for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Inc

UBER.N

現在値

23.24USD

変化

0.78(+3.47%)

出来高

6,522,769

本日のレンジ

22.20

 - 

23.80

52週レンジ

21.69

 - 

52.35

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
22.46
始値
22.31
出来高
6,522,769
3か月平均出来高
737.47
高値
23.80
安値
22.20
52週高値
52.35
52週安値
21.69
発行済株式数
1,963.66
時価総額
44,103.81
予想PER
-6.81
配当利回り
--

次のエベント

Uber Technologies Inc Keynote at Bank of America Global Technology Conference

適時開示

その他

Uber Launches Autonomous Food Delivery Pilot With Motional And Serve Robotics In Two California Cities

Uber Technologies Says CEO Dara Khosrowshahi Reports Open Market Purchase Of 200,000 Common Shares At Average Price Of $26.73/Share On May 6 - SEC Filing

Uber Technologies Reports Q1 Loss Of $3.04 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Uber Technologies Incとは

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies Inc)は、プラットフォーム上で各種な製品をサポートするテクノロジーアプリケーションを開発・運用する。【事業内容】消費者を乗車サービス、商人、食品配達サービスのプロバイダー、及び公共交通機関のネットワークに接続する。3つの事業セグメントを通じて運営する。モビリティセグメントとは、自動車、自動人力車、バイク、ミニバス、タクシーなど、各種な車両に乗車できるモビリティドライバーと消費者をつなぐ製品を指す。その金融パートナーシップの提供に関連する活動も含まれる。配達セグメントには、消費者は地元のレストランを検索して見つけ、食事を注文し、レストランで受け取るか、食事を配達してもらうことができる。特定の市場では、食料品とアルコールの提供、及びコンビニエンスストアからの配達やその他の商品の提供も含まれる。貨物セグメントは、プラットフォーム上で運送業者と荷送人を接続し、運送業者に事前に提供し、貨物の予約を可能にする。

業種

Computer Services

連絡先

1515 3Rd Street

SAN FRANCISCO, CA

94158

United States

+1.415.6128582

https://www.uber.com

エグゼクティブリーダーシップ

Ronald D. Sugar

Independent Chairperson of the Board

Dara Khosrowshahi

Chief Executive Officer, Director

Nelson J. Chai

Chief Financial Officer

Nikki Krishnamurthy

Senior Vice President, Chief People Officer

Jill Hazelbaker

Senior Vice President - Marketing and Public Affairs

統計

1.71 mean rating - 49 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

14.1K

2020

11.1K

2021

17.5K

2022(E)

30.1K
EPS (USD)

2019

-6.810

2020

-3.860

2021

-1.000

2022(E)

-3.298
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.06
株価純資産倍率(四半期)
4.94
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
104.00
長期負債/資本(四半期)
104.00
投資利益率(過去12カ月)
-25.34
自己資本利益率(過去12カ月)
-18.84

最新ニュース

最新ニュース

米ウーバー、採用・支出削減へ=CEO書簡

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが採用を減らし、支出を削減する方針であることが、ロイターが確認したダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)の書簡で分かった。

ウーバー、第1四半期業績予想上回る 今期営業利益見通しも堅調

米配車大手ウーバー・テクノロジーが4日発表した第1・四半期決算は営業利益と売上高が市場予想を上回った。第2・四半期について堅調な見通しを示したほか、ドライバーの取り込みに向けインセンティブ(報奨金)を引き上げる必要はないとの見方を示した。

米リフト、第2四半期見通しさえず株価急落 運転手獲得へ支出拡大

米配車大手リフトは3日、運転手の取り込みに支出拡大が必要だとして第2・四半期の営業利益についてさえない見通しを示した。売上高見通しも市場予想を下回り、株価は引け後の時間外取引で25%急落した。

米ウーバー、アプリでNY市のタクシーが利用可能に

米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズは24日、ニューヨーク市内を走るタクシー「イエローキャブ」を自社アプリで今後利用できる計画を発表した。タクシーと配車サービスの融合をさらに進め、最大市場の米国で起きている運転手不足を解消する一手としたい考えだ。

NY市場サマリー(24日)ドル・米債利回り上昇、株1%超反発

<為替> 一連の米経済指標で米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に向け積極的に対応するとの観測が裏付けられたことで、ドルが上昇した。

