for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウォルマート・ストアーズ・インク

WMT.N

現在値

140.16USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

117.02

 - 

153.40

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
140.16
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
195.92
高値
--
安値
--
52週高値
153.40
52週安値
117.02
発行済株式数
2,817.07
時価総額
392,615.30
予想PER
25.89
配当利回り
1.58

次のエベント

Dividend For WMT.N - 0.5500 USD

適時開示

その他

Ecoark Holdings Says Jury Awarded Co, Unit Zest Labs Total Of $115 Million In Damages In A Lawsuit Against Walmart

Adani Ports And Special Economic Zone- Flipkart Enters Into Partnership With Adani Group For Datacenter Ops

Massmart Says Interest In Shares Held In Co By Sanlam Now Amounts To 5.20%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウォルマート・ストアーズ・インクとは

ウォルマート(Walmart Inc.)(旧名:Wal-Mart Stores, Inc.)は世界中において小売と卸売事業を運営する会社である。【事業内容】同社は「毎日がお買い得(EDLP)」の商品とサービスを提供する。同社はウォルマート米国事業、ウォルマート国際事業及びサムズ・クラブ事業という3つの事業区分により構成される。ウォルマート米国事業は「ウォルマート」というブランドで米国における量販店コンセプトとデジタル・リテールを含む。ウォルマート国際事業は米国以外の事業により構成され、各種小売ウェブサイトを含む。サムズ・クラブ事業は米国にあるウェアハウス・メンバーシップ・クラブ及びsamsclub.comを含む。同社は59のブランドで28カ国にある約11660の店舗及び11カ国にある電子商取引用ウェブサイトを運営する。

業種

Retail (Grocery)

連絡先

702 SW 8th St

BENTONVILLE, AR

72716-6209

United States

+1.479.2734000

https://corporate.walmart.com

エグゼクティブリーダーシップ

Greg Boyd Penner

Non-Executive Chairman of the Board

C. Douglas McMillon

President, Chief Executive Officer, Director

M. Brett Biggs

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Suresh Kumar

Executive Vice President, Global Chief Technology Officer and Chief Development Officer

Rachel L. Brand

Executive Vice President, Global Governance, Chief Legal Officer, and Corporate Secretary

統計

1.92 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

514.4K

2020

524.0K

2021

559.2K

2022(E)

547.7K
EPS (USD)

2019

4.910

2020

4.930

2021

5.480

2022(E)

5.386
株価売上高倍率(過去12カ月)
29.42
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.70
株価純資産倍率(四半期)
4.86
株価キャッシュフロー倍率
15.79
総負債/総資本(四半期)
60.39
長期負債/資本(四半期)
55.66
投資利益率(過去12カ月)
8.99
自己資本利益率(過去12カ月)
5.61

最新ニュース

最新ニュース

コラム:アリババに中国が罰金、米当局はアマゾンにどう出るか

中国の電子商取引最大手・アリババグループが中国規制当局から約28億ドル相当の罰金を科されたことで、米国の同業大手、アマゾン・ドット・コムは心配になって当然だ。中国の一件は、当局が「市場」の中身を定義し、データの利用法を問題点として指摘することが可能なことを示した。これは米当局がまだ実行していない点だが、米当局にも可能かもしれない。  

いすゞ北米部門、米自動運転スタートアップ企業Gatikと提携

米シリコンバレーの自動運転のスタートアップ企業Gatikと、いすゞ自動車傘下のいすゞノースアメリカコーポレーションは6日、自動配送トラックの開発で提携すると発表した。Gatikが小売り分野の顧客向けに活用するという。

楽天、中国テンセント子会社からも払込完了 総額2423億円を調達

楽天は31日、中国テンセントの子会社を引き受け先とした第三者割当増資などの払い込みが完了したと発表した。29日に完了した日本郵政や米ウォルマートなどからの払い込みと合わせ、総額2423億円を調達した。

仏カルフール、ブラジルのグルポBIG買収 13億ドル

フランスの小売り大手カルフールは24日、ブラジルの食品小売り3位のグルポBIGを買収することで合意したと発表した。

楽天が日本郵政と資本提携、テンセント含む第三者割当で2400億円調達

楽天グループと日本郵政グループは12日、資本・業務提携で合意したと発表した。物流やモバイル、DX(デジタル・トランスフォーメーション)などでの連携を強化する。日本郵政は、楽天による第三者割り当てを引き受ける形で出資をする。日本郵政の他、米ウォルマートや中国テンセントの子会社も引受先となり、楽天は合計で約2400億円を調達する。

