for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

United States Steel Corporation

X.N

現在値

25.85USD

変化

-0.16(-0.62%)

出来高

706,334

本日のレンジ

25.80

 - 

26.25

52週レンジ

16.41

 - 

39.24

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
26.01
始値
25.83
出来高
706,334
3か月平均出来高
247.72
高値
26.25
安値
25.80
52週高値
39.24
52週安値
16.41
発行済株式数
234.27
時価総額
6,093.34
予想PER
2.74
配当利回り
0.77

次のエベント

Q4 2022 United States Steel Corp Earnings Release

適時開示

その他

United States Steel Says Tentative Agreement With United Steelworkers Includes Base Wage Increases

United States Steel Corporation Reports Third Quarter 2022 Results

United States Steel Corp Sees Q3 2022 Adjusted EBITDA To Be About $825 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

United States Steel Corporationとは

ユナイテッド・ステーツ・スチール(United States Steel Corp)(U.S Steel)は、北米とヨーロッパで、フラットロールおよびチューブ製品を含む鉄鋼製品の製造・販売を行う総合鉄鋼メーカーである。【事業内容】米国での事業には、鉄鉱石とコークスの生産施設と不動産事業も含まれる。ヨーロッパでの事業には、コークス生産施設も含まれる。北米フラットロール(Flat-Rolled)、ミニミル、USスチールヨーロッパ(USSE)、およびチューブラー製品(Tubular)の4つのセグメントで運営される。アラバマ州、イリノイ州、ミシガン州、ミネソタ州、ペンシルベニア州に、開発用または管理用の約45000エーカーの不動産資産を所有する。ペンシルバニア、ミシガン、テキサス、スロバキアの施設で、様々な応用研究、開発、技術サポート機能を実行する。主に自動車、建設、消費者、電気、産業機器、流通、エネルギー市場の顧客にサービスを提供する。

業種

Iron & Steel

連絡先

ROOM 1500, 600 GRANT ST

PITTSBURGH, PA

15219-2800

United States

+1.415.4332967

http://www.ussteel.com

エグゼクティブリーダーシップ

David S. Sutherland

Independent Chairman of the Board

David B. Burritt

President, Chief Executive Officer, Director

Jessica T. Graziano

Chief Financial Officer, Senior Vice President

A. Barry Melnkovic

Chief Human Resource Officer, Senior Vice President

Christine S. Breves

Executive Vice President – Business Transformation

統計

2.92 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

12.9K

2020

9.7K

2021

20.3K

2022(E)

20.7K
EPS (USD)

2019

0.090

2020

-4.670

2021

13.480

2022(E)

9.378
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.27
株価純資産倍率(四半期)
0.58
株価キャッシュフロー倍率
1.44
総負債/総資本(四半期)
37.58
長期負債/資本(四半期)
37.01
投資利益率(過去12カ月)
23.65
自己資本利益率(過去12カ月)
18.34

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場=最高値更新、テスラ売られ終盤に上げ幅縮小

米国株式市場は小幅高で取引を終えた。インフラ投資法案の可決を好感し、序盤に値を上げたが、テスラ株の下げが重しとなり終盤に上げ幅を縮小した。

NY市場サマリー(17日)ドル3週間ぶり高値、株価大幅安 国債利回りは上昇

<為替> ドルが3週間ぶり高値を付けた。前日発表の8月の小売売上高が予想外に 増加したことで、連邦準備理事会(FRB)は年内にテーパリング(量的緩和の縮小)に 着手するとの観測が裏付けられたことが背景。 ただ来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)のほか、日銀の金融政策決定会合とイ ングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会を控える中、商いは低調だった。 主要6通貨に対するドル指数は一時93.220まで上昇し、8月第3週以来 の高値を更新。終盤の取引では0.4%高の93.207。週間上昇率は0.6%と、8 月中旬以降で最大となった。 FRB...

米国株式市場=大幅安、米債利回り上昇がグロース株圧迫

米鉄鋼大手USスチールは8.0%安。30億ドルの投資計 画を発表した。 ネット証券のロビンフッド・マーケッツは1.0%上昇。 キャシー・ウッド氏が率いるアーク・インベストメントが1470万ド ル相当の同社株を取得したことを受けた。 この日は、株式先物取引、株価指数オプション取引、個別株オプシ ョン取引の3つの取引期限満了日が重なる「トリプルウィッチング」に 当たり、大引けの出来高とボラティリティーが高まった。 米取引所の合算出来高は155億1000万株。直近20営業日の 平均は97億株。 ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり...

インフラ株の上値余地探る、政権・野党協議焦点=今週の米株市場

7日から始まる週の米株式市場では、バイデン米大統領が求める1兆7000億ドル規模のインフラ投資計画を巡り、投資家は恩恵を受けていた企業の株価にさらなる上値余地があるかどうかを探る見通しだ。

バークシャー第2四半期、コロナで評価損98億ドル 自社株買い

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が8日発表した第2・四半期決算は純利益が前年同期比87%増加した。米アップル<AAPL.O>など保有銘柄の株価回復が寄与した。ただ、傘下の金属部品メーカー、プレシジョン・キャストパーツに関連した評価損98億ドルを計上するなど、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で事業部門に影響が広がっていることも浮き彫りになった。

NY市場サマリー(21日)

<為替> 中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を背景に人民元が急落する一方、安全資産としての円に買いが入った。

米株は最高値から下落、新型ウイルス感染や世界経済巡る懸念で

米国株式市場は、最高値から下落して取引を終えた。中国で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大している問題で米国内で初の患者が確認されたことや、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを引き下げたことが背景。

米株は最高値更新、米中協議巡る楽観・好調な経済指標が押し上げ

米国株式市場は、株価が最高値を更新して取引を終えた。米中通商協議を巡る楽観的な見方が継続する中、米個人消費支出が堅調に伸びたことが押し上げ要因となった。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米指標を受け、短期的な米利下げの公算は小さいとの見方が広がった。週間では11月初旬以来の大幅な伸びを記録した。

米、ブラジルとアルゼンチンに鉄鋼関税 大統領「通貨安に対抗」

トランプ米大統領は2日、ブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに直ちに関税を課すと表明した。両国の意図的な通貨切り下げで米農業部門が圧迫されているとの考えから報復措置を打ち出したものとみられる。

米株は下落、軟調な米指標や貿易巡る懸念で

米国株式市場は、主要株価3指数がいずれも前週の過去最高値から下落して取引を終えた。米経済指標が失望を誘ったほか、貿易を巡る懸念が新たに浮上し、様子見姿勢が強まった。

NY市場サマリー(2日)

この日のドルは取引序盤から弱含みで推移した。トランプ米大統領がブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに直ちに関税を課すと表明したことを受けた。[nL4N28C36Z]

NY市場サマリー(2日)

<為替> ドルが2週間ぶりの安値に下落。さえない米経済指標の発表などが重しと なった。 この日のドルは取引序盤から弱含みで推移した。トランプ米大統領がブラジルとアル ゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに直ちに関税を課すと表明したことを受けた。 欧州の製造業指標は良好な内容となり、欧州の見通しに対する楽観的な見方を後押し した。 対照的に、米供給管理協会(ISM)が2日公表した11月の製造業景気指数は48 .1と、10月の48.3から低下し、景気拡大・縮小の節目となる50を4カ月連続で 下回った。 午後の取引でドル指数は0.4%安の97...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up