for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー

WFC.N

現在値

47.75USD

変化

-1.16(-2.37%)

出来高

7,144,120

本日のレンジ

47.38

 - 

49.20

52週レンジ

28.40

 - 

52.56

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
48.91
始値
49.09
出来高
7,144,120
3か月平均出来高
538.05
高値
49.20
安値
47.38
52週高値
52.56
52週安値
28.40
発行済株式数
3,987.23
時価総額
188,237.30
予想PER
10.14
配当利回り
1.69

次のエベント

Wells Fargo & Co at Goldman Sachs US Financial Services Conference

適時開示

その他

Wells Fargo Names Mike Riley And Dan Thomas Co-Heads Of Markets

Wells Fargo Provides Credit Facility To Medsphere For Their Health Platform Strategy

Wells Fargo Announces Rebuilt Mobile App And All-New Virtual Assistant, Fargo

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーとは

ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo & Co)は、銀行持株会社である。【事業内容】多角的な金融サービス会社である。銀行の所在地や事務所、インターネット、その他の流通チャネルを通じて、州、コロンビア特別区、および米国以外の国の個人、企業、機関に銀行、投資、住宅ローンの商品やサービスを提供する。当座預金口座と普通預金口座、クレジットカードとデビットカード、自動車、住宅ローンと住宅担保、中小企業向け融資などの消費者金融商品とサービスを提供する。それは他のオファーファイナンシャルプランニング、プライベートバンキング、投資管理、および受託者サービスを提供する。また、従来の商業ローンおよび信用枠、信用状、資産ベースの貸付、貿易金融、財務管理、投資銀行サービスなどの製品およびサービスを通じて企業に金融ソリューションを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

420 Montgomery St

SAN FRANCISCO, CA

94104-1207

United States

+1.612.6671234

https://www.wellsfargo.com

エグゼクティブリーダーシップ

Steven D. Black

Chairman of the Board

Charles W. Scharf

President, Chief Executive Officer, Director

Michael P. Santomassimo

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

William M. Daley

Vice Chairman of Public Affairs

Scott E. Powell

Chief Operating Officer, Senior Executive Vice President

統計

2.26 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

86.4K

2019

85.1K

2020

72.3K

2021(E)

76.1K
EPS (USD)

2018

4.280

2019

4.050

2020

0.410

2021(E)

4.660
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.23
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.49
株価純資産倍率(四半期)
1.12
株価キャッシュフロー倍率
6.96
総負債/総資本(四半期)
108.43
長期負債/資本(四半期)
86.22
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.03

最新ニュース

最新ニュース

米大手銀、オフィス復帰計画に変更なし オミクロン株動向を注視

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る危機感が高まる中、米大手金融機関は、現時点では状況を注視しながらも従業員のオフィス復帰を進める計画を変更していないことが分かった。

米当局、大手銀に対応要請 気候変動が金融システムにリスク 

米通貨監督庁(OCC)のマイケル・スー長官代行は、大手銀行の首脳らに対し、導入する可能性のある炭素税の影響を含め、気候変動に対するリスクをより真剣に評価・管理するよう求めた。

ゴールドマン、第3四半期は66%増益 活発なM&Aが寄与

米ゴールドマン・サックスが15日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は利益が66%増加し、市場予想を大幅に上回った。活況なM&A(企業の合併・買収)が寄与した。

ゴールドマン、第3四半期は66%増益 活発なM&Aが寄与

米ゴールドマン・サックスが15日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は利益が66%増加し、市場予想を大幅に上回った。活況なM&A(企業の合併・買収)が寄与した。

米銀大手4行、第3四半期利益が予想超え 景気回復やM&Aブームで

今週発表された米銀主要4行の第3・四半期決算は前期に続き好調な内容となった。新型コロナウイルス禍で積み上げた貸倒引当金の戻し入れのほか、M&A(合併・買収)ブーム、株式の引受業務およびトレーディングの収入増が利益を押し上げた。

米Wファーゴ、第3四半期は60%増益 貸倒引当金戻し入れなど貢献

米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が14日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は約60%の増益となった。貸倒引当金の戻し入れと経費削減が貢献した。

