for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユナイテッド・テクノロジーズ・コーポレーション

UTX.N

現在値

146.99USD

変化

1.73(+1.19%)

出来高

690,362

本日のレンジ

146.44

 - 

147.37

52週レンジ

100.50

 - 

149.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
145.26
始値
147.14
出来高
690,362
3か月平均出来高
59.06
高値
147.37
安値
146.44
52週高値
149.80
52週安値
100.50
発行済株式数
863.27
時価総額
126,891.90
予想PER
18.03
配当利回り
2.00

次のエベント

Q4 2019 United Technologies Corp Earnings Release

適時開示

その他

Goair Selects Pratt & Whitney GTF Engines To Power 72 Additional Airbus A320Neo Family Aircraft

Pratt & Whitney Secures EngineWise Service Agreement With Vietnam Airlines

India's IndiGo Working With P&W, Airbus To Keep Enough Modified Spare Engines By Jan 31

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユナイテッド・テクノロジーズ・コーポレーションとは

ユナイテッド・テクノロジース(United Technologies Corporation)は世界中のビルディングシステム及び航空宇宙産業向けにハイテク製品とサービスを提供する企業である。【事業内容】同社はオーティス、UTCクライメットとコントロール・セキュリティ、プラット・ホイットニー及びUTCエアロスペースシステムという4つの事業を運営する。オーティスはエレベーターとエスカレーター製造・設置・サービス会社として運営する。UTCクライメットとコントロール・セキュリティ事業は暖房・換気・空調(HVAC)と冷凍ソリューションを提供する。プラット・ホイットニー事業は商業・軍事・ビジネスジェット・一般的航空市場向け航空用エンジンを提供する。同事業はフリート管理サービスとアフターマーケット・メンテナンス、修理とオーバーホール・サービスを提供する。UTCエアロスペースシステム事業は航空機製造業者、航空会社、地方・ビジネス・一般的航空市場、軍事、スペースと海底事業向け航空製品とアフターマーケット・サービスを提供する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

10 Farm Springs Rd

+1.860.7287000

http://www.utc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gregory J. Hayes

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Neil G. Mitchill

Acting Chief Financial Officer

David L. Gitlin

President and Chief Executive Officer of Carrier

Robert F. Leduc

President - Pratt & Whitney

Judith F. Marks

President and Chief Executive Officer of Otis

統計

2.00 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

57.4K

2017

60.2K

2018

66.5K

2019(E)

76.8K
EPS (USD)

2016

6.610

2017

6.650

2018

7.610

2019(E)

8.151
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.82
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.68
株価純資産倍率(四半期)
3.14
株価キャッシュフロー倍率
13.12
総負債/総資本(四半期)
110.22
長期負債/資本(四半期)
93.36
投資利益率(過去12カ月)
6.59
自己資本利益率(過去12カ月)
4.86

最新ニュース

最新ニュース

米ボーイング737MAX、来年第1四半期運航再開の公算=欧州航空安全局

欧州航空安全局(EASA)は4日、墜落事故を起こし運行停止となっている米航空機大手ボーイングの「737MAX」について、2020年第1四半期に運航が再開される見通しを示した。

F35調達価格、米国防総省がロッキードとの最終合意公表

米国防総省は29日、ロッキード・マーチン<LMT.N>製最新鋭ステルス戦闘機「F35」の調達価格について、同社との最終合意を公表した。同省が2022年度までの3年間に購入を計画しているF35の費用は12.7%低下する見通し。

米株下落、英EU離脱巡る先行き不透明感が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。一部企業の好決算を追い風に中盤にかけて上昇していたが、英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受け、下げに転じた。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ポンドが対ドルやユーロで下落。英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議(プログラム動議)を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受けた動き。

ダウ326ドル高、中国が対米貿易協議に期待表明

米国株式市場は主要株価3指数が軒並み1%超上昇。ダウ平均株価<.DJI>は326ドル値上がりして取引を終えた。中国が対米貿易協議への期待を表明したことを受け、景気後退懸念が和らいだ。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが主要通貨に対し上昇した。米中が来月に通商協議の再開を検討していると伝わったことを受け、貿易戦争を巡る懸念が後退したことが背景。

アックマン氏のファンド、高リターン維持に自信

著名投資家ウィリアム・アックマン氏は15日、同氏の投資ポートフォリオは今後も長期にわたり高いリターンを確保できると自信を示し、前日公表したウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>への投資がそれを後押しすると説明した。