米国株式市場=1%超反発、半導体株など買い戻し

米国株式市場は主要株価3指数が1%超反発して取引を終えた。これまで売られていた半導体株や大型グロース(成長)株に買い戻しが入った。高騰していた原油価格が下落したことにも支援された。

トヨタと米オーロラ、テキサス州で自動運転配車テストを開始

トヨタ自動車と米自動運転システム開発会社オーロラ・イノベーションは、安全管理者2人を乗せた形で自動運転配車サービスの試験をテキサス州で開始した。オーロラが23日に発表した。

ウーバー、米で燃油サーチャージ ガソリン高受け

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは11日、米国で燃油サーチャージを導入すると発表した。ニューヨーク市は対象外で、16日から実施する。

米ウーバー、第1四半期コア利益予想を上方修正 配車好調

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは7日、2022年第1・四半期のコア利益予想を上方修正した。空港での配車利用の急増や事業所再開の増加により、配車サービス事業の業績が予想していたより早く回復しているのが要因。

サウジ政府系ファンドPIF、12月時点で米上場株560億ドル近く保有

サウジアラビアの政府系ファンド「パブリック・インベストメント・ファンド(PIF)」は、昨年12月時点で560億ドル近い米上場株式を保有していたと、米規制当局に提出した文書で明らかにした。

米ウーバー、2四半期連続の黒字 配車サービス需要回復

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが9日発表した2021年第4・四半期決算は営業利益が2四半期連続で黒字を達成した。配車サービスの需要が新型コロナウイルス禍前の水準近くまで回復したほか、料理宅配などのデリバリー事業が初の黒字となった。

UPDATE 1-米ウーバー、2四半期連続の黒字 配車サービス需要回復

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが9日発表した2021年第4・四半期決算は営業利益が2四半期連続で黒字を達成した。配車サービスの需要が新型コロナウイルス禍前の水準近くまで回復したほか、料理宅配などのデリバリー事業が初の黒字となった。

米リフト、21年は調整後で初の黒字 オミクロン株で業績減速予想

米配車大手リフトが8日発表した2021年の調整後損益は初の黒字を達成した。空港送迎料金の上昇や、第4・四半期に利用者やドライバー数が回復したことが追い風となった。

UPDATE 1-今日の株式見通し=しっかり、米株高が支援 ソフトバンクGの値動きに関心

(内容を追加しました) [東京 9日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、しっかりの 展開が想定されている。米国市場での株高を支えに、好業績銘柄を中心に物色されそうだ 。買い一巡後は、あすの米消費者物価指数(CPI)を前に様子見が強まりやすいとみら れている。前日に決算を発表したソフトバンクグループの値動きが指数に与える 影響への警戒感もくすぶっている。 日経平均の予想レンジは2万7300円─2万7600円。 前日の米国株式市場は、上昇して取引を終えた。アップルやマイクロソフト が上げを主導。週内に重要指標のCPI発表...

米リフト、通年調整後損益が初の黒字 四半期売上高も予想上回る

米配車大手リフトが8日発表した2021年の調整後損益は初の黒字を達成した。第4・四半期に利用者やドライバー数が回復したことが追い風となった。

TPG、米IPOで評価額95億ドル目指す

米プライベートエクイティ(PE)投資会社TPGが今月の米上場に向け、新規株式公開(IPO)で95億ドルの評価額を目指していることが4日に分かった。

中国滴滴の香港上場、新株発行なし ゴールドマンと契約へ=関係筋

中国配車サービス大手の滴滴出行(ディディ)は新株発行などを行わない形で香港取引所に上場する計画を進めている。関係筋2人が明らかにした。

ソフトバンクG出資のコヒシティ、米IPO申請 非公開で

ソフトバンクグループのビジョン・ファンドが出資するデータ管理ソフトウエア企業コヒシティは21日、米国で新規株式公開(IPO)の申請を非公開で行ったと発表した。

米ウーバー、中国滴滴など非戦略的株式の売却検討=CEO

米配車大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は14日、戦略的ではないとみられる他社への投資を見直し、保有している中国配車サービス大手の滴滴出行(ディディ)などの株式の売却を検討していると述べた。

米ウーバー、中国滴滴など非戦略的株式の売却検討=CEO

米配車大手ウーバー・テクノロジーズのダラ・コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は14日、戦略的ではないとみられる他社への投資を見直し、保有している中国配車サービス大手の滴滴出行(ディディ)などの株式の売却を検討していると述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up