for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー

WFC.N

現在値

36.17USD

変化

-1.39(-3.70%)

出来高

9,157,732

本日のレンジ

35.93

 - 

37.39

52週レンジ

20.77

 - 

45.65

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
37.56
始値
37.20
出来高
9,157,732
3か月平均出来高
740.23
高値
37.39
安値
35.93
52週高値
45.65
52週安値
20.77
発行済株式数
4,134.11
時価総額
155,277.00
予想PER
14.95
配当利回り
1.06

次のエベント

Ameren Corp at Wells Fargo & Co and Edward Jones Investor Meeting

適時開示

その他

Wells Fargo Enters Agreement With Gtcr And Reverence Capital Partners To Sell Wells Fargo Asset Management

Wells Fargo Wins Fed Acceptance For Overhaul Plan Tied To Cap - Bloomberg Law

Wells Fargo & Co Announces Increase In Maximum Tender Amount, Initial Results Of Tender Offers By Wholly-Owned Unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーとは

ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo & Company)は銀行持株会社である。【事業内容】同社は総合金融サービス会社である。同社はコミュニティ・バンキング事業、ホールセール・バンキング事業及び財産・投資管理事業という3つの事業区分により構成される。同社は個人、中小企業、商業という3種類のサービスを提供する。同社は銀行支店と事務所、インターネット及び他の流通経路を通じて全米50州、コロンビア特別区及びその他の国々における個人、企業と機関向けに小売・商業・法人銀行サービスを提供する。同社は各種事業を行う子会社を通じて、ホールセール・バンキング、住宅ローン銀行業務、消費者金融、機器リース、農業金融、商業金融、証券仲介と投資銀行業務、コンピュータとデータ処理サービス、投資顧問業務、モーゲージ担保証券サービスとベンチャー・キャピタル・インベストメントを含む金融サービスを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

420 Montgomery St

SAN FRANCISCO, CA

94104-1207

United States

+1.612.6671234

https://www.wellsfargo.com

エグゼクティブリーダーシップ

Charles H. Noski

Independent Chairman of the Board

Charles W. Scharf

President, Chief Executive Officer, Director

William M. Daley

Vice Chairman of the Board - Public Affairs

John R. Shrewsberry

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

Scott E. Powell

Chief Operating Officer, Senior Executive Vice President

統計

2.22 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

86.4K

2019

85.1K

2020

72.3K

2021(E)

69.2K
EPS (USD)

2018

4.280

2019

4.050

2020

0.410

2021(E)

2.513
株価売上高倍率(過去12カ月)
94.17
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.15
株価純資産倍率(四半期)
0.95
株価キャッシュフロー倍率
14.47
総負債/総資本(四半期)
147.09
長期負債/資本(四半期)
115.18
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.18

最新ニュース

最新ニュース

バンカメ、投資銀・トレーディングの人員削減=BBG

米金融大手バンク・オブ・アメリカは今週、グローバルバンキング&マーケッツ部門で人員削減を実施した。ブルームバーグが25日報じた。

NY市場サマリー(17日)ドル上昇、ナスダック続落

<為替> ドル指数が上昇。底堅い経済指標がドル買いを後押しした。暗号資産(仮想通貨)のビットコインは最高値を更新した。

ナスダック続落、IT株への売りやインフレ警戒で

米国株式市場ではナスダック総合が続落し、S&P総合500種がほぼ横ばいで取引を終えた。IT(情報技術)株への売りやインフレを巡る警戒感が重しとなった。

米バークシャー、ベライゾンやシェブロン株取得

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社、バークシャー・ハザウェイは16日、米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズの株式86億ドル相当、米石油大手シェブロンの株式41億ドル相当を、それぞれ新たに取得したことを明らかにした。

コラム:米ゴールドマン、波乱に見舞われつつも目標へ前進

米金融大手ゴールドマン・サックスはデービッド・ソロモン最高経営責任者(CEO)が昨年1月に強気の経営目標を打ち出したが、その後の1年の軌跡はさながら人の一生のように波乱に満ちたものだった。2020年決算はトレーディング部門が好調だったが、他のほぼ全部門は厳しい逆風に見舞われ、これに同社が長年受け継いできた悪い慣行が加わり、波瀾万丈の内容となっている。

