for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェスタン・デジタル・コーポレーション

WDC.O

現在値

42.44USD

変化

-0.01(-0.02%)

出来高

3,900,242

本日のレンジ

42.19

 - 

43.39

52週レンジ

27.40

 - 

72.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
42.45
始値
43.02
出来高
3,900,242
3か月平均出来高
127.26
高値
43.39
安値
42.19
52週高値
72.00
52週安値
27.40
発行済株式数
299.70
時価総額
12,719.31
予想PER
14.05
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2020 Western Digital Corp Earnings Release

適時開示

その他

Western Digital Q3 Non-GAAP Earnings Per Share $0.85

Western Digital Says Reorganized Its Management Structure

Western Digital Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.50Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェスタン・デジタル・コーポレーションとは

ウエスタン・デジタル(Western Digital Corporation)は情報産業(IT)業界のニーズに対応するデータストレージデバイスおよびソリューション、各業界でデータの拡散を可能にするインフラストラクチャの開発、製造、提供を行う企業である。【事業内容】同社のポートフォリオは、容量と性能のエンタープライズ・ハードディスク・ドライブ(HDD)、エンタープライズ・ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)、データセンター・ソフトウェアとシステム・ソリューションを含むデータセンター・デバイスとソリューション、モバイル、デスクトップ、ゲームおよびデジタルビデオハードドライブ、クライアントSSD、組み込み製品とウェーハを含むクライアントデバイス、リムーバブル製品、ハードドライブコンテンツソリューション、フラッシュコンテンツソリューションを含むクライアントソリューションのを含む。同社はハードディスクドライブ製品に使用されている記録ヘッドおよび磁気媒体の一部を開発および製造している。

業種

Computer Storage Devices

連絡先

5601 Great Oaks Pkwy

SAN JOSE, CA

95119-1003

United States

+1.949.6727000

https://www.westerndigital.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Matthew E. Massengill

Independent Chairman of the Board

David Goeckeler

Chief Executive Officer, Director

Robert K. Eulau

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Michael D. Cordano

President, Western Digital Technologies, Inc.

Srinivasan Sivaram

President - Technology and Strategy

統計

2.21 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

19.1K

2018

20.6K

2019

16.6K

2020(E)

16.8K
EPS (USD)

2017

9.190

2018

14.730

2019

4.840

2020(E)

3.021
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.79
株価純資産倍率(四半期)
1.38
株価キャッシュフロー倍率
12.45
総負債/総資本(四半期)
104.18
長期負債/資本(四半期)
101.08
投資利益率(過去12カ月)
-2.67
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.22

最新ニュース

最新ニュース

中国ハイクビジョン、米禁輸リスト入りで短期的な影響予想

中国の監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)<002415.SZ>は9日、米政府から禁輸対象に指定されたことで短期的な悪影響を受ける可能性があるとの見方を示した。

米国が中国当局者にビザ規制、資本フローも制限か

米国務省は8日、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒への弾圧や虐待などを理由に中国政府や共産党の当局者に対するビザ発給を制限すると発表した。これを受けて中国は反発、今週予定される通商協議に暗雲が立ち込めている。米当局者は、10─11日の閣僚級協議は予定通りに行われるとの立場を堅持している。

UPDATE 2-米国、中国当局者のビザ発給制限 イスラム少数民族弾圧で

米国務省は8日、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒への弾圧や虐待などを理由に中国政府や共産党の当局者に対するビザ発給を制限すると発表した。

米国、中国当局者のビザ発給制限 イスラム少数民族弾圧で

米国務省は8日、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒への弾圧や虐待などを理由に中国政府や共産党の当局者に対するビザ発給を制限すると発表した。

米が中国企業の禁輸リスト追加、ウイグルなど弾圧に関与と判断

米商務省は7日、中国の監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)<002415.SZ>や公安機関など28団体・企業を事実上の禁輸リストである「エンティティー・リスト」に追加した。中国政府によるウイグル族などイスラム系少数民族への弾圧に関与しているとした。

米IT大手、ファーウェイ販売許可で迅速対応要請=NEC委員長

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は9日、トランプ大統領が前日に大手IT首脳らと開いた会合に関連し、企業側は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売許可申請で迅速な対応を求めていると述べた。

