for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

US スチール・コーポレーション

X.N

現在値

14.23USD

変化

0.33(+2.37%)

出来高

1,630,991

本日のレンジ

13.61

 - 

14.42

52週レンジ

9.93

 - 

24.74

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
13.90
始値
13.74
出来高
1,630,991
3か月平均出来高
336.18
高値
14.42
安値
13.61
52週高値
24.74
52週安値
9.93
発行済株式数
170.04
時価総額
2,363.53
予想PER
313.77
配当利回り
1.44

次のエベント

Q4 2019 United States Steel Corp Earnings Release

適時開示

その他

United States Steel Sets Goal To Reduce Global Greenhouse Gas Emissions Intensity By 20 Percent By 2030 Based On 2018 Baseline Levels

United States Steel Corp Expects 2020 Capital Spending To Be About $950 Mln

United States Steel Corp Posts Q3 Loss Per Share Of $0.49

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

US スチール・コーポレーションとは

ユナイテッド・ステーツ・スチール(United States Steel Corporation)は鉄鋼生産者である。【事業内容】同社は北米とヨーロッパにおいて生産活動を行う平鋼・管状製品の製造に従事する。同社は3つの事業区分により構成される。平鋼事業はスラブ、ラウンド、ストリップ・ミル・プレート、シートとスズ・ミル製品、鉄鉱石及びコークス製造施設の生産に従事する米国にある統合スチール・プラント及び持分投資会社の運営を含む。米国スチール・ヨーロッパ事業は米国スチール・コシツェ(USSK)及びスロバキアにある統合スチール・プラントとコークス製造施設の運営を含む。チューブ製品事業は米国とブラジルにある持分投資会社の管状生産施設の運営を含む。

業種

Iron & Steel

連絡先

600 Grant St Room 1500

+1.415.4332967

http://www.ussteel.com

エグゼクティブリーダーシップ

David S. Sutherland

Independent Chairman of the Board

David B. Burritt

President, Chief Executive Officer, Director

Christine S. Breves

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Duane D. Holloway

Senior Vice President, Chief Ethics and Compliance Officer, General Counsel, Corporate Secretary

James E. Bruno

Senior Vice President - European Solutions and President, U. S. Steel Kosice

統計

3.38 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

10.3K

2017

12.3K

2018

14.2K

2019(E)

12.9K
EPS (USD)

2016

-1.600

2017

1.940

2018

5.360

2019(E)

0.044
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.17
株価純資産倍率(四半期)
0.56
株価キャッシュフロー倍率
1.94
総負債/総資本(四半期)
61.13
長期負債/資本(四半期)
59.54
投資利益率(過去12カ月)
8.13
自己資本利益率(過去12カ月)
5.86

最新ニュース

最新ニュース

米、ブラジルとアルゼンチンに鉄鋼関税 大統領「通貨安に対抗」

トランプ米大統領は2日、ブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに直ちに関税を課すと表明した。両国の意図的な通貨切り下げで米農業部門が圧迫されているとの考えから報復措置を打ち出したものとみられる。

米株は下落、軟調な米指標や貿易巡る懸念で

米国株式市場は、主要株価3指数がいずれも前週の過去最高値から下落して取引を終えた。米経済指標が失望を誘ったほか、貿易を巡る懸念が新たに浮上し、様子見姿勢が強まった。

NY市場サマリー(2日)

この日のドルは取引序盤から弱含みで推移した。トランプ米大統領がブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに直ちに関税を課すと表明したことを受けた。[nL4N28C36Z]

NY市場サマリー(2日)

<為替> ドルが2週間ぶりの安値に下落。さえない米経済指標の発表などが重しと なった。 この日のドルは取引序盤から弱含みで推移した。トランプ米大統領がブラジルとアル ゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに直ちに関税を課すと表明したことを受けた。 欧州の製造業指標は良好な内容となり、欧州の見通しに対する楽観的な見方を後押し した。 対照的に、米供給管理協会(ISM)が2日公表した11月の製造業景気指数は48 .1と、10月の48.3から低下し、景気拡大・縮小の節目となる50を4カ月連続で 下回った。 午後の取引でドル指数は0.4%安の97...

焦点:欧州企業、第4四半期から来年にかけても業績低迷か

投資家は、欧州企業の第3・四半期決算が3期連続で減益となると覚悟しているが、来年に向けて収益が持ち直すという期待さえ裏切られる恐れが出てきた。米国による関税の発動や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感、世界的な景気減速などが背景。

欧州市場サマリー(19日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。米連邦 準備理事会(FRB)が前日、今後の利下げに対して慎重な姿勢を示したことから銀行株 が買われた。 FTSE350種銀行株指数は1.35%上昇し、週初めの落ち込みか ら持ち直した。CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は、FRBがさ らなる利下げに慎重であると示唆することは織り込まれていなかったのだろうと指摘。イ ングランド銀行(中央銀行)が金利を据え置いたことも買い材料となった。 携帯電話サービス大手のボーダフォンは2.7%上昇した。HSBCが目標 株価を引き上げたことが好感...

