for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベライゾン・コミュニケーションズ・インク

VZ.N

現在値

54.37USD

変化

-0.05(-0.09%)

出来高

2,980,919

本日のレンジ

54.25

 - 

54.57

52週レンジ

53.84

 - 

61.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
54.42
始値
54.41
出来高
2,980,919
3か月平均出来高
309.68
高値
54.57
安値
54.25
52週高値
61.95
52週安値
53.84
発行済株式数
4,140.12
時価総額
225,098.10
予想PER
10.24
配当利回り
4.71

次のエベント

Dividend For VZ.N - 0.6400 USD

適時開示

その他

Verizon Increases Dividend For 15Th Consecutive Year

Verizon Reports Q2 Adj Earnings Per Share of $1.37 Excluding Items

Verizon Told Federal Regulators It Would Keep Supporting Low-Cost Wireless Service For Three Years If It Is Allowed To Buy Tracfone - WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベライゾン・コミュニケーションズ・インクとは

ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications Inc)は持ち株会社である。【事業内容】子会社を通じて、消費者、企業、政府機関に通信、情報、娯楽の製品とサービスを提供する。報告セグメントは、ベライゾンコンシューマーグループとベライゾンビジネスグループである。消費者セグメントは、無線および有線通信サービスを提供する。ワイヤレスサービスは、米国(U.S.)のワイヤレスネットワーク全体で「Verizon」ブランドで提供される。有線サービスは、米国中部大西洋岸と北東部の9つの州、およびワシントンD.C.で、「Fios」ブランドの光ファイバーネットワークと従来の銅線ベースのネットワークを介して提供される。 その事業セグメントは、データ、ビデオ、会議サービス、セキュリティおよびマネージドネットワークサービス、ローカルおよび長距離音声サービス、さまざまなモノのインターネットサービスおよび製品を提供するネットワークアクセスを含み、ワイヤレスおよび有線の通信サービスおよび製品を提供する。

業種

Communications Services

連絡先

1095 Avenue of the Americas

NEW YORK, NY

10036

United States

+1.212.3951000

https://www.verizon.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hans Erik Vestberg

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Matthew D. Ellis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Christine Michael Pambianchi

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Kyle Malady

Executive Vice President, Chief Technology Officer

Craig L. Silliman

Executive Vice President, Chief Administrative, Legal and Public Policy Officer

統計

2.70 mean rating - 30 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

130.9K

2019

131.9K

2020

128.3K

2021(E)

135.1K
EPS (USD)

2018

4.710

2019

4.810

2020

4.900

2021(E)

5.310
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.69
株価純資産倍率(四半期)
3.05
株価キャッシュフロー倍率
6.06
総負債/総資本(四半期)
206.17
長期負債/資本(四半期)
196.64
投資利益率(過去12カ月)
7.33
自己資本利益率(過去12カ月)
6.40

最新ニュース

最新ニュース

米ヤフー、新CEOにティンダーのランゾン氏起用

米ヤフーは10日、新最高経営責任者(CEO)にデートアプリ運営会社ティンダーのジム・ランゾンCEOを指名した。

米企業がアフガン難民支援、エアビーは無料で仮住居提供へ

イスラム主義組織タリバンがほぼ全土を制圧したアフガニスタンの人々への支援に米企業が動いている。

米テクノロジー大手、過激派コンテンツ監視対象を拡大

米大手テクノロジー企業から成る団体「テロリズムに対抗するためのグローバル・インターネット・フォーラム(GIFCT)」は26日、過激派コンテンツを企業間で共有する重要なデータベースの内容を大幅に拡大し、白人至上主義者や極右過激派による投稿を取り締まることを目指していることをロイターに明らかにした。

米ベライゾン、第2四半期の携帯電話契約が予想上回る 5G好調

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが21日に発表した第2・四半期決算は、第5世代(5G)移動体通信サービスなどへの需要が高まる中、携帯電話契約件数が予想以上に増加した。

NY市場サマリー(16日)米国株は下落、ドル小幅高

<為替> ドルが小幅高。週間では1カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。小売売上高が予想外に伸びたことで、第2・四半期の成長拡大が意識された。

