for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウォルマート・ストアーズ・インク

WMT.N

現在値

114.37USD

変化

-1.44(-1.24%)

出来高

1,295,432

本日のレンジ

114.15

 - 

116.03

52週レンジ

93.11

 - 

125.37

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
115.81
始値
116.00
出来高
1,295,432
3か月平均出来高
110.37
高値
116.03
安値
114.15
52週高値
125.37
52週安値
93.11
発行済株式数
2,837.17
時価総額
324,487.70
予想PER
--
配当利回り
1.85

次のエベント

Q4 2020 Walmart Inc Earnings Release

適時開示

その他

Walmart Spokesperson Says We Are Integrating The Hayneedle Business And Select Functions Within Walmart.Com

Walmart Offers Gym Memberships for as Low as $9 a Paycheck

National Vision Holdings Inc Enters Into Amendment 3 To Management & Services Agreement With Walmart

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウォルマート・ストアーズ・インクとは

ウォルマート(Walmart Inc.)(旧名:Wal-Mart Stores, Inc.)は世界中において小売と卸売事業を運営する会社である。【事業内容】同社は「毎日がお買い得(EDLP)」の商品とサービスを提供する。同社はウォルマート米国事業、ウォルマート国際事業及びサムズ・クラブ事業という3つの事業区分により構成される。ウォルマート米国事業は「ウォルマート」というブランドで米国における量販店コンセプトとデジタル・リテールを含む。ウォルマート国際事業は米国以外の事業により構成され、各種小売ウェブサイトを含む。サムズ・クラブ事業は米国にあるウェアハウス・メンバーシップ・クラブ及びsamsclub.comを含む。同社は59のブランドで28カ国にある約11660の店舗及び11カ国にある電子商取引用ウェブサイトを運営する。

連絡先

702 SW 8th St

+1.479.2734000

https://corporate.walmart.com

エグゼクティブリーダーシップ

Greg Boyd Penner

Non-Executive Chairman of the Board

C. Douglas McMillon

President, Chief Executive Officer, Director

M. Brett Biggs

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Kathryn J McLay

President and Chief Executive Officer

Rachel L. Brand

Executive Vice President, Global Governance, Chief Legal Officer, and Corporate Secretary

統計

2.09 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

485.9K

2018

500.3K

2019

514.4K

2020(E)

525.3K
EPS (USD)

2017

4.320

2018

4.420

2019

4.910

2020(E)

4.998
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.08
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.62
株価純資産倍率(四半期)
4.53
株価キャッシュフロー倍率
12.42
総負債/総資本(四半期)
76.26
長期負債/資本(四半期)
63.02
投資利益率(過去12カ月)
10.77
自己資本利益率(過去12カ月)
6.53

最新ニュース

最新ニュース

アングル:VRで激変する未来の従業員研修 顧客との「共感」を仮想体験

未来の従業員研修では、新たな同僚たちの前での気まずいロールプレイングもなければ、退屈なウェブ教材を1時間もかけてクリックし続ける必要もなくなる。

EXCLUSIVE-米、対インド特恵関税復活に最大60億ドルの輸入拡大必要=関係筋

米トランプ政権は、インドに対する「一般特恵関税制度(GSP)」の適用を復活させ、同国と広範な通商協定を締結するには、インドが少なくとも50億─60億ドルの米製品の追加輸入を確約する必要があるとの立場を示している。複数の関係筋がロイターに対し明らかにした。

ソニーやマイクロソフトなど、気候変動対策で最高評価=調査

非営利団体CDPは、世界の企業を対象に気候変動に関する情報開示や活動に基づいてランク付けした報告書を出した。最高評価であるAリスト企業にはソニー<6758.T>、英通信大手BT<BT.L>、仏食品大手ダノン<DANO.PA>、米マイクロソフト<MSFT.O>などが選ばれた。

米アマゾン、インドで100万人の雇用創出を表明 物流などに投資

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は17日、2025年までにインドで100万人の雇用を創出する方針を明らかにした。

焦点:ネット販売増で複雑化、見えにくい小売各社「真の実力」

クリスマス商戦の時期に同じ店舗を見て回るのが、マーシャル・コーエン氏の30年来の恒例行事だ。

インド抗議デモ、全土に広がる 国籍付与でイスラム教徒除外

インドでイスラム教徒以外の不法移民に国籍を与える「国籍法改正案」に抗議する大規模デモが、全土に広がっている。デモ隊と治安部隊の衝突も起きており、治安悪化を警戒して当局が集会を禁止する州もある。

