for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビザ・インク

V.N

現在値

185.59USD

変化

-2.08(-1.11%)

出来高

2,023,686

本日のレンジ

185.25

 - 

188.00

52週レンジ

174.84

 - 

236.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
187.67
始値
186.65
出来高
2,023,686
3か月平均出来高
133.73
高値
188.00
安値
185.25
52週高値
236.96
52週安値
174.84
発行済株式数
2,072.98
時価総額
388,257.50
予想PER
26.24
配当利回り
0.80

次のエベント

Q4 2022 Visa Inc Earnings Release

適時開示

その他

Saudi's Public Investment Fund Takes Share Stake In Starbucks, cuts in Visa

Visa Says On July 29, Federal Court Issued A Decision In Ongoing Litigation Involving Mindgeek

Visa reports Fiscal Third Quarter 2022 Financial Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ビザ・インクとは

ビザ(Visa Inc)は、200以上の国と地域でデジタル決済を提供する決済テクノロジー企業である。【事業内容】消費者、商人、金融機関、企業、戦略的パートナー、及び政府機関を電子決済に接続する。決済サービスセグメントを通じて運営される。取引処理ネットワークである「VisaNet」は、支払い取引の承認、清算、決済を容易にし、金融機関や加盟店のクライアントに各種な製品、プラットフォーム、付加価値サービスを提供できるようにする。製品/サービスには、トランザクション処理サービスと「Visa」ブランドの支払い製品が含まれる。また、金融機関、フィンテック、商人が金融商品やサービスを構築し、金を動かすことを可能にするオープンバンキングプラットフォームである「Tink」を提供する。「Tink」を使用すると、顧客は金を移動したり、集計された財務データにアクセスしたり、リスクインサイトなどのスマートな金融サービスを使用したりできる。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

P.O. Box 8999

SAN FRANCISCO, CA

94128-8999

United States

+1.650.4323200

https://usa.visa.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Alfred Francis Kelly

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Ryan McInerney

President

Vasant M. Prabhu

Vice Chairman of the Board, Chief Financial Officer

Kelly Mahon Tullier

Vice Chairman of the Board, Chief People and Administrative Officer, Corporate Secretary

Rajat Taneja

President - Technology

統計

1.77 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

23.0K

2020

21.8K

2021

24.1K

2022(E)

29.1K
EPS (USD)

2019

5.440

2020

5.040

2021

5.910

2022(E)

7.417
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.80
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.83
株価純資産倍率(四半期)
11.93
株価キャッシュフロー倍率
25.15
総負債/総資本(四半期)
67.06
長期負債/資本(四半期)
57.90
投資利益率(過去12カ月)
21.83
自己資本利益率(過去12カ月)
17.37

最新ニュース

最新ニュース

再送-米ビザのトークンサービス、今年は発行倍増 不正利用を防止

決済大手のビザは24日、ビザ・トークン・サービス(VTS)によるトークン発行数が全世界で40億を超え、カードの発行総数を上回ったと発表した。

「クレジットカードは近く消える」、ブラジル中銀総裁がデジタル金融未来予想

ブラジル中央銀行のロベルト・カンポス・ネト総裁は12日に開催された暗号資産(仮想通貨)関連イベントで講演し、「オープンファイナンス」が発展して顧客が個人金融データをさまざまな機関と共有することになるのに伴って、クレジットカードは近いうちに姿を消すとの見方を示した。

NY市場サマリー(2日)ドル/円急伸、株式続落

<為替> ドル/円が急伸。米利上げが当面継続する可能性を示唆する連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受けた動き。

UPDATE 2-米国株式市場=続落、ペロシ氏訪台で地政学的緊張高まる

(個別銘柄や出来高を追加しました) [2日 ロイター] - 米国株式市場は不安定な地合いの中、続落 して取引を終了した。ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、地政学的な 緊張が高まった。 2日夜に台湾に到着したペロシ氏は声明で、台湾に対する米国のコ ミットメントがこれまで以上に重要だと強調。一方、中国は台湾海峡の 平和と安定を著しく損なうと非難した。 大型株のマイクロソフトが1.1%、ビザも2.4 %、それぞれ下落し、S&P総合500種を圧迫。S&P500の主要 11セクターは全て下落し、不動産や金融の下げが目 立った。 中国へのエクスポージャー...

