for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ザイリンクス・インク

XLNX.O

現在値

77.94USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

67.68

 - 

141.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
77.94
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
83.48
高値
--
安値
--
52週高値
141.60
52週安値
67.68
発行済株式数
248.84
時価総額
19,394.32
予想PER
--
配当利回り
1.90

次のエベント

Q4 2020 Xilinx Inc Earnings Release

適時開示

その他

Telefonica Reaches Collaboration Agreement To Develop Open Ran In 4G And 5G

Xilinx Files Patent Infringement Lawsuit Against Analog Devices

Xilinx Issues Statement In Response To Analog Devices Patent Infringement Lawsuit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ザイリンクス・インクとは

ザイリンクス(Xilinx, Inc. (Xilinx))はプログラマブル・デバイスと関連技術の設計・開発を行う。【事業内容】そのプログラマブルデバイスと関連技術は、プログラマブル・システム・オン・チップ(SoC)と三次元集積回路(3D IC)を含むプログラマブルロジックデバイス(PLD)の集積回路(IC)等の部品、PLDをプログラムするためのソフトウェア設計ツール、ターゲットリファレンスデザイン、プリント回路基板、並びに同社・各種の第三者の検証と知的所有権(IP)コアを含むIPなどを含む。同社は設計サービス、顧客トレーニング、フィールドエンジニアリング及び技術サポートを提供する。そのPLDはフィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)、顧客が所望の論理機能を実行するようにプログラムする複雑なプログラマブル論理デバイス(CPLD)、及び(高度化縮小命令セットコンピューティング(RISC)マシン(ARM))プロセッサベースのシステムとプログラマブルロジックを1つのデバイスに統合するプログラマブルSoCを含む。

連絡先

2100 LOGIC DR

SAN JOSE, CA

95124-3450

United States

+1.408.5597778

https://www.xilinx.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Dennis Lynn Segers

Independent Chairman of the Board

Victor Peng

President, Chief Executive Officer, Director

Salil Raje

Executive Vice President and General Manager, Data Center Group

William Christopher Madden

Executive Vice President and General Manager, Wired and Wireless Group

Vincent L. Tong

Executive Vice President - Global Operations and Quality

統計

2.55 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

2.3K

2018

2.5K

2019

3.1K

2020(E)

3.2K
EPS (USD)

2017

2.320

2018

2.100

2019

3.470

2020(E)

3.157
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.25
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.00
株価純資産倍率(四半期)
7.34
株価キャッシュフロー倍率
19.42
総負債/総資本(四半期)
47.18
長期負債/資本(四半期)
47.18
投資利益率(過去12カ月)
19.48
自己資本利益率(過去12カ月)
16.71

最新ニュース

最新ニュース

米、ファーウェイへの販売制限強化を検討=関係筋

米政府は、米国の技術が用いられている海外製品の中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売制限を強化する可能性があると、関係者2人が明らかにした。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが主要通貨に対し上昇。週間でも3週ぶりに上昇した。米中通商協議への期待や、米連邦準備理事会(FRB)が積極的に利下げに動かないという見方がドル買いを後押しした。

米国株159ドル安、農家視察中止で米中合意期待に冷や水

米国株式市場は下落し、ダウ平均株価は159ドル安で取引を終えた。中国代表団が米モンタナ州の農家への視察を取りやめ、米中通商交渉への期待に水を差す格好となった。

NY市場サマリー(25日)

市場では50%を超える確率で利下げが決定されるとの見方が織り込み済みとなっていたため、決定を受けユーロは上向いた。

米株下落、企業決算やECB総裁発言で失望売り

米国株式市場は下落し、ダウ平均株価は128ドル安で取引を終了した。自動車大手フォード・モーター<F.N>などの決算やドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁発言が期待に届かず、失望売りを誘った。

焦点:ファーウェイ排除の緩和を、米半導体各社がロビー活動

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)にチップを供給しているクアルコム<QCOM.O>やインテル<INTC.O>などの米国半導体各社が、密かに自国政府に圧力をかけ、ファーウェイに対する販売禁止措置を緩和するよう求めている。

