for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Wynn Resorts, Limited

WYNN.O

現在値

59.65USD

変化

-0.54(-0.90%)

出来高

3,175,901

本日のレンジ

57.64

 - 

59.69

52週レンジ

50.20

 - 

99.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
60.19
始値
59.17
出来高
3,175,901
3か月平均出来高
55.62
高値
59.69
安値
57.64
52週高値
99.00
52週安値
50.20
発行済株式数
113.73
時価総額
6,783.97
予想PER
-18.65
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Wynn Resorts Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Melco Announces Extension Of Macau Gaming Subconcession To December 31, 2022

Wynn Resorts - Unit WML Entered Into Shareholder Loan Agreement With Co

Wynn Resorts Reports Q1 Adjusted Loss Per Share Of $1.21

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Wynn Resorts, Limitedとは

ウィン・リゾーツ(Wynn Resorts Ltd)は豪華なホテルの客室、高級小売スペース、さまざまな飲食店や娯楽施設、会議施設、コンベンション施設、ゲームを備えた統合型リゾートの設計者、開発者及び運営者である。【事業内容】セグメントはマカオ事業、ラスベガス事業、アンコールボストンハーバーを含む。マカオ事業は、ウィンマカオとウィンパレスを含む。合計約4748の広々としたホテルの客室、スイートやヴィラ、約194000平方フィートのカジノスペース、特製シェフと11のバーを備えた22のダイニング体験、約560000平方フィートの賃貸可能な会議やコンベンションスペース、約160000平方フィートの小売スペース、2つのショールーム、2つのナイトクラブ、ビーチクラブ、レクリエーションおよびレジャー施設を運営する。

業種

Casinos & Gaming

連絡先

3131 Las Vegas Blvd S

LAS VEGAS, NV

89109-1967

United States

+1.702.7707555

https://www.wynnresorts.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Philip G. Satre

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Craig S. Billings

Chief Executive Officer, Director

Ellen F. Whittemore

Executive Vice President, General Counsel, Secretary

Betsy S. Atkins

Independent Director

Richard J. Byrne

Independent Director

統計

2.40 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

6.6K

2020

2.1K

2021

3.8K

2022(E)

3.9K
EPS (USD)

2019

4.260

2020

-19.180

2021

-6.120

2022(E)

-3.122
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.74
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-8.87
自己資本利益率(過去12カ月)
-7.82

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(11日)ユーロ/ドル20年ぶり安値、株式下落

<為替> ユーロが対ドルで20年ぶりの安値を付け、パリティ(等価)に近づいた。一方、米連邦準備理事会(FRB)が他の中銀よりも迅速かつ大幅に利上げを進めるとの見方を背景にドルが買われた。

米国株式市場=下落、CPIや決算控え様子見

米国株式市場は下落して取引を終えた。米消費者物価指数(CPI)や企業の第2・四半期決算の発表を控え、材料に乏しく様子見となった。

マカオのコロナ感染者増加、医療従事者などにも拡大

マカオ当局は29日、新型コロナウイルス感染が医療従事者などにも拡大したと明らかにした。パンデミック(世界的大流行)開始以来最大の感染拡大に見舞われる中、全住民に毎日の検査実施と外出自粛を求めた。

マカオがコロナ封鎖延長、カジノは営業継続=行政長官

マカオの賀一誠行政長官は政府のウェブサイトで、バーや映画館、ヘアサロン、屋外の公園閉鎖を含む新型コロナウイルス感染拡大抑制策を23日から延長すると発表した。

マカオ議会、カジノ監督強化・増税を承認

マカオ立法会(議会)は21日、カジノへの当局監督強化と課税率引き上げの法案を承認した。2002年にカジノが自由化されて以降で最大の改革になる。

マカオのホテル、新型コロナで封鎖 700人隔離

マカオで21日、新型コロナウイルスの感染者が出たカジノホテルが当局により封鎖された。中には700人がいるという。地元放送局のTDMが報じた。

マカオのカジノ収入、前年比68%減 経済に打撃

5月のマカオのカジノ収入は33億パタカ(4億ドル)と、前年比で68%減少した。前月比では25%増加したものの、2019年5月の260億パタカを大幅に下回っている。

