for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

John Wood Group PLC

WG.L

現在値

122.20GBp

変化

-5.80(-4.53%)

出来高

2,523,065

本日のレンジ

121.50

 - 

128.55

52週レンジ

121.50

 - 

255.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
128.00
始値
128.00
出来高
2,523,065
3か月平均出来高
43.11
高値
128.55
安値
121.50
52週高値
255.00
52週安値
121.50
発行済株式数
691.84
時価総額
899.81
予想PER
5.65
配当利回り
--

次のエベント

John Wood Group PLC Capital Markets Day

適時開示

その他

John Wood Group Completes Built Environment Consulting Sale

John Wood Group Expects Higher Revenue Across It's Business This Year

John Wood Group HY Adjusted EBITDA At Around $250 Million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

John Wood Group PLCとは

ジョン・ウッド・グループ(John Wood Group PLC)は、コンサルティング、プロジェクト、運用ソリューションを提供する英国の会社である。【事業内容】4つの事業セグメントを通じて運営する。プロジェクトセグメントには、エンジニアリング、調達、建設(EPC)契約、及び建設管理が含まれる。運用セグメントには、英国とヨーロッパ全体の電気自動車充電インフラストラクチャが含まれる。コンサルティングセグメントは、カナダのネットゼロトランジットネットワークのロードマップの開発に焦点を当て、再生可能エネルギー、プロセスと化学、従来のエネルギーにも焦点を当てる。投資セグメントにはイージスプロジェクトが含まれる。

業種

Construction Services

連絡先

15 Justice Mill Lane

AB11 6EQ

United Kingdom

+44.1224.851000

https://www.woodplc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Roy Alexander Franklin

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Ken Gilmartin

Chief Executive Officer

David M. Kemp

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Lesley Birse

Executive President - People and Organisation

Mike Collins

Executive President - Projects

統計

2.00 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

9.9K

2020

7.6K

2021

6.4K

2022(E)

6.2K
EPS (USD)

2019

0.460

2020

0.230

2021

0.175

2022(E)

0.170
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.17
株価純資産倍率(四半期)
0.23
株価キャッシュフロー倍率
5.42
総負債/総資本(四半期)
59.96
長期負債/資本(四半期)
50.17
投資利益率(過去12カ月)
-1.80
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.27

最新ニュース

最新ニュース

ロンドン株式市場=反落、週間も下落

ロンドン株式市場は反落して取引を終え た。生活費危機への懸念の高まりに加え、米連邦準備理事会(FRB) のパウエル議長が、インフレ抑制のためのさらなる利上げを表明したこ とから売られた。 FTSE100種は工業株や金融株を中心に売りが広がっ た。週間では1.63%安と、6月中旬以来の大幅な下落率となった。 パウエル議長は26日の講演で、インフレが抑制されるまで「当面 」金融引き締めが必要との見解を示し、成長鈍化や労働市場の軟化、家 計や企業にもたらされる「いくらかの痛み」を警告。インフレを抑制で きるまでFRBが金融緩和へシフトすることを...

ロンドン株式市場=反発、石油大手や鉱業株上昇

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。原油や商品価格の値上がりを背景に、石油大手や鉱業株が買われた 。ただ、米ワイオミング州ジャクソンホールで開催される毎年恒例の経 済シンポジウム(ジャクソンホール会議)を前に投資家が警戒感を強め ているため、相場の上げ幅は限られた。 石油大手のシェル、BPはそれぞれ1.2%、1. 4%上昇。FTSE350種鉱業株指数は1.08%上 げた。 アイルランドの建材大手CRHは3.4%高。上半期の決 算が堅調だったことが好感された。 エクイティ・キャピタルの市場アナリスト、デービッド・マデン氏 は「理論上...

ロンドン株式市場=続落、景気減速懸念で売り

ロンドン株式市場は続落して取引を終え た。世界景気の減速懸念を背景に、商品株や金融株が売られて相場を押 し下げた。ただ、産業用ソフトのアヴィバが買収を巡る報道を受けて急 上昇したほか、英ポンドの下落を好感した買いも入り、下げ幅は限られ た。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.01%下げ た。 アヴィバは26.9%高。同社を60%近く所有する配電 ・制御機器大手シュナイダー・エレクトリックが、少数株主 の買収を検討していると明らかにしたことが材料視された。 23日に発表された購買担当者景気指数(PMI)は、世界経済が 景気後退に陥...