ファーウェイが2位維持、第1四半期の世界スマホ販売=ガートナー

は前年比44.5%増の5840万台となり、販売台数で第2位を維持した。販売の伸びは上位5社中で最高だった。

ファーウェイ携帯のクリック数が急減=英価格サイト

の携帯電話に対するクリック数が直近で急減していると明らかにした。トランプ米政権の禁輸措置が影響しているもようだ。

情報BOX:広がる中国ファーウェイ排除、取引停止した企業一覧

との取引を原則禁じる制裁措置を打ち出したことで、半導体などハイテク業界で世界的にファーウェイとの取引を停止する動きが広がっている。

今日の株式見通し=反発、米株高や円安支え 米中対立懸念は継続

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発となりそうだ。前日の米国株高や為替の円安を好感し、朝方は買いが先行するとみられている。ただ、米中貿易摩擦への激化懸念が完全に払拭できておらず、積極的に上値は追いにくい。日米通商交渉の動向を見極めたい向きも多く、上昇したところでは利益確定売りが出て伸び悩みそうだ。

NY市場サマリー(21日)

に対する規制について、トランプ米政権が一時緩和したことを受けた。

米株市場はハイテク株中心に上昇、ファーウェイ規制緩和で

米国株式市場はハイテク株中心に上昇して取引を終えた。米国が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する規制措置を一部緩和したことを受け、同セクターの企業業績を巡る懸念が後退した。

米国株式市場は下落、ファーウェイ規制がハイテク株の重しに

との取引を原則禁じる米政府の制裁措置がハイテク株の重しとなったほか、同措置が米中貿易摩擦の激化につながるとの懸念が浮上した。

米グーグル、ファーウェイとの一部ビジネス停止=関係筋

へのソフトの提供など一部ビジネスを停止した。関係筋が19日にロイターに明らかにした。米政府がファーウェイへの事実上の輸出規制を決めたことを受けた。

NY市場サマリー(16日)

欧州議会選を控え、欧州連合(EU)の財政規律を連日批判しているイタリアのサルビーニ副首相は16日、自身が党首を務める「同盟」が欧州議会選で順調に票を集めれば、イタリアの「首を絞めている」規則を「破り裂く」と発言。前日は、EUの財政規律は「欧州を飢餓状態に陥れている」とし、改正する必要があるとの考えを示していた。[nL4N22R43A]

米株市場はダウが3日続伸214ドル高、好決算や堅調な指標後押し

米国株式市場は3日続伸。ダウ平均株価は214ドル高で取引を終えた。企業の好決算と堅調な経済指標が投資家の買い気を高め、ハイテク企業が上げを主導した。市場では米中の関税報復合戦への懸念が根強い一方、企業の好決算は経済の底堅さを示すものとして評価できるとの声が聞かれた。

ファーウェイ規制、米中通商協議やハイテク部門に暗雲 中国反発

への事実上の輸出規制を決定したことについて、中国側は両国の通商協議に影を落としかねないとして米国の対応を批判した。大手ハイテク企業への影響を巡っても懸念が高まり、米国市場ではファーウェイと取引する企業の株価が値下がりした。

今日の株式見通し=上値重い、上海株にらみ 米中対立への懸念残る

きょうの東京株式市場で日経平均株価は上値が重い展開が予想されている。前日の米国株市場では、米政府が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への事実上の輸出規制を決定したことを受け、半導体関連が売られた。主要3指数は上昇したものの、見た目ほど地合いは良くないとの声が出ている。日経平均は反発スタートとなりそうだが、米中対立の激化に対する懸念が残る中で上海株が弱含めば、日本株も上げ幅を徐々に縮小する流れとなるとみられている。

UPDATE 1-今日の株式見通し=反落、売り先行後もみあいか 10連休前に様子見ムード

(内容を追加して更新します。) [東京 26日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     22307.58 22362.92 19241.37              +107.58 2019年4月24日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物6月 22200(円建て) 限 きょうの東京株式市場で、日経平均株価は反落となりそうだ。前日の米国株市場で主要3指数はまちま ち。為替はやや円高方向に振れており、朝方は売り先行で始まる可能性が高い。その後は10連休を目前に 控えて様子見...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up