for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS Group AG (USA)

UBS.N

現在値

10.51USD

変化

-0.27(-2.50%)

出来高

695,509

本日のレンジ

10.39

 - 

10.53

52週レンジ

7.52

 - 

13.48

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
10.78
始値
10.44
出来高
695,509
3か月平均出来高
53.33
高値
10.53
安値
10.39
52週高値
13.48
52週安値
7.52
発行済株式数
3,587.18
時価総額
40,306.43
予想PER
8.60
配当利回り
3.36

次のエベント

Knorr Bremse AG at UBS Group AG Roadshow - Virtual

適時開示

その他

Zuercher Kantonalbank Reports Net Profit Increase Of 28% In H1

Julius Baer To Offer Private Equity To Ultra-Wealthy Clients - FT

Proxy Adviser ISS Backs main Proposals By UBS For Shareholder Meeting

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS Group AG (USA)とは

UBS・グループ(UBS Group AG)はUBS AG及び子会社を通じて運営する持株会社である。【事業内容】同社は企業センター及び5つの事業を含む。資産管理事業は資産管理米州事業が提供するものを除いて、世界中の裕福なプライベート・クライアントにアドバイスとカスタマイズされた金融サービスを提供する。資産管理米州事業は財務アドバイザーとしての財務アドバイザーの生産性と投資資産を行う米州の資産管理者である。個人・企業銀行事業はスイスの個人、法人及び機関投資家に金融商品とサービスを提供する。資産管理事業は投資管理製品とサービス、プラットフォームソリューションとアドバイザリーサポートを提供する。投資銀行事業は投資助言、金融ソリューション、及び資本市場へのアクセスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

Bahnhofstr. 45,

P.O. Box

8098

Switzerland

+41.44.2341111

https://www.ubs.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Axel A. Weber

Non-Executive Non Independent Chairman of the Board

Sergio P. Ermotti

Group Chief Executive Officer, Member of the Executive Board

Kirt Gardner

Group Chief Financial Officer, Member of the Executive Board

Sabine Keller-Busse

Group Chief Operating Officer, President, UBS Europe, Member of the Executive Board

Markus Ronner

Group Chief Compliance and Governance Officer, Member of the Executive Board

統計

1.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

29.8K

2018

30.2K

2019

28.9K

2020(E)

30.7K
EPS (USD)

2017

1.406

2018

1.290

2019

1.230

2020(E)

1.264
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.71
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.27
株価純資産倍率(四半期)
0.68
株価キャッシュフロー倍率
6.24
総負債/総資本(四半期)
396.85
長期負債/資本(四半期)
268.30
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.45

最新ニュース

最新ニュース

クレディ・スイスとの合併、UBS経営会議の正式議題でない=関係筋

関係筋によると、スイスの銀行大手UBSの取締役が今週、経営戦略について協議するが、クレディ・スイスとの合併は正式な議題になっていない。

米FRB、銀行資本比率要件発表 ゴールドマンとモルガンS13%台

米連邦準備理事会(FRB)は10日、今年の銀行ストレステスト(健全性審査)の対象となった各行に維持を要請する自己資本比率を発表した。10月1日付で適用する。

ING、第2四半期は73%減益 貸倒引当金が急増

オランダの銀行大手INGグループ<INGA.AS>が発表した第2・四半期決算は、税引き前利益が73%減の5億4200万ユーロ(6億4400万ドル)となった。

クレディスイス、投資銀行部門を統合 第2四半期は24%増益

スイスの金融大手クレディ・スイス<CSGN.S>が発表した第2・四半期決算は、予想を上回る増益だった。同社は、投資銀行関連部門を1部門を統合すると発表した。

欧州銀、新型コロナで貸し倒れ4000億ユーロに急増も=リポート

21日に発表された2つのリポートによると、新型コロナウイルスの感染拡大による打撃を受け、欧州の銀行の貸付損失は急増し、向こう3年間で4000億ユーロ(4580億ドル)以上になるとみられる。

