for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウィン・リゾーツ・リミテッド

WYNN.O

前日終値

121.62USD

変化

-4.85(-3.83%)

出来高

1,854,200

本日のレンジ

120.59

 - 

124.48

52週レンジ

90.06

 - 

151.50

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
126.47
始値
123.92
出来高
1,854,200
3か月平均出来高
43.48
高値
124.48
安値
120.59
52週高値
151.50
52週安値
90.06
発行済株式数
107.35
時価総額
13,577.14
予想PER
26.77
配当利回り
3.16

次のエベント

Dividend For WYNN.OQ - 1.0000 USD

適時開示

その他

Wynn Resorts Ltd Reports Q3 Adjusted Earnings Per Share Of $0.17

Wynn Resorts Ltd Files For Potential Mixed Shelf Offering Size Not Disclosed

Full House Resorts Enters Into Additional Agreements With WSI US

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウィン・リゾーツ・リミテッドとは

ウィン•リゾーツ(Wynn Resorts, Limited)は宿泊施設と飲食店、小売店、エンターテイメント劇場、ミーティング施設を含むアメニティを統合するデスティネーション・カジノ・リゾートの開発・保有・運営を行う。【事業内容】同社の事業はマカオ事業及びラスベガス事業を含む。マカオ事業はウィン・マカオとウィン・パレスを含む他、ウィン・マカオにある展開であるアンコールを含む。ラスベガス事業はウィン・ラスベガスとアンコールを含む。ウィン・ラスベガスはラスベガス・ストリップとサンズ・アベニューの交差点に位置する。同社はマサチューセッツ州のエベレットにある統合カジノ・リゾートであるウィン・ボストン・ハーバーを建設する。

業種

Casinos & Gaming

連絡先

3131 Las Vegas Blvd S

+1.702.7707555

http://www.wynnresorts.com

エグゼクティブリーダーシップ

Philip G. Satre

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Craig S. Billings

President, Chief Financial Officer

Matthew O. Maddox

Chief Executive Officer, Director

Ellen F. Whittemore

Executive Vice President, General Counsel, Secretary

Erik Hansen

Chief Sustainability Officer

統計

2.11 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

4.5K

2017

6.3K

2018

6.7K

2019(E)

6.7K
EPS (USD)

2016

3.390

2017

5.460

2018

6.540

2019(E)

4.725
株価売上高倍率(過去12カ月)
50.30
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.04
株価純資産倍率(四半期)
7.08
株価キャッシュフロー倍率
13.03
総負債/総資本(四半期)
498.03
長期負債/資本(四半期)
491.97
投資利益率(過去12カ月)
4.09
自己資本利益率(過去12カ月)
3.54

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(3日)

<為替> 主要6通貨に対するドル指数がほぼ変わらず。米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る懸念から安全資産としてのドルが買われ、ドル指数は一時約2年ぶりの高値を付ける場面も見られた。ただその後はさえない指標が重しとなり、伸び悩んだ。

米株反落、低調な指標や貿易摩擦巡る懸念が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。米供給管理協会(ISM)が公表した8月の製造業景気指数が2016年8月以来初めて景気拡大・縮小の節目となる50を割り込んだほか、米中が週末に互いに追加関税を課したことを受け、世界の経済成長見通しに対する懸念が高まった。

マカオ行政長官に親中派の賀氏、香港の抗議行動とは一線

25日に行われたマカオ行政長官選挙は、立法会(議会)の議長を務めた親中派の賀一誠氏(62)が当選した。立候補者は賀氏1人だった。

コラム:中国客でパンク寸前、マカオはラスベガスになれるか

ラスベガスを目指すマカオが、現実の試練に直面している。本土をつなぐ新しい橋が昨年開通して以来、百万人単位で中国からの観光客が押し寄せている。

シドニー株式市場・午前=反落、米欧貿易摩擦や世界経済巡る懸念で

(シドニー株式市場は5月7日からアジア市場サマリーに統合します。詳しくは「お知ら せ-アジア株式市場サマリーの拡充」をご覧ください) [10日 ロイター] -    豪 日本時間11時31 前日比 % 始値 分 S&P/ASX200指数<.AX 6,228.000 + 6.200 + 0.10 6,221.800 JO> 前営業日終値 6,221.800 午前のシドニー株式市場は、米株安につれて反落。世界経済の減速懸念や、米国と欧 州連合(EU)間の新たな貿易摩擦が悪材料になった。S&P/ASX200指数<.AXJO >は0037GMT...

