for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vir Biotechnology Inc

VIR.O

現在値

62.63USD

変化

-1.48(-2.31%)

出来高

952,883

本日のレンジ

56.75

 - 

63.84

52週レンジ

25.31

 - 

141.01

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
64.11
始値
60.82
出来高
952,883
3か月平均出来高
32.54
高値
63.84
安値
56.75
52週高値
141.01
52週安値
25.31
発行済株式数
127.42
時価総額
8,006.42
予想PER
-28.49
配当利回り
--

適時開示

その他

Vir Biotechnology Reports Q4 Loss Per Share Of $0.83

GSK And Vir Biotechnology Expand Coronavirus Collaboration To Advance New Therapeutics For Influenza And Other Respiratory Viruses

Gilead And Vir Biotechnology Establish Clinical Collaboration To Explore Functional Cure For Chronic Hepatitis B Virus

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vir Biotechnology Incとは

ウィル・バイオテクノロジー(Vir Biotechnology, Inc)は、臨床段階の免疫学会社である。【事業内容】重大な感染症を治療・予防するための治療法の開発を行う。テクノロジープラットフォームは、抗体、T細胞、自然免疫、低分子干渉リボ核酸(siRNA)に焦点を当てる。パイプラインは、B型肝炎ウイルス(HBV)、インフルエンザA、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)及び結核(TB)をターゲットとする製品候補で構成される。製品候補には、「VIR-2218」、「VIR-3434」、「VIR-2482」、「VIR-1111」及び「VIR-2020」が含まれる。HBVの機能的治療のために「VIR-2218」と「VIR-3434」を開発する。「VIR-2218」は、皮下投与されたHBVターゲティングsiRNAである。「VIR-3434」は、皮下投与されたHBV中和モノクローナル抗体(mAb)である。「VIR-2482」は、筋肉内投与されたインフルエンザA中和mAbである。「VIR-1111」は、皮下投与されたHIVのT細胞ワクチンである。「VIR-2020」は、皮下投与されたTBのT細胞ワクチンである。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

499 Illinois St Ste 500

SAN FRANCISCO, CA

94158-2521

United States

+1.415.9064324

https://www.vir.bio/

エグゼクティブリーダーシップ

Vicki L. Sato

Independent Chairman of the Board

George A. Scangos

President, Chief Executive Officer, Director

Jay Parrish

Chief Business Officer

Howard Horn

Chief Financial Officer, Secretary

Herbert Whiting Virgin

Executive Vice President of Research and Chief Scientific Officer

統計

2.14 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

0.0K

2020

0.1K

2021(E)

0.2K
EPS (USD)

2019

-5.760

2020

-2.510

2021(E)

-2.013
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
105.89
株価純資産倍率(四半期)
9.79
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.07
長期負債/資本(四半期)
0.04
投資利益率(過去12カ月)
-41.26
自己資本利益率(過去12カ月)
-37.60

最新ニュース

最新ニュース

英GSK、コロナ抗体医薬の初期治験拡大 安全性確認

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>と米バイオテクノロジー会社のウィル・バイオテクノロジー<VIR.O>は、共同開発している新型コロナウイルス感染症向け抗体医薬の安全性が確認されたため、臨床試験(治験)を拡大する。

英GSK、コロナ抗体医薬の初期治験開始へ 米ウィルと共同開発

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>は31日、米バイオテクノロジー会社のウィル・バイオテクノロジー<VIR.O>と共同で新型コロナウイルス感染症治療薬として開発している抗体医薬について、初期の臨床試験(治験)を開始すると発表した。

アングル:新型コロナ、次の革命的療法は「人工抗体」か

世界は今、新型コロナウイルスのワクチンを待望しているところだが、次の大きな前進はがんなどの治療に広く用いられている生命工学的な抗体療法から得られるかもしれない。

米バイオ製薬2社、年末までに新型コロナ治療薬の治験開始へ

米感染症薬開発のビア・バイオテクノロジーとアルナイラム・ファーマシューティカルズは年末までに「COVID─19(新型コロナウイルス感染症)」治療薬の臨床試験を開始する計画だ。

米欧保健当局と製薬16社、新型コロナ薬・ワクチン開発で連携

米国立衛生研究所(NIH)は17日、米欧保健当局と医薬品大手16社が新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の開発で連携すると発表した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(7日現在)

ジェネリック(後発)医薬品の主要供給国であるインドは、24の医薬品有効成分(API)と同APIから製造した薬品の輸出制限を解除した。理由は明らかにしていない。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(7日現在)

米ニューヨーク、ニュージャージー両州の知事は6日、新型コロナウイルス危機が安定期に差し掛かりつつある可能性を示す初期の兆候が見られると述べた。しかし、全米での新型コロナ感染症による死者は1万人を突破し、予断を許さない状況が続いている。

グラクソ、米感染症薬開発企業に2.5億ドル出資 新型コロナで提携

英製薬大手グラクソ・スミスクライン<GSK.L>は6日、感染症薬開発のVIRバイオテクノロジー<VIR.O>に2億5000万ドル出資し、新型コロナウイルス治療開発で連携すると発表した。

米イーライリリーと加アブセレラ、新型コロナ治療薬を共同開発

米医薬品大手イーライリリー<LLY.N>と非上場のバイオテクノロジー企業アブセレラ・バイオロジクスは12日、新型コロナウイルス感染症を治療・予防するための抗体製品を共同開発すると発表した。

ソフトバンクG出資の米医薬ベンチャー、IPO価格は仮条件の下限に

ソフトバンクグループ<9984.T>運営のビジョン・ファンドなどが出資する感染症薬開発の米VIRバイオテクノロジーは10日、米市場での新規株式公開(IPO)で公開価格を仮条件の下限である20ドルに設定した。調達額は1億4290万ドルとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up