for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー

WFC.N

現在値

49.71USD

変化

0.53(+1.08%)

出来高

1,924,392

本日のレンジ

49.07

 - 

49.72

52週レンジ

43.34

 - 

54.75

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
49.18
始値
49.10
出来高
1,924,392
3か月平均出来高
398.59
高値
49.72
安値
49.07
52週高値
54.75
52週安値
43.34
発行済株式数
4,134.43
時価総額
207,999.90
予想PER
11.96
配当利回り
4.15

次のエベント

Wells Fargo Real Estate Securities Conference

適時開示

その他

Wells Fargo & Co Reports Qtrly Revenue Of $19.9 Bln

Wells Fargo Issues Statement On 2019 Resolution Plan Feedback By Federal Reserve And FDIC

City Of Philadelphia And Wells Fargo Resolve Litigation

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニーとは

ウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo & Company)は銀行持株会社である。【事業内容】同社は総合金融サービス会社である。同社はコミュニティ・バンキング事業、ホールセール・バンキング事業及び財産・投資管理事業という3つの事業区分により構成される。同社は個人、中小企業、商業という3種類のサービスを提供する。同社は銀行支店と事務所、インターネット及び他の流通経路を通じて全米50州、コロンビア特別区及びその他の国々における個人、企業と機関向けに小売・商業・法人銀行サービスを提供する。同社は各種事業を行う子会社を通じて、ホールセール・バンキング、住宅ローン銀行業務、消費者金融、機器リース、農業金融、商業金融、証券仲介と投資銀行業務、コンピュータとデータ処理サービス、投資顧問業務、モーゲージ担保証券サービスとベンチャー・キャピタル・インベストメントを含む金融サービスを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

420 Montgomery St

+1.612.6671234

https://www.wellsfargo.com

エグゼクティブリーダーシップ

Elizabeth A. Duke

Independent Chairman of the Board

Charles W. Scharf

President, Chief Executive Officer, Director

William M. Daley

Vice Chairman of the Board - Public Affairs

John R. Shrewsberry

Chief Financial Officer, Senior Executive Vice President

Scott E. Powell

Chief Operating Officer

統計

3.26 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

88.4K

2018

86.4K

2019

85.1K

2020(E)

79.6K
EPS (USD)

2017

3.880

2018

4.280

2019

4.050

2020(E)

4.103
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.22
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.45
株価純資産倍率(四半期)
1.23
株価キャッシュフロー倍率
10.01
総負債/総資本(四半期)
177.78
長期負債/資本(四半期)
121.93
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
1.05

最新ニュース

最新ニュース

FRB副議長、外資銀行の監督基準緩和を提案 ドイツ銀など4行

米連邦準備理事会(FRB)のクォールズ副議長は17日、一部の外資系銀行は、保有する米資産が過去10年間で合計50%以上縮小したため、米銀大手と同じ監督基準に拘束されるべきではないと述べた。

米大手3行、CEOは慎重ながらも先行きを楽観

米銀大手3行が14日に発表した決算では、貿易戦争、低金利、地政学リスクにもかかわらず、主力事業に大きな落ち込みはみられなかった。経営トップは慎重ながらも今年の成長を楽観している。

米シティ、第4四半期収益は予想上回る カードや債券取引好調

米金融大手シティグループ<C.N>が14日発表した第4・四半期決算は、好調なクレジットカード事業とトレーディング収入の大幅増が寄与し、利益が市場予想を上回った。

NY市場サマリー(14日)

<為替> 円が上昇。一方、人民元は下落した。米国が今年の大統領選終了まで対中関税を維持する方針との報道を受け、15日に予定される米国と中国の「第1段階」通商合意署名への期待に押し上げられていたリスク選好度は低下した。

米株市場はまちまち、対中関税巡る報道で最高値から押し戻される

米国株式市場はまちまちで終了。一時最高値を更新したものの、米国が11月の米大統領選後まで対中関税を維持する見通しだという報道を受け、押し戻される展開となった。

米Wファーゴ、第4四半期は55%減益 法務費用15億ドル上乗せ

米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>が14日発表した第4・四半期決算は、利益が前年同期比で55%減少した。2016年に発覚した営業慣行を巡る違法行為に関連し、法務費用がさらに15億ドル増加した。

