for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Slack Technologies Inc

WORK.N

現在値

23.48USD

変化

-0.83(-3.41%)

出来高

2,921,383

本日のレンジ

22.94

 - 

24.70

52週レンジ

15.10

 - 

42.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
24.31
始値
24.33
出来高
2,921,383
3か月平均出来高
289.91
高値
24.70
安値
22.94
52週高値
42.00
52週安値
15.10
発行済株式数
556.81
時価総額
13,536.00
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2021 Slack Technologies Inc Earnings Release

適時開示

その他

Slack Technologies Prices Upsized Offering Of $750 Mln 0.50% Convertible Senior Notes Due 2025

Slack Technologies Announces Proposed Offering Of $600 Mln Convertible Senior Notes

Slack Reports Q4 Revenue Of $181.9 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Slack Technologies Incとは

スラック・テクノロジーズ(Slack Technologies, Inc.)は、チームコミュニケーションツールである「Slack」を提供する会社である。【事業内容】同社のSlackの使用により、ユーザーはチームの会話をオープンチャンネルで整理でき、プロジェクト、トピック、チーム用チャンネルを作成し、プライベートチャンネルを作成し、チームメンバーを招待する。Slackはメッセージ、通知、ファイルのインデックスとアーカイブを実現する。Slackの使用により、開発者はボットユーザーとのインターフェイス、スラッシュコマンド及び通知用のアプリケーションを作成できる。そのアプリケーションプログラムインターフェース(APIs)は、単独で、または互いに組み合わせて使用し、各種類のSlackアプリケーションを構築できる。Events APIはSlackのオブジェクト駆動型OAuthスコープシステムを使い、イベントへのアクセスを制御する。

連絡先

500 Howard St

SAN FRANCISCO, CA

94105

United States

+1.415.6307943

https://slack.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Daniel Stewart Butterfield

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Co-Founder

Cal Henderson

Co-Founder, Chief Technology Officer

Allen Shim

Chief Financial Officer

Robert Frati

Senior Vice President of Sales and Customer Success

David R. Schellhase

General Counsel, Secretary

統計

2.45 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

0.4K

2020

0.6K

2021(E)

0.9K
EPS (USD)

2020

-0.280

2021(E)

-0.197
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.47
株価純資産倍率(四半期)
19.05
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

孫ソフトバンクG社長、NYで投資家イベント 出資先企業を紹介

ソフトバンクグループ<9434.T>の孫正義会長兼社長は3日、ニューヨークで、出資先の未上場企業を米ウォール街の投資家に紹介するためのイベントを初めて開催した。

コラム:ソフトバンクGのヘッジファンド型新投資、誰のためか

ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の巨額ファンド「ビジョン・ファンド」を率いるラジーブ・ミスラ氏は狡猾なヘッジ戦略の持ち主なのかもしれない。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は16日、ミスラ氏が上場企業に投資するため最大40億ドルの調達に動いていると報じた。このアイデアは恐らく、アブダビやカザフスタンの政府系ファンドといった可能性のある投資家にとってよりも、ミスラ氏や同氏の上司である孫正義グループ会長にとって、良い結果を生むだろう。

米SEC、スラックなど新興企業の上場を調査=WSJ

米証券取引委員会(SEC)がビジネス対話アプリを手掛ける米スラック・テクノロジーズなど新興企業のニューヨーク証券取引所(NYSE)への上場を調査している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として20日報じた。

米マイクロソフト「Teams」、1日当たりアクティブユーザーが2000万人突破

米マイクロソフトは19日、職場用メッセージングアプリ「Teams」の1日当たりのアクティブユーザー数(DAU)が2000万人を突破したと明らかにした。7月時点では1300万人だった。

反省するが萎縮せず、ファンド2も予定通り=孫ソフトバンクG社長

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長は6日の2019年9月中間決算会見で、ファンド事業での損失が重しとなって営業損益が155億円の赤字に転落したことを踏まえ、反省の弁を口にした。もっとも、投資の勝率は低くないとの認識で、第2段ファンドの取り組みは変更ないとの考えを示した。

アングル:ソフトバンクG、巨額ファンドの成績は

ソフトバンクグループ<9984.T>の1000億ドル規模の「ビジョン・ファンド」は、自動運転や医療、金融といったさまざまな分野で、不採算のスタートアップ企業に投資し、わずか2年余りで資本の大部分を使い尽くした。

コラム:ソフトバンクのファンド、ウィーワーク投資失敗のつけ

ハイテク株に投資するベンチャーキャピタル(VC)に失敗はつきものだ。例えばVC界の大立者、マーク・アンドリーセン氏は自身のファンドについて、投資案件の半分は減損処理を強いられているが、一握りの大成功によって失敗は取り返せると語っている。ソフトバンクグループ<9984.T>が運営する1000億ドル規模のビジョン・ファンドも同様に、共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーの上場延期を華麗に切り抜けられるだろうか。おそらく無理だろう。

コラム:ビヨンド・ミート株式売り出し第2弾、売上高が支えか

植物由来の代替肉メーカー、米ビヨンド・ミート<BYND.O>はおなかを空かせた投資家に味見をさせようとしている。5月に新規株式公開(IPO)をしたばかりのビヨンド・ミートは29日、イーサン・ブラウン最高経営責任者(CEO)や他の内部関係者が当初の期限より3カ月も早く、一部保有株を放出する計画だと発表した。内部関係者の保有株売却というマイナス材料を売上高の急増で覆い隠せると期待しているのだろう。

コラム:直接上場の米スラックが好発進、他社追随も

職場用メッセージアプリを手掛ける米スラック・テクノロジーズ<WORK.N>が20日、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に直接上場を果たし、株価は急騰した。米民泊仲介大手エアビーアンドビーが追随する可能性もあり、今後は直接上場が上場の主流になっていくかもしれない。

コラム:大口投資者が引くに引けぬソフトバンクの投資ファンド

賭け金を2倍にするか、ゲームから降りるか──。サウジアラビアとアブダビ首長国は今、ソフトバンクグループ<9984.T>の先端分野向け投資ファンドを巡って、こうした選択を迫られている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up