for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Unione di Banche Italiane SpA

UBI.MI

現在値

2.95EUR

変化

0.05(+1.62%)

出来高

6,264,661

本日のレンジ

2.88

 - 

2.95

52週レンジ

2.04

 - 

3.09

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2.90
始値
2.92
出来高
6,264,661
3か月平均出来高
248.15
高値
2.95
安値
2.88
52週高値
3.09
52週安値
2.04
発行済株式数
1,134.88
時価総額
3,373.35
予想PER
11.01
配当利回り
3.73

次のエベント

Q4 2019 Unione di Banche Italiane SpA Earnings Release

適時開示

その他

Italy's UBI says it is well above ECB SREP minimum requirements

UBI Banca Q3 Net Profit At EUR 60.1 Mln

UBI CEO doesn't rule out UTP disposals at "reasonable price"

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Unione di Banche Italiane SpAとは

ウニオネ・ディ・バンケ・イタリアーネ(Unione di Banche Italiane Scpa)はイタリアの持株会社であり、ウニオネ・ディ・バンケ・イタリアーネ・グループの統治、制御、調整、支援に従事する。【事業内容】同グループはBanca Popolare di Bergamo、Banco di Brescia、Banca Popolare Commercio e Industria、Banca Regionale Europea、Banca Popolare di Ancona、Banco di San Giorgio、Banca Carime、Banca di Valle Camonica及びUBI Banca Private Investmentで構成される銀行ネットワーク、並びに法人向け銀行業務、消費者信用、資産管理、ファクタリング、リース、生命と非生命バンカシュアランス分野において運営する多様な製品会社により構成される。同社は主にロンバルディア地域、ピエモンテ、およびイタリア中南部と海外において運営する。平成23年12月31日現在、同グループはイタリアに1800社、及びヨーロッパに9社で構成される支社ネットワークを有している。平成25年5月6にい、同社はCentrobanca Banca di Credito Finanziario e Mobiliare SpAの合併を完了した。

業種

S&Ls/Savings Banks

連絡先

Piazza Vittorio Veneto 8

+39.035.392111

https://www.ubibanca.it/

エグゼクティブリーダーシップ

Letizia Brichetto Arnaboldi Moratti

Chairman of the Supervisory Board

Victor Massiah

Chief Executive Officer, General Manager

Roberto Nicastro

Vice Chairman of the Supervisory Board

Elvio Sonnino

Senior Deputy General Manager, Chief Operating Officer, Member of the Management Board

Frederik Geertman

Deputy General Manager, Chief Commercial Officer

統計

2.80 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

3.1K

2018

3.5K

2019(E)

3.6K
EPS (EUR)

2016

-0.638

2017

0.126

2018

0.374

2019(E)

0.268
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.81
株価純資産倍率(四半期)
0.29
株価キャッシュフロー倍率
5.21
総負債/総資本(四半期)
239.68
長期負債/資本(四半期)
202.77
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.34

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米連邦 準備理事会(FRB)が前日、今後の利下げに対して慎重な姿勢を示したことから銀行株 が買われた。 FTSE350種銀行株指数は1.35%上昇し、週初めの落ち込みか ら持ち直した。CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は、FRBがさ らなる利下げに慎重であると示唆することは織り込まれていなかったのだろうと指摘。イ ングランド銀行(中央銀行)が金利を据え置いたことも買い材料となった。 携帯電話サービス大手のボーダフォンは2.7%上昇した。HSBCが目標 株価を引き上げたことが好感...

欧州株式市場=上昇、銀行株値上がり

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 391.80 +2.39 +0.61 389.41 FTSEユーロファース 1539.38 +9.72 +0.64 1529.66 ト300種 ユーロSTOXX50種 3552.65 +24.61 +0.70 3528.04 <.STOXX50E > 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB )による今後の利下げ観測が後退したことで銀行株が買われた。 FRBは前日、市場予想通り利下げした上で、さらなる利下げを決 めるハードルが高いことを示唆...

イタリアの50年債に旺盛な需要、約170億ユーロの応募

財政赤字を巡る欧州連合(EU)の是正手続きを回避し、ユーロ圏の緩和的金融政策が続くとの観測が広がる現在の市場の好環境を利用し、2016年に発行した50年債の追加発行に踏み切る。

再送-イタリア、50年債の発行手続き開始

イタリア政府は9日、50年債の募集を開始した。財政赤字を巡る欧州連合(EU)の是正手続きを回避し、ユーロ圏の緩和的金融政策が続くとの観測が広がる現在の市場の好環境を利用し、2016年に発行した50年債の追加発行に踏み切る。

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米中通 商協議が再開される中でドルが上昇し、国際的な銘柄の買い材料となった。銀行や消費関 連株が値を上げた。 米中両政府はこの日新たな通商協議を開始し、進展に期待が高まった。アジアへのエ クスポージャーが高い金融大手HSBCは1.3%高となった。 たばこのインペリアル・ブランズは1.5%上昇した。マーク・ウィリアム ソン非常勤会長が退任するとの発表が好感された。同業大手のブリティッシュ・アメリカ ン・タバコ(BAT)は2.3%の連れ高となった。 中型株では銀行のメトロバンクが6.6%上昇した。...

