for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vir Biotechnology Inc

VIR.O

現在値

44.31USD

変化

-1.63(-3.55%)

出来高

2,279,214

本日のレンジ

43.86

 - 

49.49

52週レンジ

25.31

 - 

141.01

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
45.94
始値
45.88
出来高
2,279,214
3か月平均出来高
25.41
高値
49.49
安値
43.86
52週高値
141.01
52週安値
25.31
発行済株式数
130.83
時価総額
5,799.30
予想PER
27.55
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2021 Vir Biotechnology Inc Earnings Release

適時開示

その他

UK MHRA Approves GSK-Vir's Covid-19 Treatment Xevudy (Sotrovimab)

GSK, Vir Say COVID-19 Antibody Drug Met Main Goal In Late-Stage Study

Vir Biotechnology Reports Q3 2021 Financial Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vir Biotechnology Incとは

ウィル・バイオテクノロジー(Vir Biotechnology, Inc)は、臨床段階の免疫学会社である。【事業内容】重大な感染症を治療・予防するための治療法の開発を行う。テクノロジープラットフォームは、抗体、T細胞、自然免疫、低分子干渉リボ核酸(siRNA)に焦点を当てる。パイプラインは、B型肝炎ウイルス(HBV)、インフルエンザA、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)及び結核(TB)をターゲットとする製品候補で構成される。製品候補には、「VIR-2218」、「VIR-3434」、「VIR-2482」、「VIR-1111」及び「VIR-2020」が含まれる。HBVの機能的治療のために「VIR-2218」と「VIR-3434」を開発する。「VIR-2218」は、皮下投与されたHBVターゲティングsiRNAである。「VIR-3434」は、皮下投与されたHBV中和モノクローナル抗体(mAb)である。「VIR-2482」は、筋肉内投与されたインフルエンザA中和mAbである。「VIR-1111」は、皮下投与されたHIVのT細胞ワクチンである。「VIR-2020」は、皮下投与されたTBのT細胞ワクチンである。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

499 Illinois St Ste 500

SAN FRANCISCO, CA

94158-2521

United States

+1.415.9064324

https://www.vir.bio/

エグゼクティブリーダーシップ

Vicki L. Sato

Independent Chairman of the Board

George A. Scangos

President, Chief Executive Officer, Director

Howard Horn

Chief Financial Officer, Secretary

Herbert Whiting Virgin

Executive Vice President of Research and Chief Scientific Officer

Ann M. Hanly

Chief Technology Officer

統計

2.25 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

0.0K

2020

0.1K

2021(E)

0.6K
EPS (USD)

2019

-5.760

2020

-2.510

2021(E)

1.609
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.39
株価純資産倍率(四半期)
6.62
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-11.11
自己資本利益率(過去12カ月)
-9.50

最新ニュース

最新ニュース

グラクソのコロナ治療薬、オミクロン株にも効果

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は2日、米バイオテクノロジー会社Virと共同開発した新型コロナウイルス感染症に対する抗体治療薬「ゼビュディ(一般名:ソトロビマブ)」について、臨床試験前の研究所での試験やハムスターを使った研究でオミクロン変異株にも効果があることが示されたと発表した。

グラクソのコロナ治療薬、オミクロン株にも効果

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は2日、米バイオテクノロジー会社Virと共同開発した新型コロナウイルス感染症に対する抗体治療薬「ソトロビマブ」について、臨床試験前の分析でオミクロン変異株にも効果があることが示されたと発表した。

抗体カクテル療法の効果低下の恐れ、オミクロン株=米リジェネロン

米製薬リジェネロン・ファーマシューティカルズは30日、同社が開発した新型コロナウイルス抗体カクテル療法や同種の療法について、新変異株「オミクロン」に対し効果が低下する可能性があると明らかにした。

英GSKと米ウィルのコロナ抗体薬、米国が10億ドル分確保

英グラクソ・スミスクライン(GSK)と米ウィル・バイオテクノロジーは17日、抗体を用いた新型コロナウイルス治療薬「ソトロビマブ」について、米政府と10億ドル規模の契約を結んだと発表した。

グラクソ・ウィル開発のコロナ治療薬、注射でも点滴と同等の効果

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)と米バイオテクノロジー会社ウィル・バイオテクノロジーは12日、共同開発した新型コロナウイルス感染症治療薬「ソトロビマブ」について、腕への筋肉注射を行った場合でも通常の点滴で投与した場合と同等の効果が認められたと発表した。

