for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バレロ・エナジー・コーポレーション

VLO.N

現在値

94.53USD

変化

1.64(+1.77%)

出来高

806,313

本日のレンジ

92.94

 - 

94.77

52週レンジ

68.81

 - 

101.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
92.89
始値
93.16
出来高
806,313
3か月平均出来高
67.73
高値
94.77
安値
92.94
52週高値
101.99
52週安値
68.81
発行済株式数
410.65
時価総額
38,145.53
予想PER
18.44
配当利回り
3.88

次のエベント

Q4 2019 Valero Energy Corp Earnings Release

適時開示

その他

Valero Announces Long-Term Agreements For Three Additional Refined Product Terminals In Mexico

Valero Energy Posts Qtrly Revenue of $27,249 Million

Valero-Darling Ingredients JV To Develop New Renewable Diesel Plant In Texas

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

バレロ・エナジー・コーポレーションとは

バレロ・エナジー(Valero Energy Corporation)は独立石油リファイナーとエタノール生産者である。【事業内容】同社のセグメントには精製、エタノール、Valero Energy Partners LP(VLP)が含まれる。精製セグメントには、精製事業および関連するマーケティング活動が含まれている。エタノールセグメントには、エタノール事業及びそれに関連するマーケティング活動、並びにエタノール事業を支援する物流資産が含まれる。同社は精製事業を支援する物流資産(原油パイプライン、精製石油製品パイプライン、ターミナル、タンク、船舶埠頭、トラックラックベイおよびその他の資産)を所有している。これらの資産の一部は、同社が所有する中流マスターリミテッドパートナーシップであるVLPが所有する。VLPの資産には、米国湾岸および米国中部大陸地域の原油および精製石油製品のパイプラインおよびターミナルシステムが含まれる。同社の製油所は、伝統ガソリン、高級ガソリン、潤滑油などを生産する。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

PO Box 696000

+1.210.3452000

https://www.valero.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Joseph W. Gorder

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Donna M. Titzman

Chief Financial Officer, Executive Vice President

R. Lane Riggs

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Jason W. Fraser

Executive Vice President, General Counsel

Gary K. Simmons

Senior Vice President–Supply, International Operations and Systems Optimization

統計

1.95 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

75.7K

2017

94.0K

2018

117.0K

2019(E)

105.0K
EPS (USD)

2016

3.720

2017

4.960

2018

7.370

2019(E)

5.038
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.98
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.35
株価純資産倍率(四半期)
1.81
株価キャッシュフロー倍率
8.16
総負債/総資本(四半期)
45.35
長期負債/資本(四半期)
43.45
投資利益率(過去12カ月)
6.39
自己資本利益率(過去12カ月)
4.77

最新ニュース

最新ニュース

メキシコ湾岸の米エネルギー施設、熱帯低気圧で生産に影響

熱帯性低気圧「イメルダ」が、メキシコ湾岸の米エネルギー施設に大きな被害をもたらしている。施設の関係者によると、テキサス州では19日、洪水により製油所や石油パイプライン、ターミナルなどが閉鎖を余儀なくされている。

トランプ米大統領、エタノールに関する「巨大プログラム」の計画示唆

トランプ米大統領は29日、エタノールに関する「巨大プログラム」を計画していると述べた。政府が製油所へのエタノール混合義務適用除外措置を拡大したことに対する農家の反発を和らげることが狙い。

アングル:対メキシコ関税が米精製業者に打撃、燃料価格上昇も

トランプ米大統領がメキシコからの輸入品に関税をかける方針を示したことで、両国間のエネルギー貿易が阻害され、結果としてメキシコ産原油を利用する米国の精製業者が打撃を受ける恐れがある。

国営ベネズエラ石油、米制裁で輸入燃料の積み下ろし困難に=役員

に対する米国の制裁発動を受け、同社は国内向け輸入燃料の決済を完了することができず、積み下ろしが困難になっている。同社役員が30日、ロイターに明らかにした。

アングル:米製油業者、ベネズエラに代わる調達先確保に必死

米政府が28日、国営ベネズエラ石油(PDVSA)に幅広い制裁を科したことを受け、ベネズエラ産原油を輸入していた米国の製油業者は代わりの調達先の確保に奔走している。