米「スーパーサタデー」、今年最大の売り上げも 各社とも顧客体験重視

今年はクリスマス直前の土曜日である「スーパーサタデー」が2019年で最も売り上げが多い日となる見込みだ。感謝祭とクリスマスの間が短いため、消費者の駆け込み需要が発生している。

米国株は小幅高、米中通商協議の進展待ち

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。米国が対中追加関税の発動を予定する12月15日が迫る中、米中通商協議の行方について見極めようと様子見ムードが広がった。

NY市場サマリー(5日)

米商務省が5日公表した10月の米貿易赤字が2018年5月以来、約1年半ぶりの低水準となったほか、11月30日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)も4月中旬以来、約7カ月ぶりの低水準となったが、ドルへの影響は限られた。[nL4N28F3CI][nL4N28F3JI]

米年末商戦、最初の5日間の支出額平均は16%増=全米小売業協会

全米小売業協会(NRF)は3日、年末商戦の開始を告げる感謝祭からサイバーマンデーまでの5日間で過去最多となる約1億9000万人が買い物をし、前年同期比で約14%増えたとする調査結果を発表した。

米サイバーマンデー売上高、過去最高の92億ドルの見込み 無料配送など奏功

米感謝祭明けの月曜日に実施されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」の売上高は92億ドルに達する見通しだ。従来予想の94億ドルから下方修正されたが、依然として過去最高に達する見込み。

焦点:トランプ関税、顧客に転嫁せず 米小売企業がコスト吸収

年末商戦シーズンを控えた米国で、大手小売企業がオンライン販売する多くの製品の価格が、中国からの輸入品への関税引き上げにもかかわらず横ばい程度に抑えられている。ウォルマート・ストアーズ<WMT.N>、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>といった大手が輸入価格の上昇分を吸収し、消費者に転嫁していないからだ。

米サイバーマンデー売上高、過去最高の94億ドルに 無料配送など奏功

米感謝祭明けの月曜日に実施されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」の売上高は、過去最高の94億ドルに達する見通しだ。

米ブラックフライデー、ネット販売70億ドル超に増加 店舗利用に変化

米年末商戦の幕開けとされる感謝祭翌日の「ブラックフライデー」の小売売上高は、オンライン販売が70億ドル超に増加する一方、感謝祭当日の夜は実店舗への来客が数年ぶりに増加し、消費者が店舗で買い物するタイミングが変化していることが調査会社のデータでわかった。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが主要通貨に対して当初値上がりしていたものの、その後は買いが続かず下げに転じた。米中通商協議を巡って警戒感が根強いほか、感謝祭明けの週末で動意薄となった。

米国株は下落、米中通商懸念で軟調地合い 小売株さえず

米国株式市場は下落して取引を終えた。米中通商協議を巡る懸念に加え、年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」での店舗の集客が例年よりも少なかったことで小売株が売られた。

米年末商戦スタート、例年より行列少なめ ネット販売増などで

米国では29日、年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた。今年は店舗に行列をつくる人の姿が例年より少なく、セール前倒しやオンラインショッピング拡大の影響が出ているとみられる。

焦点:中国の人工肉市場に熱気、米中メーカーが火花

アフリカ豚コレラ(ASF)の拡大や米中貿易戦争による食肉価格の上昇などを背景に、中国で植物由来の人工肉の人気が高まり、ここ数カ月、スタートアップから老舗まで幅広い企業の参入が続いている。これまで中国向けに代替肉ビジネスを拡大してきたインポッシブル・フーズ<BYND.O>などの米企業にとっては、地元企業との厳しい競争を強いられる展開となりそうだ。

米ターゲット、通期利益見通し引き上げ 好調な年末商戦を予想

米小売大手ターゲット<TGT.N>が20日、通期の利益見通しを引き上げた。即日配送サービスや店舗改装が奏功する中、年末商戦が力強い内容になることを示唆した。

米ウォルマートでまた銃乱射、オクラホマ州の店舗で3人死亡

米オクラホマ州にある小売り大手ウォルマート<WMT.N>の店舗で18日午前、銃乱射事件が発生し、3人が死亡した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up