欧州株式市場=上昇、銀行株値上がり

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 391.80 +2.39 +0.61 389.41 FTSEユーロファース 1539.38 +9.72 +0.64 1529.66 ト300種 ユーロSTOXX50種 3552.65 +24.61 +0.70 3528.04 <.STOXX50E > 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB )による今後の利下げ観測が後退したことで銀行株が買われた。 FRBは前日、市場予想通り利下げした上で、さらなる利下げを決 めるハードルが高いことを示唆...

米、ベトナムから輸入する韓国・台湾製鉄鋼製品に関税導入へ

米商務省は2日、韓国あるいは台湾で生産後、ベトナムで最終加工を施し、米国に輸出された一部の鉄鋼製品に最大456%の関税を課すと発表した。

鉄鋼大手の首脳、米議員連盟に高関税維持訴える

米鉄鋼大手ニューコア<NUE.N>、ユナイテッド・ステーツ・スチール(USスチール)<X.N>、コマーシャル・メタルズ<CMC.N>と欧州鉄鋼大手アルセロール・ミタル<MT.AS>の各首脳は27日、米議会の鉄鋼議員連盟に対し、海外から輸入する鉄鋼の高関税を維持するよう訴えた。

米鉄鋼業界、関税割当制度で保護可能と大統領を説得=農務長官

米国のパーデュー農務長官は28日、上院農業委員会での公聴会で、米国の鉄鋼業界について、関税割当制度(TRQ)を通してカナダとメキシコの輸入から適切に守れるとトランプ大統領の説得を試みていることを明らかにした。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ドルが上昇し2週間ぶり高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長はこの日、引き続き緩やかな利上げを継続する必要があると表明。これが一部の予想ほどハト派でないと受け止められ、ドル買いを誘った。

米国株式市場はS&Pとダウが小幅上昇、NEC委員長の発言受け

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>が小幅上昇して取引を終えた。米国家経済会議(NEC)のカドロー委員長が12月1日に予定される米中首脳会談について、中国との通商問題の解決に向けた機会になるとの見解を示したことが背景。

ロス米商務長官、鉄鋼労働者の賃金上昇を予想

ロス米商務長官は5日、全米鉄鋼労働組合(USWA)が現在鉄鋼メーカーと進めている労使契約交渉の結果、賃金が上昇する公算が大きく、米労働市場全体の賃金上昇を先導する可能性があるとの認識を示した。

米・メキシコ、鉄鋼・アルミ輸入で関税からクオータ制への移行協議か

米政府の通商担当当局者は、国家安全保障上の理由から鉄鋼とアルミニウム製品の輸入に課している関税をクオータ制(輸入割当制)に置き変えることをメキシコ側に提案した。カナダにも受け入れを迫っているとみられる。関係者が30日、明らかにした。

コラム:米国経済と株式相場の新たな「支え役」

企業の設備投資が、米国の経済と長期間続く株式の強気相場を支える新たな要素となりつつある。

カナダが対米報復関税、1.4兆円分対象 国内産業の支援策も

カナダは29日、米鉄鋼・アルミニウム関税に対抗して、166億カナダドル(約1.4兆円)規模の制裁関税を課し、影響を受ける産業や労働者向けに20億カナダドル規模の支援策を講じる方針を公表した。

米鉄鋼輸入制限、国内製造業の適用除外申請相次ぐ 

米商務省には、鉄鋼・アルミニウムの輸入制限の適用除外を求める米製造業の申請が相次いでいるが、同省の対応は遅れている。また、企業にとり重要な情報が競合や顧客、国内鉄鋼・アルミニウム製造業者の目にさらされるとの懸念もある。

EU全加盟国、米製品への報復関税適用を支持=関係筋

欧州連合(EU)の全加盟国は14日、米国が今月、EUの鉄鋼・アルミニウムに対し輸入関税を発動したことへの対抗措置として、28億ユーロ(33億ドル)相当の米国製品に輸入関税を適用する計画を支持した。EU関係筋が明らかにした。

コラム:外国企業を「再び偉大に」するトランプ貿易政策

「米国を再び偉大にする」と繰り返してきたトランプ大統領だが、自身が進める貿易政策で、むしろ外国企業を再び偉大にしつつある。

焦点:アメリカ鉄鋼の街「再び偉大に」、トランプ関税の功罪

「米国を再び偉大に」のスローガンで古い産業都市の再生を公約に掲げ、トランプ氏が大統領に当選した2016年、デイブ・クルシエルさんはイリノイ州南部グラニットシティにある製鉄所の仕事に戻ることを願っていた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up