欧州市場サマリー(23日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。欧州で の天然ガス危機に加え、英国の8月の総合購買担当者景気指数(PMI)が市場の予想以 上に低下したことで景気後退への懸念が強まった。 輸出企業が多くを占めるFTSE100種は、英ポンドの上昇を受けてドル で利益を上げる製薬や生活必需品銘柄が売られたことも重しとなった。 国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は0.99%下落し 、約1カ月ぶりの安値水準となった。英国の天然ガス価格の高騰を背景に、経済を抑制し ているインフレ加速への懸念に拍車がかかった。 注目されていたS&Pグローバル...

ロンドン株式市場=続落、英PMI低下を嫌気

ロンドン株式市場は続落して取引を終え た。欧州での天然ガス危機に加え、英国の8月の総合購買担当者景気指 数(PMI)が市場の予想以上に低下したことで景気後退への懸念が強 まった。 輸出企業が多くを占めるFTSE100種は、英ポンドの 上昇を受けてドルで利益を上げる製薬や生活必需品銘柄が売られたこと も重しとなった。 国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は 0.99%下落し、約1カ月ぶりの安値水準となった。英国の天然ガス 価格の高騰を背景に、経済を抑制しているインフレ加速への懸念に拍車 がかかった。 注目されていたS&Pグローバル...

ロンドン株式市場=続落、ロールスロイスやディフェンシブ株が売られる

ロンドン株式市場は続落して取引を終え た。ディフェンシブ銘柄が売られて商品関連株の上昇を相殺したほか、 金融機関が投資判断を引き下げたエンジンメーカーのロールスロイスな ども下落した。 ロールスロイスは5.5%安。JPモルガンが投資判断を「 アンダーウエート」に下方修正し、電動航空エンジンの開発計画や再生 可能燃料の装備について懸念が高まったことから売られた。 ロンドン証券取引所(LSE)は2.9%下落。売り上げ の伸びを巡る不透明感からエグザーヌBNPパリバが投資判断を「中立 」に引き下げたことが嫌気された。 ディフェンシブ銘柄の下落...

欧州市場サマリー(11日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英経済 の成長鈍化を示す経済指標を受けて生活費圧迫に対する懸念が強まり、売り注文が優勢と なった。 2月の英国内総生産(GDP)は前月比0.1%増と、市場予想の0.3%増を下回 った。1月は0.8%増えていた。 INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は顧客向けメモで「英国で新型コロナ ウイルスワクチンの追加接種や検査のキャンペーンが終了したことが2月の経済成長の重 しとなり、それが今後数カ月間継続する」とし、「生活費の危機や信頼感の低下に加え、 追加のバンクホリデーがあることから、第2・四半期...

ロンドン株式市場=反落、経済指標低調で売り

週明けのロンドン株式市場は反落して取 引を終えた。英経済の成長鈍化を示す経済指標を受けて生活費圧迫に対 する懸念が強まり、売り注文が優勢となった。 2月の英国内総生産(GDP)は前月比0.1%増と、市場予想の 0.3%増を下回った。1月は0.8%増えていた。 INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は顧客向けメモで「 英国で新型コロナウイルスワクチンの追加接種や検査のキャンペーンが 終了したことが2月の経済成長の重しとなり、それが今後数カ月間継続 する」とし、「生活費の危機や信頼感の低下に加え、追加のバンクホリ デーがあることから、第...

ロンドン株式市場=続伸、金融と旅行株買われる

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。金融と旅行関連株が買われ全体水準を押し上げた。投資家は、世界 的な新型コロナウイルス感染の増加と経済成長の鈍化のリスクを見極め ようとしている。 金融大手HSBCと英銀大手のロイズ、賭け業者 のフラッター・エンターテイメント、英大手銀行スタンダー ド・チャータード(スタンチャート)、オンラインスーパー大 手オカドの値上がりが目立った。 英国債利回りの上昇に伴いFTSE350種銀行株指 数は2.02%上昇した。国債利回りは3日続けて上が っている。旅行・娯楽関連株指数は4営業日続伸した。 廃棄物処理...

欧州市場サマリー(24日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。生活必 需品や製薬株が売られる一方、一次産品銘柄が買われ全体水準を押し上げた。各中央銀行 が緩和的な金融政策を縮小するとの懸念が和らいだことも追い風となった。 FTSE350種鉱業株指数は2.42%上昇。資源大手のリオ・テ ィントは3.0%上昇した。南アフリカのリチャード・ベイ・ミネラルズ(RB M)での操業を再開したとの発表が好感された。7月には原材料不足が原因でRBMの加 熱炉の一つを停止していた。 一方、製薬・バイオテクノロジー株指数は1.15%下落し、部門別 で最も軟調だった。 中型株...

