for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UnitedHealth Group Inc

UNH.N

前日終値

281.11USD

変化

1.79(+0.64%)

出来高

384,716

本日のレンジ

277.44

 - 

282.81

52週レンジ

208.14

 - 

283.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
279.32
始値
279.24
出来高
384,716
3か月平均出来高
90.14
高値
282.81
安値
277.44
52週高値
283.00
52週安値
208.14
発行済株式数
947.41
時価総額
264,631.90
予想PER
18.50
配当利回り
1.55

次のエベント

Dividend For UNH.N - 1.0800 USD

適時開示

その他

UnitedHealth Sees 2020 Revenue From Health Insurance Business Between $208 Bln– $210 Bln

UnitedHealth Group To Discuss Business Outlook At Investor Conference

UnitedHealth Group Says Stephen J. Hemsley Has Decided To Transition From His Management Position As Executive Chair

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UnitedHealth Group Incとは

ユナイテッドヘルス・グループ(UnitedHealth Group Incorporated)は健康と福祉の会社である。【事業内容】同社はUnitedHealthcare、OptumHealth、OptumInsight及びOptumRx の4つの事業セグメントを運営する。同社はUnitedHealthcare下での医療給付及びOptum下での健康サービス2つの事業プラットフォームによって事業を運営する。UnitedHealthcare事業は、多数の顧客と市場に医療メリットを提供し、UnitedHealthcare雇用主および個人、UnitedHealthcareメディケアと退職、UnitedHealthcareコミュニティとステート、UnitedHealthcareグローバル事業を含む。Optum事業はOptumHealth、OptumInsight、OptumRxの各事業を通じて、支払人、ケア提供者、雇用者、政府、生命科学企業、消費者を含む医療市場にサービスを提供する医療サービス事業である。OptumInsightは、医療業界の参加者にサービス、技術、および医療ソリューションを提供する。OptumRxは小売ネットワークの契約、購入および臨床ソリューションを提供する。

業種

Insurance (Accident & Health)

連絡先

9900 Bren Rd E

+1.952.9361300

http://www.unitedhealthgroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Stephen J. Hemsley

Executive Chairman of the Board

Andrew Philip Witty

Group President, Chief Executive Officer, Executive Vice President, Director

John F. Rex

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Marianne D. Short

Executive Vice President, Chief Legal Officer

D. Ellen Wilson

Executive Vice President - Human Capital

統計

1.78 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

184.8K

2017

201.2K

2018

226.2K

2019(E)

242.7K
EPS (USD)

2016

8.050

2017

10.070

2018

12.880

2019(E)

14.967
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.10
株価純資産倍率(四半期)
4.81
株価キャッシュフロー倍率
16.16
総負債/総資本(四半期)
81.63
長期負債/資本(四半期)
70.02
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
8.46

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(15日)

<為替> ドルが下落した。米中通商協議を巡る楽観的な見方を背景に、ユーロやポンドなど貿易関連の材料で変動しやすい通貨が上昇した。

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

米国株式市場は主要3株価指数が最高値を更新。米中通商合意を巡る楽観論が追い風になったほか、ヘルスケア株の大幅上昇が寄与した。

アングル:人手不足の米企業、競って自動化技術を採用

米国の失業率が約50年ぶり低水準で推移し、人件費が上昇するなか、国内企業は健全な利益率を確保するために自動化に積極的に取り組んでいる。ロイターの企業収益分析で明らかになった。

NY市場サマリー(15日)

<為替> 英ポンドが5月中旬以来の高値に上昇。英国と欧州連合(EU)が離脱交渉で合意に近づいているとの報道を受けた。

米株上昇、好調な企業決算で買い 金融・ヘルスケアが高い

米国株式市場は上昇して終了した。企業決算が好調だったことで買いが先行した。幅広い銘柄が上昇し、主要3指数はすべて上昇。S&P総合500種とナスダック総合は終値で約3週間ぶり高値を付けた。

米国株市場は小幅安、米中通商協議巡る不透明感で

米国株式市場は、小幅安で取引を終えた。米中通商協議を巡る不透明感がセンチメント低下につながったほか、15日から本格化する第3・四半期の米企業決算に市場の注目がシフトした。

