for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vodafone Group plc

VOD.L

現在値

90.12GBp

変化

-0.68(-0.75%)

出来高

1,290,022

本日のレンジ

89.93

 - 

90.78

52週レンジ

83.24

 - 

132.30

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
90.80
始値
90.70
出来高
1,290,022
3か月平均出来高
1,811.96
高値
90.78
安値
89.93
52週高値
132.30
52週安値
83.24
発行済株式数
26,992.56
時価総額
24,765.97
予想PER
9.95
配当利回り
8.47

次のエベント

Vodafone Group PLC at Berenberg UK Corporate Conference

適時開示

その他

Vodafone Group Completes Sale Of 50% Of German Fibre-To-The-Home Co To Altice

Orange, Vodafone Announce Construction Of Open Radio Access Network In Rural Areas Of Europe

Vodafone Group Says Sale of Stake In Ghana Unit Completed

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Vodafone Group plcとは

ボーダフォン・グループ(Vodafone Group Plc)は電気通信会社である。【事業内容】同社の事業は、欧州とアフリカ、中東、アジア太平洋(AMAP)の2つの地域に組織される。同社は欧州事業とAMAP事業を運営する。欧州セグメントには、ドイツ、イタリア、英国、スペイン及びその他の欧州などの地域が含まれる。その他の欧州地域には、オランダ、ポルトガル、ギリシャ、ハンガリー、ルーマニアなどがある。AMAPセグメントには、インド、南アフリカ、タンザニア、モザンビーク、レソト、アフリカ、トルコ、オーストラリア、エジプト、ガーナ、ケニアなどが含まれる。同社はモバイルネットワークおよび固定ネットワークにわたる音声、メッセージング、データなどのサービスを提供する。

業種

Communications Services

連絡先

Vodafone House, The Connection

RG14 2FN

United Kingdom

+44.1635.33251

https://www.vodafone.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jean-Francois M.L. Van Boxmeer

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Margherita Della Valle

Interim Group Chief Executive Officer, Chief Financial Officer, Executive Director

Colman Deegan

Chief Executive Officer - Vodafone Spain

Philippe Rogge

Chief Executive Officer – Vodafone Germany

Scott Petty

Group Chief Technology Officer

統計

2.77 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2020

45.0K

2021

43.8K

2022

45.6K

2023(E)

45.8K
EPS (EUR)

2020

0.060

2021

0.080

2022

0.110

2023(E)

0.104
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.61
株価純資産倍率(四半期)
0.52
株価キャッシュフロー倍率
1.71
総負債/総資本(四半期)
136.30
長期負債/資本(四半期)
108.03
投資利益率(過去12カ月)
2.13
自己資本利益率(過去12カ月)
1.66

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(16日)

政策金利の見通しを反映しやすい独2年債利回りは2ベーシスポイント( bp)上昇の2.891%と、14年ぶりの高い水準。イタリア2年債は6b p上昇の3.465%と、2012年8月以来の高水準を付けた。 ユーロ圏では10年債利回りも上昇し、独10年債利回りは4bp上昇 の2.514%と、約1カ月ぶりの高水準。イタリア10年債利回りは7b p上昇の4.396%と、1月初め以来の高水準を付けた。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤 アジア市場終 コード 盤 ユーロ/ドル    1.0681 1.0708 ドル/円 133.94 133.76...

ロンドン株式市場=続伸、終値初の8000超え

ロンドン株式市場は続伸して取引を 終えた。英電力・ガス大手セントリカや英大手銀行スタンダード・チャ ータード(スタンチャート)の堅調な決算を受けて買いが優勢となり、 FTSE100種指数の終値は初めて8000の大台を超えた 。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.04%高。 セントリカは5.7%上昇。通期の利益が3倍超増加したこと や、自社株買い計画の延長を発表したことが好感された。 スタンチャートは4.1%高。通期の税引き前利益が前年 から28%増加したことや、10億ドルの自社株買いを発表したことが 材料視された。 携帯電話サービス...

欧州市場サマリー(14日)

指標発表直後、米10年債利回りは3.622%に低下。間もなく3. 759%に上昇し、その後は前日比ほぼ変わらずの3.7206%で推移した。 ユーロ圏債券もこの動きに追随。独10年債利回りは一時最大5.6ベ ーシスポイント(bp)上昇したものの、終盤の取引では2bp上昇の2.391%とな った。 ノルデアのチーフアナリスト、ヤン・ボンゲリッチ氏は「米連邦準備理事会(FRB )はインフ鈍化を示す一段の証拠を確認する必要があると主張してきている。この日のC PIからその証拠を得たとは考えられず、利上げを継続することになるだろう」と述べた 。...

