for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vodafone Group plc

VOD.L

現在値

121.22GBp

変化

0.00(0.00%)

出来高

35,655,524

本日のレンジ

120.28

 - 

121.84

52週レンジ

106.30

 - 

141.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
121.22
始値
121.58
出来高
35,655,524
3か月平均出来高
1,941.57
高値
121.84
安値
120.28
52週高値
141.60
52週安値
106.30
発行済株式数
27,885.02
時価総額
33,816.45
予想PER
13.36
配当利回り
6.22

次のエベント

Vodafone Group PLC Social Contract Investor Briefing

適時開示

その他

Vodafone says progressing consolidation, declines comment on specific deals

Bharti Airtel Buys 4.7% Of Indus Towers From Affiliate Of Vodafone Group

Vodafone Engages With Market On Potential Sale Of Vodafone New Zealand Mobile Tower Assets

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vodafone Group plcとは

ボーダフォン・グループ(Vodafone Group Plc)は電気通信会社である。【事業内容】同社の事業は、欧州とアフリカ、中東、アジア太平洋(AMAP)の2つの地域に組織される。同社は欧州事業とAMAP事業を運営する。欧州セグメントには、ドイツ、イタリア、英国、スペイン及びその他の欧州などの地域が含まれる。その他の欧州地域には、オランダ、ポルトガル、ギリシャ、ハンガリー、ルーマニアなどがある。AMAPセグメントには、インド、南アフリカ、タンザニア、モザンビーク、レソト、アフリカ、トルコ、オーストラリア、エジプト、ガーナ、ケニアなどが含まれる。同社はモバイルネットワークおよび固定ネットワークにわたる音声、メッセージング、データなどのサービスを提供する。

業種

Communications Services

連絡先

Vodafone House, The Connection

RG14 2FN

United Kingdom

+44.1635.33251

https://www.vodafone.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jean-Francois M.L. Van Boxmeer

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Nicholas Jonathan Read

Chief Executive, Executive Director

Margherita Della Valle

Chief Financial Officer, Executive Director

Philippe Rogge

Chief Executive Officer – Vodafone Germany

Rosemary E. S. Martin

Group General Counsel, Company Secretary

統計

2.19 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2020

45.0K

2021

43.8K

2022

45.6K

2023(E)

46.0K
EPS (EUR)

2020

0.060

2021

0.080

2022

0.110

2023(E)

0.107
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.05
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.88
株価純資産倍率(四半期)
0.75
株価キャッシュフロー倍率
2.44
総負債/総資本(四半期)
128.17
長期負債/資本(四半期)
106.30
投資利益率(過去12カ月)
2.17
自己資本利益率(過去12カ月)
1.70

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(26日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。欧州大陸でのエネルギー危機への懸念に加え、英国の小売株と銀行株の下落が相場の重しとなり、商品関連株の上昇を相殺した。

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、銀行と小売株が重し

ロンドン株式市場は、ほぼ横ばいで取引 を終えた。欧州大陸でのエネルギー危機への懸念に加え、英国の小売株 と銀行株の下落が相場の重しとなり、商品関連株の上昇を相殺した。 ドルの下落を背景に石油大手のシェル、スイスの商品取引 ・資源大手グレンコアはそれぞれ0.8%、1.4%上げた。 英日用品のユニリーバは2.9%高。コスト上昇を受けた 値上げにより、通期の売上高見通しを上方修正したことが好感された。 一方、FTSE350種銀行株指数は0.83%下 落した。英銀大手のバークレイズが2.4%安。登録額を上回 って発行した証券を最大176億ドル買...

英ボーダフォン4─6月期、最大市場ドイツで減収 規制の影響で

英通信企業ボーダフォンが25日に発表した第1・四半期(4─6月期)決算は、最大の市場ドイツでサービス収入が減少した。一方、総サービス収入はトルコと英国の事業が寄与し、前期比2.5%増加。同社は通期目標の達成に向け順調に推移していると説明した。

欧州市場サマリー(1日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英国の連休を控え、配当落ち銘柄が売られたのが相場を押し下げた。

ロンドン株式市場=反落、配当落ち銘柄売られる

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。英国の連休を控え、配当落ち銘柄が売られたのが相場を押し下げた。 配当落ちした英電力・ガス供給のナショナル・グリッド、携 帯電話サービス大手のボーダフォンはそれぞれ4.3%、3. 0%下落。中型株で構成するFTSE250種指数は0.71 %下げた。 英国市場は2日と3日、エリザベス英女王の即位70年を記念する 祝日のため休場となる。 5月は、欧州連合(EU)によるロシア産石油の輸入禁止を見込ん だ原油価格の値上がりを背景に商品株が買われ、FTSE100種<.FT SE>は月間ベースで0.84%上昇...

