for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクソン・モービル・コーポレーション

XOM.N

現在値

34.33USD

変化

0.05(+0.15%)

出来高

6,358,568

本日のレンジ

34.14

 - 

34.92

52週レンジ

30.11

 - 

73.11

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
34.28
始値
34.62
出来高
6,358,568
3か月平均出来高
488.43
高値
34.92
安値
34.14
52週高値
73.11
52週安値
30.11
発行済株式数
4,228.00
時価総額
144,943.80
予想PER
-203.08
配当利回り
10.15

次のエベント

Q3 2020 Exxon Mobil Corp Earnings Release

適時開示

その他

Exxonmobil Australia Commences Voluntary Redundancy Program

Petronet LNG Aims To Lift Full Volumes In Sept Qtr Under Exxon, Qatar Gas Deals

Exxonmobil And Global Clean Energy Holdings Sign Agreement For Renewable Diesel

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクソン・モービル・コーポレーションとは

エクソン・モービル(Exxon Mobil Corporation)はエネルギー会社である。【事業内容】同社は原油と天然ガスの探鉱・生産・輸送・販売及び石油製品の製造・輸送・販売に従事する。同社はまたオレフィン、芳香族化合物、ポリエチレン、ポリプロピレン・プラスチックを含む石油化学製品及び各種専門製品の製造・販売を行う。同社の事業はアップストリーム、ダウンストリーム、化学、コーポレート、ファイナンシングを含む。アップストリーム事業は原油・天然ガスの探査・生産を行う。ダウンストリーム事業は石油製品の製造と販売を行う。化学事業は石油化学製品の製造・販売を行う。同社は米国、カナダ、南米、欧州、アフリカ、アジア、オーストラリア、オセアニアにあるプロジェクトの探査・開発を行う。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

5959 LAS COLINAS BLVD

IRVING, TX

75039-2298

United States

+1.972.9406000

http://corporate.exxonmobil.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Darren W. Woods

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Neil W. Duffin

President - ExxonMobil Global Projects Company

Neil A. Chapman

Senior Vice President

Andrew P. Swiger

Senior Vice President

Jack P. Williams

Senior Vice President

統計

3.04 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

244.4K

2018

290.2K

2019

264.9K

2020(E)

182.8K
EPS (USD)

2017

3.590

2018

4.880

2019

2.240

2020(E)

-0.171
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.77
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.68
株価純資産倍率(四半期)
0.80
株価キャッシュフロー倍率
5.40
総負債/総資本(四半期)
38.58
長期負債/資本(四半期)
25.84
投資利益率(過去12カ月)
2.17
自己資本利益率(過去12カ月)
1.74

最新ニュース

最新ニュース

アングル:米シェール企業買収ブーム、コロナ禍で「負の遺産」

米国が第2次シェール・ブームを迎えた2016年から19年にかけて、石油・天然ガス企業が実施した米企業・土地買収の額は計1560億ドル(約16兆4580億円)を超えた。良き時代が長く続き、原油価格は上昇すると見込んでの大きな賭けだったが、今では買収資産の多くが当時の価値を下回って負の遺産と化している。

米エクソン、世界的な人員削減を検討 豪では希望退職者募集

米石油大手エクソンモービル<XOM.N>の広報担当者は2日、世界各地で人員削減の可能性を検討していることを明らかにした。同社はこれより先、オーストラリアで希望退職を募ると発表した。

米エクソン、世界的な人員削減を検討=広報

米石油大手エクソンモービルの広報担当者は2日、世界各地で人員削減の可能性を検討していることを明らかにした。同社はこれより先、オーストラリアで自主退職を募ると発表した。

米石油ガス輸出、ハリケーンで大きな影響 施設再開へ被害調査

米メキシコ湾の油田地帯を襲ったハリケーン「ローラ」がルイジアナ州に上陸し、内陸に進んだのを受け、米国の石油・ガス輸出に大きな影響が出ている。港湾の閉鎖などで原油輸出は今週、日量100万バレル近く減少する可能性が高い。

メキシコ湾の石油施設再開に向け各社が被害調査、ハリケーン通過で

米メキシコ湾の油田地帯を襲ったハリケーン「ローラ」がルイジアナ州に上陸し、内陸に進んだのを受け、エネルギー各社は沖合の石油生産施設などへの被害状況の調査を進めており、27日にも初期の調査結果が判明する見通し。

ハリケーン「ローラ」がカテゴリー4に、米南部の石油施設停止

米国立ハリケーン・センター(NHC)は26日、米国に接近中のハリケーン「ローラ」が勢力を強め、5段階のうち2番目に強い「カテゴリー4」に発達したと発表した。製油所が集中するテキサス州とルイジアナ州の州境近くのメキシコ湾岸に壊滅的な被害と「生存不可能な高潮」をもたらすと予想されている。