米大統領がIT大手に迅速な対応約束、ファーウェイへの販売許可巡り

トランプ米大統領は22日、アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルなどIT大手の首脳と会合を開き、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売再開を求める米企業の要請に関して「適時に」決断することに合意した。

焦点:半導体価格「前例なき急騰」あるか、日韓対立で市場警戒

半導体のスポット価格が今年に入って初めて上昇している。日韓両国の対立による日本の韓国向け半導体材料への輸出規制が長引けば、これまでにないような価格高騰や供給の混乱が生じかねないと懸念する声も、専門家から聞かれる。

焦点:ファーウェイ排除の緩和を、米半導体各社がロビー活動

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)にチップを供給しているクアルコム<QCOM.O>やインテル<INTC.O>などの米国半導体各社が、密かに自国政府に圧力をかけ、ファーウェイに対する販売禁止措置を緩和するよう求めている。

半導体回復時期「よくわからなくなってきた」=WD日本法人社長

ウエスタンデジタルジャパン(東京都港区)の小池淳義社長は27日、ロイターのインタビューで、年後半に回復するとみられていた半導体メモリー市況について「よくわからなくなってきた」と述べ、不透明感が増しているとの認識を示した。

イスラエルのPliops、ソフトバンクなどから3000万ドル調達

クラウド・ストレージ技術を開発するイスラエルのPliopsは30日、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下のソフトバンク・ベンチャーズ・アジアなどから、3000万ドルを調達したことを明らかにした。

米ウエスタンデジタル、10─12月は20.7%減収

米ハードディスクドライブ(HDD)メーカーのウエスタンデジタル<WDC.O>が24日発表した第2・四半期(昨年10─12月)決算は、20.7%の減収となった。予想を上回る減少幅で、中国などでのスマートフォンの需要減速懸念を強める内容となった。

半導体大手の決算に注目、中国の動向が鍵=今週の米株式市場

今週の米株式市場では、インテル<INTC.O>やテキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>などの半導体大手や自動車大手のフォード<F.N>が、決算発表で中国事業についてどのような見解を示すかが注目される。

アングル:S&P500銘柄、大半は既に調整局面か弱気相場入り

米S&P総合500種自体は調整局面とみなされる領域にまだ落ち込んでいない。しかしその構成銘柄の大多数は既に調整相場に入ってしまった。

米国株は上昇、アップルやエネルギー株が高い

米国株式市場は上昇。アップル<AAPL.O>が買われ、ハイテク株全体の上昇を主導した。エネルギー株も高い。原油相場が2%超上昇したことに追随した。

米国株式市場は小幅安、ナイキやフェイスブックに売り 貿易懸念も

米国株式市場は小幅安。貿易を巡る懸念がくすぶったほか、スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>や交流サイト大手フェイスブック<FB.O>に売りが出た。ただ、堅調な米製造業指標が下支えした。

焦点:東芝、年度内の半導体売却できず モノ言う株主が動く可能性

経営再建中の東芝<6502.T>は、当初予定していた2017年度内の半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の売却完了ができなくなった。中国商務省からの独禁法上の承認が得られないためだが、審査期間が長引けば売却に反対する「モノ言う株主」の動きも活発化しそうで、新たな不安要因に浮上してきた。

米国株は好調な鉱工業生産で上昇、週足では3指数揃って下落

米国株式市場は米鉱工業生産指数が堅調だったことで上昇して終了した。ただナスダックは横ばい。週足では主要3指数はそろって下落した。

NY市場サマリー(16日)

<為替> ドルが大半の主要通貨に対し上昇。朝方発表された米経済指標は底堅い結果となり、米連邦準備理事会(FRB)が来週の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げを実施するとの観測を支えた。

東芝、半導体売却で営業益予想ゼロに 存続懸念は脱却と説明

東芝<6502.T>は14日、2018年3月期末の株主資本が4600億円のプラスになる見通しと発表した。昨年12月実施の6000億円の資本増強などにより債務超過解消が確実になり、企業存続への懸念を示す「継続企業の前提に重要な疑義」を持たれる状況から抜け出したと説明している。一方で、半導体メモリー事業の売却予定に伴い、通期営業利益予想を従来の4300億円から収支均衡(利益ゼロ)に下方修正、来年度以降の収益構造に不安を残す格好となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up