米、カジノ王ウィン氏の「中国政府代理人」登録求め提訴

米司法省は17日、米カジノ運営大手ウィン・リゾーツのスティーブ・ウィン元最高経営責任者(CEO)が2017年に中国政府の指示で当時のトランプ米大統領に働きかけを行ったとして、外国代理人登録法(FARA)に基づき中国政府の代理人としての登録を求める訴訟を起こした。裁判所に代理人登録義務の宣言を求めた。

米国株式市場=1カ月ぶり大幅高、好決算やFRB当局者発言で

米国株式市場は反発して取引を終えた。好調な企業業績や米連邦準備理事会(FRB)当局者の利上げに慎重な発言を受け、主要株価3指数は3月16日以来、約1カ月ぶりの大幅な上昇率を記録した。

米ウィン、UAEに統合型リゾート建設へ カジノ解禁観測も

米カジノ運営大手ウィン・リゾーツは25日、アラブ首長国連邦(UAE)の北部ラスアルハイマで「ゲームエリア」を伴う統合型リゾートの開発を行うと発表した。

コラム:CEO大量退職時代、物言う投資家の出番か

昨年前半は最高経営責任者(CEO)の交代が急増した。15年前に比べてCEOの平均年齢は上がっている上、パンデミックによってCEOならではの楽しみがすっかり少なくなったため、この傾向は2022年も続くだろう。「CEO大退職時代」は物言う投資家にとっての出番となりそうだ。

米国株式市場=上昇、幅広い銘柄に買い エネルギー関連株が高い

米国株式市場は、原油高を受けエネルギー関連株に買いが入り、上昇して終了した。一連の経済指標で物価上昇がピークを付け、景気回復が順調に継続していることが示唆されていることも株価押し上げ要因になっている。

NY市場サマリー(15日)S&P・ダウ最高値、ドル上昇

<為替> ドルが上昇。最近の米債利回り上昇を踏まえドル安観測が後退しているほか、16─17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え警戒感が強まっている。

米株はS&Pとダウが終値で最高値、FOMCに注目

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種とダウ工業株30種が終値で最高値を更新した。金利上昇への懸念が根強い中、市場は景気回復に期待しているほか、今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)も注目される。

コラム:カジノにデジタル通貨導入、マネー捕捉でマカオの困惑

デジタルコインによって、マカオの華やかさに陰りが出る可能性がある。マカオ特別行政区では、モバイル決済額が2020年中に5倍に増大した。また、中国は新たなデジタル通貨をこの地域で実験したいと考えている。デジタル通貨が拡大すれば、規制当局の「監視」も楽になる。ギャンブル愛好家やカジノの一部が、抵抗を感じている理由もそこにある。

NY市場サマリー(15日)ドル1カ月ぶり安値、米株上昇

<為替> リスク心理改善を受けてドルが1カ月ぶり安値を付けた。新型コロナウイルスワクチン開発で進展が見られたことから、株式が上昇したほかコモディティー通貨が強含んだ。

米株上昇、コロナワクチンへの期待やゴールドマンの好決算で

米国株式市場は上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンを巡り有望な初期データが示されたほか、ゴールドマン・サックスの堅調な四半期決算が追い風となった。

コラム:日本のIR推進戦略、米サンズの進出撤回でさらに前途多難

米ラスベガス・サンズ<LVS.N>が日本でカジノを含む統合型リゾート(IR)運営に進出する計画を断念したことで、IRを推進する日本の戦略は一段と前途多難になった。事業者の契約期間の短さや厳しい要件、高いコスト負担が原因で複数のIR運営大手は参入に二の足を踏んでおり、サンズの進出撤回は、IRで観光産業を盛り上げたい日本政府には打撃となる。

アングル:マカオのカジノがコロナ持久戦へ、収入ゼロでも安泰か

マカオのカジノ運営企業、ギャラクシー・エンターテインメント<0027.HK>は新型コロナウイルスの猛威で中国本土からの来場者がぱったり止まり、1日当たり300万ドル(約3億2100万円)の運転費用を垂れ流している。こんなことが起きたら、大抵の企業は沈没しかねない。

マカオ、今月20日からカジノ営業再開へ

マカオは今月20日からカジノの営業再開を認める。政府系放送局TDMが17日、当局者の話として報じた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up