米シティ、第3四半期は48%増益 貸倒引当金戻し入れが寄与

米金融大手シティグループが14日に発表した第3・四半期利益(9月30日まで)は利益が48%増加し、予想を上回った。貸倒引当金の戻し入れに加え、株式引受業務と投資銀行助言業務の手数料収入が増加したことが追い風となった。

JPモルガン、第3四半期24%増益 引当金戻し入れなどが追い風

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、利益が前年同期比24%増と、予想を超える伸びとなった。トレーディング事業は低調だったものの、景気回復を受けた貸倒引当金の戻し入れに加え、世界的なディールメーキングの活況を反映し手数料収入が伸びたことが追い風になった。

JPモルガン、第3四半期24%増益 引当金戻し入れなどが追い風

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、利益が前年同期比24%増と、予想を超える伸びとなった。トレーディング事業は低調だったものの、景気回復を受けた貸倒引当金の戻し入れに加え、世界的なディールメーキングの活況を反映し手数料収入が伸びたことが追い風になった。

暗号資産解析の英新興企業、ソフトバンクなどから6000万ドル調達

暗号資産(仮想通貨)の解析を手掛ける新興企業の英エリプティックは11日、ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」やウェルズ・ファーゴのベンチャーキャピタル部門を含む大手投資家から6000万ドルを調達したと発表した。

再送-米JPモルガン・チェース、コロナワクチン未接種者の出張禁止

米銀行大手JPモルガン・チェースは4日、新型コロナウイルスワクチン未接種または接種状況を開示していない米国従業員の出張を禁止する方針を明らかにした。ロイターが閲覧した内部メモで分かった。

米連邦地裁、Wファーゴの訴え退け 株主訴訟で

米銀ウェルズ・ファーゴが株主を欺き、一連の不祥事からの立ち直っているように見せかけていたとの株主訴訟を巡り、連邦地裁は30日、訴えは無効とのウェルズ・ファーゴ側の主張を退けた。

米Wファーゴ、3730万ドル支払いで和解 法人への過剰請求訴訟で

米銀ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)は27日、法人顧客に為替関連サービスの代金を過剰請求していたとして米司法省が起こした民事訴訟で、3730万ドルを支払うことで和解した。

Wファーゴの資産規制、問題是正を確認するまで継続=FRB議長

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は22日、米銀ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)の「広範囲に波及する」問題是正の取り組みを注視しており、取り組みが不十分なら適切な措置を講じる方針を示した。

「違反常習者」Wファーゴの分割を、ウォーレン議員がFRBに要求

米民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員は14日、金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)は「矯正不可能な違反常習者」だとして、連邦準備理事会(FRB)にWファーゴの分割を求めた。

Wファーゴに罰金2.5億ドルの追加処分、不正営業への対応不十分で

米銀行規制当局は9日、金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)による不正営業の損害補償に対する取り組みが不十分だとして、2億5000万ドルの罰金を科すなどした。

NY市場サマリー(9日)米国株下落、ドル下落、長期債利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが下落。米債券利回りの低下に追随した。一方、欧州中央銀行(ECB)が資産購入ペースを小幅縮小するという決定を受け、ユーロは上昇した。

米国株式市場=下落、FRB緩和縮小開始の前倒し観測台頭

米国株式市場は下落して終了した。週間新規失業保険申請件数が約1年半ぶりの低水準となったことで、景気回復が減速しているとの懸念は払拭されたものの、米連邦準備理事会(FRB)のテーパリング(量的緩和の縮小)開始時期が前倒しされるとの観測が高まった。

NY市場サマリー(2日)ドル軟調、S&Pとナスダック最高値

<為替> 雇用関連の経済指標が堅調だったことで、米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)が意識される中、ドルが軟化した。ユーロは欧州中央銀行(ECB)当局者のこのところの発言を受け、対ドルで約1カ月ぶりの高水準を維持した。

米国株式市場=S&Pとナスダック最高値、エネルギー株堅調

米国株式市場はS&P総合500種指数とナスダック総合指数が最高値を更新。ダウ工業株30種も上昇した。商品(コモディティー)価格の値上がりでエネルギー株が堅調だったほか、新規失業保険申請件数の改善も相場を後押しした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up