for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

VF コーポレーション

VFC

現在値

30.62USD

変化

-0.52(-1.67%)

出来高

4,646,991

本日のレンジ

30.07

 - 

31.50

52週レンジ

25.05

 - 

65.19

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
31.14
始値
30.53
出来高
4,646,991
3か月平均出来高
125.68
高値
31.50
安値
30.07
52週高値
65.19
52週安値
25.05
発行済株式数
388.57
時価総額
11,897.89
予想PER
15.03
配当利回り
6.66

次のエベント

Q3 2023 VF Corp Earnings Release

適時開示

その他

Vf Corp Says In Consideration For Benno Dorer's Service As Interim President And CEO, He Will Be Eligible For Base Salary Of $1.3 Mln Per Year

VF Corp CEO Steve Rendle Retires

VF Corporation Introduces Fiscal Year 2027 Long-Term Strategic Plan And Financial Targets With Revised Outlook For Fiscal Year 2023

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

VF コーポレーションとは

ヴィ・エフ(VF Corp)は、アパレル、フットウェア、アクセサリーの会社である。【事業内容】ブランドのライフスタイルアパレル、フットウェア、および関連製品の設計、製造、調達、マーケティング、および流通を行う。セグメントには、アウトドア、アクティブ、ワークが含まれる。アウター、フットウェア、アパレル、バックパック、ラゲッジ、アクセサリーのカテゴリーのブランドのポートフォリオを所有する。製品は、主に専門店、全国チェーン、量販店、デパート、独立運営のパートナーシップストア、および戦略的デジタルパートナーとの卸売チャネルを通じて、消費者に販売される。製品は、VFが運営する店舗、売店、ブランドのeコマースサイト、その他のデジタルプラットフォームなど、独自の直接販売事業を通じて消費者に販売される。ブランドには、主に「Vans」、「The North Face」、「Timberland」、「Dickies」が含まれる。

業種

Apparel/Accessories

連絡先

1551 Wewatta Street

DENVER, CO

80202

United States

+1.720.7784000

https://www.vfc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Richard T. Carucci

Interim Chairman of the Board

Benno O. Dorer

Interim President, Chief Executive Officer, Director

Matt H. Puckett

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Kevin D. Bailey

Global Brand President, Vans

Nicole Otto

Global Brand President of The North Face

統計

2.96 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2023(E)

11.5K
EPS (USD)

2023(E)

2.072
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
3.86
株価キャッシュフロー倍率
17.32
総負債/総資本(四半期)
196.10
長期負債/資本(四半期)
114.27
投資利益率(過去12カ月)
4.48
自己資本利益率(過去12カ月)
3.06

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場=下落、FRBの利上げ巡る懸念が再燃

米国株式市場は下落して取引を終えた。サービス部門の指標が市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FRB)の利上げが長期化するのではないかという懸念が再燃した。また、中国で生産を削減するとの報道を受け、電気自動車(EV)大手テスラが売られた。

米小売株は小動き、控えめな年末商戦滑り出しを反映

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米国で25日、年末商戦の幕開けとなるブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)のセールが始まった。根強いインフレや金利上昇が家計を圧迫する中、年末商戦の支出動向が注視されているが、この日の客足は比較的まばらで、株式市場では小売株が総じて小動きとなった。

メルセデスとリビアン、東欧で折半出資の電動大型バン生産を計画

ドイツ自動車大手メルセデス・ベンツ傘下のメルセデス・ベンツ・バンズは8日、電気自動車(EV)の米新興リビアンとの折半出資でEV大型バンの欧州工場を5年以内につくる覚書を交わしたと発表した。ポーランドかハンガリーかルーマニアのいずれかになる見込みという。

コラム:中国、アウトドアブームで生まれる絶好の商機

中国で始まったアウトドアブームが、絶好の商機になる可能性を秘めている。ロックダウン(都市封鎖)に疲れ果て、同時に新型コロナウイルスの感染を恐れる中間層の人々は、こぞってゴアテックス素材の衣類を身につけ、森の中で寝泊まりしつつある。ブランドメーカーにとっては、急成長する高級アウトドア用品市場で稼ぐチャンスだ。

アングル:欧米アパレルがアジア離れ、供給網混乱で生産シフト

欧米のアパレル大手やシューズメーカーが、生産拠点をアジアから欧米の店舗に近い地域へと移している。ベトナムと中国で今年、新型コロナウイルスのデルタ株感染が再発し、生産が数週間にわたって減少ないし停止したからだ。

NY市場サマリー(21日)ドル上昇、株はまちまち

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し上昇。堅調な米製造業指標が追い風となった。しかし、米連邦準備理事会(FRB)による緩和縮小(テーパリング)を巡る懸念が和らぐ中、週間では下落する見通し。

米国株式市場=まちまち、ボーイング買われダウ上昇

米国株式市場はインフレ懸念がくすぶる中、まちまちの展開となった。個別銘柄では米ボーイングが買われ、ダウ工業株30種が上昇した。

米機関投資家団体、新疆ウイグル人権問題で企業に圧力

中国の新疆ウイグル自治区の人権問題に関して、宗教団体などの機関投資家は欧米企業への圧力を強めている。

米「バンズ」親会社が人気ブランド「シュプリーム」買収、21億ドル

「バンズ」や「ティンバーランド」、「ノース・フェイス」などのブランドを展開する米衣料品製造大手VFコープ<VFC.N>は9日、人気ストリートブランド「シュプリーム」を21億ドルで買収すると発表した。

米フェイスブックへの広告ボイコット広がる、パタゴニアも賛同

米フェイスブック<FB.O>のヘイトスピーチ(憎悪表現)対策が不十分だとし、同社への広告をボイコットする動きが広がっている。アウトドアブランド大手のパタゴニアも、広告掲載を一時停止すると発表した。

米企業、起債で融資枠の返済原資調達する動き広がる=バンカメ

バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のアナリストによると、新型コロナウイルスに端を発する相場急落を受けて銀行の融資枠から資金を引き出した米企業の間で、起債して返済原資を調達する動きが広がっている。米企業部門の資金逼迫が和らぎつつある可能性を示しているという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up