for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー

WFC.N

現在値

42.24USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

36.55

 - 

60.30

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
42.24
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
346.94
高値
--
安値
--
52週高値
60.30
52週安値
36.55
発行済株式数
3,793.05
時価総額
164,277.00
予想PER
10.63
配当利回り
2.77

次のエベント

Q3 2022 Wells Fargo & Co Earnings Release

適時開示

その他

Wells Fargo & Company Increases Common Stock Dividend

Wells Fargo Issues Statement Regarding The Federal Reserve’s Stress Test Results

Wells Fargo CEO Says Growing Corporate & Investment Bank Is 'A Billion Dollar Opportunity' -Conference

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーとは

ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo & Co)は、銀行持株会社である。【事業内容】多角的な金融サービス会社である。銀行の所在地や事務所、インターネット、その他の流通チャネルを通じて、州、コロンビア特別区、および米国以外の国の個人、企業、機関に銀行、投資、住宅ローンの商品やサービスを提供する。当座預金口座と普通預金口座、クレジットカードとデビットカード、自動車、住宅ローンと住宅担保、中小企業向け融資などの消費者金融商品とサービスを提供する。それは他のオファーファイナンシャルプランニング、プライベートバンキング、投資管理、および受託者サービスを提供する。また、従来の商業ローンおよび信用枠、信用状、資産ベースの貸付、貿易金融、財務管理、投資銀行サービスなどの製品およびサービスを通じて企業に金融ソリューションを提供する。

業種

Money Center Banks

連絡先

420 Montgomery St

SAN FRANCISCO, CA

94104-1207

United States

+1.612.6671234

https://www.wellsfargo.com

エグゼクティブリーダーシップ

Steven D. Black

Independent Chairman of the Board

Charles W. Scharf

President, Chief Executive Officer, Director

Michael P. Santomassimo

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

William M. Daley

Vice Chairman of Public Affairs

Scott E. Powell

Chief Operating Officer, Senior Executive Vice President

統計

2.04 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

85.1K

2020

72.3K

2021

78.5K

2022(E)

73.2K
EPS (USD)

2019

4.050

2020

0.410

2021

4.820

2022(E)

3.967
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.39
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.21
株価純資産倍率(四半期)
1.04
株価キャッシュフロー倍率
6.66
総負債/総資本(四半期)
105.54
長期負債/資本(四半期)
84.66
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.97

最新ニュース

最新ニュース

米FRB、23年に気候変動シナリオ分析開始 大手6行対象に

[ワシントン 29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は29日、米銀大手6行が2023年に試験的な気候変動シナリオ分析に参加すると発表した。

米銀大手首脳がFRBの利上げ支持、経済への痛みも認識

米銀行大手首脳は、21日の下院金融サービス委員会における公聴会で、米連邦準備理事会(FRB)の利上げへの支持を表明した。一方で経済が痛みを伴うのは避けられないとも認めた。

「嵐雲」で経済は厳しい局面に、JPモルガンCEOが議会証言へ

[ワシントン 20日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は21日と22日に行われる議会公聴会で経済の「嵐雲」を警告する。20日に下院金融サービス委員会が証言準備原稿を公表した。

米議会、大手銀の首脳呼び公聴会 景気や環境問題で与野党圧力か

[ワシントン 19日 ロイター] - 米議会は今週、国内大手行トップを呼んで公聴会を開く。国内の経済問題に加え、妊娠中絶やエネルギー企業に対する銀行融資など様々な課題について議員からの質問が予想される。

米銀行の収益費用比率、下期に改善か 上期は悪化

米銀行は世界的な景気悪化による収入減や、人材獲得競争によるコスト高などで上半期に悪化した「収益費用比率」が、下半期には改善に向かうとアナリストは見ている。

米銀Wファーゴ、景気減速で融資伸び鈍化へ=CFO

米大手銀行ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)のマイク・サントマッシモ最高財務責任者(CFO)は13日、バークレイズの投資家会議で、融資は年初から力強く伸びてきたが、今後は鈍化するとの見通しを示した。消費者が金利上昇を実感するにつれて、同行の住宅ローン関連収入に下押し圧力がかかると予想した。