ロンドン株式市場=小幅高、米CPI受け上値切り下げ

ロンドン株式市場は小幅高で終了し た。米国のインフレ指標がまちまちとなったことで米連邦準備理事会( FRB)の追加利上げに関する懸念がほとんど和らげられず、上値を切 り下げた。 FTSE100種指数は0.08%高の7953.85で終 了。一時は7996.35と、過去最高値を更新した。中型株で構成す るFTSE250種指数は0.5%安。 米労働省が発表した1月の消費者物価指数(CPI、季節調整済 み)は前年比伸び率が6.4%と、前月の6.5%から鈍化した。伸び は2021年10月以降で最小となったものの、市場予想の6.2%を 上回った。...

欧州株式市場=続伸、米CPI受けて上げ幅縮小

欧州株式市場は小幅続伸して取引を 終えた。好決算を受けた買い注文が相場を押し上げた。ただ、1月の米 消費者物価指数(CPI)発表を受けて米連邦準備理事会(FRB)の 利上げ長期化が懸念され、上げ幅は限られた。 1月の米CPI(季節調整済み)は前月比で0.5%上昇し、伸び 率は前月の0.1%から加速。前年同月比伸び率は6.4%と、昨年1 2月の6.5%から鈍化した。 欧州連合(EU)統計局が発表した2022年第4・四半期のユー ロ圏の就業者数は前期比0.4%増と、伸び率は市場予想の2倍となっ た。 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのマクルーフ・アイルラン...

ロンドン株式市場=反発、英中銀のインフレピーク示唆で

ロンドン株式市場は反発して取引を終 えた。イングランド銀行(英中央銀行)が予想通り政策金利の引き上げ を決めた後、インフレがピークに達した可能性があると指摘し、202 3年の景気後退がより浅くなるとの見通しを示したことが好感された。 英中銀は、政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き上げ4. 0%とした。利上げは10会合連続。ただ声明では、必要に応じて「強 力に」利上げを継続するとの文言は削除した。英経済については、景気 後退が昨年11月の前回の想定より「かなり浅くなる」可能性があると 予想した。 米連邦準備理事会(FRB)は前日、連邦公開市場委員会...

欧州市場サマリー(1日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて、売りが優勢となった。英経済減速を巡る懸念に加え、英企業決算がまちまちの内容だったことも相場の重しとなった。

ロンドン株式市場=続落、FOMC結果発表控え売り

ロンドン株式市場は続落して取引を終 えた。米連邦準備理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC) の結果発表を控えて、売りが優勢となった。英経済減速を巡る懸念に加 え、英企業決算がまちまちの内容だったことも相場の重しとなった。 FTSE350種製薬・バイオテクノロジー株指数 が2.13%と大幅下落。英製薬のアストラゼネカは2.9% 下げた。 一方、一部の消費関連株や金融株の買いに支援され、中型株で構成 するFTSE250種指数は0.23%上昇した。 FOMCでは25ベーシスポイント(bp)の利上げを決める公算 が大きい。投資家は将来的...

欧州株式市場=3営業日続落、世界景気後退を懸念

欧州株式市場は3営業日続落して取引 を終えた。ヘルスケア株や金利に敏感なテクノロジー銘柄が売られ、相 場全体を押し下げた。主要中央銀行の政策会合を控え、投資家は世界経 済の減速を懸念している。 STOXX欧州600種テクノロジー株指数は1.53% 安。ヘルスケア株指数は1.15%下げた。 欧州中央銀行(ECB)、米連邦準備理事会(FRB)、イングラ ンド銀行(BOE)はいずれも金融政策を決める会合を来週開く。オー ストラリア準備銀行(RBA)は政策金利の引き上げを6日決め、10 年ぶりの高水準となった。 エクイティ・キャピタルの首席マクロエコノミスト...

欧州市場サマリー(5日)

<ロンドン株式市場> 上昇して取引を終えた。中国 の新型コロナウイルス規制緩和を背景に鉱業株が買われたのが相場をけん引した。ただ、 欧州経済の減速懸念が重しとなって上値は抑えられた。 金属価格の値上がりを受けてFTSE350種鉱業株指数は1.07 %高。 HYCMのチーフ市場アナリスト、ジャイルズ・コグラン氏は「中国の経済再開説に 対するやや楽観的な見方が出ている。中国が新型コロナの警戒レベルを引き下げる可能性 があるとの報道もあり、市場を押し上げている」と述べた。 ただ、S&Pグローバルが発表したユーロ圏の11月の総合購買担当者景気指数...

