for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WPP PLC

WPP.L

現在値

952.80GBp

変化

-0.60(-0.06%)

出来高

15,458

本日のレンジ

949.60

 - 

955.62

52週レンジ

587.80

 - 

1,022.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
953.40
始値
954.40
出来高
15,458
3か月平均出来高
46.38
高値
955.62
安値
949.60
52週高値
1,022.00
52週安値
587.80
発行済株式数
1,179.23
時価総額
11,242.78
予想PER
12.90
配当利回り
2.78

次のエベント

Q3 2021 WPP PLC Trading Update Release

適時開示

その他

Finsbury Glover Hering And Sard Verbinnen & Co To Merge, Creating Global Strategic Communications Leader

WPP Response To U.S.Sec Statement

Tihama Agrees With WPP Plc To Creation Of A New Company In KSA

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

WPP PLCとは

ダブリュ・ピー・ピー(WPP plc)(WPP)は、通信サービスの提供を行う持株会社である。【事業内容】広告、メディア投資管理、データ投資管理、広報・公務、ブランディングとアイデンティティ、ヘルスケアコミュニケーション、ダイレクト、デジタル、プロモーションおよびリレーションシップマーケティングおよびスペシャリストコミュニケーションなど多様な分野の企業で構成される。広告、メディア投資管理事業、データ投資管理事業、広報・公務事業、ブランディングコンサルティング事業、ヘルスとウェルネスおよびスペシャリストコミュニケーション事業の4つの事業セグメントで運営される。112カ国以上で事業を展開する。Bates CHI&Partners、Grey、JWT、Ogilvy&Mather Advertising、Y&Rなど、多様な国際的および専門的な代理店からグローバル、国内、および専門の広告サービスを提供する。

業種

Advertising

連絡先

Sea Containers House, 18 Upper Ground

SE1 9GL

United Kingdom

+44.20.74082204

https://www.wpp.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Roberto Quarta

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Mark Read

Chief Executive Officer, Executive Director

John Rogers

Chief Financial Officer, Executive Director

Ajaz Ahmed

Chief Executive Officer - AKQA

Jon Cook

Global Chief Executive Officer - VMLY&R

統計

2.43 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2018

12.8K

2019

13.2K

2020

12.0K

2021(E)

10.8K
EPS (GBp)

2018

108.000

2019

92.700

2020

59.900

2021(E)

73.902
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.90
株価純資産倍率(四半期)
2.55
株価キャッシュフロー倍率
20.53
総負債/総資本(四半期)
159.58
長期負債/資本(四半期)
135.74
投資利益率(過去12カ月)
-0.21
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.10

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(14日)

英中銀では金融政策委員会のテンレイロ委員がエネルギーと半導体の価格上昇に伴う インフレについて、影響が一時的だと考えられるなら、利上げで対応すべきではないとの 認識を示した。 また、米セントルイス地区連銀のブラード総裁は、現在の高インフレは米連邦準備理 事会(FRB)当局者の大半が想定するほど早期に緩和されない可能性があるとし、FR Bに対し資産買い入れプログラムの迅速な縮小を改めて求めた。 発行市場では、アイルランドが2031年、45年、50年満期の国債を発行し15 億ユーロを調達した。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終盤...

欧州株式市場=続伸、企業収益に期待感

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。 インフレ高止まりの兆しにもかかわらず、新型コロナウイルスのパンデ ミック(世界的大流行)からの着実な経済回復が企業収益を支えるとの 期待が広がった。 STOXX欧州600種資源株指数が3.30%高となり 、上昇率は3カ月ぶりの大きさだった。テクノロジー株指数は 2.50%上昇した。 オランダの半導体製造装置メーカーASMLホールディング<ASML. AS>、ドイツの半導体大手インフィニオン・テクノロジーズ 、BEセミコンダクターなど半導体関連企業が好調。台湾積 体電路製造(TSMC)が半導体の旺盛な...

ロンドン株式市場=続伸、エネルギー株など買われる

ロンドン株式市場は1カ月超ぶりの高値 に続伸して取引を終えた。賭け業者のフラッター・エンターテインメン トが買われたことやエネルギー株が持ち直したことが相場を押し上げた 。 英消費支出の改善から中型株で構成するFTSE250種指数<.FT MC>は0.51%上昇し、過去最高値を付けた。時計小売りのウォッチ ズ・オブ・スイスは3.3%値を上げ、大きな押し上げ要因と なった。来年度にかけ需要が好調となる見通しを示したことが好感され た。 この日発表された調査によると、7月はスポーツ大会や夏休みによ り消費支出が大幅に増えた。新型コロナウイルス...