NY市場サマリー(2日)ドル/円急伸、株式続落

<為替> ドル/円が急伸。米利上げが当面継続する可能性を示唆する連邦準備理事 会(FRB)当局者の発言を受けた動き。 サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁とシカゴ地区連銀のエバンス総裁、クリー ブランド地区連銀のメスター総裁の3人は2日、経済活動にブレーキをかけ40年ぶりの 物価高に歯止めをかける水準まで利上げを継続する方針を巡り、FRBが引き続き「断固 として、完全に一致団結している」ことを示唆した。 終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.9%高の106.31。 ドルは対円で1.2%高の133.12円。米2年債利回りの上昇に追随...

米ビザ、4─6月期利益が予想上回る 底堅い個人消費と旅行需要で

米クレジットカード大手ビザが26日発表した第3・四半期(4─6月期)決算は、利益が市場予想を上回った。個人消費が底堅く推移したほか、夏休みの旅行需要が米国内で盛り上がり、カード利用額が増加した。

対米移民の抑制へ米企業から支援金32億ドル 副大統領発表

ハリス米副大統領の事務局は7日、中米から米国への移民急増の背景にある経済問題の解決に向け、米企業から資金支援の申し出が総額32億ドルに上ったことを明らかにした。

中国・ロシアの中銀、双方の国有決済システム活用議論へ

中国の駐ロシア大使は、中国とロシアの中央銀行が双方の国有決済システムの有効活用について議論すると明かした。タス通信が5日、大使のインタビュー記事を配信した。

マスターカード、第1四半期利益は予想上回る 旅行回復

米クレジットカード大手マスターカードが28日発表した第1・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。高インフレや新型コロナウイルス新変異株を巡る懸念による消費への影響は見られず、ペントアップデマンド(繰越需要)を追い風に旅行への支出が堅調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、目先的に底打ち感 5日線を上回る

<15:55> 日経平均・日足は「大陽線」、目先的に底打ち感 5日線を上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。終値は2万6847円 90銭。前日に長い下ヒゲが特徴の「たくり線」を引いて下方硬直性を感じさせたのに続 き、上値追いを鮮明にする動きとなったことで目先底打ち感が台頭している。 終値が5日移動平均線(2万6726円14銭=28日)を上回ったことも好材料。 きょうの段階では自律反発の印象が強いものの、同線が上向きに転じる、あるいはこのま ま25日移動平均線(2万7242円46銭=同)を上抜けば、本格反騰の期待...

日経平均は急反発、円安進行を好感 連休前に買い戻し活発化

東京株式市場で日経平均は急反発。外為市場でドル/円は130円台まで急速に円安が進行したことを好感した。大型連休前とあって見送りムードが強い中で、買い戻しが活発化したという。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が続落、IPOは高値発進後に乱高下

<15:10> 新興株はマザーズ総合が続落、IPOは高値発進後に乱高下 新興株式市場は、マザーズ総合が続落した。「大型連休を前にして積極的に買う投資 家が少なく、見送りムードが強い」(国内証券)という。 きょうグロース市場に新規上場したクリアルは公開価格を72.04%上回 る1600円で、ペットゴーは公開価格の2.35倍となる1295円でそれぞ れ初値を付け、いずれも寄り付いた後は乱高下した。 マザーズ総合は前営業日比0.68%安。セルソースがストップ安となった ほか、メルカリ、JTOWERなどがさえない。一方、前日に新規上場 したモイ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、大型連休を前に買い戻し活発化

