for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベライゾン・コミュニケーションズ・インク

VZ.N

現在値

49.53USD

変化

0.43(+0.88%)

出来高

6,831,439

本日のレンジ

48.92

 - 

49.60

52週レンジ

45.55

 - 

57.61

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
49.10
始値
49.11
出来高
6,831,439
3か月平均出来高
555.41
高値
49.60
安値
48.92
52週高値
57.61
52週安値
45.55
発行済株式数
4,199.64
時価総額
206,202.50
予想PER
9.04
配当利回り
5.21

次のエベント

Verizon Communications Inc. at JPMorgan Global Technology, Media & Communications Conference

適時開示

その他

Verizon Reports QTRLY EPS of $1.09, QTRLY Adjusted EPS, Excluding Special Items, Of $1.35

Verizon Raises Minimum Wage To $20 An Hour

Casa Systems Awarded Multi-Year Contract From Verizon

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベライゾン・コミュニケーションズ・インクとは

ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Communications Inc)は持ち株会社である。【事業内容】子会社を通じて、消費者、企業、政府機関に通信、情報、娯楽の製品とサービスを提供する。報告セグメントは、ベライゾンコンシューマーグループとベライゾンビジネスグループである。消費者セグメントは、無線および有線通信サービスを提供する。ワイヤレスサービスは、米国(U.S.)のワイヤレスネットワーク全体で「Verizon」ブランドで提供される。有線サービスは、米国中部大西洋岸と北東部の9つの州、およびワシントンD.C.で、「Fios」ブランドの光ファイバーネットワークと従来の銅線ベースのネットワークを介して提供される。 その事業セグメントは、データ、ビデオ、会議サービス、セキュリティおよびマネージドネットワークサービス、ローカルおよび長距離音声サービス、さまざまなモノのインターネットサービスおよび製品を提供するネットワークアクセスを含み、ワイヤレスおよび有線の通信サービスおよび製品を提供する。

業種

Communications Services

連絡先

1095 Avenue of the Americas

NEW YORK, NY

10036

United States

+1.212.3951000

https://www.verizon.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hans Erik Vestberg

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Matthew D. Ellis

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Samantha Hammock

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Kyle Malady

Executive Vice President, Chief Technology Officer

Craig L. Silliman

Executive Vice President, Chief Administrative, Legal and Public Policy Officer

統計

2.78 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

131.9K

2020

128.3K

2021

133.6K

2022(E)

136.8K
EPS (USD)

2019

4.810

2020

4.900

2021

5.390

2022(E)

5.406
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.55
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.54
株価純資産倍率(四半期)
2.46
株価キャッシュフロー倍率
5.40
総負債/総資本(四半期)
183.12
長期負債/資本(四半期)
167.09
投資利益率(過去12カ月)
7.05
自己資本利益率(過去12カ月)
6.17

最新ニュース

最新ニュース

米バークシャー、シティグループ株など新たに取得 第1四半期

著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイは16日、第1・四半期にシティグループなど複数企業の株式を新たに取得したことを明らかにした。株式市場のボラティリティーを利用し、これまで主に現金で保有していた511億ドルを投入した。

米20社が安価ネット提供で合意、バイデン政権が発表

バイデン米大統領は9日、ベライゾン、コムキャスト、AT&Tなどのインターネット接続業者(プロバイダー)の主要20社と、低所得者などへの高速サービス提供や料金引き下げで合意したと発表した。

米政権、インターネット料金引き下げで通信20社と合意=高官

米バイデン政権は、低所得層向けのインターネット利用料金引き下げや接続速度引き上げでベライゾン、コムキャスト、AT&Tなどの通信会社20社と合意した。バイデン大統領とハリス副大統領が9日の式典で正式発表する予定。政府高官が明らかにした。

米Tモバイル、第1四半期利益が予想上回る 5G強化で契約好調

米携帯電話サービス大手のTモバイルUSが27日発表した第1・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。高速通信規格「5G」のサービス強化に投資したことが予想以上の契約者増加につながった。

米ベライゾン、通期利益は予想レンジ下限想定 改修費用など重し

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは22日、通期の調整後1株利益が5.40─5.55ドルの予想レンジの下限になるとの見通しを発表した。アナリスト予想は5.45ドル。ネットワークの改修費用が重しとなるほか、インフレ高進を背景に顧客が高価格帯プランなどを敬遠しているという。

米ベライゾン、最低時給を20ドルに引き上げ 人材確保狙う

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは18日、顧客サービス、小売り、潜在顧客に非対面で営業を行う内勤営業の各部門で従業員の最低時給を20ドルに引き上げる方針を明らかにした。労働市場の逼迫とインフレ加速が理由とした。

