for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS Group AG

UBSG.S

現在値

12.23CHF

変化

-0.58(-4.53%)

出来高

48,932,534

本日のレンジ

12.04

 - 

12.31

52週レンジ

9.86

 - 

13.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
12.81
始値
12.27
出来高
48,932,534
3か月平均出来高
313.05
高値
12.31
安値
12.04
52週高値
13.80
52週安値
9.86
発行済株式数
3,631.18
時価総額
49,410.10
予想PER
10.78
配当利回り
5.47

次のエベント

Q4 2019 UBS Group AG Earnings Press Conference

適時開示

その他

Normal market conditions could put UBS at top of target range for RoCET1 -CEO

UBS Announces Agreement To Sell A Majority Stake In UBS Fondcenter To Clearstream

Julius Baer books provision for court case, to make appeal

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS Group AGとは

UBS・グループ(UBS Group AG)はUBS AG及び子会社を通じて運営する持株会社である。【事業内容】同社は企業センター及び5つの事業を含む。資産管理事業は資産管理米州事業が提供するものを除いて、世界中の裕福なプライベート・クライアントにアドバイスとカスタマイズされた金融サービスを提供する。資産管理米州事業は財務アドバイザーとしての財務アドバイザーの生産性と投資資産を行う米州の資産管理者である。個人・企業銀行事業はスイスの個人、法人及び機関投資家に金融商品とサービスを提供する。資産管理事業は投資管理製品とサービス、プラットフォームソリューションとアドバイザリーサポートを提供する。投資銀行事業は投資助言、金融ソリューション、及び資本市場へのアクセスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

Bahnhofstr. 45,

P.O. Box

+41.44.2341111

https://www.ubs.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Axel A. Weber

Non-Executive Non Independent Chairman of the Board

Sergio P. Ermotti

Group Chief Executive Officer, Member of the Executive Board

Kirt Gardner

Group Chief Financial Officer, Member of the Executive Board

Sabine Keller-Busse

Group Chief Operating Officer, President UBS Europe, Member of the Executive Board

Markus Ronner

Group Chief Compliance and Governance Officer, Member of the Executive Board

統計

2.50 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

27.8K

2017

29.8K

2018

30.2K

2019(E)

29.0K
EPS (USD)

2016

1.120

2017

1.406

2018

1.290

2019(E)

1.215
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.71
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.67
株価純資産倍率(四半期)
0.85
株価キャッシュフロー倍率
9.16
総負債/総資本(四半期)
391.20
長期負債/資本(四半期)
287.95
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.41

最新ニュース

最新ニュース

UBS、中期の利益率目標を引き下げ 19年通期は減益

スイスの金融大手UBSは21日、中期の利益率目標を引き下げた。超低金利や富裕層向け事業の競争激化が背景。

焦点:欧州企業に増益転換の兆し、市場の期待を越えられるか

欧州企業は昨年第4・四半期、それまで9カ月続いてきた減益基調をようやく反転させた公算が大きい。IBESリフィニティブがまとめた第4・四半期のSTOXX欧州600指数銘柄の予想利益は2.5%の増加となった。ただし株価が跳ね上がり、今年の利益見通しは既に高水準となっているため、決算発表を受けて投資家が失望する事態も起こりやすい。

香港でIPO業務再開のUBS、失地回復は前途多難 中国勢が台頭

UBS<UBSG.S>は、香港での新規株式公開(IPO)のスポンサー業務停止処分が今月、前倒しで解除されたものの、同業務ができなかった10カ月間に中国の金融機関が手ごわいライバルに成長したため、失地回復は容易ではなさそうだ。

情報BOX:中国、証券業への外資出資規制を4月に撤廃 大手外銀の現状

大手投資銀行は4月1日から中国で証券会社に全額出資できるようになる。米中「第1段階」通商合意によって、規制撤廃期限が9カ月早まった。中国政府は2018年に証券会社への外資出資限度を51%に引き上げている。

UBS、欧州のウェルスマネジメント部門を再編へ

スイスの金融大手UBSグループ<UBSG.S>は、主力の欧州・中東・アフリカ地域のウェルスマネジメント部門を再編し、経営を合理化する。ロイターが社内文書を入手した。

コラム:気候変動が企業のM&A後押しへ、問われる投資銀の才覚

「プジョー」を傘下に持つ仏PSA<PEUP.PA>と欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>の460億ドル規模の合併は、気候変動リスクが大きな動機となった初の大型合併・買収(M&A)案件になるかもしれない。ただ、企業トップが地球温暖化による業績への影響に気付く中で、今回の案件が持つ目新しさはすぐに失われるだろう。業界で優位に立つのは、気候変動問題に敏感な投資銀行だ。