インド小売業団体、米アマゾンの携帯販売慣行の調査を要請

インドの携帯電話販売店15万店を代表する小売業の団体「All India Mobile Retailers Association(AIMRA)」は、モディ首相に対し、インド国内における米アマゾンの事業慣行を調査し、同社の1日あたり販売台数に上限を設けるよう要請した。

ソフトバンクG出資のロボット会社上場へ、SPACと27億ドル規模の合併

ソフトバンクグループが出資するロボット開発会社バークシャー・グレイは24日、特別買収目的会社(SPAC)のレボリューション・アクセラレーション・アクイジションと27億ドル規模の合併を通じて上場することで合意したと発表した。

NY市場サマリー(18日)労働指標悪化でドル下落、米株も下落

週間の新規失業保険申請件数は86万1000件と、前週の84万8000件から増加。新型コロナウイルス感染者は減少傾向にあるが、2月の雇用統計が1月に続き低調な内容になるリスクが高まった。

米株式市場は下落、ハイテク株の売りや失業保険申請増加で

米国株式市場は下落して取引を終えた。ハイテク大手を中心に売りが出たほか、新規失業保険申請件数が予想に反して増加し、雇用回復の不安定さが浮き彫りになった。

ウォルマート、22年度見通し失望誘う 11─1月1株利益は予想割れ

米小売大手ウォルマートは18日、2022年度(同1月まで)の業績の伸びが前年度から鈍化するとの見通しを示した。21年度は、新型コロナウイルス流行を背景に消費者が必需品などを買い込んだことから売上高が5600億ドルに急増していた。

米司法省、TikTok使用禁止巡る控訴審の一時停止要請

米司法省は10日、2カ所の連邦控訴裁判所に、トランプ前政権の中国短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」使用禁止措置を巡る裁判の審理一時停止を要請した。

TikTok米事業売却延期に、バイデン政権が見直し=報道

米ソフトウエア大手オラクルと小売大手ウォルマートによる中国短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業取得計画が無期延期になったと、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が10日、関係筋の情報として報じた。

TikTok米事業売却延期に、バイデン政権が見直し=報道

米ソフトウエア大手オラクルと小売大手ウォルマートによる中国短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業取得計画が無期延期になったと、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が10日、関係筋の情報として報じた。

インド商工相が電子商取引の外資規則見直しに言及、公正競争で

インドのゴヤル商工相は9日の記者会見で、電子商取引(EC)分野の外国企業に適用するルールの見直しに入っていることを明らかにした。業界が規制の精神を守り、全ての出店者がプラットフォームで公平に競争できる道筋を確保できるようにすることを検討していると述べた。

バイデン大統領、JPモルガンなど米企業幹部と会合 政策巡り協議

バイデン米大統領は9日、ホワイトハウスで米企業幹部らと会合を開いた。大統領は議題として景気対策法案やインフラ政策、最低賃金を挙げ、政策課題への政権の取り組みについて企業幹部の意見を聞いた上で、合意点を見いだせるか見極めたいと語った。

EXCLUSIVE-米政府、米アマゾンのアラバマ拠点従業員の労組形成に関与

小売・卸売業の労働組合RWDSUの幹部によると、同労組とホワイトハウスは、米小売り大手アマゾンのアラバマ州の拠点で働く従業員の組織化に向けた協議を行った。

特定の離乳食に「危険水準の毒性重金属」、米議会小委が報告

米議会下院の監視小委員会は4日、特定の離乳食に「危険水準の毒性重金属」が見つかり、神経障害を引き起こす可能性があるとの報告書を発表した。

米ウォルマート、アマゾンに対抗して広告事業積極拡大へ

米小売り大手ウォルマート・ストアーズは28日、アマゾン・ドット・コムに対抗する形で広告事業を積極的に拡大していく方針と、その基本的な戦略を明らかにした。

ウォルマート、米政府のワクチン接種支援を拡大へ

米小売大手ウォルマートが、米政府の進める新型コロナウイルスワクチン接種計画を支援する取り組みを拡充する用意を進めている。

インドが電子商取引の外資ルール再修正検討、アマゾン影響か=関係者

インド政府は電子商取引分野における外資ルールの新たな修正を検討している。3人の関係者と商工省の広報担当者がロイターに明らかにした。実現すれば、アマゾン・ドット・コムやウォルマート傘下のフリップカートなどが、いくつかの主要出品業者との関係の再構築を迫られる恐れがある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up