欧州株式市場=続落、小売業や食品銘柄が押し下げ

欧州株式市場は続落して取引を終えた。 小売業や食品銘柄の下落が相場を押し下げた。米小売業大手が低調な決 算を相次いで発表し、世界最大の経済大国の米国でのインフレ高進の打 撃を受けているのが嫌気された。STOXX欧州600種小売株指数<. SXRP>は1.90%下げた。 米小売業大手ターゲットの2022年度第1・四半期利益 が半減し、同業ウォルマートは通期利益見通しを引き下げた。 燃料価格や輸送コスト高騰が業績を圧迫しており、消費者は高額商品か ら必需品へと支出をシフトしていることが背景にある。 英テスコやセインズベリーなどの欧州小売業大手...

欧州株式市場=反落、インフレ懸念でテクノロジー銘柄下落

欧州株式市場は反落して取引を終えた。 インフレと金融引き締めへの懸念でテクノロジー銘柄が売られたのが相 場全体を押し下げた。 STOXX欧州600種テクノロジー株指数は2.72% 下落。資源株指数も1.19%下げ、銅価格の下落が重しとな った。 18日に発表された4月の英消費者物価指数は前年同月比9.0% 上昇と、1982年以来の大きさとなった。 ハーグリーブス・ランズダウンのシニア投資・市場アナリスト、ス ザンナ・ストリーター氏は「英国のインフレ率が(ほぼ)40年ぶりの 高水準となり、景気後退への懸念が再び高まった」と指摘した。 欧州...

欧州株式市場=続伸、中国のコロナ規制緩和に期待感

欧州株式市場は3営業日続伸して取引を 終えた。中国当局が新型コロナウイルス対策の規制を緩和し、中国での 需要が維持されるとの期待感が買いを後押しした。好調な決算発表も相 場を押し上げた。 STOXX欧州600種資源株指数が3.42%高となり 、上昇を主導。銀行株指数、工業株指数もそれぞれ1. 88%、1.80%上げた。 中国・上海市の隔離地域外での新型コロナ新規感染者が3日連続で ゼロとなった。規制解除が始まる可能性があることから投資家のリスク 志向が高まった。 フォート・セキュリティーズのセールストレーダー、キース・テン パートン氏は...

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。製薬株や資源関連株の上昇が相場を支えた。ただ、中国の低調な経済指標を受けて同国経済の減速懸念が強まり、投資家心理は重かった。

欧州株式市場=ほぼ横ばい、弱い中国経済指標が売り材料

ドイツのDAX指数は0.45%下落。フランスのCAC40指数は0.23%下落 した。 ラボバンクのシニア・マクロ・ストラテジストのティーウィー・メビッセン氏は「世界経済は供給網の 問題で苦しむだろう。中国が重要なのは明白だ。欧州が既に高インフレを見ている環境に加えてのことだ。 (中国の弱さは)欧州経済に影響を与えるだろう」と指摘した。 STOXX欧州600種資源株指数は1.58%上昇。工業用金属価格の上昇が背景。主要指 数の下落を相殺した。 英通信大手のボーダフォンは1.9%上昇。アラブ首長国連邦(UAE)の通信会社e&<ETIS ALAT.AD...

ロンドン株式市場=続伸、製薬株や資源関連株が上昇

週明けロンドン株式市場は続伸して取引 を終えた。製薬株や資源関連株の上昇が相場を支えた。ただ、中国の低 調な経済指標を受けて同国経済の減速懸念が強まり、投資家心理は重か った。 英製薬のアストラゼネカ、グラクソ・スミスクライン(G SK)はそれぞれ1.8%、2.5%上昇。石油大手のシェル< SHEL.L>、BPはそれぞれ1.5%、0.9%上げた。 中国が新型コロナウイルスの規制緩和計画を打ち出し、工業用金属 が値上がりしたのを背景にスイスの商品取引・資源大手グレンコア<GLE N.L>、チリ産銅大手アントファガスタはそれぞれ3.4%、2...

