for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS Group AG

UBSG.S

現在値

8.63CHF

変化

-0.41(-4.58%)

出来高

24,219,326

本日のレンジ

8.62

 - 

8.80

52週レンジ

7.00

 - 

13.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9.05
始値
8.71
出来高
24,219,326
3か月平均出来高
625.56
高値
8.80
安値
8.62
52週高値
13.80
52週安値
7.00
発行済株式数
3,616.03
時価総額
35,000.09
予想PER
--
配当利回り
7.81

次のエベント

Q1 2020 UBS Group AG Earnings Release

適時開示

その他

SNB's Jordan says banks should use financial support to help the economy

UBS Announces Mandatory Redemption Of ETRACS Monthly Pay 2x Leveraged Dow Jones Select Dividend Index Etn Due May 22, 2042

UBS Introduces Long-Term Incentive Plan For Most Senior Leaders

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UBS Group AGとは

UBS・グループ(UBS Group AG)はUBS AG及び子会社を通じて運営する持株会社である。【事業内容】同社は企業センター及び5つの事業を含む。資産管理事業は資産管理米州事業が提供するものを除いて、世界中の裕福なプライベート・クライアントにアドバイスとカスタマイズされた金融サービスを提供する。資産管理米州事業は財務アドバイザーとしての財務アドバイザーの生産性と投資資産を行う米州の資産管理者である。個人・企業銀行事業はスイスの個人、法人及び機関投資家に金融商品とサービスを提供する。資産管理事業は投資管理製品とサービス、プラットフォームソリューションとアドバイザリーサポートを提供する。投資銀行事業は投資助言、金融ソリューション、及び資本市場へのアクセスを提供する。

連絡先

Bahnhofstr. 45,

P.O. Box

8098

Switzerland

+41.44.2341111

https://www.ubs.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Axel A. Weber

Non-Executive Non Independent Chairman of the Board

Sergio P. Ermotti

Group Chief Executive Officer, Member of the Executive Board

David H. Sidwell

Non-Executive Vice Chairman of the Board, Senior Independent Director

Kirt Gardner

Group Chief Financial Officer, Member of the Executive Board

Sabine Keller-Busse

Group Chief Operating Officer, President, UBS Europe, Member of the Executive Board

統計

2.38 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

29.8K

2018

30.2K

2019

28.9K

2020(E)

29.7K
EPS (USD)

2017

1.406

2018

1.290

2019

1.230

2020(E)

1.195
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.19
株価純資産倍率(四半期)
0.63
株価キャッシュフロー倍率
5.98
総負債/総資本(四半期)
389.97
長期負債/資本(四半期)
292.32
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.45

最新ニュース

最新ニュース

ユーロ圏の銀行、ECB勧告に従い配当停止 スイス勢は計画続行

新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が深刻なリセッション(景気後退)に陥るリスクにさらされる中、ユーロ圏の銀行は当局の指示に従って相次いで株主への利益還元を停止している。

訂正-スイスのUBS、2019年の配当支払いへ 当局は配当抑制を指示

スイスの金融大手UBSは30日、2019年の配当を支払う方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大が世界経済に打撃を及ぼすなか、連邦金融市場監督機構(FINMA)やスイス政府などは金融機関に配当を制限するよう指導している。

ING、配当停止へ 新型コロナでECBの勧告に従う

オランダの銀行大手ING<INGA.AS>は30日、欧州中央銀行(ECB)の勧告に従い、少なくとも10月1日まで配当の支払いを停止すると表明した。

スイス、政府・中銀一体で新型コロナ対策 無利子政府保証融資など

スイス政府とスイス国立銀行(中銀)は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けている経済の支援に向け、企業に対する政府保証の融資提供などを含む一連の措置を打ち出した。

クレディ・スイス、新型コロナでも第1四半期は好調

スイスの金融大手クレディ・スイス・グループ<CSGN.S>は19日、新型コロナウイルスに対する懸念が広がっているものの、第1・四半期の事業は現時点で好調だと表明した。