米エアビー、ウクライナ避難民に滞在先無償提供へ 最大10万人分

米民泊サイト運営大手エアビーアンドビーは28日、被災者などに一時的な滞在先を提供する傘下の非営利部門「Airbnb.org」が、ウクライナからの避難民最大10万人に一時的に無償で住居を提供すると発表した。資金は同社などが賄う。

米議員が2連邦機関の対応を非難、5G干渉問題で下院小委公聴会

米下院運輸・インフラ委員会の小委員会は3日、連邦航空局(FAA)のディクソン長官を招いた公聴会を開催した。議員らはCバンド周波数帯の高速通信規格「5G」サービスが航空機の運航に影響を及ぼす問題を巡り、航空業界と無線通信業界のあつれきを土壇場まで回避できなかったとして、FAAを含む2連邦機関を非難。同長官は「国としてもっとうまくやる必要がある」と認めた。

ノキア配当・自社株買い実施へ、第4四半期利益が予想上回る

フィンランドの通信機器大手ノキアは3日、第4・四半期の営業利益が市場予想を上回ったことを受けて、配当を再開し自社株買いを行うと発表した。

5G干渉問題、「最小限の混乱」で対処へ=米連邦航空局

米連邦航空局(FAA)は、Cバンド周波数帯の高速通信規格「5G」サービスが航空機の運航に及ぼす影響について「最小限の混乱で安全に」対処できるとの認識を示した。

5G干渉問題、「何年も」続く恐れ 米航空業界が議会証言へ

米主要航空会社を代表する業界団体エアラインズ・フォー・アメリカ(A4A)を率いるニック・カリオ氏は、3日に行われる下院運輸・インフラ委員会の小委員会公聴会で、Cバンド周波数帯の高速通信規格「5G」サービス導入がもたらす航空機への干渉に恒久的に対処するには「何年も」かかる見通しだと警告する。ロイターが未公開の証言内容を確認した。

米AT&T、第4四半期決算が予想上回る 動画配信サービス堅調

米通信大手AT&Tが26日発表した第4・四半期(12月31日まで)決算は売上高と利益がアナリスト予想を上回った。動画配信サービス「HBOマックス」が堅調だったほか、携帯電話契約者数が増加した。

米ベライゾンの第4四半期、契約件数が予想上回る 5G拡大で

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが25日に発表した2021年第4・四半期(12月31日まで)決算は、携帯電話契約件数が予想以上に増加した。次世代通信規格「5G」サービスの積極的な展開により、22年も好調な推移を予想している。

JALとANA、米国便の通常運航再開 5G電波の影響巡り一時混乱

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は19日、米国内の新たな第5世代(5G)移動通信サービスによる影響を懸念して欠航にした一部の米国便の運航を20日から再開すると発表した。

JALとANA、米国便の運航再開 5G問題で安全性を確認

日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は19日、米国便の運航を20日から再開すると発表した。米国での第5世代(5G)移動通信の新サービス開始を前に、通信電波が運航の安全性に与える影響への懸念から一部の便を欠航すると発表していた。

米FAA、5G巡り航空会社に新たな指針 欠航などの影響緩和へ

米連邦航空局(FAA)は18日夜、承認された電波高度計を搭載した航空機が利用できる空港のリストを更新した。ニューヨークのジョン・F・ケネディやラガーディア、ロサンゼルス、シカゴのオヘアやミッドウェイー、サンフランシスコ、シアトルといった主要空港が含まれる。

ANAやJALなど、米国便の一部欠航 5G電波の影響懸念で

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)を含む世界の航空大手は18日、米国で第5世代(5G)移動通信の新サービスが翌日に始まるのを前に、通信電波が運航の安全性に与える影響への懸念から米国便の一部欠航や使用機の変更を相次ぎ決めた。

米通信2社、5G新サービスを一部延期 航空便への影響配慮

通信大手AT&Tとベライゾンは18日、19日に開始予定だった第5世代(5G)移動体通信の新サービスについて、航空業界への影響に配慮して主要空港周辺での運用の一時延期に合意した。

AT&Tとベライゾン、5G新サービスの一時延期に合意

通信大手AT&Tとベライゾンは18日、19日に開始予定だった第5世代(5G)移動体通信の新サービスについて、主要空港周辺での運用の一時延期に合意した。同サービスを巡っては、航空管制の妨げになる可能性があるとして延期を求める声が上がっていた。

米有力議員、通信大手2社に5G新サービスの延期要請

米下院のディファジオ運輸・インフラ委員長と航空小委員会のラーセン委員長は通信大手のAT&Tとベライゾンに対し、19日に開始予定の第5世代(5G)移動体通信の新サービスについて、航空管制の妨げになる可能性があるとして主要空港周辺での運用延期を求めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up