for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Walgreens Boots Alliance Inc

WBA.OQ

前日終値

62.25USD

変化

3.01(+5.08%)

出来高

5,886,334

本日のレンジ

61.21

 - 

63.24

52週レンジ

49.03

 - 

86.29

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
59.24
始値
62.61
出来高
5,886,334
3か月平均出来高
116.45
高値
63.24
安値
61.21
52週高値
86.29
52週安値
49.03
発行済株式数
892.54
時価総額
52,874.14
予想PER
9.99
配当利回り
3.09

次のエベント

Dividend For WGBA34.SA - 0.9170 BRL

適時開示

その他

Walgreens And Jenny Craig To Open 100 'Jenny Craig At Walgreens' Locations Across Country

Walgreens Boots Alliance Reports Q4 Adjusted Earnings Per Share $1.43

Walgreens Says In Light Of J&J's Voluntary Recall, Co Is Removing All 22 Ounce J&J Baby Powder From Stores

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Walgreens Boots Alliance Incとは

ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(Walgreens Boots Alliance, Inc.,)は薬局主導の健康と福利持株会社である。【事業内容】同社は3つの事業を運営する。小売薬局USAセグメントは小売ドラッグストアと介護クリニックの運営及び専門薬局サービスの提供を含むWalgreen Co.(ウォルグリーンズ)事業から構成される。小売薬局国際セグメントは主にアライアンス・ブーツ薬局主導の健康・美容ストア、オプティカル・プラクティスおよび関連契約製造事業から構成される。医薬品卸売セグメントは、アライアンスブーツ製薬卸売業および流通業で構成される。同社のポートフォリオには、「Walgreens」、「Duane Reade」、「Boots」と「Alliance Healthcare」、並びに「No7」、「Botanics」、「Liz Earle」、「Soap&Glory」などの世界的な健康と美容製品ブランドが含まれる。

業種

Retail (Drugs)

連絡先

108 Wilmot Rd

+1.847.3152500

http://www.walgreensbootsalliance.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James A. Skinner

Executive Chairman of the Board

Stefano Pessina

Executive Vice Chairman and Chief Executive Officer

James Kehoe

Global Chief Financial Officer, Executive Vice President

Ornella Barra

Co-Chief Operating Officer

Alexander W. Gourlay

Co-Chief Operating Officer

統計

3.09 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

118.2K

2018

131.5K

2019

136.9K

2020(E)

139.9K
EPS (USD)

2017

5.100

2018

6.020

2019

5.990

2020(E)

5.932
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.78
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.39
株価純資産倍率(四半期)
2.26
株価キャッシュフロー倍率
8.83
総負債/総資本(四半期)
71.61
長期負債/資本(四半期)
47.20
投資利益率(過去12カ月)
9.06
自己資本利益率(過去12カ月)
5.80

最新ニュース

最新ニュース

米S&Pとナスダック反落、貿易巡る懸念で ダウは横ばい

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が下落して取引を終えた。トランプ米大統領の発言を受け、米中通商協議を巡る懸念が再燃した。ダウ工業株30種<.DJI>は、ボーイング株<BA.N>の上昇に支援され、ほぼ変わらずだった。

再送-米UPS、CVS処方薬のドローン配達を開始

米宅配便大手ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)の子会社UPSフライト・フォワードが、個人の住宅や老人ホーム向けに米ドラッグストア・薬剤給付管理(PBM)大手CVSヘルスが扱う処方薬のドローン配達を開始した。

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、医薬関連大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

米オピオイド訴訟で大手4社が2.6億ドルで和解、連邦地裁の審理取りやめ

米国で社会問題になっている鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、製薬会社大手4社が総額2億6000万ドルの和解に達した。これによりオハイオ州クリーブランド連邦地裁で21日に開始される予定だった審理は取りやめになった。

米の電子たばこ関連疑われる死亡例、26件に増加 症例も1299件

米疾病対策センター(CDC)は10日、電子たばこやその他のベーピングと呼ばれる吸引製品に関連があるとされる原因不明の肺疾患による死亡例が累計で26件、症例は1299件に達したと報告した。先週時点では、それぞれ18件と1080件だった。

中国アリババ、米国内で電子たばこ関連部品の販売を中止

中国電子商取引最大手アリババ集団<BABA.N>は9日、米国での電子たばこ関連部品の販売を中止すると発表した。同国内での規制強化の動きや電子たばこに関連すると見られる肺疾患などの報告を受けた措置。

米クローガーとウォルグリーンズ、電子たばこ販売中止へ

米スーパーマーケット大手クローガー<KR.N>とドラッグストアチェーン大手のウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンス<WBA.N>は7日、それぞれ国内店舗で電子たばこの販売を中止すると発表した。

