for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー

WFC.N

現在値

47.90USD

変化

0.94(+2.00%)

出来高

6,413,870

本日のレンジ

46.80

 - 

47.97

52週レンジ

20.77

 - 

47.97

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
46.96
始値
46.92
出来高
6,413,870
3か月平均出来高
687.19
高値
47.97
安値
46.80
52週高値
47.97
52週安値
20.77
発行済株式数
4,133.57
時価総額
194,112.50
予想PER
12.39
配当利回り
0.85

次のエベント

Wells Fargo Financial Services Investor Conference (Virtual)

適時開示

その他

Wells Fargo & Co Says David Galloreese, Head Of Human Resources, Will Leave Co On April 23, To Take A Role Outside Company

Wells Fargo Expects To Have Further Reserve Releases If Economic Trends Continue - Conf Call

Wells Fargo & Co Posts Qtrly Pre-Tax Pre-Provision Profit $4,074 Million Versus $4,669 Million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーとは

ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo & Co)は、銀行持株会社である。【事業内容】多角的な金融サービス会社である。銀行の所在地や事務所、インターネット、その他の流通チャネルを通じて、州、コロンビア特別区、および米国以外の国の個人、企業、機関に銀行、投資、住宅ローンの商品やサービスを提供する。当座預金口座と普通預金口座、クレジットカードとデビットカード、自動車、住宅ローンと住宅担保、中小企業向け融資などの消費者金融商品とサービスを提供する。それは他のオファーファイナンシャルプランニング、プライベートバンキング、投資管理、および受託者サービスを提供する。また、従来の商業ローンおよび信用枠、信用状、資産ベースの貸付、貿易金融、財務管理、投資銀行サービスなどの製品およびサービスを通じて企業に金融ソリューションを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

420 Montgomery St

SAN FRANCISCO, CA

94104-1207

United States

+1.612.6671234

https://www.wellsfargo.com

エグゼクティブリーダーシップ

Charles H. Noski

Independent Chairman of the Board

Charles W. Scharf

President, Chief Executive Officer, Director

Michael P. Santomassimo

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

William M. Daley

Vice Chairman of Public Affairs

Scott E. Powell

Chief Operating Officer, Senior Executive Vice President

統計

2.21 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

86.4K

2019

85.1K

2020

72.3K

2021(E)

71.3K
EPS (USD)

2018

4.280

2019

4.050

2020

0.410

2021(E)

3.789
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.73
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.67
株価純資産倍率(四半期)
1.17
株価キャッシュフロー倍率
12.42
総負債/総資本(四半期)
129.39
長期負債/資本(四半期)
97.91
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.40

最新ニュース

最新ニュース

米バークシャー、Wファーゴ株ほぼ全て売却 1989年から投資

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイは、保有する米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)の株式をほぼ全て売却した。

FRB、大手行に気候変動リスクの情報提供を非公式に要請=関係者

米連邦準備理事会(FRB)は大手銀行に対して、気候変動リスクがバランスシートに及ぼす悪影響を最小化するため講じている対応策に関する情報提供を始めるよう、非公式なルートで要請している。事情に詳しい4人の関係者が明らかにした。

米株続落、コロナ感染拡大が旅行株の打撃に

米国株式市場は続落して取引を終えた。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により旅行関連株が打撃を受けたほか、先週発表された米銀行の好決算に対する見直しが広がった。

モルガンS、アルケゴス問題で10億ドルの損失 第1四半期は増益

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)は16日、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に絡み、約10億ドルの損失を計上したと明らかにした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、徐々に煮詰まり感 放れるのはきっかけ待ち

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、徐々に煮詰まり感 放れるのはきっかけ待ち 日経平均・日足は、長めの上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陽線」となった。5日移動平均線(2万96 64円42銭=15日現在)が頭を抑える格好となっている一方、25日移動平均線(2万9543円91 銭=同)が依然としてサポートラインとして機能するなど、上下いずれにも動きにくい状況。終値を挟む5 日線と25日線が接近しているが、日足も徐々に煮詰まり感を呈しており、こう着状態から抜け出す場面が 近いとの印象を与えている。上下に放れるのはきっかけ待ちと言えそうだ。...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、新規上場のサイバートラストは寄り付かず

<15:10> 新興市場はまちまち、新規上場のサイバートラストは寄り付かず 新興株市場は堅調に推移し、日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は反落した。引き続 き値動きの良い銘柄に値幅取り資金が向かっている。 きょうマザーズ市場に新規上場したサイバートラスト は寄り付かず、公開価格1660円に対 して2.3倍の3820円買い気配で終了。差し引き97万8700株の買い超過となり、初値形成を明日 以降に持ち越した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.06%高。個別では、環境管理センター 、ミナトホー ルディングス がストップ高となったほか...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、後場の振れ幅はわずか63円58銭

<14:15> 日経平均はもみあい、後場の振れ幅はわずか63円58銭 日経平均はもみあい。こう着状態に陥っている。後場寄り付きから午前2時15分までの上下振れ幅は わずか63円58銭。市場では「依然として材料難の状態。機関投資家も完全に売り買いともに手控えてお り、目立った動きが見られない」(国内証券)との声が聞かれた。 <12:40> 後場寄り付きは小幅安、五輪中止巡る二階氏発言にも反応薄 後場寄り付きの日経平均は小幅安。昼休み中に、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合の東京 五輪開催について「とても無理と言うならやめないといけない...