ロンドン株式市場=続伸、ディフェンシブ銘柄買われる

(表は本文の下に表示しています) [9日 ロイター] - 週明けロンドン株式市場は続伸して取引を 終えた。ディフェンシブ銘柄が買われた。ただエネルギー株や金融サー ビスのハーグリーブス・ランズダウンが売られ、上昇幅は限定的だった 。 生活必需品やヘルスケアなどのディフェンシブ株が値を上げた。金 や金属の値下がりに伴い序盤に値下がりした鉱業株は終盤にかけて持ち 直した。 料理宅配のデリバルーは4.5%高だった。ドイツの同業 デリバリー・ヒーローがデリバルー株の5.09%を取得し たことが材料視された。 一方、ハーグリーブス・ランズダウンは...

ロンドン株式市場=小幅反発、好決算のLSE買われる 中型株は下落

(表は本文の下に表示しています) [6日 ロイター] - ロンドン株式市場は小幅に反発して取引を 終えた。ロンドン証券取引所(LSE)が買われ全体水準を下支えした 。一方、鉱業株が売られ、中型株で構成するFTSE250種指数<.FT MC>は0.21%下落した。 上半期の売り上げが増えたLSEは5.0%上昇した。 好調な米雇用統計を受け金が2%超値を下げ、FTSE350種貴 金属株指数は2.29%下落した。 7月の英住宅価格は上昇し、前月の値下がりからプラスに転じた。 大きな住宅の需要があり、不動産購入時の印紙税減税の縮小による打撃 を...

欧州市場サマリー(5日)

<ロンドン株式市場> 小幅反落して取引を終えた。イン グランド銀行(英中央銀行)が金融緩和策の「出口戦略」を明確にしたことで英ポンドが 上昇し、輸出銘柄の重しになった。 鉱業や生活必需品株が値下がりした。英中銀は、量的緩和で保有債を緩やかに減らす 新たな指針を発表。ポンドがドルに対して上昇し、その後は上げ幅を縮めた。英中銀はイ ンフレが目標の2%を大きく上回るとの見通しを示したが、インフレ高進は一時的だと強 調した。 AJベルの投資ディレクター、ラス・モールド氏は「中銀は物価上昇が一時的との見 方に執着しているが、一部のストラテジストは...

ロンドン株式市場=小幅反落、ポンド高が重し

(表は本文の下に表示しています) [5日 ロイター] - ロンドン株式市場は小幅反落して取引を終 えた。イングランド銀行(英中央銀行)が金融緩和策の「出口戦略」を 明確にしたことで英ポンドが上昇し、輸出銘柄の重しになった。 鉱業や生活必需品株が値下がりした。英中銀は、量的緩和で保有債 を緩やかに減らす新たな指針を発表。ポンドがドルに対して上昇し、そ の後は上げ幅を縮めた。英中銀はインフレが目標の2%を大きく上回る との見通しを示したが、インフレ高進は一時的だと強調した。[nL4N2PC 36A] AJベルの投資ディレクター、ラス・モールド...

ロンドン株式市場=上昇、アストラゼネカ好決算

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6969.81 +8.33 +0.12 6961.48 ロンドン株式市場は上昇して取引を終えた。好決算を発表した製薬 のアストラゼネカや包装資材のスマーフィット・カッパが買われ全体水 準を押し上げた。 アストラゼネカは4.3%上昇した。第1・四半期の業績 が市場予想を上回ったことや、下半期の好調な業績見通しが買い材料と なった。 スマーフィット・カッパは4.2%高だった。包装資材の 需要が多かったことから第1・四半期の売り上げが6%増加した。 一方、銀行大手のバークレイズ...

ロンドン株式市場=横ばい、銀行株やユニリーバが高い

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6961.48 -2.19 -0.03 6963.67 ロンドン株式市場は横ばいで取引を終えた。一連の好決算を受け日 中は1週間ぶりの高値を付けた。終盤にかけて上昇分を打ち消したもの の、欧州株ほど落ち込まなかった。 英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート)<STAN. L>は5.6%高だった。第1・四半期利益が市場予想を上回ったことが 好感された。 FTSE350種銀行株指数は1.54%上昇した 。イングランド銀行(英中央銀行)が欧州連合(EU)離脱後...

欧州市場サマリー(28日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。エネル ギー株と、好決算を発表した銘柄が値を上げた。市場は米連邦準備理事会(FRB)の政 策決定を注視した。 原油が値を上げる中、石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・シェルが FTSE100種の最大の押し上げ要因だった。 世界最大の広告代理店グループ、WPPは4.3%上昇した。純売上高がプ ラスに転じたことが好感された。顧客が世界経済の回復を見越して、広告に資金を充て始 めたことが背景にある。 英銀大手のロイズは3.5%高だった。第1・四半期利益が好調だったこと が買い材料だった。今週決算発表を...

