for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベライゾン・コミュニケーションズ・インク

VZ.N

現在値

56.37USD

変化

0.30(+0.54%)

出来高

4,006,864

本日のレンジ

56.06

 - 

56.41

52週レンジ

52.86

 - 

61.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
56.07
始値
56.16
出来高
4,006,864
3か月平均出来高
348.91
高値
56.41
安値
56.06
52週高値
61.95
52週安値
52.86
発行済株式数
4,140.07
時価総額
232,133.60
予想PER
11.07
配当利回り
4.48

次のエベント

Dividend For VERZ34.SA - 0.5349 BRL

適時開示

その他

U.S. Department Of Defense Awards Verizon $495M Contract To Manage Research Network

Visible Says Angie Klein, Has Been Appointed As New CEO

Verizon Media To Be Acquired By Apollo Funds

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベライゾン・コミュニケーションズ・インクとは

ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications Inc.)は持株会社である。【事業内容】子会社を通じて、通信、情報、エンターテイメント製品及びサービスを消費者、企業、政府機関に提供する。ベライゾンコンシューマーグループ及びベライゾンビジネスグループの報告セグメントで構成される。コンシューマーセグメントは、無線及び有線通信サービスを提供する。無線サービスは、「Verizon Wireless」ブランドで米国のワイヤレスネットワーク全体に提供される。有線サービスは、中部大西洋及び米国北東部の9つの州で、「Fios」ブランドのもとで、従来の銅ベースのネットワークを介して100%光ファイバネットワークで提供される。事業セグメントは、モノのインターネット(IoT)サービス及び製品を提供するために、ワイヤレス及び有線通信サービスと製品、ビデオ及びデータサービス、企業ネットワークソリューション、セキュリティ及びマネージドネットワークサービス、ローカル及び長距離音声サービス、ネットワークアクセスを提供する。

業種

Communications Services

連絡先

1095 Avenue of the Americas

NEW YORK, NY

10036

United States

+1.212.3951000

https://www.verizon.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hans Erik Vestberg

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Matthew D. Ellis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Christine Michael Pambianchi

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Kyle Malady

Executive Vice President, Chief Technology Officer

Craig L. Silliman

Executive Vice President, Chief Administrative, Legal and Public Policy Officer

統計

2.67 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

130.9K

2019

131.9K

2020

128.3K

2021(E)

133.8K
EPS (USD)

2018

4.710

2019

4.810

2020

4.900

2021(E)

5.093
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.79
株価純資産倍率(四半期)
3.26
株価キャッシュフロー倍率
6.42
総負債/総資本(四半期)
222.52
長期負債/資本(四半期)
210.16
投資利益率(過去12カ月)
6.97
自己資本利益率(過去12カ月)
6.07

最新ニュース

最新ニュース

焦点:グーグル「スターライン」に見る、3Dビデオチャットの多難な前途

グーグルは前週、3Dビデオ会議システム「プロジェクト・スターライン」を発表した。パンデミック後の世界に向けた絶好のタイミングだが、システムを使ってみた3人の人物によれば、直接の対面とオンラインでのミーティングをシームレスに結合するための道のりは、まだかなり遠いようだ。

米国株式市場=下落、通信株に売り 小売決算は堅調

米国株式市場は下落して終了した。小売大手ウォルマートとホームセンター大手のホーム・デポが好決算を発表したものの、4月の住宅着工件数が予想を超える落ち込みとなったことで相殺される中、通信株に売りが出た。

NY市場サマリー(18日)米国株下落、ドル4日続落、利回り小動き

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが4日続落し、主要通貨バスケットに対し2月終盤以来の安値を付けた。インフレ高進を巡る懸念が弱まり、米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げに踏み出すとの観測が後退した。

米ベライゾン、ヤフーとAOL含むメディア事業売却 50億ドル

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは3日、米ヤフーとAOLを含むメディア事業を、米投資ファンド大手のアポロ・グローバル・マネジメントに50億ドルで売却することで合意したと発表した。デジタルメディア事業から手を引き、本業の通信事業に集中する。

米投資アポロ、ベライゾンのメディア部門買収間近か 50億ドル規模

米投資ファンド大手のアポロ・グローバル・マネジメントが、近く米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズのメディア部門を買収する方向であることが分かった。関係筋が明らかにした。買収規模は約50億ドルで調整しているという。メディア部門には、米ヤフーやAOLが含まれる。

ベライゾン、ヤフー・AOLなどメディア資産の売却検討=米紙

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは、ヤフーやAOLといったメディア資産の売却を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が28日、関係筋の話として報じた。

焦点:ミリ秒遅れを解消せよ、音楽家と技術者のタッグで新技術

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によるロックダウンで離ればなれの状態が続く中、ミュージシャンたちは何とか一緒に演奏活動をしようと知恵を絞ってきた。オンライン接続におけるミリ秒単位での遅延を解消しようとテクノロジー企業と手を組んだことで、音楽の領域を越えた技術革新が加速している。

