for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Wilmar International Limited

WLIL.SI

現在値

4.12SGD

変化

0.06(+1.48%)

出来高

1,629,200

本日のレンジ

4.06

 - 

4.12

52週レンジ

4.00

 - 

5.64

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4.06
始値
4.06
出来高
1,629,200
3か月平均出来高
129.80
高値
4.12
安値
4.06
52週高値
5.64
52週安値
4.00
発行済株式数
6,305.24
時価総額
25,997.81
予想PER
12.14
配当利回り
3.45

次のエベント

Full Year 2021 Wilmar International Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Wilmar International Says H1 Net Profit Up 23% To US$751 Million

Wilmar International Updates On Proposed IPO Of Adani Wilmar

Wilmar International Proposes Initial Public Offering Of Adani Wilmar Limited

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Wilmar International Limitedとは

ウィルマー・インターナショナル(Wilmar International Ltd)はシンガポールの農業会社である。【事業内容】事業セグメントには食品、飼料と工業製品、プランテーションと製糖、その他が含まれる。食品セグメントは、ヤシと油糧種子から生産される植物油、砂糖、小麦粉、米、麺、特殊脂肪、スナック、ベーカリー、乳製品を含む幅広い食用食品の加工、ブランド化、販売で構成される。飼料と工業製品セグメントは、動物飼料、非食用のヤシおよびラウリン酸製品、農産物、油脂化学物質、ガスオイルおよびバイオディーゼルを含む製品の加工、商品化および販売で構成される。プランテーションと製糖セグメントは、パーム油およびサトウキビの栽培および製粉を含む、アブラヤシのプランテーションおよび製糖活動で構成される。その他のセグメントには、ロジスティクスおよびポートサービスと投資活動が含まれる。

業種

Food Processing

連絡先

28 Biopolis Road

138568

Singapore

+65.6.2160244

https://www.wilmar-international.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Khoon Hong Kuok

Executive Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Cheau Leong Loo

Chief Financial Officer

Yankui Mu

Executive Vice Chairman - China

Seck Guan Pua

Chief Operating Officer, Executive Director

Tan Kah Chai

Chief Information Officer

統計

1.67 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

44.5K

2019

42.6K

2020

50.5K

2021(E)

57.2K
EPS (USD)

2018

0.182

2019

0.198

2020

0.234

2021(E)

0.250
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.34
株価純資産倍率(四半期)
1.00
株価キャッシュフロー倍率
6.41
総負債/総資本(四半期)
148.42
長期負債/資本(四半期)
36.08
投資利益率(過去12カ月)
7.66
自己資本利益率(過去12カ月)
3.71

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・中盤=軒並み上昇、シンガポールは21年度予算待ち

中盤の東南アジア株式市場は、軒並み堅調に推移している。0427GMT(日本時間午後1時27分)時点で、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.27%高。投資家は同国の2021年度政府予算案の発表待ち。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、薄商い

0420GMT(日本時間午後1時20分)時点で、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は0.33%高。パーム油大手ウィルマー・インターナショナルやカジノ運営のゲンティン・シンガポールが上昇した。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、マニラは2カ月ぶり高値

中盤の東南アジア株式市場では、マニラ市場が2カ月ぶりの高値に上伸した。新型コロナウイルスの制限措置の緩和でリスク選好が高まった。一方バンコク市場は半年ぶり安値近辺の水準を維持。反政府抗議運動がエスカレートすることへの懸念から売られた。

東南アジア株式・中盤=ほぼ下落、米経済対策の早期承認期待しぼむ

15日の東南アジア株式市場の株価はほぼ下落。米国の追加経済対策が、来月3日の大統領選前までに実行されることへの期待感がしぼみ、地合いを弱めた。一方、タイでは1カ月にわたる反政府運動に対し、排除を目的とした緊急命令が発せられた後、株式市場では悲観の色が強まる展開となった。

アジア株式市場サマリー:引け(16日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [16日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3283.9244 - 11.7551 - 0.36 3293.1678 3302.4556 3271.0750 前営業日終値 3295.6795 中国 CSI300指 4657.358 -31.124 -0.66 4683.006 4690.682 4638.459 数 前営業日終値 4688.483 香港 ハンセン指数 24725.63 -7.13 -0.03 24823.96 24829.87 24635.24...