訂正:米国株式市場=過去最高値に迫る、米中協議に楽観的な見方

米国株式市場は上昇。ダウ平均株価は177ドル高で取引を終えたほか、S&P総合500種とナスダック総合が過去最高値に迫った。飲料のコカ・コーラ<KO.N>や航空機エンジン・機械のユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)<UTX.N>の決算を好感して買いが集まった。

訂正:NY市場サマリー(23日)

<為替> 前日にトランプ大統領と議会指導部が2年間の借り入れ権限の延長と歳出枠の設定で合意したことを受け、ドル指数が約5週間ぶりの水準に上昇。

UPDATE 1-今日の株式見通し=続伸、米国株高を好感 上値では利益確定売りも

(内容を追加して更新します。) [東京 24日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     21620.88 22362.92 19241.37              +204.09 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物9月 21695(円建て) 限 きょうの東京株式市場で日経平均株価は続伸が予想されている。前日の米国株主要3指数はそろって上 昇し、為替も1ドル108円前半で安定している。投資家心理は悪くなく、東京市場は上昇してスタートし そうだ。ただ...

米国株式市場=ダウ177ドル高、コカ・コーラなど決算好感

米国株式市場は上昇。ダウ平均株価は17 7ドル高で取引を終えた。飲料のコカ・コーラや航空機エンジン・機械のユナイテ ッド・テクノロジーズ(UTC)の決算を好感して買いが集まった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27349.19 +177.29 +0.65 27231.8 27368.8 27204.5 6 1 8  前営業日終値 27171.90 ナスダック総合 8251.40 +47.27 +0.58 8242.50 8251.83 8193.89  前営業日終値 8204.14 S&P総合500 3005.47...

コラム:米企業の大型M&Aが過熱、後悔に終わりかねない理由

米企業による大型の合併・買収(M&A)が過熱している。今年上半期は欧州とアジアでM&Aが減ったのに対し、米国では前年同期比19%増えて過去最高の1兆1000億ドルを記録した。多くの株主は企業の経営最高責任者の決断を悔やむことになりそうだ。

焦点:「電気飛行機」市場が静かに離陸、行く手を覆う厚い雲

動力が完全に電動化された近距離移動用の電気飛行機、欧州航空機大手エアバス<AIR.PA>のハイブリッド小型機が、今年のパリ国際航空ショーをにぎわせている。

米アップル、対中関税に反対表明 「世界市場で競争力低下」

米アップル<AAPL.O>は、トランプ米政権が計画する対中追加関税に反対する意向を示した。導入されれば、同社の米経済への貢献が低下し、世界市場における同社の競争力が損なわれると主張した。同社の見解が20日、政府のウェブサイトに掲載された。

アックマン氏、ユナイテッド・テクとレイセオンの統合に反対=関係筋

著名投資家ウィリアム・アックマン氏が率いるヘッジファンド、パーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントが米航空機エンジン・機械大手のユナイテッド・テクノロジーズ(UTC)<UTX.N>と米防衛機器メーカーのレイセオン<RTN.N>の航空宇宙事業の統合に反対している。事情に詳しい関係者が11日、明らかにした。

米株ほぼ変わらず、上げ一服 対中通商懸念なおくすぶる

米国株式市場はほぼ変わらずで取引を終えた。朝方は買いが先行したものの、前日まで値上がりが継続していたこともあり、その後は買いが一服して伸び悩む展開となった。中国との貿易摩擦を巡る懸念がくすぶっていることも上値を抑えたという。

米大統領、ユナイテッド・テクとレイセオン統合「若干懸念」

トランプ米大統領は10日、米防衛機器メーカーのレイセオン<RTN.N>と米航空機・機械大手ユナイテッド・テクノロジーズ<UTX.N>が発表した航空宇宙事業の統合について、「若干懸念している」と述べた。

NY市場サマリー(10日)

<為替> トランプ米大統領が前週末に対メキシコ関税措置の発動見送りを決定したことを受けドルが上昇した。一方ユーロは、景気が減速すれば欧州中央銀行(ECB)は利下げを排除しない考えと関係筋の話で伝わったことで下落した。

ダウ平均6日続伸、メキシコ関税見送りで安心感

米国株式市場は続伸して取引を終えた。ダウは2018年5月以来13カ月ぶりの6日続伸を記録した。米国がメキシコへの関税発動を見送ったことで安心感が広がった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up