米株は3日ぶり反発、決算嫌気でネットフリックス大幅安

米国株式市場は3日ぶりに反発して終了した。動画配信サービス大手ネットフリックスが軟調な決算を受け売られたものの、景気回復の恩恵を受けやすい銘柄を中心に幅広く上昇した。

米ベライゾン、第1四半期は携帯電話契約予想以上に減少 競争激化

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが21日に発表した第1・四半期決算によると、携帯電話契約件数が予想を超えて減少した。TモバイルUSとAT&Tとの競争激化が響いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53%

<16:02> 日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「上影陰線」。買い手の心理としては失望感を表すことが多い。 終値と25日移動平均線(2万8925円91銭=18日)の乖離率は4.53%まで下がっており、高値 警戒感は解消されつつある。 一目均衡表では転換線(2万9631円40銭=18日)が再び上を向き始め、目先は上値を追ってい く可能性もありそうだ。 <15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢

<15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市場では「日経 平均がさえない動きとなる中、新興株市場でも利益確定売りが優勢となった。特に、マザーズ市場では直近 IPO銘柄の下落が目立つ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に新規上場したアクシージア は、公開価格を41.44%上回る2051 円で初値を形成。その後2440円まで上値を追い、2300円で取引を終えた。 日経ジャスダック平均は0.87%安。個別では...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も

<14:52> 日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も 日経平均は小幅安、前営業日比60円ほど安い3万0200円台前半で推移している。市場からは「日 経平均3万円回復で市場には達成感も広がっている。今は新規の材料待ちで、積極的な売買は手控えられて いるようだ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 東証1部の騰落数では、値下がり銘柄が約7割となっている。一方、東証33業種中、電気・ガス業、 空運業などは値上がりし、出遅れ銘柄では物色が広がっている。 <13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行

<13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行 後場に入り日経平均は前営業日比30円ほど安い3万0200円台半ばとマイナス圏で推移している。 前場に続き指数寄与度の高いファーストリテイリング が上昇し日経平均を150円ほど押し上げて いるが、東証1部の騰落数では約7割が値下がりし、相場全体はさえない動きとなっている。 市場からは「高値警戒感も意識され、主力の銘柄で利益確定売りが先行している。だが、基調としては 上昇過程にあることに変わりはなく、足元の値動きは一時的な調整だとみている」(国内証券)との声が聞 かれた。 <...

午前の日経平均は反発、ファーストリテが上昇を支える展開に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円78銭高の3万0344円97銭となり、反発。主力銘柄が利益確定売りで押される中、指数寄与度が大きいファーストリテイリングの上昇が支える展開となった。TOPIXはさえない。

今日の株式見通し=もみあい、買い材料乏しく上値重い

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、上値の重い展開となりそうだ。オーバーナイトの米国株式市場はまちまち、為替の円安進行も一服となり、全体的に買い材料に乏しいなか、高値警戒感からの利食い売りと押し目買いが交錯し、一日を通してもみあう展開となりそうだ。

NY市場サマリー(17日)ドル上昇、ナスダック続落

<為替> ドル指数が上昇。底堅い経済指標がドル買いを後押しした。暗号資産(仮想通貨)のビットコインは最高値を更新した。

ナスダック続落、IT株への売りやインフレ警戒で

米国株式市場ではナスダック総合が続落し、S&P総合500種がほぼ横ばいで取引を終えた。IT(情報技術)株への売りやインフレを巡る警戒感が重しとなった。

NY市場サマリー(17日)ドル上昇、ナスダック続落

<為替> ドル指数が上昇。底堅い経済指標がドル買いを後押しした。暗号資産(仮 想通貨)のビットコインは最高値を更新した。 経済指標では小売売上高や鉱工業生産、卸売物価がそろって予想を上回り、回復の足 取りを示す格好となった。 午後に発表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、景気回復には時間 がかかる可能性があるものの、今後のインフレ上昇局面に備え、どのように下地を整える かを巡り討議されたことが分かった。 底堅い経済指標にもかかわらず、国債利回りはこの日一時上昇後に低下。ドルは通貨 バスケットに対し0.25%高の90.933...

米国株式市場=ナスダック続落、IT株への売りやインフレ警戒で

米国株式市場ではナスダ ック総合が続落し、S&P総合500種がほぼ横ばいで 取引を終えた。IT(情報技術)株への売りやインフレを巡る警戒感が 重しとなった。 一方、ダウ工業株30種は上昇。著名投資家のウォーレン・ バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイが株式取得 を明らかにしたベライゾン・コミュニケーションズやシェブロン の上げなどが寄与した。 アップルやペイパル・ホールディングス、エヌビ ディアが売られ、ナスダックとS&P500を圧迫。 半面、寒波の影響でテキサス州の石油施設が操業を停止したことで 原油価格が上昇し、エネルギー...

米バークシャー、ベライゾンやシェブロン株取得

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイは16日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株式86億ドル相当、米石油大手シェブロンの株式41億ドル相当を、それぞれ新たに取得したことを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up