コラム:米投資銀行、新型ウイルスで笑ったり泣いたり

銀行のトレーダーは新型コロナウイルスから恩恵を受ける数少ない部類かもしれない。感染の流行拡大の懸念から金融市場のボラティリティが急上昇した。これは一般的にトレーディング部門の収益拡大につながる。しかし、いざ給料日になったとき、状況は見た目ほど良くはないかもしれない。

アジア資産運用会社、新型ウイルスで新規資金減少 既存顧客は取引増加

資産運用担当者らによると、アジアの富裕層向け事業は新型コロナウイルスの感染拡大で新規顧客の資金流入が減少しているものの、既存顧客による取引はここ2カ月で活発になっている。

UBS、サステナブル投資が増加 エネルギー分野への融資厳格化

スイスの金融大手UBS<UBSG.S>は、同行のサステナブル投資が昨年50%以上増加して5000億ドル近くになったことを明らかにした。

UBSのエルモッティCEO、スイス再保険の会長に

スイス再保険<SRENH.S>は3日、次期会長にUBSグループ<UBSG.S>のセルジオ・エルモッティ最高経営責任者(CEO)を指名すると発表した。

UBSとクレディ・スイスの緊急対策は効果的=スイス規制当局

スイス連邦金融市場監督機構(FINMA)は25日、同国の金融大手UBS<UBSG.S>とクレディ・スイス<CSGN.S>がまとめた金融危機時の緊急対策について「効果的」だとの見解を示した。

UBS、次期CEOに蘭INGトップのハマーズ氏指名

スイスの大手銀行UBSグループ<UBSG.S>は19日、次期最高経営責任者(CEO)にオランダのINGグループ<INGA.AS>CEO、ラルフ・ハマーズ氏を指名したことを明らかにした。

クレディ・スイス、ティアムCEOが辞任 内偵問題で混乱

スイスの金融大手クレディ・スイス<CSGN.S>は7日、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)が14日付で辞任すると発表した。

クレディ・スイス、ティアムCEOが辞任 内偵問題で混乱

スイスの金融大手クレディ・スイスは7日、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)が辞任したと発表した。

〔情報BOX〕新型肺炎、各国企業への影響

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、世界各地の企業が対応に追われている。これまでに判明している各社の業績への影響をまとめた。

中国の大手企業、春節休暇延長や在宅勤務を指示 肺炎拡大防止で

中国の大手企業の間で、店舗を一時閉鎖したり、社員に在宅勤務を指示したりする動きが出ている。湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大していることを受けた措置。

スイス当局、クレディ・スイス内偵問題で監視体制を調査=関係筋

スイス連邦金融市場監督機構(FINMA)は、クレディ・スイスで発覚した元幹部内偵問題について、ティージャン・ティアム最高経営責任者(CEO)ら経営トップを監視する体制の不備によるものかどうかを調査している。調査に詳しい複数の関係者が明らかにした。

加ボンバルディア、鉄道事業統合へ日立や仏アルストムに接触か

カナダの重工大手ボンバルディアが鉄道事業の統合に向け、日立製作所や仏アルストムに接触したことが、複数の関係者の証言で明らかになった。

焦点:欧州企業に増益転換の兆し、市場の期待を越えられるか

欧州企業は昨年第4・四半期、それまで9カ月続いてきた減益基調をようやく反転させた公算が大きい。IBESリフィニティブがまとめた第4・四半期のSTOXX欧州600指数銘柄の予想利益は2.5%の増加となった。ただし株価が跳ね上がり、今年の利益見通しは既に高水準となっているため、決算発表を受けて投資家が失望する事態も起こりやすい。

UBS、中期の利益率目標を引き下げ 19年通期は減益

スイスの金融大手UBSは21日、中期の利益率目標を引き下げた。超低金利や富裕層向け事業の競争激化が背景。

情報BOX:中国、証券業への外資出資規制を4月に撤廃 大手外銀の現状

大手投資銀行は4月1日から中国で証券会社に全額出資できるようになる。米中「第1段階」通商合意によって、規制撤廃期限が9カ月早まった。中国政府は2018年に証券会社への外資出資限度を51%に引き上げている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up