UBS、第2四半期は11%減益 国内銀行事業が不振

スイスの金融大手UBS<UBSG.S>の第2・四半期決算は11%の減益だた。取引が活発化したが、国内リテールや法人金融の不振を補えなかった。

富裕層向け金融大手、香港顧客の民主化運動との関係調査=関係筋

富裕層向けサービスを手掛ける大手金融機関が香港の顧客について、民主化運動と関係がないか調査していることが関係筋の話で明らかになった。香港国家安全維持法に抵触することを回避するためという。

UBS超富裕層顧客、株からの資金シフト検討 3月投資で巨額利益

スイス金融最大手UBSグループ<UBSG.S>によると、同行が抱える10億ドル以上の資産を持つような超富裕層の顧客は、3月下旬の世界的な株価急落局面でかなりの資金を株式市場に投じたが、株価が急回復する中、他の市場への資金シフトを検討している。

焦点:コロナが問うオフィスの存在意義、NYの象徴にも変化の波

マンハッタンにそびえるエンパイアステートビルは、約90年にわたり米国の経済力の象徴だった。だが最近では、新型コロナウイルスとの困難な戦いの象徴になっている。

英・スイス、金融サービス分野で協力深化へ 共同声明に署名

英国とスイスの財務相は30日、国境をまたぐ株取引など金融サービス分野での協力深化に向けた共同声明に署名したと発表した。

FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止

米連邦準備理事会(FRB)は25日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。今回は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響についても分析を行い、少なくとも第3・四半期まで配当支払いを制限し、自社株買いも禁じる方針を明らかにした。

訂正-FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止=コロナ禍分析

米連邦準備理事会(FRB)は25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する分析の結果、大手銀行に対し第3・四半期まで(訂正)の配当支払いを制限し、自社株買いを禁じる方針を明らかにした。

焦点:金投資に走る世界の超富裕層、株価の急伸に警戒感

株式市場が新型コロナ危機を受けた暴落から急速に持ち直しているにもかかわらず、世界の富裕層に投資助言するプライベートバンク(PB)が、金の持ち高をもっと増やすよう勧めている。株高がどれほど強いか、世界の中央銀行による惜しげもない資金供給の影響がどれだけ長く続くかについて懐疑的なためだ。

スイスUBS、コロナ終息後も一定数は在宅勤務の可能性=COO

スイス金融最大手UBSグループ<UBSG.S>のサビーネ・ケラーブッセ最高執行責任者(COO)は22日、新型コロナウイルス危機が終息した後も、在宅勤務を継続する従業員の割合が大きくなる可能性があると述べた。

UBSとクレディスイス、財務的に困難な状況に対応可能=中銀

スイス国立銀行(中央銀行)は18日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により国内銀行の財務状況などは悪化したが、UBS<UBSG.S>やクレディスイス<CSGN.S>の状態は相対的に好ましいとの見解を示した。

英財務省、富裕層増税巡りプライベートバンクに意見聴取=関係筋

英財務省が、新型コロナウイルス危機の大型経済対策の財源穴埋めで富裕層に何らかの増税ができないか、プライベートバンクに相次ぎ接触し、意見を聞いている。

大手投資銀12行の第1四半期、コモディティ関連収入が増加=調査

調査会社コーリションによると、大手投資銀行12行は第1・四半期、原油を中心にコモディティ(商品)市況の大幅変動により収益を上げた。

中国の富裕層、香港から資産移転の可能性 「安全法」を懸念=金融筋

中国政府が制定を目指す「香港国家安全法」により、本土の当局が香港にある資産を追跡し、差し押さえることが可能になるとの懸念から、中国の富裕層が香港からの資産移転に動く可能性がある。銀行関係者などが明らかにした。

UBS、グローバル・ファイナンス・チームを創設

スイスの金融大手UBS<UBSG.S>は25日、新たなグローバル・ファイナンス・チームを創設したことを明らかにした。部門横断型の組織とし、より迅速かつシンプルに顧客にサービスを提供する。

中国、金融市場さらに開放 QFII・RQFII投資枠撤廃へ

中国は7日、外国人投資家が中国本土の株式や債券に投資する際の資格制度である適格外国機関投資家(QFII)と人民元適格海外機関投資家(RQFII)の投資枠撤廃に向けた規則をまとめ、国内金融市場の開放をさらに進めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up