for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UnitedHealth Group Inc

UNH.N

現在値

302.81USD

変化

4.55(+1.53%)

出来高

767,662

本日のレンジ

299.36

 - 

303.45

52週レンジ

188.00

 - 

315.77

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
298.26
始値
303.00
出来高
767,662
3か月平均出来高
90.54
高値
303.45
安値
299.36
52週高値
315.77
52週安値
188.00
発行済株式数
948.38
時価総額
282,863.70
予想PER
18.36
配当利回り
1.68

次のエベント

Q2 2020 UnitedHealth Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Unitedhealth Group Says Protectwell Will Be Offered Free Of Charge To Employers In United States

Unitedhealth Says Difficult To Project When Deferred Care Will Return Given "All The Uncertainties Out There"

Unitedhealth Says As Markets Become More Normal, Will Return To Previous Cash Management And Leverage Positions

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UnitedHealth Group Incとは

ユナイテッドヘルス・グループ(UnitedHealth Group Incorporated)は健康と福祉の会社である。【事業内容】同社はUnitedHealthcare、OptumHealth、OptumInsight及びOptumRx の4つの事業セグメントを運営する。同社はUnitedHealthcare下での医療給付及びOptum下での健康サービス2つの事業プラットフォームによって事業を運営する。UnitedHealthcare事業は、多数の顧客と市場に医療メリットを提供し、UnitedHealthcare雇用主および個人、UnitedHealthcareメディケアと退職、UnitedHealthcareコミュニティとステート、UnitedHealthcareグローバル事業を含む。Optum事業はOptumHealth、OptumInsight、OptumRxの各事業を通じて、支払人、ケア提供者、雇用者、政府、生命科学企業、消費者を含む医療市場にサービスを提供する医療サービス事業である。OptumInsightは、医療業界の参加者にサービス、技術、および医療ソリューションを提供する。OptumRxは小売ネットワークの契約、購入および臨床ソリューションを提供する。

業種

Insurance (Accident & Health)

連絡先

9900 Bren Rd E

HOPKINS, MN

55343-9664

United States

+1.952.9361300

http://www.unitedhealthgroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Stephen J. Hemsley

Non-Executive Chairman of the Board

David Scott Wichmann

Chief Executive Officer

John F. Rex

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Dirk C. McMahon

Chief Executive Officer - UnitedHealthcare

Marianne D. Short

Executive Vice President, Chief Legal Officer

統計

1.78 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

201.2K

2018

226.2K

2019

242.2K

2020(E)

258.5K
EPS (USD)

2017

10.070

2018

12.880

2019

15.110

2020(E)

16.247
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.88
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.15
株価純資産倍率(四半期)
4.96
株価キャッシュフロー倍率
16.69
総負債/総資本(四半期)
90.58
長期負債/資本(四半期)
62.80
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
8.08

最新ニュース

最新ニュース

米株は反落、低調な経済指標や企業決算を嫌気

米国株式市場は反落。低調な経済指標や企業の四半期決算を受け、新型コロナウイルス大流行がもたらす打撃への懸念が強まった。

NY市場サマリー(8日)

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが上昇。新型コロナウイルス流行がピークに近いとの期待が薄れ、経済への影響が懸念される中、安全資産とされるドルが買われた。

ダウ779ドル高、コロナ安定に期待 ヘルスケア株高い

米国株式市場は反発し、ダウ平均株価<.DJI>は779ドル高で取引を終えた。新型コロナウイルスを巡る前向きな兆しが相場の下支えになった。また野党民主党のサンダース上院議員が大統領候補指名争いから撤退すると表明し、ヘルスケア株が買われた。

米副大統領、医療保険会社の幹部と10日面会へ 新型ウイルス巡り

ペンス米副大統領は10日、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることを受け、医療保険大手の幹部と面会する。副大統領の事務所が9日、明らかにした。

米大統領選、民主サンダース氏の支持率上昇 市場予想はトランプ氏再選

11月の米大統領選に向けた候補者選びで14州の予備選・党員集会が集中する3月3日のスーパーチューズデーを前に、民主党候補サンダース上院議員の支持率が急上昇している。一方、ウォール街には共和党の現職トランプ氏の再選を見込む向きも多い。

