for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビザ・インク

V.N

現在値

229.44USD

変化

-0.69(-0.30%)

出来高

1,065,304

本日のレンジ

228.31

 - 

230.26

52週レンジ

174.80

 - 

238.05

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
230.13
始値
228.70
出来高
1,065,304
3か月平均出来高
136.56
高値
230.26
安値
228.31
52週高値
238.05
52週安値
174.80
発行済株式数
2,056.53
時価総額
473,654.50
予想PER
27.26
配当利回り
0.78

次のエベント

Dividend For V.N - 0.4500 USD

適時開示

その他

Visa Posts Q1 Revenue, Adj. EPS Above Estimates

Visa Inc. Fiscal Q1 2023 Financial Results

Visa Says Alfred F. Kelly, Jr. Chairman And CEO's 2022 Total Compensation Was $28.1 Million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビザ・インクとは

ビザ(Visa Inc)は、200以上の国と地域でデジタル決済を提供する決済テクノロジー企業である。【事業内容】消費者、商人、金融機関、企業、戦略的パートナー、及び政府機関を電子決済に接続する。決済サービスセグメントを通じて運営される。取引処理ネットワークである「VisaNet」は、支払い取引の承認、清算、決済を容易にし、金融機関や加盟店のクライアントに各種な製品、プラットフォーム、付加価値サービスを提供できるようにする。製品/サービスには、トランザクション処理サービスと「Visa」ブランドの支払い製品が含まれる。また、金融機関、フィンテック、商人が金融商品やサービスを構築し、金を動かすことを可能にするオープンバンキングプラットフォームである「Tink」を提供する。「Tink」を使用すると、顧客は金を移動したり、集計された財務データにアクセスしたり、リスクインサイトなどのスマートな金融サービスを使用したりできる。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

P.O. Box 8999

SAN FRANCISCO, CA

94128-8999

United States

+1.650.4323200

https://usa.visa.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Alfred Francis Kelly

Executive Chairman of the Board

Ryan Mcinerney

Chief Executive Officer, Director

Vasant M. Prabhu

Vice Chairman of the Board, Chief Financial Officer

Kelly Mahon Tullier

Vice Chairman of the Board, Chief People and Administrative Officer, Corporate Secretary

Rajat Taneja

President - Technology

統計

1.85 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

21.8K

2021

24.1K

2022

29.3K

2023(E)

32.3K
EPS (USD)

2020

5.040

2021

5.910

2022

7.500

2023(E)

8.441
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.69
株価純資産倍率(四半期)
13.55
株価キャッシュフロー倍率
29.48
総負債/総資本(四半期)
55.48
長期負債/資本(四半期)
55.48
投資利益率(過去12カ月)
23.46
自己資本利益率(過去12カ月)
18.14

最新ニュース

最新ニュース

暗号資産は混乱から脱却へ、CBDCは地政学的な限界に=BIS高官

国際決済銀行(BIS)高官は暗号資産(仮想通貨)市場が昨年の混乱で消滅したわけではない一方、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の新しい波は地政学的な限界に直面するとの見方を示した。

NY市場サマリー(27日)株続伸、利回り上昇 ドルは対ユーロで小幅高

<為替> ドルが対ユーロで小幅な上昇にとどまった。米個人消費の落ち込みとインフレの冷え込みを示す経済指標を受けた。

米国株式市場=続伸、週間でも値上がり 来週のFOMCに注目

米国株式市場は続伸し、不安定な展開となった今週の取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控える中、経済指標や企業の業績見通しは需要軟化の可能性と経済の底堅さ双方を示している。

アメックス、23年利益見通しが予想上回る 株価8カ月ぶり高値

[27日 ロイター] - 米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)が27日発表した2023年通年の利益見通しが市場予想を上回り、景気を巡る不透明感が個人消費を圧迫するという懸念を和らげた。

米ビザの10─12月期、利益予想上回る 収入伸びは鈍化

[26日 ロイター] - 米クレジットカード大手・ビザが26日発表した第1・四半期(2022年12月31日まで)決算は、景気減速にもかかわらず個人消費が堅調だったことで利益が予想を上回った。

米国株式市場=上昇、GDP受け景気懸念和らぐ テスラが高い

米国株式市場は上昇して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控える中、一連の経済指標や強弱入り交じる企業決算を受けて値動きの荒い展開となった。