ブラックロックと欧州9社、テキサス州のエネ政策巡り事業に影響か

[24日 ロイター] - 米テキサス州のグレン・ヘーガー会計監査官は24日、資産運用大手ブラックロックと欧州9社が新法に違反してエネルギー産業をボイコットしていると結論付けた。これらの企業が州内で一部事業を禁じられる可能性が出てきた。

米大手行が最優遇貸出金利0.75%引き上げ、FRB利上げ決定で

JPモルガン・チェース、シティグループ、ウェルズ・ファーゴなどの米大手銀行は27日、最優遇貸出金利(プライムレート)を75ベーシスポイント(bp)引き上げて5.5%にすると発表した。28日から適用される。

「米消費者はインフレにまだ耐性」、米銀4─6月決算会見で指摘相次ぐ

米主要銀行の4-6月期決算発表が終わったが、各社の最高経営責任者(CEO)からはカード支出や預金データに基づき、米消費者がガソリンや食料品高騰やコロナ禍以来の貯蓄取り崩しにもかかわらず、意外なほど金融的な「健全度」を持ちこたえていたとの指摘が相次いだ。

米大手行、年内に融資伸び悩みも 第2四半期は好調

米大手銀行は第2・四半期の決算発表で融資の伸びが好調との見方を示した。新型コロナウイルス禍から個人・企業の融資需要が回復しているという。

米銀のレバレッジドローンの質劣化、市場環境悪化で減損相次ぐ

金利上昇とロシアのウクライナ侵攻による極端な市場変動を背景に米銀行のレバレッジドローンの質が劣化し始めている。

米銀大手、純金利収入見通し上方修正 FRBの利上げで

[ニューヨーク 18日 ロイター] - 米銀大手は、金利上昇に伴い主要な収益源である純金利収入(NII)が今年増加し、他の主要事業の利益減少による影響を補うとみている。

Wファーゴ、第2四半期は利益半減 引当金増や住宅ローン低迷で

[15日 ロイター] - 米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が15日発表した第2・四半期決算(6月30日まで)は、利益がほぼ半減した。貸倒引当金の積み増しや、金利上昇による住宅ローン低迷が要因となった。

JPモルガン3割減益、貸倒引当金積み増しで 自社株買い停止

[14日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェースが14日発表した第2・四半期決算(4─6月期)は28%の減益となった。米景気後退リスクが高まる中での貸倒引当金の積み増しが響き、市場予想を超える落ち込みとなった。自社株買いの停止も発表した。

JPモルガン、第2四半期は28%減益 引当金積み増しで 投資銀部門不調

[14日 ロイター] - 米金融大手JPモルガン・チェースが14日発表した第2・四半期決算は28%の減益となった。米景気後退リスクが高まる中での貸倒引当金の積み増しが響き、市場予想を超える落ち込みとなった。自社株買いの停止も発表した。

米大手4行が健全性審査受け増配、JPモルガンとシティは据え置き

米連邦準備理事会(FRB)による年次ストレステスト(健全性審査)を問題なく乗り越えたことを受け、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴは27日、増配を発表した。

アングル:米ウォール街、昨年の採用ブームに沈静化の兆し

米国経済の先行き不透明感が強まり金融市場が低迷する中、昨年は採用難に見舞われたウォール街では雇用を巡る過熱が沈静化しつつある。

米銀大手は厳しいシナリオでも十分な資本維持、FRB健全性審査

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手金融機関を対象に実施した年次ストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。厳しい経済ショックに見舞われても各行は十分な資本を維持することが判明し、自社株買いと配当金支払いへの道を開く内容となった。

米銀大手は十分な資本維持、FRBがストレステスト結果公表

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手金融機関を対象に実施した年次ストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。厳しい経済ショックに見舞われても各行は十分な資本を維持することが判明し、自社株買いと配当金支払いへの道を開く内容となった。

FRBの健全性審査、大手行は「合格」と資本計画承認を楽観視

米連邦準備理事会(FRB)は23日、大手銀行に対するストレステスト(健全性審査)の結果を公表する。大手行は「合格」のお墨付きをもらい、株主に配当や自社株買いを通じて余剰資本を還元する計画が認められるだろうと楽観視している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up