米モルガンS、第4四半期は大幅増益 コロナトレード追い風

米金融大手モルガン・スタンレーが20日に発表した2020年第4・四半期(12月31日まで)決算は、利益が大幅に増加した。新型コロナウイルス感染拡大を受け金融市場でボラティリティーが高まったことで、トレーディング業務が恩恵を受けた。

米モルガンS、第4四半期利益急増 コロナ禍受けた取引増が恩恵

米金融大手モルガン・スタンレーが20日に発表した2020年第4・四半期(12月31日まで)決算は、利益が急増した。新型コロナウイルス感染拡大を受け金融市場でボラティリティーが高まったことで、トレーディング業務が恩恵を受けた。

日経平均は続落、高値警戒で利益確定売り 売買代金は2兆円割れ

東京株式市場で日経平均は続落。前週に大幅上昇したことから高値警戒感が強く、全体的に利益確定売りが優勢となった。今晩の米国株式市場が休場であるため、後半は模様眺めとなって商いも細り、東証1部の売買代金は2兆円を割り込んだ。

NY市場サマリー(15日)ダウ177ドル安、ドル4週間ぶり高値

<為替> ドルが幅広く上昇し、主要通貨バスケットに対し4週間ぶりの高値を付けた。経済指標によって新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による経済的影響の持続が示され、安全通貨としての買いが強まった。

ダウ177ドル安、銀行・エネルギー株に売り

米国株式市場は下落し、ダウ工業株30種が177ドル値下がりした。決算を発表した大手銀行株が売り込まれたほか、エネルギー株も軟調だった。

Wファーゴ、第4四半期やや増益 信用コスト安定化で予想上回る

米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が15日発表した2020年第4・四半期決算(12月31日まで)は、信用コストが安定化したことで低金利環境の影響が相殺され、利益が小幅に増加した。

JPモルガン、第4四半期利益が予想上回る 貸倒引当金縮小

米金融大手JPモルガン・チェースが15日に発表した2020年第4・四半期決算(12月31日まで)は、貸倒引当金の縮小や投資銀行部門などの好調な業績を追い風に、利益が市場予想を大幅に上回った。

UPDATE 1-JPモルガン、第4四半期利益が予想大幅に上回る 貸倒引当金縮小

米金融大手JPモルガン・チェースが15日に発表した2020年第4・四半期決算(12月31日まで)は、貸倒引当金の縮小や投資銀行部門などの好調な業績を追い風に、利益が市場予想を大幅に上回った。

コラム:大手銀に「生物多様性リスク」という頭痛の種

大手銀行は新たな頭痛の種を抱え込むことになった。投資家や規制当局からの圧力で気候変動による金融リスクには目覚めていたが、今度は植物や昆虫、動物の保護についても気候変動と同じように緊急な対処を求められている。銀行に対応の備えが整っていない分野だ。

焦点:米金融機関、コロナ支援策の不正問題で規制に戦々恐々

米金融機関が新型コロナウイルス支援策に絡む規制リスクに戦々恐々となっている。

米Wファーゴ、資産運用部門の売却検討=関係筋

米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>は資産運用部門の売却を検討している。複数の関係筋が22日、ロイターに明らかにした。

NY市場サマリー(14日)ダウ・ドル下落、追加経済対策に不透明感

<為替> ドル指数が下落。ユーロも一時1週間ぶり安値に沈んだ。新型コロナウイルスワクチンや追加コロナ経済対策を巡り不透明感が漂う中、世界株式市場も神経質な取引となった。

米株続落、財務長官発言で経済対策期待しぼむ

米国株式市場は続落して取引を終えた。追加の新型コロナウイルス経済対策が来月3日の米大統領選までに実現するという期待が後退。アマゾン・ドット・コムやマイクロソフトが下げを主導した。

米Wファーゴ、第3四半期利益は予想下回る コロナ禍などで費用増

米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>が14日発表した第3・四半期決算は、利益が予想を下回った。営業手法を巡る不祥事に関連する費用を9億6100万ドル計上したほか、低金利も影響した。

JPモルガン、第3四半期利益が予想上回る 活況な取引寄与

米金融大手JPモルガン・チェース<JPM.N>が13日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、利益が市場予想を大幅に上回った。金融市場の取引が活況だったほか、貸倒引当金が3カ月前の105億ドルから6億1100万ドルに大幅に減少したことが寄与した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up