米国株式市場=下落、コロナ感染再拡大に警戒 アマゾンやアップル安い

米国株式市場は下落。アマゾン・ドット・コムやアップルなどのハイテク大手の下げが相場を圧迫した。感染力の強い新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」が広がる中、新型コロナ感染拡大を巡る懸念も強まっている。

エリクソン、第2四半期中核利益が予想割れ 中国本土で販売さえず

スウェーデンの通信機器大手エリクソンが16日発表した第2・四半期決算は、中核利益が市場予想を下回った。ほとんどの市場で高速通信規格5G関連機器の販売が堅調だったが、中国本土での販売がさえなかった。

中国ファーウェイと米ベライゾン、特許侵害巡る訴訟で和解

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)と米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは12日、特許侵害に関する訴訟について和解することで合意したと発表した。

ZHD、日本のヤフー商標など取得へ 1785億円

Zホールディングス(ZHD)は5日、日本における「ヤフー」の商標・技術などに関する永続的な権利確保に向け1785億円を支払うことで合意したと発表した。

米クアルコム、「5Gミリ波」サービス展開で通信40社余りと協力へ

米半導体大手クアルコムは28日、第5世代(5G)移動通信システムの中で「ミリ波」を使うサービスの展開で40社を超える通信企業と協力していく方針だ。世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で明らかにした。

IBM、ベライゾン・テレフォニカと5G関連の提携拡充 AIなど

米IBMは28日、 通信大手の米ベライゾン・コミュニケーションズとスペインのテレフォニカに対し、クラウドプラットフォーム上での第5世代(5G)通信網運営や、人工知能(AI)の利用など新たなサービスを提供すると発表した。

焦点:グーグル「スターライン」に見る、3Dビデオチャットの多難な前途

グーグルは前週、3Dビデオ会議システム「プロジェクト・スターライン」を発表した。パンデミック後の世界に向けた絶好のタイミングだが、システムを使ってみた3人の人物によれば、直接の対面とオンラインでのミーティングをシームレスに結合するための道のりは、まだかなり遠いようだ。

米国株式市場=下落、通信株に売り 小売決算は堅調

米国株式市場は下落して終了した。小売大手ウォルマートとホームセンター大手のホーム・デポが好決算を発表したものの、4月の住宅着工件数が予想を超える落ち込みとなったことで相殺される中、通信株に売りが出た。

NY市場サマリー(18日)米国株下落、ドル4日続落、利回り小動き

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが4日続落し、主要通貨バスケットに対し2月終盤以来の安値を付けた。インフレ高進を巡る懸念が弱まり、米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げに踏み出すとの観測が後退した。

米ベライゾン、ヤフーとAOL含むメディア事業売却 50億ドル

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは3日、米ヤフーとAOLを含むメディア事業を、米投資ファンド大手のアポロ・グローバル・マネジメントに50億ドルで売却することで合意したと発表した。デジタルメディア事業から手を引き、本業の通信事業に集中する。

米投資アポロ、ベライゾンのメディア部門買収間近か 50億ドル規模

米投資ファンド大手のアポロ・グローバル・マネジメントが、近く米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズのメディア部門を買収する方向であることが分かった。関係筋が明らかにした。買収規模は約50億ドルで調整しているという。メディア部門には、米ヤフーやAOLが含まれる。

ベライゾン、ヤフー・AOLなどメディア資産の売却検討=米紙

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは、ヤフーやAOLといったメディア資産の売却を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が28日、関係筋の話として報じた。

焦点:ミリ秒遅れを解消せよ、音楽家と技術者のタッグで新技術

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)によるロックダウンで離ればなれの状態が続く中、ミュージシャンたちは何とか一緒に演奏活動をしようと知恵を絞ってきた。オンライン接続におけるミリ秒単位での遅延を解消しようとテクノロジー企業と手を組んだことで、音楽の領域を越えた技術革新が加速している。

米株は3日ぶり反発、決算嫌気でネットフリックス大幅安

米国株式市場は3日ぶりに反発して終了した。動画配信サービス大手ネットフリックスが軟調な決算を受け売られたものの、景気回復の恩恵を受けやすい銘柄を中心に幅広く上昇した。

米ベライゾン、第1四半期は携帯電話契約予想以上に減少 競争激化

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが21日に発表した第1・四半期決算によると、携帯電話契約件数が予想を超えて減少した。TモバイルUSとAT&Tとの競争激化が響いた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up