NY市場サマリー(14日)

<為替> ドルが上昇。米中通商合意や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感から、安全資産としてのドルの投資妙味が高まった。円やスイスフランの買いも膨らみ、対ドルで小幅上昇した。

トランプ政権、米医薬品業界のリベート慣行廃止案を撤回

トランプ米政権は11日、処方箋薬の価格引き下げに向けた主要提案を撤回した。保険会社でなく製薬会社に焦点を絞っ新たな措置を打ち出す可能性がある。撤回された案は、製薬会社が保険会社に巨額の「払戻金(リベート)」を支払うシステムを廃止し、高齢者向け医療保険(メディケア)の患者に直接還元されるようにするものだった。

ダウ・S&Pが最高値更新、ヘルスケア・金融株が高い

米国株式市場はダウ平均とS&P総合500が続伸し、ともに終値で最高値を更新した。トランプ政権が薬価引き下げへの取り組みとして提案していた医薬品業界に定着している「リベート(払戻金)」の慣行廃止に向けた新規則を撤回すると発表したことを受け、ヘルスケア関連銘柄が上昇した。

NY市場サマリー(11日)

<為替> ドル指数<.DXY>が一時1週間ぶり安値を付けた。米インフレ指標が上昇したもののほとんど相場に影響せず、月内利下げ観測が根強かった。

米トランプ政権、製薬リベート慣行廃止に向けた規制案を撤回

米トランプ政権は、薬価引き下げへの取り組みとして提案していた医薬品業界に定着している「リベート(払戻金)」の慣行廃止に向けた新規則を撤回すると明らかにした。トランプ大統領が看板政策に掲げる薬価引き下げ実現に影を落とすことになる。

トランプ氏、大統領令で病院費用の透明化義務付けへ=厚生長官

アザー米厚生長官は24日、トランプ大統領が病院費用の透明化を推進する大統領令に署名する方針だと明らかにした。患者や保険会社が実際に支払う費用を「分かりやすい」形で開示するよう病院側に義務付けるとともに、そのためのルール作りを厚生省に指示する。

米国株式市場は小幅安、ヘルスケア株が軟調

米国株式市場は小幅に下落して取引を終えた。好決算が相次ぎ、米中の経済指標も上向きだったが、ヘルスケア株が軟調に推移した。

米国株式市場は上昇、ヘルスケア株に買い ボーイング堅調

米国株式市場は上昇。ヘルスケア株などが買われた。トランプ米大統領がエチオピアで墜落事故を起こしたボーイング<BA.N>の737MAX8型機、および737MAX9型機の運航を一時停止するよう指示したものの、ボーイング株は値上がりして取引を終えた。

NY市場サマリー(4日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では米中通商合意が近づいたとの見方が広がり、ドルが対主要通貨バスケットで上昇した。

米国株式市場は下落、弱い指標が重しに

米国株式市場は下落して取引を終えた。一時は米中通商合意を巡る楽観的な見方から上昇していたが、弱い内容となった米建設支出データやヘルスケア株の下落に圧迫された。

NY市場サマリー(4日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では米中通商合意が近づいたとの見方が広が り、ドルが対主要通貨バスケットで上昇した。 ドル指数は0.16%高の96.678。 ドルは対円で小幅安の111.73円となったが、前週末に付けた10週 間ぶり高値(112.08円)付近で推移した。 米国と中国は、少なくとも2000億ドル相当の中国製品にかかる米国の関税を後退 させる合意に近付いているもようだ。関係筋が3日、明らかにした。ただ合意時期や詳細 は依然不透明だ。 米10年債利回りが前週、1カ月ぶり水準に上昇したこともドルを下支 えした。 NY外為市場...

米国株は小反落、経済指標まちまちで

米国株式市場は値動きの荒い展開となる中、小反落して取引を終えた。経済指標が強弱まちまちの内容となったほか、一部の企業ニュースが嫌気された。米中通商協議などの行方が注目される中、投資家の様子見姿勢も目立った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up