for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS Group AG

UBSG.S

現在値

16.00CHF

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

13.10

 - 

19.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
16.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
199.02
高値
--
安値
--
52週高値
19.90
52週安値
13.10
発行済株式数
3,349.14
時価総額
59,016.92
予想PER
7.35
配当利回り
2.91

次のエベント

UBS ESG Conference (Virtual)

適時開示

その他

UBS Group AG's Long Position In H-Share Of Xiamen International Port Rises To 5.71% - Filing

UBS Group's Long Position In H-Shares Of Dongzheng Automotive Finance Rises To 13.4% - Filing

UBS Group AG's Long Position In H-Share Of Dongzheng Automotive Finance Rises To 12.04% - Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS Group AGとは

UBS・グループ(UBS Group AG)はUBS AG及び子会社を通じて運営する持株会社である。【事業内容】同社は企業センター及び5つの事業を含む。資産管理事業は資産管理米州事業が提供するものを除いて、世界中の裕福なプライベート・クライアントにアドバイスとカスタマイズされた金融サービスを提供する。資産管理米州事業は財務アドバイザーとしての財務アドバイザーの生産性と投資資産を行う米州の資産管理者である。個人・企業銀行事業はスイスの個人、法人及び機関投資家に金融商品とサービスを提供する。資産管理事業は投資管理製品とサービス、プラットフォームソリューションとアドバイザリーサポートを提供する。投資銀行事業は投資助言、金融ソリューション、及び資本市場へのアクセスを提供する。

業種

Investment Services

連絡先

Bahnhofstr. 45

8098

Switzerland

+41.44.2341111

https://www.ubs.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Ralph A.J.G. Hamers

Chairman of the Executive Board, Group Chief Executive Officer

Jeremy Anderson

Senior Non-Executive Independent Vice Chairman of the Board

Mike Dargan

Chief Digital and Information Officer, Member of the Executive Board

Markus Ronner

Group Chief Compliance and Governance Officer, Member of the Executive Board

Christian Bluhm

Group Chief Risk Officer, Member of the Executive Board

統計

2.17 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

28.9K

2020

32.4K

2021

35.5K

2022(E)

36.3K
EPS (USD)

2019

1.230

2020

1.790

2021

2.060

2022(E)

2.222
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.68
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.62
株価純資産倍率(四半期)
0.95
株価キャッシュフロー倍率
6.22
総負債/総資本(四半期)
417.96
長期負債/資本(四半期)
286.88
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.69

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(16日)

AFSグループのシニア・アナリスト、アルネ・ペティメサス氏 は「スイス中銀の利上げを受けた国債市場の動きは、ECBが一段と積 極的になるとの観測が織り込まれたことを示している」と述べた。 独10年債利回りは一時20ベーシスポイント(bp )を超えて上昇。 その後は1.7%まで戻した。 独5年債利回りも一時大きく上昇したが、その後上げ幅 のほぼ全てを解消した。 イタリア10年債利回りは一時4%を超える水準に上 昇したものの、その後反転。終盤の取引では3.85%と、ほぼ横ばい となった。 ドイツとイタリアの10年債利回り格差は214bpに縮小...

欧州株式市場=反落、スイスや英の金融引き締めで懸念

アンシリア(イタリア・ミラノ)のストラテジスト、ジュゼッペ・ セルサーレ氏は「朗報はほとんどない」と述べ、スイス中銀の予想に反 する利上げによって投資家は明らかに他のあちこちでのさらなる金融引 き締めを懸念していると指摘した。 短期金融市場では欧州中央銀行(ECB)の利上げに対する観測が 高まり、今年12月までの上げ幅が前日の140ベーシスポイント(b p)から190bpに上昇し、利回りも上昇した。 スイスの主要株式指数SMIは2.86%下落。ともにス イス金融大手のUBS、クレディ・スイスはそれぞれ 6.0%、4.9%下落した。 <株式指数...

