓国の裁判所は19日、運輸関連法違反の疑いで検察から起訴されたライドシェア企業「タダ」について、同社の事業は合法とする判決を言い渡した。

米ウーバー、ロサンゼルス事務所を閉鎖

米ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は、顧客サポート担当の従業員が勤務する米ロサンゼルス中心部の事務所を閉鎖し、規模がより大きな拠点に資源を集中させる。

ソフトバンク、第2弾ファンド離陸へ25億ドルを既に投資=関係筋

ソフトバンクグループ<9984.T>が昨年10月以降、自らの現金25億ドルを新規投資に充てたことが事情に詳しい複数の関係筋の話で分かった。第2弾の巨額投資ファンド「ビジョン・ファンド2」の出資者を募る中、利益を上げられるとの評価を回復する狙いがある。

ビジョン・ファンド出資先に50前後の「成功者」、上場も増加へ=幹部

ソフトバンクグループ<9984.T>傘下のビジョン・ファンドは、50前後の「成功者」を抱え、今後1年半で上場を目指す出資先企業がもっと増える――。1000億ドル規模のビジョン・ファンドを運営するソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズのラジーブ・ミスラ最高経営責任者(CEO)は12日、ドバイで開催された会合でこう説明した。

米リフトの第4四半期、売上高10億ドル突破 見通し受け株価下落

米配車サービス大手リフト<LYFT.O>が11日発表した第4・四半期決算は、売上高が10億ドルを上回り、過去最高を記録した。ただ、2019年下期の利用者の伸び悩みにより2020年は成長が鈍化するとの見通しを示したことから、株価は下落した。

アングル:ウーバーとリフト、黒字化目指す配車大手が真逆の戦略

米国を代表する配車サービス企業のウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>とリフト<LYFT.O>。ともに黒字化を目指すが、その路線は違いが鮮明だ。ウーバーが赤字続きの副業に資金を注ぎ込んでいるのに対して、リフトは人を移動させる事業に専念している。

米株は反落、新型肺炎の今後の展開を注視

米国株式市場は反落して終了した。前日まで4日連騰していたが、堅調だった雇用統計が消化される一方で新型コロナウイルスの感染拡大を巡る今後の展開が意識され、売りが優勢となった。

NY市場サマリー(7日)

<為替> ドル指数が上昇し4カ月ぶりの高値を付けた。堅調な内容だった1月の米雇用統計が追い風となった。

ウーバーの第4四半期は引き続き赤字、黒字化達成時期は前倒し

米ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>が6日に発表した第4・四半期(2019年10─12月)決算は、利用者の増加を背景に売上高が拡大したが、料理宅配部門などでコストが膨らみ、引き続き赤字となった。

コラム:ソフトバンク「ビジョン・ファンド」にピークアウト感

ソフトバンクグループ<9984.T>が設立した1000億ドル規模の「ビジョン・ファンド」から、業界にその名を知られた大物幹部2人が退社したことは、同ファンドが曲がり角を迎えることの暗示かもしれない。サウジアラビアなど外部出資者からの支援が続かないとすれば、ビジョン・ファンドは世界最大のハイテク投資ファンドという色合いが薄れ、孫正義会長兼社長のための単なる企業内ベンチャーの側面が強まる。孫氏と同ファンド運営責任者のラジーブ・ミスラ氏は恐らく、新規投資をするよりも既存資産をフル稼働以上に働かせることにもっと時間を割くことになる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up