ベネズエラ石油会社への米制裁、輸出入業者が対応に奔走

に対する制裁を発表してから24時間以上が経過したが、商社や石油精製業者はいまだ、米当局者が「極めて複雑」と呼ぶ同制裁の禁止事項を理解し切れていない。

ベネズエラ、米国と断交 国会議長の「暫定大統領」承認受け

トランプ米政権は23日、ベネズエラの野党指導者であるフアン・グアイド国会議長を暫定大統領として承認すると同時に、主要産業である原油部門に新たな制裁措置を導入する可能性があることを示し、同国のマドゥロ政権に対する圧力を強めた。

トランプ米大統領、高エタノールガソリンの夏季販売解禁へ

トランプ米大統領は、エタノール混合比率の高いガソリンの夏季販売を解禁し、通年販売を可能にする方針を9日に発表する見通し。ホワイトハウスの高官が明らかにした。中間選挙を前に、エタノール原料を生産する米中西部の農家らの要請に応える。

米アナダルコ、ハリケーンに備えメキシコ湾岸の生産設備2基停止

米石油・ガス開発大手アナダルコ・ペトロリアム<APC.N>は3日、ハリケーンに発達すると予想される熱帯低気圧の接近に備えてメキシコ湾北部の石油プラットフォーム2基から作業員を退避させ、生産を停止したことを明らかにした。

米戦略石油備蓄、エクソンなど6社が1100万バレル購入 イラン制裁控え

米エネルギー省は31日付の書面で、石油大手エクソンモービルなど6社が戦略石油備蓄(SPR)から計1100万バレルの原油を購入したと発表した。

米バレロ、精製能力で国内最大の座を維持=EIA

米エネルギー情報局(EIA)は25日、同国の製油大手バレロ・エナジー<VLO.N>が、精製能力ベースで国内最大手の座を維持したと発表した。

BUZZ-外株:米石油精製・販売業界を「アトラクティブ」に引き上げ=モルガンS

*モルガン・スタンレー、米石油精製・販売業界の評価を「インライン」(平均的)から「アトラクティブ」(妙味あり)に引き上げ。

焦点:トランプ氏の報復か、欧州向け米原油がOPECの痛手に

原油相場の均衡を図ろうとする石油輸出国機構(OPEC)の努力が実を結ぶ中、米国産原油はその恩恵を受け、欧州にかつてないほど押し寄せている。

再生可能燃料基準を巡る対立、米大統領が歩み寄り求める

トランプ米大統領は1日、再生可能燃料基準(RFS)を巡って対立しているトウモロコシ生産業界と製油業界に対し、歩み寄りを求めた。

米ガソリン小売価格が上昇、テキサス州製油所の稼動再開に反応せず

米国のガソリン小売価格は5日、上昇した。ハリケーン「ハービー」の影響で稼動が停止していたテキサス州沿岸部の製油所は再開し始めているが、価格上昇に歯止めはかかっていない。

米パイプライン大手が輸送再開、ハリケーン後の供給懸念が緩和

米パイプライン最大手のコロニアル・パイプラインは3日、米テキサス州にある蒸留油の輸送ラインを4日から、ガソリンの輸送ラインを5日から再開すると発表した。同社は当初、両ラインとも3日からの再開を見込んでいた。

テキサス州の一部製油所が操業再開へ、ハリケーン直撃から1週間

先月25日に大型ハリケーン「ハービー」の直撃を受けた米南部テキサス州の沿岸部では、浸水などの被害に伴う製油所の閉鎖から1週間が経つ中、一部の製油所が操業再開に取り組んでいる。

戦略石油備蓄から350万バレルの追加放出許可=米エネルギー省

米エネルギー省は1日、ハリケーン「ハービー」の影響に対処するため、戦略石油備蓄(SPR)から最大450万バレルの放出をエネルギー長官が許可したと明らかにした。同省は前日、100万バレルを放出する方針を発表しており、350万バレルの追加放出が認められた格好だ。

「ハービー」被害拡大、死者25人・行方不明17人に

米テキサス州を直撃した大型ハリケーン「ハービー」による被害は拡大し、洪水などでこれまでに少なくとも25人が死亡、3万2000人が避難を強いられた。熱帯低気圧に変わった後も30日朝にルイジアナ州に再上陸し、テキサスとの州境に停滞している。

メキシコ湾岸製油所、洪水で稼動停止相次ぐ 米燃料価格が急上昇

米メキシコ湾岸では28日、ハリケーンから熱帯低気圧に変わった「ハービー」による大規模な洪水の影響で稼動を停止する製油所がさらに増え、米国の製油能力の13%超が停止状態となった。これを受け、ガソリンなど燃料価格が急上昇した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up