米GSE債の価格共謀訴訟、13社が3億3700万ドル支払いで和解

米政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)<FNMA.PK>と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)<FMCC.PK>の債券の価格を大手金融機関16社が共謀して不当につり上げたとして投資家らが起こした民事訴訟で、まだ和解していなかった13社が、総額3億3700万ドルを支払う和解案に合意した。

スイス中銀が政策据え置き、マイナス金利は当面続く可能性

スイス国立銀行(中銀)は12日、政策金利を据え置いた。リスクは下向きとの認識を示し、マイナス金利が当面続く可能性を示した。スイスフランについては、引き続き過大評価されているとし積極的に市場介入する方針を示した。

マクドナルド、人工肉バーガー全米展開なら年2.5億個販売も=UBS

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>がカナダの一部の店舗で行っている試験で、ビヨンド・ミート社<BYND.O>の植物由来の人工肉を使ったバーガーの販売数は1日当たり平均20─30個にとどまる一方、より人口の多い地域では1日100個に達している。スイス金融大手UBSの調査で明らかになった。

マイナス金利政策はスイスに必要=中銀理事

スイス国立銀行(SNB、中央銀行)のメクラー理事は20日、マイナス金利が同国に依然必要であると述べた。

金融機関、株式の投資判断引き上げ 新興国株など選好

主要な銀行やファンドマネージャーが世界の株式の投資判断を引き上げている。米中貿易摩擦が和らぐ兆しがある中で、新興国株が特に選好されている。

香港金融機関、シャッター下ろし自宅勤務も 騒乱拡大で安全策

香港では13日、抗議活動の騒乱によりビジネス街が3日連続でまひ状態となり、金融機関は従業員に自宅待機を求めるなどの対策を取った。

ドイツ銀行会長の早期退任を主張、主要株主のカタール王室

ドイツ銀行<DBKGn.DE>の主要株主であるカタール王室が、同銀行のアハライトナー会長の早期退任を求めている。長引く株価低迷への不満に加えて、監査役会メンバーの人事を巡る問題が原因という。事情に詳しい大株主や銀行関係者など10人の話で明らかになった。

欧州株式市場=小幅続伸、決算まちまちの内容

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 394.59 +0.37 +0.09 394.22 種 FTSEユーロファー 1548.37 +3.73 +0.24 1544.64 スト300種 ユーロSTOXX50 3604.82 +4.74 +0.13 3600.08 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は小幅続伸して取引を終えた。決算がまちまちな内容だったことで、ポ ンド安が追い風となったFTSE100種と比べて小幅な伸びにとどまった。 フランスの鉱物製品メーカー大手イメリスは13.0%急落。2019...

UBS、第3四半期は16%減益 不振の投資銀行部門でリストラ

スイスの金融大手UBSが発表した第3・四半期決算は、投資銀行部門が不振で16%の減益だった。UBSは投資銀行部門で人員削減など追加のコスト削減を実施すると発表した。

UBSなどが人員削減、シェール業界のM&A低迷で=関係筋

関係筋によると、スイスの金融大手UBSグループ<UBSG.S>と、米パイパー・ジャフレー・カンパニーズ<PJC.N>のエネルギー部門シモンズ・エナジーは、石油・ガス分野の投資銀行チームで人員削減を実施した。

中国人富裕層の数、米国人を初めて上回る=クレディ・スイス調査

スイス金融大手のクレディ・スイスによる最新の調査で、中国の富裕層の数が米国の富裕層の数を初めて上回ったことが明らかになった。

UBS、アジア太平洋地域で最大30人削減=関係筋

スイスの金融大手UBS<UBSG.S>は、アジア太平洋地域の主要拠点の香港、シンガポール、シドニー、東京で最大30人を削減することが、関係筋の話で分かった。

クレディ・スイス、個人と法人の大口預金にマイナス金利導入

スイス金融大手のクレディ・スイス<CSGN.S>は18日、スイスフラン建ての大口預金にマイナス金利を課す方針を明らかにした。

クレディ・スイスCEO、元幹部の内偵に関与せず COO辞任

スイスの銀行大手クレディ・スイス<CSGN.S>は1日、同行の元幹部が内偵されていた問題で、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)が内偵を指示した事実はなかったと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up