欧州株式市場=続落、ユーロ圏の景気後退懸念

週明けの欧州株式市場は続落して取引 を終えた。ユーロ圏企業活動の低下を示す経済指標が景気後退懸念を高 め、売りが優勢となった。ただ、中国の厳しい新型コロナウイルス規制 の緩和への期待が資源株や中国関連銘柄を押し上げ、下げ幅は限られた 。 ユーロ圏の11月の総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は5 カ月連続で50を下回り、緩やかな景気後退に陥っていることを示唆し た。 AJベルの金融アナリスト、ダニー・ヒューソン氏は「明らかにユ ーロ圏の活動が少し縮小し、欧州が浅い景気後退の入り口にあるように 見えるにもかかわらず、欧州中央銀行(ECB...

英ボーダフォン、リードCEOが辞任へ

英通信会社ボーダフォンは5日、ニック・リード最高経営責任者(CEO)が今年末で辞任すると発表した。

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。石 油株が買われたのが相場を押し上げ、FTSE100種指数は2カ月超ぶりの高 値を付けた。 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラ ス」が増産の可能性を協議しているとの報道について、サウジアラビアのエネルギー相が 否定したことから原油価格が値上がりし、石油大手のシェル、BPはそれ ぞれ4.8%、6.5%と大幅上昇した。 また、BPはシティグループが投資判断を「中立」から「買い」に引き上げたことに も支援された。 FTSE350種石油・ガス株指数、鉱業株指数...

ロンドン株式市場=反発、石油株が押し上げ

ロンドン株式市場は反発して取引を 終えた。石油株が買われたのが相場を押し上げ、FTSE100種指数 は2カ月超ぶりの高値を付けた。 石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成す る「OPECプラス」が増産の可能性を協議しているとの報道について 、サウジアラビアのエネルギー相が否定したことから原油価格が値上が りし、石油大手のシェル、BPはそれぞれ4.8%、6 .5%と大幅上昇した。 また、BPはシティグループが投資判断を「中立」から「買い」に 引き上げたことにも支援された。 FTSE350種石油・ガス株指数、鉱業株指数<...

欧州市場サマリー(15日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英 ポンドの上昇を受けて輸出企業が売られたほか、携帯電話サービス大手ボーダフォンの業 績見通しに対する失望感や、英失業率が予想より悪かったことも相場を圧迫した。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.85%安。 10月の米卸売物価指数の上昇率が市場予想を下回ったことをきっかけに、英ポンドはド ルに対して上昇。輸出企業の酒造大手のディアジオ、ブリティッシュ・アメリカ ン・タバコはそれぞれ1.2%、0.8%下げた。 ボーダフォンは7.9%下落。世界的なマクロ経済情勢の悪化やエネルギー コストの...

欧州株式市場=4日続伸、テクノロジーや商品株が押し上げ

欧州株式市場は4営業日続伸して取 引を終えた。テクノロジーやコモディティー(商品)株が買われたのが 相場を押し上げた。 米国の10月卸売物価指数(PPI)の上昇率が市場予想を下回り 、先週の消費者物価指数(CPI)に続いてインフレが緩和し始めてい ることが示され、米連邦準備理事会(FRB)が利上げ幅を縮小させる との期待感が強まった。 金利に敏感なSTOXX欧州600種テクノロジー株指数 が1.72%上昇。ユーロ圏国債利回りの低下が買いを促した。 AJベルの金融アナリスト、ダニー・ヒューソン氏は「投資家はイ ンフレの霧が少し晴れていくのを...

ロンドン株式市場=反落、ポンド上昇で売り

ロンドン株式市場は反落して取引を 終えた。英ポンドの上昇を受けて輸出企業が売られたほか、携帯電話サ ービス大手ボーダフォンの業績見通しに対する失望感や、英失業率が予 想より悪かったことも相場を圧迫した。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.85%安。 10月の米卸売物価指数の上昇率が市場予想を下回ったことをきっかけ に、英ポンドはドルに対して上昇。輸出企業の酒造大手のディアジオ<D GE.L>、ブリティッシュ・アメリカン・タバコはそれぞれ1. 2%、0.8%下げた。 ボーダフォンは7.9%下落。世界的なマクロ経済情勢の 悪化やエネルギーコスト...

ボーダフォンとアルティス、独でブロードバンド合弁 70億ユーロ

通信大手のボーダフォンとアルティスは17日、ドイツでファイバーブロードバンド網を敷設する合弁事業を立ち上げた。

英ボーダフォン、携帯4位のスリーと統合目指す 業界トップへ

英通信大手ボーダフォンは3日、香港の複合企業、長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス)と英国の携帯電話事業の統合について協議していると発表した。

欧州通信事業者、GAFAにインフラコストの一部負担を要求

ドイツテレコムやBTグループをはじめとする欧州通信事業者が、「GAFA」と呼ばれる米巨大テック企業に通信網運営コストの一部負担を求める声明を発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up