for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユナイテッド・パーセル・サービス・インク

UPS.N

現在値

116.66USD

変化

-0.27(-0.23%)

出来高

780,944

本日のレンジ

115.93

 - 

117.06

52週レンジ

92.67

 - 

125.31

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
116.93
始値
116.94
出来高
780,944
3か月平均出来高
54.18
高値
117.06
安値
115.93
52週高値
125.31
52週安値
92.67
発行済株式数
857.82
時価総額
100,073.60
予想PER
--
配当利回り
3.29

次のエベント

Q4 2019 United Parcel Service Inc Earnings Release

適時開示

その他

UPS Says Consumers Are Expected To Deposit 1.9 Mln Returns Packages

UPS Announces Expansion Of UPS Worldwide Express And UPS Express Plus To Over 3,200 New Postal Codes

Marken To Expand Clinical Logistics And Storage Capabilities In South Korea And Ukraine

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユナイテッド・パーセル・サービス・インクとは

ユナイテッド・パーセル・サービス(United Parcel Service, Inc.)は貨物運送会社である。【事業内容】同社はグローバルサプライチェーン管理ソリューションの提供業者である。同社は米国国内包装事業、国際包装事業及びサプライチェーン・運送事業3つの事業を運営する。同社は米国国内の保証された地上および航空輸送の輸送サービスのスペクトルを提供している。国際包装事業には、欧州、アジア太平洋地域、カナダおよびラテンアメリカ、インド亜大陸、中東およびアフリカにおける小規模包装事業が含まれる。サプライチェーン・運送事業には、UPS Capitalを通じた運送および物流サービス、トラック積載貨物仲介、UPS貨物およびその財務サービスが含まれる。同社は輸送、物流、契約物流、地上貨物などの物流サービスの世界市場にサービスを提供する。

連絡先

55 Glenlake Pkwy

+1.404.8286000

https://www.ups.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David P. Abney

Chairman of the Board, Chief Executive Officer and Director

Philippe R. Gilbert

President - Supply Chain Solutions of the company.

Brian Newman

Chief Financial Officer, Senior Vice President, Treasurer

Nando Cesarone

Senior Vice President and President, UPS International

Wesley P. Wheeler

President of UPS's global Healthcare and Life Sciences

統計

2.48 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

60.9K

2017

65.9K

2018

71.9K

2019(E)

74.2K
EPS (USD)

2016

5.750

2017

6.010

2018

7.240

2019(E)

7.522
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.36
株価純資産倍率(四半期)
18.00
株価キャッシュフロー倍率
13.76
総負債/総資本(四半期)
430.03
長期負債/資本(四半期)
391.15
投資利益率(過去12カ月)
13.35
自己資本利益率(過去12カ月)
10.00

最新ニュース

最新ニュース

米航空当局、ドローンを識別可能にする規制を提案

米連邦航空局(FAA)は26日、国内で空を飛ぶドローン(小型無人機)について、離れた場所からの識別を可能にする「リモートID」を義務化する規制案を示した。国内で運用する全てのドローンに対し、3年以内の規制準拠を求める内容。

米UPS、年明けの返品処理過去最高と予想 年末商戦でネット販売好調

米宅配便大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は26日、今年の年末商戦でネット販売が特に好調だったことから、年明けに処理する返品件数が過去最高を更新するとの見通しを示した。

米アマゾン、今年の自社流通網による配達は35億個の見通し

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は19日、自社流通網を通じて世界で配送する2019年の顧客向け貨物が35億個になるとの見通しを示した。

米株はほぼ横ばい、景気巡る楽観が下支え フェデックス大幅安

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>が最高値近辺での横ばいで終了した。同指数は前日までの4営業日にわたる最高値更新がストップ。世界経済を巡る楽観的な見方に支援される一方、物流大手フェデックス<FDX.N>の急落が重しとなった。

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが小幅高。米債利回りの上昇に追随した。今週に入り発表された堅調な米指標も引き続き材料視された。

米アマゾン、フェデックスの利用縮小 指定日配達の実績が原因か

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、有料会員サービス「プライム」対象商品について、同社サイトに出品する外部事業者に米物流大手フェデックス<FDX.N>の陸送サービス使用を一時的に禁止した。アマゾンは年末商戦で一段と短縮した配達時間の達成を目指している。

