for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vale SA

VALE3.SA

現在値

79.85BRL

変化

2.07(+2.66%)

出来高

29,918,400

本日のレンジ

77.47

 - 

80.38

52週レンジ

61.85

 - 

118.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
77.78
始値
77.78
出来高
29,918,400
3か月平均出来高
635.12
高値
80.38
安値
77.47
52週高値
118.00
52週安値
61.85
発行済株式数
4,740.36
時価総額
388,825.30
予想PER
4.39
配当利回り
18.14

次のエベント

Q2 2022 Vale SA Earnings Release

適時開示

その他

Brazilian Miner Vale Says It Has Agreed To Sell Companies Comprising Its Center-West System To J&F Investimentos

Brazilian Miner Vale Says It Has Agreed To Sell Companies Comprising Its Center-West System To J&F Investimentos

Anglo American Says Talks With Vale On Serpentina Are Preliminary In Nature

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vale SAとは

ヴァーレ(Vale SA)(旧名:Companhia Vale do Rio Doce)は、ブラジルに拠点を置く金属・鉱業会社で、主に鉄鉱石とニッケルの生産を行い、鉄鉱石ペレット、銅、白金族金属(PGMs)、金、銀、コバルトの生産も行う。【事業内容】5カ国でグリーンフィールドの鉱物探査を行い、ブラジルをはじめ世界各地で鉄道、海上ターミナル、港湾等の物流システムを運営し、鉱山事業と一体化した事業を行う。さらに、世界中の鉄鉱石の配送をサポートする物流センターも有する。Vale Logistica Uruguay SA、Vale Holdings BV、Vale Overseas Ltd.、Valephanie Ltd.等の子会社を有する。海外での事業展開は、約30カ国に及ぶ。

業種

Metal Mining

連絡先

Praia de Botafogo

186 - Salas 501 a 1901, Botafogo

22.250-145

Brazil

+55.21.34853900

http://www.vale.com/brasil/

エグゼクティブリーダーシップ

Jose Luciano Duarte Penido

Independent Chairman of the Board

Eduardo De Salles Bartolomeo

Chief Executive Officer

Fernando Jorge Buso Gomes

Vice Chairman of the Board

Gustavo Duarte Pimenta

Chief Financial Officer, Executive Officer - Investor Relations

Marina Barrenne De Artago Quental

Executive Officer - People

統計

2.27 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

37.6K

2020

40.4K

2021

54.5K

2022(E)

49.1K
EPS (USD)

2019

1.115

2020

0.950

2021

4.470

2022(E)

3.620
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.05
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.38
株価純資産倍率(四半期)
2.07
株価キャッシュフロー倍率
2.73
総負債/総資本(四半期)
37.24
長期負債/資本(四半期)
34.31
投資利益率(過去12カ月)
31.64
自己資本利益率(過去12カ月)
27.07

最新ニュース

最新ニュース

ブラジル資源大手バーレ、米テスラとニッケル供給で長期契約

ブラジル資源大手バーレは5日提出した有価証券報告書で、米電気自動車(EV)大手テスラとニッケル供給の長期契約を締結したと明らかにした。カナダの拠点から高純度の「クラス1ニッケル」を提供するというが、契約期間などの詳細は不明。

ブラジルのバーレ、第1四半期の鉄鉱石生産は前年比6%減 豪雨が影響

ブラジル資源大手バーレは19日、第1・四半期の鉄鉱石生産が前年同期比6.0%減少したと発表した。ミナスジェライス州で1月に発生した豪雨の影響で生産が抑制された。

バーレなどブラジル南東部州で生産再開、大雨で一時停止

ブラジルの資源大手バーレを含む掘削業者は、南東部ミナスジェライス州での生産活動を再開した。同州は大雨により事故のリスクが高まり、物流の混乱が生じたため、一部で生産活動を一時停止していた。

ブラジル南東部で豪雨、鉄鉱石採掘の操業停止

ブラジル南東部では、ミナスジェライス州などを襲った豪雨の影響により複数の鉄鉱石採掘業者が操業を停止している。

中国宝武鋼鉄、温暖化対策で企業アライアンス 技術協力推進

中国鉄鋼最大手の中国宝武鋼鉄集団は、世界最大級の鉄鋼メーカーとして気候変動対策に取り組み、温室効果ガスの排出量を削減するためパートナー企業とアライアンスを設立したと発表した。