アジア株式市場サマリー:引け(20日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [20日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3363.8988 - 44.2300 - 1.30 3385.9645 3394.5570 3352.7767 前営業日終値 3408.1288 中国 CSI300指数 4679.154 -61.524 -1.30 4708.125 4721.436 4662.803 前営業日終値 4740.678 香港 ハンセン指数 24791.39 -387.52 -1.54 25055.35 25055.35 24621.32...

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、米FOMC議事要旨が響く

20日中盤の東南アジア株式市場の株価は軒並み下落。7月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が成長に関して悲観的な内容と受け止められた。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、マニラが大幅安

中盤の東南アジア株式市場は、軒並み下落。米中両国の「第1段階」の貿易合意署名を控えて、ムニューシン米財務長官が「第2段階」の合意まで対中関税を維持すると発言したことが嫌気されている。

インド政府、マレーシア産パーム油のボイコットを呼びかけ

複数の関係筋によると、インドのパーム油輸入業者は、マレーシアからの輸入を事実上すべて中止した。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中合意署名を楽観

東南アジア株式市場は大半が上昇。ホーチミン市場は終値としては2週間ぶりの高値を付けた。米中が貿易協議の第1段階合意の署名に向けて着実に近づいているとの楽観的な見方が支えとなった。

東南アジア株式・中盤=おおむね小動き、マニラは1週間ぶりの大幅上昇

中盤の東南アジア株式市場は、米国の新たな対中制裁関税の発動が迫る中、おおむね小動きとなっている。投資家は、政策金利の据え置きが予想されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果も注視している。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、米中協議を楽観

5日の東南アジア株式市場の株価は、大半が上昇して引けた。ジャカルタ市場が上昇率でトップだった。15日に迫る米国の対中追加関税の発動前に、貿易協議の「第1段階の合意」が実現するとの期待感が広がった。

アジア株式市場サマリー

香港株式市場も上昇。米中が通商問題で合意し、追加関税の発動を回避できるとの見方が広がった。ただ、トランプ氏の発言が一貫していないとの懸念も根強く、上値の重い展開となった。

東南アジア株式・中盤=FOMC決定待ちで小動き

中盤の東南アジア株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の金利決定待ちとなる中、大半が小動きに推移した。ただ、シンガポール市場は上昇。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、英のEU離脱案見直しでリスク資産に買い

東南アジア株式市場は、ホーチミンとシンガポールが主導する形で大半が上伸。欧州連合(EU)欧州委員会が、英国の離脱案の見直しに合意したことで、リスク資産に対する買い意欲が高まった。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、英・EUの離脱案修正合意を好感

中盤の東南アジア株式市場は、シンガポール市場を中心に大半が上昇した。欧州連合(EU)欧州委員会と英国が離脱案の修正で合意したことを受け、広範なアジア市場で地合いが強まり、投資家のリスク投資意欲が高まった。

東南アジア株式・引け=タイ上昇、インドネシアは下落

バンコク市場のSET指数は、消費関連株やエネルギー株主導に支えられ、前日終値比0.72%高の1659.2で終了した。1月のタイの輸出は前年同月比5.65%減だったが材料視されなかった。

東南アジア株式・引け=下落、米FRBの利上げ姿勢維持でアジア株につれ安

20日の東南アジア株式市場の株価は下落して引けた。ジャカルタ市場が特に値下がりした。米連邦準備理事会(FRB)が政策金利を引き上げ、同時に来年の利上げ継続方針を維持したことで、よりハト派的な見通しを求めていた投資家の期待が打ち砕かれた形となった。

東南アジア株式・中盤=さえない、ジャカルタは反発

22日中盤の東南アジア株式市場は、ジャカルタ市場が反発して前日の下落分の一部値を戻す一方、米国の金融政策や世界経済の成長鈍化を巡る警戒感がくすぶり、おおむねさえない展開となった。

東南アジア株式・引け=概ね軟調、マニラは2カ月ぶり安値

東南アジア株式市場は概ね軟調に引けた。マニラ市場は約2カ月ぶり安値に下落した。米国が新たな対中制裁関税を発表したのを受け、警戒姿勢が強まった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up