再送-米UPS、CVS処方薬のドローン配達を開始

米宅配便大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の子会社UPSフライト・フォワードが、個人の住宅や老人ホーム向けに米ドラッグストア・薬剤給付管理(PBM)大手CVSヘルスが扱う処方薬のドローン配達を開始した。

アマゾン、10─12月期業績見通しが予想下回る 株価7%安

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>が24日示した年末商戦を含む第4・四半期の業績見通しは、売上高と利益がともに市場予想を下回った。競争激化や配送時間短縮に伴うコスト増加が重しとなった。

UPS、第3四半期は予想上回る増益 COO退任嫌気し株価下落

米宅配便大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)<UPS.N>が22日発表した第3・四半期決算は市場予想を上回る増益となった。しかし、次期最高経営責任者(CEO)候補と目されていたジム・バーバー最高執行責任者(COO)が年末に退任するとのニュースが嫌気され、同社株は一時4%下落した。

S&P過去最高値に迫る、米中合意期待でハイテク株などに買い

米国株式市場は、米中通商合意への期待が高まったことで貿易動向や世界的な景気動向に敏感な銘柄に買いが入り、S&P総合500種は過去最高値に迫った。

NY市場サマリー(21日)

終盤の取引で、10年債利回りは1.794%に上昇。前週末の終値は 1.75%だった。 30年債利回りは2.286%。一時は5週間ぶり水準の2.3%まで 上げた。 2年債利回りは前週末の1.576%から1.616%に上昇した。 エバーコアISIの債券ストラテジスト、スタン・シプリー氏は、経済減速のリスク は残るが、景気後退(リセッション)懸念は和らいだと指摘。2カ月前のリセッション確 率は35─45%だったが、現在は20─25%と指摘した。 今週は1130億ドル規模の2年債、5年債、7年債入札などが予定されている。 米金融・債券市場: <...

米UPS、ドローン配送の全面認可取得

米宅配便大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)<UPS.N>は1日、米連邦航空局(FAA)から9月27日付でドローン配送事業の全面的な認可を取得したと発表した。米政府の全面認可の第1号で、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>やアルファベット<GOOGL.O>などとの競争で一歩先んじる。

トランプ氏が対中関税引き上げ、報復に対抗 米企業に撤退要求

中国が米国製品に対する追加報復関税を発表したことを受け、トランプ米大統領は23日、対中関税の新たな引き上げを発表した。さらに米企業に対し中国からの事業撤退も要求した。通商問題を巡る米中の対立は深まる一方となっている。

トランプ大統領、米企業に中国からの事業撤退を要求

トランプ米大統領は23日、米企業に対し中国から事業を撤退させ、米国内での生産を拡大するよう要求した。中国が発表した対米報復関税措置に対する対応策を近く発表するとも言明した。

トランプ大統領、米企業に中国からの事業撤退を要求

トランプ米大統領は23日、中国が対米報復関税を発表したことを受け、米企業に対し中国から事業を撤退させ、米国内での生産を拡大するよう要求した。中国の措置に対する対応策を近く発表するとも言明した。

S&Pとナスダック最高値更新、TI決算好感

米国株式市場はS&P総合500種指数とナスダック総合指数が上昇し、終値で最高値を更新した。企業決算では航空機大手ボーイング<BA.N>や重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>がさえない一方、半導体大手テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>は底堅く、相場の下支えとなった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 弱いユーロ圏指標を受け、ユーロが対ドルで一時約2カ月ぶりの安値を付けた。25日の欧州中央銀行(ECB)理事会や来週の米連邦準備理事会(FRB)の会合を控え、ドル指数は小動き。

G20前に米中閣僚級会合へ、首脳会談に先立ち通商協議

ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は19日、20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に先立ち、中国側の対米首席交渉官、劉鶴副首相と会談する見通しを示した。

米大手企業トップ、今週の中国首相との会合に出席=ブルームバーグ

米大手企業少なくとも5社の経営トップが今週、北京で開かれる中国の李克強首相との会合に出席することが19日、ブルームバーグの報道で明らかになった。

NY市場サマリー(25日)

<為替> 終盤の取引で、ドルが対ユーロで約2年ぶりの高値に上昇。好調な米経済指標がドル需要を押し上げたことが背景。市場は、26日発表の第1・四半期の米国内総生産(GDP)統計の発表に注目している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up