ロンドン株式市場=続伸、一次産品株買われる

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。生活必需品や製薬株が売られる一方、一次産品銘柄が買われ全体水 準を押し上げた。各中央銀行が緩和的な金融政策を縮小するとの懸念が 和らいだことも追い風となった。 FTSE350種鉱業株指数は2.42%上昇。資 源大手のリオ・ティントは3.0%上昇した。南アフリカのリ チャード・ベイ・ミネラルズ(RBM)での操業を再開したとの発表が 好感された。7月には原材料不足が原因でRBMの加熱炉の一つを停止 していた。 一方、製薬・バイオテクノロジー株指数は1.15 %下落し、部門別で最も軟調だった。 中型株...

欧州市場サマリー(16日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。軟調な決算が売り材料となった。米中が署名した「第1段階」の合意文書に不明瞭な要素があることから、投資家は慎重な姿勢を保った。

ロンドン株式市場=反落、軟調な決算で 米中合意に慎重な見方も

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7609.81 -32.99 -0.43 7642.80 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。軟調な決算が売り材料となった。米中が 署名した「第1段階」の合意文書に不明瞭な要素があることから、投資家は慎重な姿勢を 保った。 出版のピアソンは8.9%下落し、2008年10月以来の安値を付けた。 米国の高等教育事業で売り上げが大幅に落ち込んだことを指摘し、利益が減るとの見方を 示したことが嫌気された。 飲食店・ホテルチェーンを展開するウィットブレッドは5.2%安。...

ロンドン株式市場=上昇、米イラン衝突への不安後退で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7598.12 +23.19 +0.31 7574.93 ロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。中東で本格的な衝突が 起きる可能性が薄れたことで買い安心感が広がった。 トランプ米大統領はイランに対するさらなる武力行使を見送る方針 を示した。イランは報復措置が完結したことを示唆した。 マーケッツ・ドットコムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は「 撃ち合いは今のところ終わったようだ。ただいつでも緊張が高まる可能 性はある」と述べた。「比較的落ち着いたことから、注目は...

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。序盤 はマイナス圏で取引されたものの、米イランの緊張が一段と高まることはないとの見方か ら終盤にかけて持ち直した。 イランは先週起きた精鋭部隊の司令官殺害への報復としてイラクに駐留する米軍の拠 点をミサイルで攻撃した。相場は当初、不安定になったものの、徐々に楽観的な見方が広 がった。OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は、イランの動きについて市場 は「危害を与えるというよりも象徴的な報復」と捉え、「その場合、米国が武力で反撃す る正当性が弱まる」と指摘した。 取引の終了間際には、トランプ...

ロンドン株式市場=横ばい、米イランの緊迫化巡る不安後退

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7574.93 +1.08 +0.01 7573.85 ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終えた。序盤はマイナス圏で取引されたもの の、米イランの緊張が一段と高まることはないとの見方から終盤にかけて持ち直した。 イランは先週起きた精鋭部隊の司令官殺害への報復としてイラクに駐留する米軍の拠 点をミサイルで攻撃した。相場は当初、不安定になったものの、徐々に楽観的な見方が広 がった。OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は、イランの動きについて市場 は「危害を与...

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。米中通商 協議への期待から鉱業株やアジアへのエクスポージャーが高い銀行株が買われた。英中銀 イングランド銀行(BOE)の政策決定会合で2人の委員が利下げを主張したことや好決 算が材料視され、中型株の値上がりが目立った。 米中は互いに発動している追加関税を段階的に撤廃していくことで合意した。 英中銀の政策決定会合では2人の委員が利下げに票を投じた一方、カーニー総裁を含 むその他の委員は、世界経済や英国の欧州連合(EU)離脱を巡るリスクが軽減されなか った場合は利下げを検討すると述べた。 中型株で...

ロンドン株式市場=続伸、英中銀利下げへの期待で中型株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7406.41 +9.76 +0.13 7396.65 ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。米中通商協議への期待から鉱業株やアジ アへのエクスポージャーが高い銀行株が買われた。英中銀イングランド銀行(BOE)の 政策決定会合で2人の委員が利下げを主張したことや好決算が材料視され、中型株の値上 がりが目立った。 米中は互いに発動している追加関税を段階的に撤廃していくことで合意した。 英中銀の政策決定会合では2人の委員が利下げに票を投じた一方、カーニー総裁を含 むその...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up