for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユニオン・パシフィック・コーポレーション

UNP.N

現在値

169.78USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

105.09

 - 

188.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
169.78
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
75.58
高値
--
安値
--
52週高値
188.96
52週安値
105.09
発行済株式数
678.57
時価総額
116,822.30
予想PER
22.83
配当利回り
2.25

次のエベント

Q2 2020 Union Pacific Corp Earnings Release

適時開示

その他

Union Pacific Says Withdrawing FY Guidance On Volume, Headcount, Operating Ratio, Share Repurchases

Union Pacific Sets Quarterly Dividend Of $0.97Per Share

Union Pacific Reports Q1 Earnings Per Share Of $2.15

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユニオン・パシフィック・コーポレーションとは

ユニオン・パシフィック(Union Pacific Corporation)は米国の鉄道会社である。【事業内容】同社は主要事業会社であるユニオンパシフィック鉄道会社(UPRR)を通じて運営する。同社のビジネスミックスには、農産物、自動車、化学品、石炭、工業製品及びインターモーダルが含まれる。その貨物輸送は、バルク、マニフェスト及びプレミアムビジネスで構成される。バルク交通は単位列車で石炭、穀物、ソーダ灰、エタノール、岩石および原油を1つの原産地から単一の目的地まで商品の輸送を含む。マニフェストのトラフィックには、木材、紙、食品、化学品などの商品が関わる列車荷役業務以外の個別の積荷が含まれる。完成車、自動車部品、インターモーダルコンテナ及びトラックトレーラーの輸送は、そのプレミアムビジネスの一環として含まれる。そのネットワークは32070ルートマイルを含み、太平洋岸と湾岸港を中西部と米国東部のゲートウェイと結んでいる。

業種

Railroads

連絡先

1400 Douglas St Stop 310

OMAHA, NE

68179-1001

United States

+1.402.5446763

http://www.up.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lance M. Fritz

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer of Union Pacific Corporation and Union Pacific Railroad Company

Jennifer L. Hamann

Chief Financial Officer, Executive Vice President of Union Pacific Corporation and the Railroad

V. James Vena

Chief Operating Officer of Union Pacific Corporation and the Railroad

Elizabeth F. Whited

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President of Union Pacific Corporation and the Railroad

Rhonda S. Ferguson

Executive Vice President, Chief Legal Officer, Corporate Secretary of Union Pacific Corporation and the Railroad

統計

2.17 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

21.2K

2018

22.8K

2019

21.7K

2020(E)

19.3K
EPS (USD)

2017

5.790

2018

7.910

2019

8.380

2020(E)

7.549
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.42
株価純資産倍率(四半期)
7.31
株価キャッシュフロー倍率
14.13
総負債/総資本(四半期)
174.32
長期負債/資本(四半期)
164.87
投資利益率(過去12カ月)
10.56
自己資本利益率(過去12カ月)
9.72

最新ニュース

最新ニュース

米企業決算シーズン本格化、バランスシートなどに注目

米企業の決算シーズンが20日からの週に本格化する。投資家にとっては、新型コロナウイルスによる企業のバランスシートへの影響などについて手掛かりを得る機会となる。

米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で

米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

S&P上昇、ナスダック最高値 決算や新型肺炎に注目=米株市場

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が小幅に上昇し、ナスダック総合<.IXIC>は最高値を更新して取引を終えた。ネットフリックス<NFLX.O>が急伸し、相場を支援した。ただ、中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大や、まちまちの内容となった企業決算を受け、上値は抑制された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(23日)

(表のレートを更新し、株のリポートを追加しました) [23日 ロイター] - <為替> ドルが対ユーロで上昇。欧州中央銀行(ECB)が同日の定例理事会で主要政策金利を据え 置くとともに、物価目標を含む政策戦略の検証を開始したと明らかにしたことを受けた動き。 ラガルド総裁は理事会後の会見で、インフレ目標の検証を巡り「くまなく精査していく。物価の計測方 法に関しては検討が必要だ」と語った。 終盤の取引で、ユーロ/ドルは0.32%安の1.1055ドル。一時、昨年12月2日以来の 安値となる1.1037ドルを付ける場面もあった。 新型コロナウイルス...

米製造業大手が決算発表へ、通商紛争の影響見極め

今週は米製造業大手が発表する第3・四半期決算が注目される。米経済の足腰の強さと米中通商紛争の影響を見極める重要な材料を投資家に提供するためだ。

米国株式市場は小反発、NY連銀総裁発言で利下げ観測強まる

米国株式市場は小反発。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁の発言を受け、米連邦準備理事会(FRB)が月末に利下げに動くとの観測が強まった。

NY市場サマリー(17日)

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが全面安。米利下げ期待を背景とした米債利回りの低下に追随した。

米株続落、貿易摩擦の企業業績への影響に懸念広がる

米国株式市場は続落して取引を終えた。米鉄道輸送大手CSX<CSX.O>のさえない決算を背景に、米中貿易摩擦が米企業業績に悪影響を及ぼすとの懸念が高まった。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが対ユーロで1週間強ぶりの高値水準を付けた。米指標が好調だった一方、欧州の製造業指標は弱かった。

米株市場は小幅高、経済指標・企業決算が堅調

米国株式市場では、主要3株価指数が小幅高で終了した。米経済指標のほか、企業決算が堅調だったことが追い風となった。

米株市場はS&Pとナスダックが小高い、米中通商協議などに注目

米国株式市場はS&P総合500種とナスダックがわずかに上昇する一方、ダウ工業株30種は小幅安で取引を終えた。米中通商協議や米国境警備予算を巡る与野党協議の行方に加え、2019年の企業業績見通しに注目が集まる中、おおむね寄り付きの水準付近でプラス圏とマイナス圏を行き来した。

NY市場サマリー(11日)

<為替> ドルが年初来高値を付け、8営業日続伸となる勢いだ。対中貿易合意のほか、欧州の景気減速を巡る懸念が広がり、安全資産とされるドルに買いが入った。

米国株式市場はダウとS&Pほぼ横ばい、ナスダック上昇

米国株式市場はS&P総合500種が若干上昇したものの、ダウ工業株30種はわずかに下げて取引を終えた。企業決算が好調となった一方で、世界経済の減速や貿易摩擦を巡る根強い懸念が重しとなった。半導体銘柄が買われてナスダックは上昇した。

米国株式市場は3日続伸、米中通商協議への期待で

米国株式市場は3営業日続伸して取引を終えた。S&P総合500種<.SPX>はアップル<AAPL.O>やアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>、フェイスブック<FB.O>のほか、工業株が上げを主導し、3週間ぶりの高値を付けた。米中が通商協議で合意するとの期待が高まった。

情報BOX:米税制改革、実現で大きな恩恵が見込まれる米国株セクター

トランプ米大統領が提唱する税制改革の実現可能性が高まる中、企業の利益が押し上げられることへの期待が強まっており、米国株式市場全体が盛り上がっている。

米国株式市場でナスダック反落、銀行など好調でダウは最高値

米国株式市場ではナスダックが反落し、1日の下落率としては過去3カ月余りで最大の大きさとなった。ハイテク株を売り、銀行株をはじめ、景気の改善や規制緩和、減税、金利上昇などの恩恵を受けやすいセクターに乗り換える動きが広がった。

「ハービー」で鉄道輸送滞る、米国の穀物輸出に影響も 

熱帯低気圧「ハービー」による記録的な大雨や洪水の影響で運行を停止している米鉄道各社は、通常運行に戻るにはかなりの時間がかかるとの見方を示している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up