米アルファベット、ドローン配送をバージニア州で開始へ

米アルファベット<GOOGL.O>の航空部門は19日、ドラッグストアチェーン大手ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA.O>と物流大手フェデックス<FDX.N>と提携し、無人機(ドローン)を使った配送を来月からバージニア州で始めると明らかにした。

米国の小売り各社、銃器むき出しで入店お断り

米ドラッグストアチェーン大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA.N>とCVSヘルス<CVS.N>は5日、今後は客に対し、他人に分かる形で銃器を店舗に持ち込まないよう求める方針を明らかにした。米国内で銃乱射事件が相次いだことを受けた措置。

米地裁、10月21日にオピオイド中毒巡る審理決定 和解勧告も

処方鎮痛剤に含まれる医療用麻薬「オピオイド」中毒のまん延を巡る訴訟で、米オハイオ州北部地区の連邦地裁は3日、米製薬大手パーデュー・ファーマら被告側による手続き無効の申し立てを棄却し、10月21日に審理を行うことを決定した。同時に双方に和解勧告も提案した。

トランプ政権、米医薬品業界のリベート慣行廃止案を撤回

トランプ米政権は11日、処方箋薬の価格引き下げに向けた主要提案を撤回した。保険会社でなく製薬会社に焦点を絞っ新たな措置を打ち出す可能性がある。撤回された案は、製薬会社が保険会社に巨額の「払戻金(リベート)」を支払うシステムを廃止し、高齢者向け医療保険(メディケア)の患者に直接還元されるようにするものだった。

米トランプ政権、製薬リベート慣行廃止に向けた規制案を撤回

米トランプ政権は、薬価引き下げへの取り組みとして提案していた医薬品業界に定着している「リベート(払戻金)」の慣行廃止に向けた新規則を撤回すると明らかにした。トランプ大統領が看板政策に掲げる薬価引き下げ実現に影を落とすことになる。

ウォルマート、たばこ購入年齢を21歳に引き上げ 全米で7月1日から

米小売大手ウォルマートは8日、米国内全店でたばこの購入年齢を21歳に引き上げると発表した。7月1日から実施する。また、果物などの香料入りニコチン製品の販売も停止する。

アングル:S&P500の大幅反発、けん引役はまたもハイテク株

米S&P総合500種株価指数<.SPX>は昨年末の急落後に大幅反発し、現在再び過去最高値に迫ろうとしている。上昇をけん引しているのは、またもやハイテク株だ。

今日の株式見通し=一進一退、外部環境の落ち着きは安心材料

きょうの東京株式市場で日経平均株価は一進一退の展開が予想される。外部環境の落ち着きが安心材料となり小幅高で始まりそうだが、2万1500円より上の水準では国内金融機関などから売りが出る可能性がある。上値を大きくは伸ばしにくいものの、それほど強い売り材料も見当たらない。25日移動平均線も下値支持線として意識され、マイナス圏に沈んでも下押しは限定的になるとみられる。

NY市場サマリー(2日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、英国のメイ首相が欧州連合(EU)に離脱交渉期限の延長を要請することを明らかにしたことを受け、英ポンドが上昇した。

米株は上昇一服、ダウ79ドル安 ウォルグリーン急落

米国株式市場は前日までの上げが一服する中、ダウ平均株価<.DJI>が79ドル下落したほか、ナスダックは小幅高、S&P総合500種はほぼ横ばいで取引を終了した。ドラッグストアチェーン大手、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス<WBA.O>が急落し相場の重しとなった。この日発表された経済指標は景気減速懸念を和らげるには至らなかった。

米国株式市場=S&P横ばい、米ウォルグリーンの下げが重し

米国株式市場では、S&P総合500種が ほぼ横ばいで取引を終了した。米ドラッグストアチェーン大手、ウォル グリーン・ブーツ・アライアンスが下落し、指数の重しとなっ たほか、この日発表された経済指標は減速懸念を和らげるには至らなか った。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 26179.13 -79.29 -0.30 26213.5 26221.2 26122. 5 4 31  前営業日終値 26258.42 ナスダック総合 7848.69 +19.78 +0.25 7824.61 7854.92 7811.2...

EXCLUSIVE-テバの「エピペン」後発薬、米国で品薄 認可から5カ月

イスラエルのジェネリック医薬品(後発薬)大手テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズが製造する「エピペン」のジェネリック(後発医薬品)は、米国での販売認可が5カ月前におりたが、米国内の大手薬局で入手困難な状態となっている。

NY市場サマリー(28日)

<為替> 円が上昇。投資家は株式市場の荒い値動きに対し身構える姿勢を強めている。ドルは下落した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up