米シティ、第4四半期収益は予想上回る カードや債券取引好調

米金融大手シティグループが14日発表した第4・四半期決算は、クレジットカード事業の伸びやトレーディング収入が増え、市場予想を上回った。

S&Pとナスダックが最高値更新、IT株が高い

米国株式市場はアップル<AAPL.O>などIT(情報技術)株が買われ、主要株価3指数が上昇。S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>は最高値を更新して取引を終えた。米中の「第1段階」通商合意の署名を控えた楽観ムードや第4・四半期企業決算への期待が背景。

米銀ロビイスト、ウォーレン氏抑え込みで穏健派民主党議員に接近

銀行業界に厳しい姿勢で臨むエリザベス・ウォーレン上院議員の影響力を排除するため、米銀行のロビイストがより穏健な民主党議員の取り込みに動いていることが、ロビイストなどへの取材や選挙関連データで分かった。

焦点:曲がり角の米ジャンク級ローン市場、LBOブームに幕

投機的格付けの米企業ローン市場の最もリスクの高い分野は、格下げへの懸念から多くの投資家に敬遠されつつある。このためレバレッジドバイアウト(LBO)や、借り入れを原資とする配当受け取り(debt-funded dividends)の動きが鈍ってきた。

米ウェルズ・ファーゴ、融資事業で200人超削減=関係筋

米銀大手ウェルズ・ファーゴ<WFC.N>はこの数カ月に国内融資事業で人員200人余りを削減した。事業トレンドの変化に対応するため。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

米バンカメ、コスト削減より投資を重視へ転換

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)<BAC.N>が16日発表した第3・四半期決算は、コスト削減に頼った利益拡大策から同社が約5年ぶりに離れたことを示した。2007-09年の金融危機後に続いた米銀行界のコスト削減の流れが、投資重視へと急激に転換している最新の兆候だ。

コラム:ボーイング改革、会長・CEO分離だけでは不十分

米ボーイング<BA.N>は11日、会長と最高経営責任者(CEO)を分離し、デニス・ミューレンバーグ氏が会長を外れてCEOに専念すると発表したが、経営改革の取り組みとしては小規模過ぎるし、遅きに失している。同社の企業文化に根差す問題を解決するには不十分だ。不祥事を起こした米ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>がなお延々と対応に追われている点を踏まえると、ボーイングの改革も長期化は必至で、最終的には外部の視点が必要になるだろう。

NY市場サマリー(15日)

<為替> 英ポンドが5月中旬以来の高値に上昇。英国と欧州連合(EU)が離脱交渉で合意に近づいているとの報道を受けた。

米株上昇、好調な企業決算で買い 金融・ヘルスケアが高い

米国株式市場は上昇して終了した。企業決算が好調だったことで買いが先行した。幅広い銘柄が上昇し、主要3指数はすべて上昇。S&P総合500種とナスダック総合は終値で約3週間ぶり高値を付けた。

米シティ、第3四半期収益が予想上回る 個人向け銀行業務好調

米金融大手シティグループ<C.N>が15日発表した第3・四半期決算は、収入と利益がアナリスト予想を上回った。個人向け銀行業務がトレーディング部門の低迷をカバーした。

米Wファーゴ、第3四半期は利益が予想下回る 住宅ローン事業低調

米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)<WFC.N>が15日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、主に住宅ローン関連事業の収入が減少したことで、利益が予想に届かなかった。

JPモルガン、第3四半期は予想上回る増益 「消費なお堅調」

米JPモルガン・チェース<JPM.N>が15日発表した第3・四半期決算は利益が市場予想を上回った。同社のダイモン最高経営責任者(CEO)は、米個人消費の堅調さが続いているという見方を示した。

米国株市場は小幅安、米中通商協議巡る不透明感で

米国株式市場は、小幅安で取引を終えた。米中通商協議を巡る不透明感がセンチメント低下につながったほか、15日から本格化する第3・四半期の米企業決算に市場の注目がシフトした。

NY市場サマリー(14日)

<為替> ドルが上昇。米中通商合意や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感から、安全資産としてのドルの投資妙味が高まった。円やスイスフランの買いも膨らみ、対ドルで小幅上昇した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up