コラム:外資系銀行の中国ハネムーン、「共同富裕」で終焉

中国でのビジネスがようやく軌道に乗ったと思っていた外資系銀行は、もうしばらく待つ必要がありそうだ。中国の証券規制当局は、クレディ・スイスの中国担当最高経営責任者(CEO)のジャニス・フー氏らを呼び、高額な役員報酬の引き下げやボーナス期間の先送りを求めたとブルームバーグが匿名の情報筋の話として報じた。不当に高い報酬は習近平国家主席が推進する格差是正の取り組み「共同富裕」を妨げるというのが理由で、一見公平を期す話と思えるが、実際は国内銀行の外資に対する優位性を高めるだけだろう。

再送-欧州株式市場=続落、FRBの大幅利上げ懸念で

(画面に正しく表示されなかったため再送します) [13日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は5営業日続落し て取引を終えた。10日発表された5月の米消費者物価指数(CPI) が前年同月比8.6%上昇と伸び率が40年5カ月ぶりの大きさとなっ たのを背景に、米連邦準備理事会(FRB)が今週の連邦公開市場委員 会(FOMC)で75ベーシスポイントの大幅利上げすることへの懸念 が高まった。 STOXX欧州600種指数は2.4%下落し、3月7日 以来の安値を付けた。 金融引き締めが加速するとの見方から国債利回りは数年ぶりの高水 準となり、テクノロジー...

再送-欧州株式市場=続落、FRBの大幅利上げ懸念で

(画面に正しく表示されなかったため再送します) [13日 ロイター] - 週明けの欧州株式市場は5営業日続落し て取引を終えた。10日発表された5月の米消費者物価指数(CPI) が前年同月比8.6%上昇と伸び率が40年5カ月ぶりの大きさとなっ たのを背景に、米連邦準備理事会(FRB)が今週の連邦公開市場委員 会(FOMC)で75ベーシスポイントの大幅利上げすることへの懸念 が高まった。 STOXX欧州600種指数は2.4%下落し、3月7日 以来の安値を付けた。 金融引き締めが加速するとの見方から国債利回りは数年ぶりの高水 準となり、テクノロジー...

欧州株式市場=続落、米インフレ高進で景気後退懸念

欧州株式市場は4日続落して取引を終え た。米国の5月消費者物価指数(CPI)の上昇率が予想を上回り、各 国の中央銀行が物価上昇に歯止めをかけようと金融引き締めを進める中 で景気後退が起こるとの懸念が強まって売りが優勢となった。 STOXX欧州600種指数は1カ月ぶり安値。週間では 3.95%の下落。 10日の銀行株指数は4.83%下落し、相場全体を押し 下げた。 イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は5.17%下 落と、3カ月超ぶりの下げ幅。スペインのIBEX指数は3. 68%下落。 米の5月CPIは前年同月比で8.6%上がり、上昇率...

欧州株式市場=続落、ECB大幅利上げの可能性を嫌気

欧州株式市場は3日続落して取引を終えた。欧州中央銀行( ECB)が9月により大幅な利上げをすることを示唆したのが売りを誘った。ECBは今 年のインフレ見通しを引き上げ、経済成長率予想を引き下げた。 STOXX欧州600種指数は約2週間ぶりの安値。ユーロ圏の主要銘柄が 対象のユーロSTOXX指数は1.56%下落。イタリアの主要株価FTSE ・MIB指数は1.90%下げた。 ECBは7月1日に資産購入プログラムを終了し、7月に11年ぶりの政策金利引き 上げとなる25ベーシスポイント利上げ方針と、9月により大幅な利上げの可能性も示し た。 ラボバンク...

世界の最上位富裕層、昨年は債券・株でなくPEの投資拡大=UBS

世界の最上位富裕層は昨年、債券や株式といった伝統的な資産クラスではなくプライベートエクイティ(PE)分野により多くの資金を振り向け、投資リターン向上を図ったことが、スイス銀行大手UBSの年次調査で明らかになった。

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。中央銀行による積極的な金融引き締めが世界経済の成長を抑制するとの懸念から売りが優勢となった。

欧州株式市場=続落、経済成長懸念で

欧州株式市場は続落して取引を終えた。経 済成長の減速懸念から売りが優勢となり、スイスの金融大手クレディ・ スイスの見通し低迷などが銀行株の重しとなった。 9日に欧州中央銀行(ECB)理事会、来週には米連邦準備理事会 (FRB)の金融政策会合を控えている。 STOXX欧州600種銀行株指数が0.93%安。クレ ディ・スイスが第2・四半期の連結決算は赤字になる可能性が高いとの 見通しを示したことが背景。 クレディ・スイスは一時7%超まで下げたが、3.8%上 昇して引けた。米金融機関ステート・ストリートが経営不振に 陥っているクレディ・スイス...