欧州株式市場=反発、米中通商協議再開で市場心理が好転

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 361.12 +3.05 +0.85 358.07 種 FTSEユーロファー 1421.56 +11.16 +0.79 1410.40 スト300種 DJユーロSTOXX 3165.61 +29.99 +0.96 3135.62 <.STOXX50 50種 E> 週明けの欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中両政府が新たな通商協議を始め たことで市場心理が好転した。 ただアナリストらは、通商協議に関するセンチメントは不安定であると警告する。良 い結果が確定しているわけではないとも...

伊、カリジェやモンテ・パスキを健全な銀行と合併させる案を検討=関係筋

イタリア政府が、経営難に陥っている中堅銀行バンカ・カリジェや2017年に救済され政府が株式を保有しているモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)を、UBIなどの健全な競合他社と合併させる選択肢を検討していることが関係筋の話から明らかになった。

ECB、不良債権の引当金積み増しに期限設定へ 伊銀株急落

イタリア紙イル・ソーレ・24・オーレ紙は15日、関係筋の話として、欧州中央銀行(ECB)が監督対象の銀行に対し、不良債権を完全に処理するための資金を2026年ごろまでに積み増すよう要請したと報じた。

アングル:イタリア銀行株の空売り拡大、EUと対立激化で

ここ数週間、イタリアの銀行に対する投資家の空売りポジションが膨らんでいることがデータで確認できる。浮かび上がってくるのは、イタリアの銀行の厳しい収益見通しや、同国政府の来年予算案を巡る欧州連合(EU)との対立激化に伴う経済の先行き不安だ。

欧州株式市場=薄商いのなか下落、鉱業株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 352.57 -2.50 -0.70 355.07 FTSEユーロファースト 1389.07 -10.65 -0.76 1399.72 300種 DJユーロSTOXX50 3126.67 -27.24 -0.86 3153.91 種 欧州株式市場は下落して終了した。鉱業株に売りが出たことに加え、企業決算見通し が重しとなった。ただ米市場が感謝祭の祝日で休場となっていることで商いは薄かった。 欧州株式市場ではイタリア政局や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る問題のほか...

ユーロ圏大手3行、110億ユーロの資本積み増し必要になる可能性

ドイツ銀行<DBKGn.DE>、ソシエテ・ジェネラル(ソジェン)<SOGN.PA>、BNPパリバ<BNPP.PA>のユーロ圏大手銀行3行は、今月初旬の欧州中央銀行(ECB)の健全性審査(ストレステスト)の結果公表後にデギンドス副総裁が言及した非公式基準を満たすことを求められた場合、110億ユーロ(124億ドル)の資本積み増しが必要になる可能性がある。

欧州銀行ストレステスト、英銀苦戦 ECBは衝撃への耐性強化と評価

欧州連合(EU)の銀行監督機関である欧州銀行監督機構(EBA)が2日公表した銀行ストレステスト(健全性審査)の結果で、イタリアのバンコBPM<BAMI.MI>と並び、英国のバークレイズ<BARC.L>とロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>が予想外に苦戦していることが判明した。

ECB、伊中堅銀行カリジェを「脆弱」に分類=地元紙

イタリアのソレ24オレ紙は2日、同国の中堅銀行カリジェ<CRGI.MI>が、欧州中央銀行(ECB)による欧州金融機関の調査で「脆弱」に分類されたと報じた。

イタリア政府、必要に応じて銀行支援策を準備=関係筋

イタリアのコンテ首相はトリア経済・財務相に対し、銀行支援が必要になった場合の対応策を準備するよう要請した。政府関係筋が29日、ロイターに対し明らかにした。

欧州当局、伊銀の流動性監視を強化 国債利回り上昇で警戒=EU筋

イタリア国債利回りが大きく上昇する中、欧州の銀行監督当局がイタリアの銀行について流動性状況の監視を強めていることが9日、EU当局筋の話で明らかになった。ただ現時点では警戒の必要はないとしている。

イタリア、銀行の税制優遇措置の縮小検討 予算手当てで=政府筋

イタリア政府関係筋は4日、政府が来年度予算の財源を手当てする措置の一環として国内銀行に対する税制優遇措置を縮小することを検討していると明らかにした。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英広告大手WPPや鉱業銘柄が売られ、全体水準を押し下げた。貿易戦争への不安が高まったことも相場の重しとなった。

欧州株式市場=反落、貿易摩擦への懸念が重し

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 379.83 -2.68 -0.70 382.51 FTSEユーロファースト 1484.91 -11.00 -0.74 1495.91 300種 DJユーロSTOXX50 3359.36 -35.63 -1.05 3394.99 種 欧州株式市場は反落して取引を終えた。米国が中国の輸入品に新たな輸入関税を導入 して本格的な貿易戦争へ発展するとの懸念が相場の重しとなった。 米国は今週、2000億ドル規模の中国の輸入品に新たに関税をかけるかもしれない 。CMCマーケッツ...

イタリア政局巡る懸念、銀行の資金調達に影響の恐れ=UBIバンカCEO

イタリア銀第5位のUBIバンカの最高経営責任者(CEO)は6日、市場で新政権を巡る懸念が継続すれば、銀行の資金調達を巡るリスクが高まると警鐘を鳴らした。

焦点:イタリアの銀行再生に暗雲、政局迷走が生むリスク

イタリア政治の迷走が、銀行業界にも長い影を落としている。多年にわたる国内銀行の再建努力を水泡に帰し、資産価値を損ない、資金アクセスを困難にして、さらにユーロ離脱懸念が再燃する恐れがあるためだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up