〔マーケットアイ〕株式:後場寄り付きは小幅安、五輪中止巡る二階氏発言にも反応薄

<12:40> 後場寄り付きは小幅安、五輪中止巡る二階氏発言にも反応薄 後場寄り付きの日経平均は小幅安。昼休み中に、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合の東京 五輪開催について「とても無理と言うならやめないといけない」と自民党の二階俊博幹事長が発言したと報 じられたが、株価は反応薄となっている。 市場では「五輪中止も選択肢との二階氏発言には反応していない。むしろ、下押す材料になれば、相場 にうねりが出てくるところだったが、好悪いずれの材料にも反応せず、市場は完全に見送りムードに包まれ ている」(東海東京調査センター・シニアストラテジスト...

前場の日経平均は小反発、買い一巡後は来週の決算控え様子見に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比36円67銭高の2万9657円66銭となり、小幅に反発した。寄り付きでは続落スタートとなったものの、その後急速に下げ幅を縮小しプラス転換した。

Wファーゴ、第1四半期は予想上回る増益 貸倒引当金縮小

米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が14日に発表した第1・四半期決算は、貸倒引当金の縮小やコスト削減により、利益がアナリスト予想を上回った。

ホットストック:銀行株はしっかり、メガバンは2%超高 堅調な米銀行決算で思惑買い

三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループなどの銀行株はしっかり。ともに2%超高での推移となっている。14日発表されたJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、ウェルズ・ファーゴなどの米銀行の決算が、いずれも底堅かったことなどが材料視されている。

今日の株式見通し=一進一退、材料難で方向感のない値動き

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、方向感に乏しい値動きとなりそうだ。前日の米国株式市場はまちまち。主力企業の決算を来週に控え、日本株は材料難で引き続き様子見姿勢の強い1日となりそうだ。日経平均は時間外取引での米株先物やアジア株の動向をにらみながら、前日終値(2万9620円99銭=14日)を挟んだ一進一退の値動きが見込まれる。

米国株はまちまち、銀行決算は底堅く

14日の米国株式市場はまちまち。ダウ工業株30種が小幅高となる一方、ナスダック総合指数やS&P総合500種指数は値下がりした。朝方発表されたJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス、ウェルズ・ファーゴの決算はいずれも底堅かったが、株価は明暗が分かれた。

UPDATE 1-NY市場サマリー(14日)米国株まちまち、ドル3週間ぶり安値 利回り小幅上昇

(株式リポートの内容を追加しました) [14日 ロイター] - <為替> ニューヨーク外為市場ではドルが3週間ぶりの安値を付けた。米債利回り の上昇ペースに落ち着きが見られたことで、ドルへの投資妙味が薄まった。 終盤の取引で、ドル指数は0.11%安の91.68。一時、3月18日以来 の安値となる91.57を付けた。 ユーロ/ドルは0.21%高の1.1971ドル。 ドルは対円でも0.13%安の108.92円。 アクション・エコノミクスのロナルド・シンプソン氏は「米債利回りが今週に入り比 較的安定していることで、ドルは利食い売りにさらされている...

NY市場サマリー(14日)米国株まちまち、ドル3週間ぶり安値 利回り小幅上昇

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルが3週間ぶりの安値を付けた。米債利回り の上昇ペースに落ち着きが見られたことで、ドルへの投資妙味が薄まった。 終盤の取引で、ドル指数は0.11%安の91.68。一時、3月18日以来 の安値となる91.57を付けた。 ユーロ/ドルは0.21%高の1.1971ドル。 ドルは対円でも0.13%安の108.92円。 アクション・エコノミクスのロナルド・シンプソン氏は「米債利回りが今週に入り比 較的安定していることで、ドルは利食い売りにさらされている」と述べた。 NY外為市場: <債券> 米金融・債券市場では...

米国株式市場=まちまち、銀行決算は底堅く

14日の米国株式市場はまちまち。ダウ工業株30種<.DJI >が小幅高となる一方、ナスダック総合指数やS&P総合500種指数は値 下がりした。朝方発表されたJPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックス< GS.N>、ウェルズ・ファーゴの決算はいずれも底堅かったが、株価は明暗が分かれ た。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 33730.89 +53.62 +0.16 33668.9 33911.2 33668.9 5 5 5  前営業日終値 33677.27 ナスダック総合 13857.84 -138.26...

Wファーゴ、第1四半期は引当金縮小で大幅増益 金利収入は22%減

米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が14日に発表した第1・四半期決算は、新型コロナウイルス禍で計上していた貸倒引当金が16億ドル縮小したことなどにより、利益が大幅に拡大した。

米国株は、ダウが55ドル安、CPIや企業決算の発表待ち

米国株式市場は小幅安となり、ダウ工業株30種が55ドル安で取引を終えた。米消費者物価指数(CPI)や企業決算の発表待ちとなった。

大手行などの決算に注目、一段の上昇模索へ=今週の米株式市場

米国株式市場では主要株価指数が最高値圏にある中、一段の上昇を支援する材料として企業決算が注目されている。

NY市場サマリー(9日)ドル小幅高、ダウとS&P最高値

<為替> ドル指数が小幅高。米中の物価統計が予想を上回る中、米国債利回りの上昇につられる格好となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up