ロシア富裕層の凍結資産、スイスが一部解除

スイス政府は12日、ウクライナ侵攻で凍結したロシアの資産が63億スイスフラン(約63億3000万ドル)と、4月上旬の75億フランから減少したと発表した。

欧州株式市場=反落、ストックホルム指数の一時急落で打撃

週明けの欧州株式市場は反落して取引を終 えた。ストックホルムのベンチマークとなる株価指数が一時急落したの が打撃となった。一方、中国国家統計局が4月30日発表した4月の製 造業購買担当者指数(PMI)が大幅下落し、中国景気の悪化懸念も売 りを誘った。 STOXX欧州600種指数は4営業日ぶりの下落。英国 は祝日のバンクホリデーだったこともあり、取引量が少なかった。 スウェーデンのOMXストックホルム30指数が一時7.9 4%まで下落し、市場関係者は「フラッシュクラッシュ(瞬間的暴落) だ」と言及した。終値は1.87%安。 投資家の不安心理...

アングル:金融大手のアジア富裕層事業に暗雲、中国景気減速や規制が重し

国際金融大手の富裕層部門で、高成長市場とされるアジアへの期待が後退している。中国規制当局の締め付けや新型コロナウイルス感染拡大による景気減速で顧客が様子見姿勢を取っているためだ。

欧州株式市場=続伸、資源株や好決算が押し上げ

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。 4月は世界的な経済成長の減速懸念で株価は不安定に推移したが、29 日は好決算の発表や資源株上昇が相場を押し上げた。 STOXX欧州600種指数は月間ベースでは1.20% 下げた。金利引き上げの加速やロシアの天然ガス供給、中国での新型コ ロナウイルス対策によるロックダウン(都市封鎖)などへの懸念が売り を誘った。 29日の資源株指数は2.53%上昇。中国が発表した経 済支援策を受け、鉄鉱石と銅の価格が上昇し、持続的な需要への期待が 高まった。 資源株指数は月間ベースでは3.23%安となり、昨年1 1月以来...

欧州株式市場=続伸、好業績銘柄がけん引

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。 石油大手トタルや自動車メーカーのボルボ・カーなどが予想を上回る業 績を発表し、世界経済の成長鈍化に対する投資家の懸念が後退した。 一方、2022年第1・四半期の米実質国内総生産(GDP)速報 値がマイナス成長になったことを嫌気する向きがあった。ドイツのイン フレ率が予想を上回ったことで、欧州中央銀行(ECB)による金融引 き締めペースが速まるとの見方も強まった。 4月の株式市場は世界的に不安定に推移し、STOXX欧州600 種指数は1カ月超ぶりの安値に沈む場面もあった。主要中央銀 行の積極的な金利引...

欧州株式市場=反発、商品関連銘柄がけん引

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 商品関連銘柄が上昇したのがけん引した。ただ、ロシア国営ガス大手の ガスプロムによるブルガリアとポーランドへのガス供給の停止や、ドイ ツの5月の消費者信頼感指数が記録的な低水準になる見通しなのが嫌気 され、上げ幅は限られた。 ガスプロムは、ロシア側が求めたロシア通貨ルーブルで の支払いをしなかったブルガリアとポーランドへのガス供給を停止。ウ クライナ戦争を巡る西側諸国の厳しい制裁に対するロシアのこれまでで 最も強い対抗措置となる。 ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資・市場アナリスト、ス ザンナ・ストリーター...

クレディスイス、第1四半期は赤字拡大 訴訟費用響く

スイスの金融大手クレディ・スイス(CS)が27日発表した第1・四半期決算は、2億7300万スイスフラン(2億8360万ドル)の損失を計上した。一連の不祥事が響き赤字が続く中、最高財務責任者(CFO)を含む幹部人事も発表した。

クレディスイス、第1四半期は赤字拡大 訴訟費用響く

スイスの金融大手クレディ・スイス(CS)が27日発表した第1・四半期決算は、2億7300万スイスフラン(2億8360万ドル)の損失を計上した。一連の不祥事が響き赤字が続く中、最高財務責任者(CFO)を含む幹部人事も発表した。

英金融業界幹部、ロンドンの競争力強化で一段の措置求める

英金融業界の幹部らは26日、国内の規制は金融機関にとってより柔軟な内容になりつつあるが、ロンドンの金融センターとしての国際競争力を高めるためには一段の措置が必要だとの見方を示した。

欧州市場サマリー(26日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。資源株やディフェンシブ銘柄の上昇が相場を支えた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up