米イーライリリー、コロナ抗体薬のEU承認申請取り下げ 需要小さいと判断

米医薬品イーライリリーは新型コロナウイルス抗体治療薬について、欧州連合(EU)当局に提出していた承認申請を取り下げた。EUが他のメーカーに軸足を移す中、EU域内で自社製品の需要は大きくないと判断した。

米、来春までにコロナ制御も ワクチン接種拡大なら=ファウチ氏

米大統領首席医療顧問を務めるファウチ国立アレルギー・感染症研究所所長は24日、新型コロナウイルスワクチンの正式承認がさらに進み、ワクチン接種が一段と拡大すれば、米国は来年初旬までに新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を制御できるとの認識を示した。

EU、抗体治療薬などをコロナ推奨治療薬に指定

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は29日、米イーライリリーなどが開発した抗体治療薬や関節リウマチ治療薬を、新型コロナウイルスの推奨治療薬に指定した。

米当局、イーライリリーのコロナ薬併用療法の配布停止

米厚生省は25日、医薬品大手イーライリリーの新型コロナウイルスに対する抗体治療薬「バムラニビマブ」および「エテセビマブ」の併用療法について、ブラジルと南アフリカで最初に確認された変異株に対して有効性を示さなかったことが実験室分析で判明したため、配布を一時停止したと発表した。

抗体カクテル併用療法、コロナ変異株に有効 動物実験=ワシントン大

2種類の抗体カクテルを使用する併用療法が幅広い新型コロナウイルス変異株に対して有効であることが動物実験で示されたと、ワシントン大学医学部が21日発表した。

アストラゼネカの新型コロナ抗体薬、後期試験で十分な効果示せず

英アストラゼネカは15日、「モノクローナル抗体」を2種類組み合わせた抗体カクテル医薬品「AZD7442」について、後期臨床試験で新型コロナウイルスの感染者と接触した人の発症予防効果を十分に証明できなかったと明らかにした。

米FDA、ウィル・GSKのコロナ抗体薬に緊急使用許可

米食品医薬品局(FDA)は26日、米ウィル・バイオテクノロジーと英グラクソ・スミスクライン(GSK)が開発した抗体医薬品「ソトロビマブ」について、12歳以上で軽度から中等度の新型コロナウイルス感染症患者を対象とした緊急使用許可を出した。

コロナ抗体医薬併用療法の効果確認、イーライリリーとウィル

新型コロナウイルス感染症治療を巡り、米医薬品大手イーライリリーと米ウィル・バイオテクノロジーがそれぞれ開発した 抗体医薬を併用すると、低リスク患者のウイルス数が減少することが中期臨床試験(治験)で確認された。

米ウィルと英GSK、コロナ治療薬の緊急使用許可を米などで申請へ

米ウィル・バイオテクノロジーと英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)は10日、共同開発した新型コロナウイルス抗体治療薬の良好な治験結果を受け、米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請すると発表した。

英GSK、コロナ抗体医薬の初期治験拡大 安全性確認

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>と米バイオテクノロジー会社のウィル・バイオテクノロジー<VIR.O>は、共同開発している新型コロナウイルス感染症向け抗体医薬の安全性が確認されたため、臨床試験(治験)を拡大する。

英GSK、コロナ抗体医薬の初期治験開始へ 米ウィルと共同開発

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>は31日、米バイオテクノロジー会社のウィル・バイオテクノロジー<VIR.O>と共同で新型コロナウイルス感染症治療薬として開発している抗体医薬について、初期の臨床試験(治験)を開始すると発表した。

アングル:新型コロナ、次の革命的療法は「人工抗体」か

世界は今、新型コロナウイルスのワクチンを待望しているところだが、次の大きな前進はがんなどの治療に広く用いられている生命工学的な抗体療法から得られるかもしれない。

米バイオ製薬2社、年末までに新型コロナ治療薬の治験開始へ

米感染症薬開発のビア・バイオテクノロジーとアルナイラム・ファーマシューティカルズは年末までに「COVID─19(新型コロナウイルス感染症)」治療薬の臨床試験を開始する計画だ。

米欧保健当局と製薬16社、新型コロナ薬・ワクチン開発で連携

米国立衛生研究所(NIH)は17日、米欧保健当局と医薬品大手16社が新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の開発で連携すると発表した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(7日現在)

ジェネリック(後発)医薬品の主要供給国であるインドは、24の医薬品有効成分(API)と同APIから製造した薬品の輸出制限を解除した。理由は明らかにしていない。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up