米ビザ、10─12月期は増収 個人消費堅調で決済額急増

[26日 ロイター] - 米クレジットカード大手ビザが26日発表した第1・四半期(2022年12月31日まで)決算は、景気減速にもかかわらず個人消費が堅調だったことで決済額が急増し、収入が増加した。

マスターカード、今期収入見通しが予想下回る 景気減速で

[26日 ロイター] - 米クレジットカード大手マスターカードは26日、第1・四半期の収入が「1桁後半の伸び」になるという見通しを示し、アナリスト予想の10.7%増を下回った。米経済が減速する中、2023年がマスターカードにとって厳しい年となる可能性があるという懸念が強まった。

米ビザ、アフリカに今後5年で10億ドル投資 電子決済に期待

米クレジットカード大手ビザは14日、首都ワシントンでバイデン大統領が主催し開催中の米アフリカ首脳会議で、今後5年間でアフリカに総額10億ドルを投資する計画だと表明した。アフリカで急成長する電子決済に注目する。

米ビザ、新CEOにマキナニー社長 来年2月就任

[17日 ロイター] - 米クレジットカード大手ビザは17日、ライアン・マキナニー社長が来年2月1日付で最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。

米ペイパル、通期業績予想引き下げ 株価引け後11%安

[3日 ロイター] - 米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスは3日、広範な景気減速を織り込み、通年の増収率見通しを下方修正した。これを受け、株価は時間外取引で11%下落した。

米ペイパル、通年の業績予想を引き下げ 株価引け後11%安

[3日 ロイター] - 米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスは3日、通年の業績見通しを下方修正した。これを受け、株価は時間外取引で11%下落した。

米マスターカード、7─9月増収増益 今期増収率見通しは予想届かず

米クレジットカード大手マスターカードが27日発表した第4・四半期の増収率見通しは市場予想を下回った。

NY市場サマリー(26日)利上げ減速観測でドル下落、利回り低下 株反落

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し1%超下落。朝方発表された低調な米指標を受け、連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるという見方が強まった。ユーロは1カ月ぶりにドルとのパリティ(等価)を回復した。

UPDATE 2-米国株式市場=S&Pとナスダック4日ぶり反落、企業の業績見通しさえず

(内容を追加しました) [ニューヨーク 26日 ロイター] - 米国株式市場はS& P総合500種とナスダック総合が4日ぶりに反落して 取引を終えた。決算発表で企業が公表する業績見通しがさえず、世界的 な景気減速懸念が強まった。 ただ、こうした懸念に加え、カナダ銀行(中央銀行)が26日の会 合で実施した利上げ幅が市場予想よりも小幅にとどまったことから、米 連邦準備理事会(FRB)が来月1─2日の連邦公開市場委員会(FO MC)以降に利上げ幅の縮小を検討するのではないかとの期待も高まっ た。 マイクロソフトとアルファベットのさえな い決算...

米ビザ、第3四半期実質利益が予想超え 景気減速でも消費衰えず

米クレジットカード大手ビザが25日発表した第3・四半期決算は、実質利益が市場予想を上回った。決済処理額が大幅に増加したためで、米経済が減速しているにもかかわらず消費支出の勢いが続いていることが示された。

米競争当局、ビザとマスターをセキュリティー技術で調査中=WSJ

米連邦取引委員会(FTC)は米クレジットカード大手のビザとマスターカードが決済のセキュリティー対策で導入したトークン(文字列)方式が、デビットカードのオンライン決済システムの競争を抑制しているかどうかについて調査に入っている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が17日、消息筋の話として報じた。

再送-米ビザのトークンサービス、今年は発行倍増 不正利用を防止

決済大手のビザは24日、ビザ・トークン・サービス(VTS)によるトークン発行数が全世界で40億を超え、カードの発行総数を上回ったと発表した。

「クレジットカードは近く消える」、ブラジル中銀総裁がデジタル金融未来予想

ブラジル中央銀行のロベルト・カンポス・ネト総裁は12日に開催された暗号資産(仮想通貨)関連イベントで講演し、「オープンファイナンス」が発展して顧客が個人金融データをさまざまな機関と共有することになるのに伴って、クレジットカードは近いうちに姿を消すとの見方を示した。

NY市場サマリー(2日)ドル/円急伸、株式続落

<為替> ドル/円が急伸。米利上げが当面継続する可能性を示唆する連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受けた動き。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up