for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビザ・インク

V.N

現在値

196.32USD

変化

-1.97(-0.99%)

出来高

3,754,108

本日のレンジ

194.04

 - 

198.33

52週レンジ

190.11

 - 

252.64

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
198.29
始値
198.27
出来高
3,754,108
3か月平均出来高
216.39
高値
198.33
安値
194.04
52週高値
252.64
52週安値
190.11
発行済株式数
1,955.64
時価総額
418,104.30
予想PER
28.11
配当利回り
0.76

次のエベント

Visa Inc at UBS Global TMT Conference (Virtual)

適時開示

その他

Visa Says CEO Alfred Kelly's 2021 Total Compensation Was $30.94 Million

Visa Officially Opens New Dubai Headquarters For CEMEA Region

U.S. Justice Department Probes Visa's Relationships With Fintech Firms- WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビザ・インクとは

ビザ(Visa Inc)は、200を超える国と地域でデジタル決済を提供する決済テクノロジー企業である。【事業内容】消費者、商人、金融機関、企業、戦略的パートナー、および政府機関を電子決済に接続する。決済サービスセグメントを通じて運営される。 取引処理ネットワークである「VisaNet」は、支払い取引の承認、清算、決済を容易にし、金融機関や加盟店のクライアントにさまざまな製品、プラットフォーム、付加価値サービスを提供できるようにする。支払い量、取引数、流通カード数に基づく小売電子決済ネットワークである。製品・サービスには、トランザクション処理サービス、個人、企業、および政府のアカウント所有者向けのクレジット、デビット、プリペイド、および現金アクセスプログラムを含むビザブランドの支払い製品が含まれる。

業種

Business Services

連絡先

900 Metro Center Blvd

FOSTER CITY, CA

94404

United States

+1.302.6587581

https://usa.visa.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Alfred Francis Kelly

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Ryan McInerney

President

Vasant M. Prabhu

Vice Chairman of the Board, Chief Financial Officer

Kelly Mahon Tullier

Vice Chairman of the Board, Chief People and Administrative Officer

Rajat Taneja

President - Technology

統計

1.70 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

23.0K

2020

21.8K

2021

24.1K

2022(E)

28.3K
EPS (USD)

2019

5.440

2020

5.040

2021

5.910

2022(E)

7.054
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.81
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.35
株価純資産倍率(四半期)
11.27
株価キャッシュフロー倍率
31.88
総負債/総資本(四半期)
55.81
長期負債/資本(四半期)
53.15
投資利益率(過去12カ月)
18.43
自己資本利益率(過去12カ月)
15.03

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場=反発、オミクロン株による影響消化

米国株式市場は反発して取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」出現による影響を消化する中、このところの売りで値下がりした銘柄に買いが入った。

アマゾンの英国でのビザカード停止、解決する見込み=ビザCFO

米アマゾン・ドット・コムが英国で発行された米クレジットカード大手ビザのクレジットカード受け入れを来年1月中旬から停止すると発表した問題で、ビザのプラブ最高財務責任者(CFO)は19日、同問題は解決する見込みと述べた。

NY市場サマリー(18日)ドル高一服、S&Pとナスダック最高値

主要6通貨に対するドル指数は前日の取引で96.226と、2020年7月半ば以来の高水準を付けたが、この日の取引の終盤では0.272%安の95.553。

米国株式市場=S&Pとナスダックが最高値、小売・ハイテク好決算受け

米国株式市場は値動きの荒い展開となる中、S&P総合500種とナスダック総合が最高値を更新して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)当局者からタカ派的な発言があったものの、小売企業やハイテク企業の好決算が注目された。

米国株式市場=下落、インフレ・供給網巡る懸念で

米国株式市場は下落して取引を終えた。インフレやサプライチェーン(供給網)を巡る懸念に圧迫された。米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げを開始するとの見方が高まっている。