ブラジルのバーレ、第3四半期純利益は予想割れ 鉄鉱石価格が下落

ブラジルの資源大手バーレが28日発表した第3・四半期決算は、純利益が39億ドルとアナリスト予想の62億ドルを大幅に下回った。鉄鉱石価格の下落と石炭事業を巡る減損が響いた。

リオ・ティント、21年鉄鉱石出荷予想引き下げ 労働市場逼迫で

英豪系資源大手リオ・ティントは15日、西オーストラリア州の労働市場の逼迫により新規鉱山開発が遅れたため、2021年の鉄鉱石出荷見通しを下方修正した。

バーレ、上半期の配当76億ドル 2019年のダム事故以来最高

ブラジルの資源大手バーレは、上半期の配当を402億レアル(約76億ドル)とすると発表した。約300人の死者を出した2019年のダム決壊事故以降で最高の配当となる。

バーレ、第2四半期は純利益が大幅増 鉄鉱石価格の上昇で

ブラジルの資源大手バーレが28日発表した第2・四半期決算は、純利益が75億8600万ドルと前年同期比600%超急増した。リフィニティブのコンセンサス予想(76億7000万ドル)には届かなかった。

ブラジルダム事故巡るBHPへの賠償請求、英裁判所が審理再開容認

英ロンドンの控訴院は27日、ブラジルで2015年に発生した鉱山ダム決壊事故を巡り、同国の20万に上る個人・団体が英豪系資源大手BHPに対して起こした50億ポンド(69億ドル)の損害賠償訴訟について審理再開を認めた。

リオ・ティント、4─6月の鉄鉱石出荷は前年比12%減 悪天候響く

英豪系資源大手のリオ・ティントは16日、4─6月の鉄鉱石出荷量が前年同期比で12%減少したと発表した。豪西部の鉱山操業が悪天候の影響を受けた。ただ、鉄鉱石価格の急騰を背景に、今月の決算発表は好調な内容となる見通し。

ブラジルのバーレ、ベースメタル部門分離を検討 EV向け念頭

ブラジルの資源大手、バーレのエドゥアルド・バルトロメオ最高経営責任者(CEO)は27日、ベースメタル部門のスピンオフ(分離・独立)の可能性について綿密な分析を行っていると表明した。電気自動車(EV)向け電池材料の需要増から恩恵を受けられる体制づくりが念頭にある。

バーレ、第1四半期利益が予想上回る 旺盛な鉄鉱石需要で

ブラジルの資源大手バーレが26日発表した第1・四半期は、利益が予想を上回った。鉄部門の過去最高の業績に押し上げられた。

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル上昇、商品価格上昇など好感

オセアニア外国為替市場では、豪ドルが一時0.6%高の1豪ドル=0.7801米ドルと、1カ月ぶりの高値を記録した。

ブラジルのバーレ、第1四半期の鉄鉱石生産は前年比14.2%増

ブラジルの資源大手・バーレの第1・四半期の鉄鉱石生産は、前期から大幅減少した。一方、前年比では主要鉱山の生産設備改善を背景に増加した。

バーレ、第4・四半期はダム事故で巨額費用 中核利益は増加

ブラジルの資源大手バーレが発表した2020年第4・四半期決算は、ダム決壊事故に関連して49億ドルの引当金を計上したものの、鉄鉱石価格の上昇を背景に中核利益は増加した。

バーレ、ボストン・メタルの少数株取得 温室効果ガス削減目指す

ブラジル資源大手バーレは9日、米金属関連技術会社ボストン・メタルの少数株式を600万ドルで取得したと明らかにした。新技術による地球温暖化ガスの排出削減を目指す動きの一環。

三井物産、炭鉱・港湾インフラ事業をバーレに譲渡 それぞれ1ドルで

三井物産は21日、ブラジルの資源大手バーレとモザンビークで協業する炭鉱・港湾インフラ事業について、三井物産が保有する全持ち分と付随する融資をバーレにそれぞれ1ドルで譲渡することで基本合意したと発表した。2021年中の完了を目指す。

BHP、2021年度の鉄鉱石生産は過去最高に

豪英資源大手BHPグループは20日、2021年度の鉄鉱石生産が過去最高になるとの見通しを示した。ブラジル事業の再開や鉄鉱石価格の上昇が背景。

コラム:中南米社債、高利回り志向の投資家には妙味十分

中南米社債には今後追い風が吹くだろう。新型コロナウイルスのパンデミックにより、5月初めから6月の間こそ、この地域の企業のデフォルト(債務不履行)が増加した。しかし高利回りを渇望する投資家は、そうしたリスクをある程度無視するとみられる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up