英ボーダフォンが4%上昇、UAE通信会社が9.8%出資

16日朝方のロンドン株式市場で英通信大手ボーダフォンの株価が4%上昇。アラブ首長国連邦(UAE)の通信会社e&がボーダフォン株の9.8%を44億ドルで取得したことが背景。

テレコム・イタリア、分社計画を発表 通期は大幅赤字

イタリアの通信大手テレコム・イタリアは2日、会社を2つに分割する計画を明らかした。計画はピエトロ・ラブリオーラ新最高経営責任者(CEO)が独立路線を維持する前提でまとめた。

ロンドン株式市場=続落、ウクライナ情勢緊迫化で売り

週明けロンドン株式市場は続落して取引 を終えた。米国がロシアによるウクライナへの軍事侵攻はいつでも起こ る可能性があると警告したことで、世界的に投資家のリスク回避姿勢が 強まった。 FTSE100種の下落率は3週間ぶりの大きさ。下げが 目立ったのは銀行株で、金融大手HSBC、ロイズ、 バークレイズが1.6─5.1%下落した。 米国は、ロシアによるウクライナ侵攻は今すぐにでも始まる可能性 があると警告した。ロシアは10万人以上の部隊をウクライナとの国境 付近に配備している。 ハーグリーブス・ランズダウンの投資・市場担当シニアアナリスト 、...

ロンドン株式市場=反落、週間ベースでは上昇

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。米国の積極的な利上げを警戒した世界的な株価下落の流れを継いだ 。 1月の米消費者物価指数(CPI)が約40年ぶりの伸びとなった ことを受けて、米セントルイス地区連銀のブラード総裁がタカ派的な発 言をした。米連邦準備理事会(FRB)が積極的に利上げをする可能性 が織り込まれたことから米国株が下落し、英国株にも低調なムードが波 及した。 中型株で構成するFTSE250種指数も0.72%安。 ただ、週間ではFTSE100種は1.92%高、中型株は1 .55%高となり、それぞれ上昇率は今年最大だった。...

ロンドン株式市場=続伸、アストラゼネカが買われる

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。前向きな売り上げ見通しを示した英製薬のアストラゼネカが買われ たほか、金属価格の値上がりで鉱業株も上昇して相場全体を押し上げた 。 アルミニウムや銅などの金属が高騰したことを背景にFTSE35 0種鉱業株指数は1.62%上昇し、一時は2011年 8月以来の高値を付けた。 アストラゼネカは3.4%上昇。10年ぶりとなる年間の 増配に加え、がんなどの新治療薬の好調な販売が新型コロナウイルス関 連製品の落ち込みを補い、2022年の売上高が増加するとの見通しを 示したことが好感された。 一方、英日用品の...

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。堅調な企 業決算が投資家心理を明るくする中、世界的な株価上昇が波及して、FTSE100種<. FTSE>は2020年1月以来の高値を付けた。 中型株で構成するFTSE250種指数は1.82%高と、1日の上昇率と しては6カ月超ぶりの大きさとなった。特に好調だったのは旅行株で、格安航空会社(L CC)のイージージェット、ウィズエアー、旅行大手TUIが 3.7─9.7%上げた。 住宅建設のバラット・デベロップメンツは1.0%上昇。前回の通期予測よ りも250戸多い住宅を建設するとの見通しを示したことが...

ロンドン株式市場=反発、世界の株高を好感

ロンドン株式市場は反発して取引を終えた 。堅調な企業決算が投資家心理を明るくする中、世界的な株価上昇が波 及して、FTSE100種は2020年1月以来の高値を付け た。 中型株で構成するFTSE250種指数は1.82%高と 、1日の上昇率としては6カ月超ぶりの大きさとなった。特に好調だっ たのは旅行株で、格安航空会社(LCC)のイージージェット 、ウィズエアー、旅行大手TUIが3.7─9.7% 上げた。 住宅建設のバラット・デベロップメンツは1.0%上昇。 前回の通期予測よりも250戸多い住宅を建設するとの見通しを示した ことが買い材料...

英当局、携帯事業者統合を容認 ボーダフォンとスリーの提携に道

英国のメディア規制当局の英放送通信庁(Ofcom)は、携帯電話通信事業者4社体制の維持に固執していないとし、英通信大手ボーダフォンと、英ハチソンが保有するスリーが組む可能性にオープンな姿勢を示した。

ロンドン株式市場=反落、ポンド高を嫌気

ロンドン株式市場は反落して取引を終えた 。イングランド銀行(英中央銀行)がインフレ抑制のために追加利上げ を決めた後、ポンドが上昇したことが嫌気された。 ポンド高を背景に国際的な企業が売られて相場を圧迫。中型株で構 成するFTSE250種指数は1.27%下げた。 英中銀は政策金利を0.25%から0.50%へ引き上げた。金融 政策委員9人のうち4人は、長引く物価圧力抑制のために、より大幅な 利上げを主張した。 JPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル市場ストラテ ジスト、ジャイ・マルヒ氏は投資家向けのメモで「インフレ率は今後数 カ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up