米国株、ダウ1000ドル超下落 新型肺炎拡大で世界経済に懸念

米国株式市場では主要3指数が大幅続落。ダウ工業株30種は1000ドルを超える下げとなった。新型コロナウイルスの感染者が中国本土外で急増し、世界的な大流行(パンデミック)への不安が高まったことから、世界経済への影響を巡る懸念が拡大、質への逃避が加速した。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 円が対ドルで上昇。新型コロナウイルス感染拡大への警戒感からリスクオフ取引となった。しかし、米株式・債券市場の動きに比べると、外為市場の動きは比較的落ち着いた展開となった。

米国株市場はダウが初の2万9000ドル台、米中の通商合意署名で

米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種<.DJI>が初めて2万9000ドル台に乗せて終了。S&P総合500種<.SPX>も終値ベースで最高値を更新した。米中両国はこの日、貿易交渉を巡る「第1段階」の合意に署名し、1年以上にわたって市場を揺るがしてきた関税合戦の終結に向け取り組む姿勢を表明した。

米株は最高値更新、米中貿易摩擦の緩和や強い中国指標で

米国株式市場は最高値を更新して取引を終えた。米中貿易摩擦が緩和したほか、中国の経済指標が強い内容となり、投資家心理が改善した。

NY市場サマリー(15日)

<為替> ドルが下落した。米中通商協議を巡る楽観的な見方を背景に、ユーロやポンドなど貿易関連の材料で変動しやすい通貨が上昇した。

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

米国株式市場は主要3株価指数が最高値を更新。米中通商合意を巡る楽観論が追い風になったほか、ヘルスケア株の大幅上昇が寄与した。

アングル:人手不足の米企業、競って自動化技術を採用

米国の失業率が約50年ぶり低水準で推移し、人件費が上昇するなか、国内企業は健全な利益率を確保するために自動化に積極的に取り組んでいる。ロイターの企業収益分析で明らかになった。

NY市場サマリー(15日)

<為替> 英ポンドが5月中旬以来の高値に上昇。英国と欧州連合(EU)が離脱交渉で合意に近づいているとの報道を受けた。

米株上昇、好調な企業決算で買い 金融・ヘルスケアが高い

米国株式市場は上昇して終了した。企業決算が好調だったことで買いが先行した。幅広い銘柄が上昇し、主要3指数はすべて上昇。S&P総合500種とナスダック総合は終値で約3週間ぶり高値を付けた。

米国株市場は小幅安、米中通商協議巡る不透明感で

米国株式市場は、小幅安で取引を終えた。米中通商協議を巡る不透明感がセンチメント低下につながったほか、15日から本格化する第3・四半期の米企業決算に市場の注目がシフトした。

NY市場サマリー(14日)

<為替> ドルが上昇。米中通商合意や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感から、安全資産としてのドルの投資妙味が高まった。円やスイスフランの買いも膨らみ、対ドルで小幅上昇した。

トランプ政権、米医薬品業界のリベート慣行廃止案を撤回

トランプ米政権は11日、処方箋薬の価格引き下げに向けた主要提案を撤回した。保険会社でなく製薬会社に焦点を絞っ新たな措置を打ち出す可能性がある。撤回された案は、製薬会社が保険会社に巨額の「払戻金(リベート)」を支払うシステムを廃止し、高齢者向け医療保険(メディケア)の患者に直接還元されるようにするものだった。

ダウ・S&Pが最高値更新、ヘルスケア・金融株が高い

米国株式市場はダウ平均とS&P総合500が続伸し、ともに終値で最高値を更新した。トランプ政権が薬価引き下げへの取り組みとして提案していた医薬品業界に定着している「リベート(払戻金)」の慣行廃止に向けた新規則を撤回すると発表したことを受け、ヘルスケア関連銘柄が上昇した。

NY市場サマリー(11日)

<為替> ドル指数<.DXY>が一時1週間ぶり安値を付けた。米インフレ指標が上昇したもののほとんど相場に影響せず、月内利下げ観測が根強かった。

米トランプ政権、製薬リベート慣行廃止に向けた規制案を撤回

米トランプ政権は、薬価引き下げへの取り組みとして提案していた医薬品業界に定着している「リベート(払戻金)」の慣行廃止に向けた新規則を撤回すると明らかにした。トランプ大統領が看板政策に掲げる薬価引き下げ実現に影を落とすことになる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up