ロンドン株式市場=反発、エネルギー株や好決算銘柄上昇

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE100種 6963.67 +18.70 +0.27 6944.97 ロンドン株式市場は反発して取引を終えた。エネルギー株と、好決 算を発表した銘柄が値を上げた。市場は米連邦準備理事会(FRB)の 政策決定を注視した。 原油が値を上げる中、石油大手のBPとロイヤル・ダッチ・ シェルがFTSE100種の最大の押し上げ要因だった。 世界最大の広告代理店グループ、WPPは4.3%上昇し た。純売上高がプラスに転じたことが好感された。顧客が世界経済の回 復を見越して、広告に資金を充て...

英広告大手WPP、第1四半期は実質増収 顧客が景気回復見越す

世界最大の広告代理店グループ、英WPPは28日、第1・四半期の純売上高が実質ベースで3.1%増加したと発表した。

欧州市場サマリー(17日)

米独10年債利回り格差は150bp。一時は約2週間ぶりの水準に 縮小した。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終 アジア市場 コード 盤 終盤 ユーロ/ドル    1.2257 1.2231 ドル/円 103.13 103.18 ユーロ/円 126.42 126.21 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード STOXX欧州600種 397.28 +1.20 +0.30 396.08 FTSEユーロファース 1533.00 +3.57 +0.23 1529.43 ト300種 ユーロSTOXX50種 3560.87 +17.87...

ロンドン株式市場=反落、‌生活必需品株に売り 国内銘柄は上昇

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6551.06 -19.85 -0.30 6570.91 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。生活必需品銘柄が売られ全体水 準を押し下げた。一方、好調な売り上げ見通しを示した広告代理店WPPは買われた。英 国と欧州連合(EU)が通商協定を巡る溝を埋められるとの期待から国内株も値を上げた 。 欧州連合(EU)欧州委員会のフォンデアライエン委員長は英国との交渉に進展があ ったと発言。国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種指数は0.99 %上昇し4日続伸した...

欧州市場サマリー(27日)

これを受け米国債利回りが低下し、ユーロ圏国債利回りもこれに連動した。しかし、 荒い値動きの中、両市場ともに利回りは反転。 独10年債利回りは一時マイナス0.384%まで上昇し、その後は1 ベーシスポイント(bp)上昇のマイナス0.40%。 イタリア国債利回りも上昇に転じ、10年債利回りは横ばいの1.09 %となった。 INGのシニア金利ストラテジスト、アントワーヌ・ブーベ氏は「FRBが示した戦 略見直しが予想よりも詳細だったことなど以外は、特に意外性はなかった」と指摘した。 2年債と10年債の利回り格差は米債と独債ともに拡大し 、6月以来...

欧州株式市場=反落、資源株売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 370.72 -2.40 -0.64 373.12 FTSEユーロファース 1437.06 -9.41 -0.65 1446.47 ト300種 ユーロSTOXX50種 3331.04 -25.72 -0.77 3356.76 <.STOXX50E > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。原材料価格が下がったこと で資源株が売られた。米連邦準備理事会(FRB)が打ち出した積極的 な成長対策は欧州株の買い材料にはならなかった。 STOXX欧州600種資源株指数株...

ロンドン株式市場=反落、軟調な決算を嫌気

スプレデックスのアナリスト、コナー・キャンベル氏は「パウエル議長の講演はほぼ 予想通りだった。面白味は9月の政策決定会合に残したようだ。広範な市場への影響はな かったが、米国株式市場はパウエル氏の発言を好感した」と述べた。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.05%上昇。英銀のワンセー ビングス・バンクが15.7%急騰し、全体を下支えした。調整後融資額が2% 増えたことが好感された。 広告代理店WPPは6.5%高だった。第2・四半期決算が軟調との予想を 上回り、配当を再開した。 (い)

世界の広告業界、2020年は新型コロナで12%近く縮小=業界リポート

広告代理店WPP<WPP.L>傘下のグループエムが22日に公表したリポートによると、2020年の世界の広告業界は、新型コロナウイルスの影響で12%近く縮小する見通し。

アングル:コロナで変わる職場ライフ、感染予防で企業に難題

アクリル樹脂越しの会話からクリエ-ティブな発想は生まれるだろうか。冷水器エリアでの井戸端会議は遺物と化すのだろうか。

欧州株式市場=大幅続落、週間で1.5兆ドルの時価総額吹き飛ぶ

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 375.65 -13.80 -3.54 389.45 FTSEユーロファース 1464.48 -55.28 -3.64 1519.76 ト300種 ユーロSTOXX50種 3329.49 -126.43 -3.66 3455.92 <.STOXX50E > 欧州株式市場は大幅続落して取引を終えた。今週は約1兆5000億ドル分の時価総 額が吹き飛んだ。週間ベースで12.25%下落し、2008年の金融危機以来の大幅安 となった。新型コロナウイルスの感染が中国以外...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up