for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Canopy Growth Corp

WEED.TO

前日終値

20.29CAD

変化

-0.67(-3.20%)

出来高

2,077,387

本日のレンジ

20.08

 - 

20.99

52週レンジ

20.08

 - 

70.98

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
20.96
始値
20.08
出来高
2,077,387
3か月平均出来高
38.90
高値
20.99
安値
20.08
52週高値
70.98
52週安値
20.08
発行済株式数
348.33
時価総額
7,033.71
予想PER
-4.55
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Canopy Growth Corp Earnings Release

適時開示

その他

Canopy Says Achieving Q4 Fiscal 2020 Net Revenues Of C$250 Mln Increasingly Unlikely

Canopy Growth Reports Qtrly Loss Per Share Of $1.08

Vireo Health Names Bruce Linton As Executive Chairman

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Canopy Growth Corpとは

キャノピー・グロウス(Canopy Growth Corp)(旧名:Tweed Marijuana Inc)はカナダに本拠を置くマルチブランドの大麻会社である。【事業内容】子会社Tweed Inc、Bedrocan Canada Inc、Tweed Farms Inc、Mettrum Health Corpを通じて、カナダの医療市場における法的マリファナの製造及び販売事業に従事する。同社は、また、カナダのレクリエーション市場でのマリファナの生産と販売にも注力する。その中心的なブランドはTweed と Bedrocanである。Tweedは医療マリファナのライセンスを受けた生産者である。Tweedの商業ライセンスはスミスフォールズ施設の約168,000平方フィートをカバーし、年間約3,540キログラムの医療用マリファナを製造販売することができる。Tweedの生産能力は、10以上の気候が管理される屋内栽培ルームである。Bedrocanは医療グレードの大麻である。オンタリオ州トロントにあるBedrocanの52,000平方フィート以上の生産施設は、ライセンスされて、30以上の植生、栽培室、及び3つの調剤室を含む。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

1 Hershey Dr

+1.613.5999600

https://www.canopygrowth.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David Eric Klein

Chairman of the Board

Rade Nikola Kovacevic

President

Mark Zekulin

Chief Executive Officer

Mike Lee

Acting Chief Financial Officer

Olivier Dufourmantelle

Senior Vice President - Strategic Expansion and Continuous Improvement

統計

2.62 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, CAD)

2017

0.0K

2018

0.1K

2019

0.2K

2020(E)

0.5K
EPS (CAD)

2017

-0.130

2018

-0.400

2019

-2.570

2020(E)

-4.436
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.44
株価純資産倍率(四半期)
1.32
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
11.29
長期負債/資本(四半期)
11.03
投資利益率(過去12カ月)
-41.37
自己資本利益率(過去12カ月)
-34.00

最新ニュース

最新ニュース

米株は上昇して終了、軟調指標受け利下げ期待高まる

米国株式市場は上昇して取引を終えた。約3年ぶりの低水準となった非製造業関連指標を受け、米連邦準備理事会(FRB)が景気悪化に歯止めをかけるために利下げを実施するとの期待が高まった。

NY市場サマリー(3日)

<為替> ドルが下落。対円では4週間ぶり、対ユーロでは1週間ぶりの安値に沈んだ。今週発表された米製造業及び非製造業指標がともに低調な内容となり、米景気減速を示唆するシグナルと受け取られた。

カナダの大麻関連企業、米当局の電子たばこ巡る勧告が痛手に

カナダでは大麻関連製品が来月に合法化されるのを控え、マリファナ(大麻)の活性成分を含んだ電子たばこ製品を消費者は避けるべきだとする米当局の勧告が、国内の大麻関連企業にとって痛手となりそうだ。これらの企業は利益率の高い大麻関連製品が収益向上に寄与すると期待している。

米コンステレーション、第4四半期は売上高・利益とも予想上回る

米アルコール飲料大手コンステレーション・ブランズが発表した第4・四半期決算(2月28日まで)は、売上高・利益ともに市場予想を上回った。ワインは苦戦したが、ビールブランドの「コロナ」や「モデロ」の新商品が寄与した。

コラム:ビットコインに似た大麻関連株、唯一の違いは

米国株が先週大幅に下落した局面でも売り対象にならなかった銘柄として、医療用の大麻(マリフアナ)を手掛けるカナダのティルレイ<TLRY.O>が挙げられる。

カナダが大麻合法化、先進国として初 流通厳格に管理

カナダは17日、嗜好品としてのマリフアナ(大麻)の所持・使用を合法化した。先進国としては初めてとなる。ただ連邦政府のほか多くの州政府は慎重な姿勢をとっており、大麻入り食品などの解禁は1年先としたほか、大麻の供給体制も厳格に管理。カナダ最大の都市トロントのほか、バンクーバーでは大麻小売店はまだ開店していない。

米コカ・コーラ、大麻飲料市場の「成長注視」 提携協議報道受け

米飲料大手コカ・コーラは17日、大麻(マリフアナ)入り飲料市場の成長を注視しているとの見解を示した。大麻入り飲料製造に向けてカナダのオーロラ・カナビスと協議を進めていると、BNNブルームバーグが報じたことを受けた。

カナダ、10月17日に大麻解禁 主要国で初

カナダのトルドー首相は20日、嗜好(しこう)用としてのマリフアナ(乾燥大麻)を10月17日に解禁すると発表した。主要国の中で大麻が解禁されるのはカナダが初めて。

焦点:医療大麻2.0時代の到来か、カナダ企業が薬品開発加速

医療用大麻を栽培するカナダのキャノピー・グロース<WEED.TO>が、世界の製薬大手に挑もうとしている。

焦点:禁断の大麻ビジネス、膨らむ商機に転身するエリートたち

アラン・ガートナー氏は2年前、シンガポールでグーグルのアジア太平洋地域の営業チームを率い、1億ドル(約112億5000万円)を超えるビジネスを動かしていた。

コラム:米アルコール大手、マリフアナに触手を伸ばす訳

コロラドやワシントンなどの各州でマリフアナが合法化されてから、米国の大麻ビジネスが、家内産業から大手たばこ会社の傘下となるのは時間の問題だとみられていた。

カナダ首相、大麻合法化に向け連邦税の導入提案 州政府は慎重

カナダのトルドー首相は3日、大麻使用の合法化を実現させるため、連邦物品税の導入を提案した。一方、合法化のプロセスに関与する州からは慎重な意見が出ている。

米政権、嗜好用マリフアナの使用禁止を強化する可能性=報道官

米ホワイトハウスのスパイサー報道官は23日の記者会見で、トランプ米政権が嗜好(しこう)用大麻(マリフアナ)の使用を禁止する連邦法の実施を強化する可能性があると述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up