<14:20> 日経平均は上げ幅拡大、大型連休を前に買い戻し活発化 日経平均は上げ幅を拡大。前日比で400円高前後の水準で推移している。市場では 日銀政策決定後の円安が好感された格好となったが、買い戻しが中心という。 市場では「円安で上がったというより、今週は売りから入った投資家が多いため、大 型連休を前に買い戻しが活発化したようだ。連休明け後の上昇を読む関係者も多い」(国 内証券)との声が聞かれた。 <12:38> 後場の日経平均250円超高、円安追い風 日銀は現状維持決定 日経平均は後場に入り上げ幅を拡大し、前営業日比250円超高の...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均250円超高、円安追い風 日銀は現状維持決定

<12:38> 後場の日経平均250円超高、円安追 い風 日銀は現状維持決定 日経平均は後場に入り上げ幅を拡大し、前営業日比250円超高の2万6600円台 半ばで推移している。為替の円安を追い風に上値を追う展開となっている。 日銀は金融政策決定会合で政策の現状維持を決定。外為市場ではドル/円が一時12 9.88円まで円安に振れる場面があった。 日銀は、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付き量的・質的金融 緩和政策の継続を賛成多数で決めた。連続指し値オペの運用を明確化し、明らかに応札が 見込まれない場合を除き、10年物国債金利...

前場の日経平均は反発、米先物や好決算銘柄が下支え

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比162円19銭高の2万6548円82銭と反発した。前日の米国株式市場はまちまちとなったが、時間外取引での米ナスダック先物の底堅い値動きや企業決算を材料視した個別物色が指数を下支えした。国内では明日から大型連休に入るため、上値追いには消極的だった。

今日の株式見通し=強もちあい、自律反発期待の買いが先行 連休やFOMCを前に手控えも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいの展開が想定されている。米国株が底堅い動きとなる中、前日の下げからの自律反発を期待した買いが先行するとみられる。買い一巡後は、大型連休や米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、積極的な売買は手控えられそうだという。中国経済減速への懸念はくすぶり、引き続き中国株の動向に関心が寄せられている。今日は日銀の金融政策決定会合の結果発表がある。

米国株式市場=ダウとS&P反発、マイクロソフトなどに買い

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が反発して終了した。前日に決算を発表したマイクロソフトとビザが力強い業績見通しを示したことで、世界的な景気減速と金利上昇に対する懸念が緩和された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(27日)ドル指数5年ぶり高値、ダウ・S&P反発

(株式の内容を追加しました) [27日 ロイター] - <為替> ドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)が来週追加利上げを実施するこ とが想定される中、主要6通貨に対するドル指数は5年ぶり高値を付けた。一方、ユーロ は下落。ロシアがポーランドとブルガリアへのガス供給を停止したことを受け、欧州の成 長を巡る懸念が高まった。 ユーロは一時、2017年3月以来の安値となる1.0515ドルに沈ん だ。終盤の取引では1.0561ドル近辺まで戻した。4月はこれまでに4.6%下落し ており、月間としては約7年ぶりの大幅な下げを記録する見通し。 ロシア...

NY市場サマリー(27日)ドル指数5年ぶり高値、ダウ・S&P反発

S&P500通信サービス指数は2.6%安。グーグルの持ち株会社アル ファベットが3.7%下落した。前日発表した四半期決算でユーチューブの広 告収入が減速し、売上高が市場予想を下回ったことを嫌気した。 メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)は通常取引で3.3%下落し たが、引け後の決算発表を受けて時間外取引で急伸した。 米国株式市場: <金先物> ドル高に伴う割高感を受けた売りが膨らみ、反落した。6月物の清算値 (終値に相当)は前日比15.40ドル(0.81%)安の1オンス=1888.70ド ルと、中心限月ベースで2カ月ぶりの安値となった...

米国株式市場=反発、マイクロソフトなどに買い

米国株式市場は反発して終了した。前日 に決算を発表したマイクロソフトとビザが力強い業績見 通しを示したことで、世界的な景気減速と金利上昇に対する懸念が緩和 された。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 33301.93 +61.75 +0.19 33450.9 33697. 33108. 2 18 89  前営業日終値 33240.18 ナスダック総合 12485.54 -5.20 -0.04 12500.8 12703. 12430. 8 79 90  前営業日終値 12490.74 S&P総合500 4183.91...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up