アマゾン、英国発行のビザカードを来年から受け入れ停止へ 高額手数料に反発

米アマゾン・ドット・コムは17日、英国で発行されたビザのクレジットカード受け入れを来年から停止すると発表した。手数料の高さが理由だ。

マスターカード、利益が4四半期連続で予想上回る 旅行回復が寄与

米クレジットカード大手マスターカードが28日発表した第3・四半期決算は4四半期連続で利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルス制限措置の緩和に伴う旅行や出張などの再開を追い風に、クロスボーダーの支出がコロナ禍前の水準を回復した。

ビザと電子決済大手との関係調査、独禁法巡り米司法省=WSJ

米司法省は米クレジットカード大手ビザに対する反トラスト法(独占禁止法)関連調査の一環として、同社とフィンテック大手との関係について調べている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が27日に報じた。

米ビザ、7─9月利益は予想上回る 旅行需要回復など追い風

米クレジットカード大手ビザが26日発表した第4・四半期(9月30日まで)決算は、利益が市場予想を上回った。コロナ禍で停滞していた経済の再開に伴う旅行需要の回復や、オンラインショッピングへの支出拡大が追い風となった。

マスターカード、仮想通貨サービス拡充 バックトと提携

米クレジットカード大手マスターカードは25日、同社のパートナーがデジタルウォレットを使った暗号資産(仮想通貨)の売買や保有ができるようにすると明らかにした。また仮想通貨をポイント代わりにためたり使ったりできようにする。

後払い決済の手数料転嫁禁止、豪中銀が業界慣行を廃止へ

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は22日、「BNPL(バイナウ・ペイレーター)」と呼ばれる後払い決済サービスについて、店舗が手数料を顧客に転嫁できるようにする方針を示した。

NY市場サマリー(11日)ドルが対円で3年ぶり高値、株式下落

<為替> ドルが上昇した。エネルギー価格の上昇を背景に安全通貨であるドルに資金が集まり、対円では約3年ぶりの高値を付けた。市場では米連邦準備理事会(FRB)が来月にもテーパリング(量的緩和の縮小)を発表するとの見方が広がっている。

米国株式市場=続落、決算発表シーズン控え不安定な値動き

米国株式市場は続落して取引を終えた。第3・四半期の決算発表シーズンを前に投資家が神経質な姿勢を強め、不安定な値動きとなった。

米ペイパル、後払いサービスのペイディを3000億円で買収

米決済大手ペイパル・ホールディングスは7日、後払いサービスのペイディ(東京・港)を3000億円で買収すると発表した。買収は現金で行う。今年10─12月までに完了させる予定。

米マスターカード、第2四半期利益が予想上回る 消費回復で

米クレジットカード大手マスターカードが29日発表した第2・四半期決算は利益が36%増加し市場予想を上回った。事業が再開し始め、旅行が回復の兆しを見せていることから、世界的に消費が回復し同社の業績を押し上げている。

中国「米超党派委はうそでっち上げ」、北京五輪スポンサー非難で

米議会の超党派委員会が27日にコカ・コーラなど2022年北京冬季五輪の米スポンサー企業が中国の人権問題よりも自社の利益を優先させていると非難したことを受け、在米中国大使館の報道官は同委員会が「中国を中傷するためにあらゆるうそをでっち上げることに夢中になっている」と述べた。

ブラジル決済会社コンダクター、米IPOに向け準備=関係筋

ブラジルの決済会社コンダクター(Conductor)は、米国で早ければ年内に新規株式公開(IPO)を果たすため、幹事金融機関を選定した。事情に詳しい関係筋が明らかにした。中南米の金融サービス業界には新規参入が相次ぎ、活気づいている。

米ビザ、4─6月期利益は予想上回る 経済再開やワクチン普及で

米クレジットカード大手ビザが27日発表した第3・四半期(6月30日まで)決算は、利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルスワクチンの接種が進み経済が再開されるに伴い、旅行や娯楽への支出が増加、決済額が膨らんだ。

米議会超党派委、北京冬季五輪の米スポンサーを非難 人権問題巡り

米議会の超党派委員会は27日、コカ・コーラなど2022年北京冬季五輪の米スポンサー企業が中国の人権問題よりも自社の利益を優先させているとして強く非難した。

大手ハイテク企業決算とFOMCに注目=今週の米株式市場

26日からの週の米株式市場では、ハイテクやインターネット大手などの企業決算のほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up