「ローラ」がハリケーンに発達、15年ぶり規模に厳重な警戒

米国に接近中の熱帯低気圧「ローラ」が25日、ハリケーンに発達した。今後さらに勢力を強める見通しで、メキシコ湾岸の地元当局は厳重な警戒を呼び掛けている。

今日の株式見通し=強もちあい、利益確定売りこなしつつ値固めに

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定されている。引き続きワクチン開発の期待を頼りに強い地合いを維持する公算が大きいが、時価水準では戻り売りが厚いとみられ、一本調子では上昇しにくいという。コロナショック以前の株価に到達したことで目標達成感も生じることから、利益確定売りをこなしつつ値固めの展開になるとの見方が出ている。

NY市場サマリー(25日)S&P・ナスダック最高値更新、ドル下落

<為替> ドルが下落。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を27日に控え、警戒感が漂っている。また、予想を上回るドイツ業況指数を受け、ユーロ買いが膨らんだ。

S&P・ナスダック連日の最高値、コロナ治療期待や米中協議受け

米国株式市場は、S&P総合500種指数<.SPX>とナスダック総合指数<.IXIC>が連日で最高値を更新する一方、ダウ工業株30種<.DJI>は60ドル値下がりした。新型コロナウイルス治療への期待や米中通商協議の進展が相場の下支えになった。

トランプ米政権、石油・ガス業界のメタン排出規制廃止へ

トランプ米政権は13日、温室効果ガスであるメタンの石油・ガス事業からの排出削減を目指した規制を廃止する方針だ。11月の大統領選を前に、環境規制を緩和する動きに出ている。

英BP、原油相場回復しても脱石油に向け資産売却へ

英エネルギー大手BP<BP.L>は、新型コロナウイルスの打撃を受けた原油相場が回復したとしても、かなりの規模の石油・天然ガス資産を売却し、再生可能エネルギー分野への投資を拡大する計画。関係者3人がロイターに明らかにした。

米石油・ガス掘削リグ稼働数は過去最低、7月は5カ月連続減

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した7月31日までの週の米国内石油・天然ガス掘削リグ稼働数は、1940年の統計開始以来の最低水準だった。7月月間では5カ月連続の減少となったが、減少幅は縮小した。

米エクソン、36年ぶり2四半期連続赤字 需要減や石油価格下落で

米石油大手エクソンモービル<XOM.N>は31日発表した第2・四半期決算で、11億ドルの損失を計上した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴うエネルギー需要の低下や石油価格の下落が響いた。また、大幅なコスト削減を実施すると改めて示した。

米コノコフィリップス、第3四半期末までに生産量ほぼ回復へ

米石油大手コノコフィリップス<COP.N>は30日、新型コロナウイルス流行に伴う原油安を受けた生産量削減について、第3・四半期の削減幅は第2・四半期のほぼ半分の水準になり、9月末までには生産量がおおむね回復するとの見方を示した。

情報BOX:南シナ海巡り踏み込む米国、東南ア諸国も中国批判

米政府が南シナ海を巡って中国への姿勢を硬化させた。ポンぺオ国務長官は13日、中国が近隣諸国の懸念にもかかわらず、豊富な資源が眠るこの海域で「海洋帝国」の構築を目論んでいると批判した。

世界の石油・ガス大手12社、温室効果ガス削減で共同目標を初設定

世界の石油・ガス大手12社が設立した温暖化対策に取り組む国際組織「石油・ガス気候イニシアチブ(OGCI)」は、業界による気候変動の取り組み姿勢に対する圧力が高まる中、温室効果ガスの削減目標を初めて設定した。

石油大手の国際組織、温室効果ガス削減で共同目標

世界の大手石油会社が加盟する環境対策の共同組織「石油・天然ガス気候イニシアチブ(OGCI)」は、温室効果ガスの共同削減目標を初めて設定した。

エクソンなど53社の環境対応は不十分=米ブラックロック

米資産運用最大手ブラックロック<BLK.N>は、地球温暖化防止などの環境対応を巡り、世界の大手企業53社が十分に取り組んでいないと指摘した。

石油大手、第2四半期の資金調達額は過去最大 債務圧力高まる

世界の石油・ガス大手は2020年第2・四半期に低金利の環境を活用し、過去最大の債務による資金調達を行った。新型コロナウイルス流行による大幅減収に対応する財務上の余裕を確保するため、現金保有を高めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up