NY市場サマリー(9日)

NY外為市場: <債券> 国債利回りが低下。欧米間の貿易摩擦を巡る懸念の再燃やIMFによる2 019年の世界経済見通し引き下げが背景。 FTNフィナンシャル(テネシー州)の金利ストラテジスト氏は「IMFの見通しは 他の信頼できる見通しよりも発表が遅いため、投資家は予想していたはずだが、最近の堅 調な経済指標を受けて通期業績が回復するとの見立てから、投資家は前週リスクをとって いた」と指摘。IMFの発表で債券買い、株式売りが刺激されたと述べた。 午後の取引で、10年債利回りは2.497%と、8日の2.519% からやや低下。30年債利回りも...

ダウ190ドル安、EU製品関税やIMF見通し下げで

米国株式市場はダウ平均株価が190ドル下落。トランプ大統領が110億ドル分の欧州連合(EU)製品に関税を課すと表明したことや、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを下方修正したことが響いた。

米ウィン・リゾーツ、豪クラウンとの買収交渉打ち切り発表

米カジノ運営大手ウィン・リゾーツは9日、同業の豪クラウン・リゾーツとの買収交渉を打ち切ると発表した。

米国株式市場は上昇、堅調な米中の製造業指標受け

米国株式市場は上昇して終了した。中国製造業購買担当者景気指数(PMI)のほか、米ISM製造業景気指数が堅調だったことで世界経済の減速に対する懸念が緩和され、好調な第2・四半期のスタートを切った。

アングル:中国減速で米企業決算に暗雲、下方修正相次ぐ可能性

米重機大手キャタピラー<CAT.N>と米画像処理半導体大手エヌビディア<NVDA.O>が28日の四半期決算発表で、中国市場の需要減退による業績への悪影響に警告を発した。

アングル:中国頼みの米国企業、経済減速による決算影響に注目

米企業はカジノから半導体に至る幅広いセクターで中国頼みの業績となっており、中国の成長鈍化によって直撃を被る。中国の国内総生産(GDP)成長率が2009年以来の水準に鈍る中で、今後本格化する米企業の四半期決算発表では中国の成長リスクが注目を集めそうだ。

アングル:S&P500銘柄、大半は既に調整局面か弱気相場入り

米S&P総合500種自体は調整局面とみなされる領域にまだ落ち込んでいない。しかしその構成銘柄の大多数は既に調整相場に入ってしまった。

米国株市場は上昇、ハイテク株買われ貿易巡る懸念相殺

米国株式市場は上昇して終了した。アップルなどのハイテク株に買いが入り、貿易戦争を巡る懸念の影響を相殺した。

米ウィン・リゾーツ、ユニバーサルとの訴訟で和解 26億ドル支払い

米カジノ大手のウィン・リゾーツ<WYNN.O>は、ユニバーサルエンターテインメント<6425.T>と同社の米部門が起こした訴訟について、26億ドルを支払い和解することで合意した。約6年に及んだ係争が決着した。

米国株式市場は反落、エネルギー株やハイテク株に売り

米国株式市場は値動きの荒い展開の末、反落して取引を終えた。序盤に大きく上げる場面もあったものの結局マイナス圏に沈み、再び急落するのではないかという投資家の不安心理が浮き彫りになった。

NY市場サマリー(7日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対し過去3カ月余りで最も大幅な上昇を見せる一方、ユーロが下落した。

EXCLUSIVE-ユニバーサル元会長、HDの代表復帰を宣言 

ユニバーサルエンターテインメント<6425.T>の創業者で元会長、岡田和生氏は14日会見し、ユニバーサルの筆頭株主で岡田家の資産管理会社、岡田ホールディングス(岡田HD、本社:香港)の代表に復帰する手続きを行ったことを正式に明らかにした。同氏は今後、HD代表としてユニバーサルに臨時株主総会を招集するよう要請、富士本淳社長ら現経営陣を解任するとともに、中国への45億円の送金の真相などを解明する方針も示した。

訂正-EXCLUSIVE-岡田和生氏が代表復帰を準備 ユニバーサル内紛は法廷闘争も

ユニバーサルエンターテインメントの創業者、岡田和生氏が、ユニバーサルの筆頭株主で岡田家の資産管理会社、岡田ホールディングス(岡田HD、本社:香港)の代表に復帰する手続きを行ったことがわかった。同氏は今年5月、HDの大株主である長男の岡田知裕氏らとの対立を背景に、同社代表のほか、6月の株主総会でユニバーサル会長の職から解任されていた。長男側は反発しており、新たな法廷闘争に発展する可能性もある。

NY市場サマリー(13日)

<為替> 主要6通貨に対するドル指数が安値圏から持ち直し、おおむね横ばいとなった。市場では、追加利上げの可能性が濃厚とみられる14─15日の連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まった。

米国株式市場は薄商いのなか横ばい圏、FOMC待ち

米国株式市場は横ばい圏で取引を終えた。連邦公開市場委員会(FOMC)を前に様子見気分が強く、商いは薄かった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up