for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクソン・モービル・コーポレーション

XOM.N

現在値

88.86USD

変化

3.12(+3.64%)

出来高

5,352,183

本日のレンジ

85.92

 - 

89.29

52週レンジ

57.96

 - 

105.57

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
85.74
始値
86.14
出来高
5,352,183
3か月平均出来高
423.48
高値
89.29
安値
85.92
52週高値
105.57
52週安値
57.96
発行済株式数
4,168.00
時価総額
357,333.10
予想PER
8.00
配当利回り
4.11

次のエベント

Q3 2022 Exxon Mobil Corp Earnings Release

適時開示

その他

French CGT trade union says Exxon Mobil's French sites continue to be hit by strike action

Nigerian President Reverses Decision, Rejects Exxon-Seplat Deal - Bloomberg News

Exxon Says In 2018, Made Commitment To Invest $50 Billion In Next 5 Yrs In U.S. Across All Business Segments

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクソン・モービル・コーポレーションとは

エクソン・モービル(Exxon Mobil Corp)は、エネルギー事業を行う。【事業内容】原油や天然ガスの探査・生産、ならびに原油・天然ガス・石油製品・石油化学製品及び各種特殊製品の製造・取引・輸送・販売を行う。3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。上流セグメントは、原油及び天然ガスの探鉱及び生産を行う。下流セグメントは、石油製品の製造・取引・販売を行う。精製・供給事業は、製造工場、輸送システム及び物流センターのグローバルネットワークで構成され、世界中の顧客に多様な燃料、潤滑油、その他の製品及び原材料を供給する。化学セグメントは、石油化学製品の製造・販売を行う。化学品事業は、オレフィン、ポリオレフィン、芳香族化合物、その他の多様な石油化学製品を供給する。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

5959 LAS COLINAS BLVD

IRVING, TX

75039-2298

United States

+1.972.4441000

https://corporate.exxonmobil.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Darren W. Woods

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Kathryn A. Mikells

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Jon M. Gibbs

President - ExxonMobil Global Projects Company

Neil A. Chapman

Senior Vice President

Jack P. Williams

Senior Vice President

統計

2.38 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

264.9K

2020

181.5K

2021

285.6K

2022(E)

471.1K
EPS (USD)

2019

2.240

2020

-0.330

2021

5.380

2022(E)

12.674
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.38
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
2.02
株価キャッシュフロー倍率
5.99
総負債/総資本(四半期)
26.44
長期負債/資本(四半期)
22.29
投資利益率(過去12カ月)
14.69
自己資本利益率(過去12カ月)
11.43

最新ニュース

最新ニュース

サハリン1石油生産量、今年は計画の半分未満に=国営ロシア通信

[28日 ロイター] - ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン1」は、今年の石油生産量が420万トンと、これまで計画されていた890万トンの半分にも満たない見込みだ。国営ロシア通信(RIA)が28日、サハリン州のリマレンコ知事の話として伝えた。

独電力会社、LNG購入長期契約でカタールと近く合意=関係筋

[ロンドン/フランクフルト 19日 ロイター] - ドイツの電力会社RWEとウニパー が、カタールのノース・フィールド拡張事業から液化天然ガス(LNG)を購入する長期契約を締結する方向で最終調整していることが分かった。複数の業界関係筋が匿名を条件に明らかにした。ロシア産ガスからの代替を支援する。

米燃料輸送列車が運行停止、鉄道ストに備え 北東部でエネ不足も

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米北東部に燃料商品を輸送する一部の列車が、今後数日以内に見込まれる鉄道ストに備えて運行を停止している。事情に詳しい2人の関係筋が14日に明らかにした。

ロシア「サハリン2」、ノバテク参画の見込み=エネルギー相

[7日 ロイター] - ロシアのシュリギノフ・エネルギー相は7日、極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」について、ロシアのガス大手ノバテクが参画するとの見通しを示した。インタファクス通信などが報じた。

シェルとエクソン、欧州最大級の合弁ガス事業を売却へ=関係筋

米欧のエネルギー大手、シェルとエクソンモービル は、欧州最大級の天然ガス生産合弁事業の売却手続きを開始した。業界関係者によると、資産価値は10億─15億ドル相当という。

ノルウェーのエクイノール、ロシア撤退完了 国際石油企業で初

[オスロ 2日 ロイター] - ノルウェーのエネルギー大手エクイノールは2日、ロシアからの撤退が完了したと発表した。国際石油・ガス企業としては初の同国からの完全撤退となる。

焦点:原油高騰で動き出すカナダ海洋油田開発、渦巻く期待とリスク

世界的な大手石油会社は、数十年単位で稼働する海洋油田の開発投資を長らく削減してきた。だが、ここにきて積極姿勢に転じ、何十億ドルもの資金を注ぎ込もうとしている。そうしたプロジェクトの中には、カナダの大西洋岸からはるか沖合の流氷が浮かぶ海域が、開発地点というケースもある。

エクソンとシェル、加州合弁事業を独IKAVに40億ドルで売却

エクソンモービルとシェルは1日、米カリフォルニア州で展開する合弁事業アエラを、ドイツに拠点を置くエネルギー資産投資会社IKAVに40億ドルで売却すると発表した。

ロシア、22年原油生産増加も OPECプラス協定の延長支持=副首相

ロシアのノバク副首相は1日、欧米の制裁にもかかわらず今年の石油生産量は増加する可能性があるとの見方を示した。また、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成する「OPECプラス」の生産協定について、来年以降の延長を支持すると述べた。

焦点:降って湧いた石油収入で潤うガイアナ、利益を得るのは誰か

エクソンモービル がガイアナ沖合に大規模な石油鉱床を発見したのが2015年。それ以来、南米の最貧国の1つであるガイアナの政府首脳は、この豊かな石油資源が国の運命を一変させると約束してきた。

エクソンとシェル、米カリフォルニア州の合弁事業売却へ=関係筋

[ヒューストン/ニューヨーク 31日 ロイター] - エクソンモービルとシェルが、米カリフォルニア州で展開する合弁事業アエラの売却に向け、買い手候補と詰めの協議をしていることが分かった。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

ロスネフチ、サハリン1通常操業復帰が問題解決の道と主張=タス通信

ロシア国営石油最大手ロスネフチは30日、ロシア極東の石油・天然ガス開発事業「サハリン1」の操業を通常に戻すことが争いとなっている問題の解決に役立つ可能性があると主張した。タス通信が伝えた。

米エクソン、ロ政府提訴の意向通告 石油事業撤退禁止巡り=新聞

[30日 ロイター] - 米石油大手エクソンモービルは、ロシアにおける主要石油・ガス事業からの撤退が認められないのであれば、ロシア政府を提訴する意向をロシア当局に通告した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが30日、関係筋の情報として報じた。

米エネルギー長官、国内製油企業に燃料輸出の抑制要請

グランホルム米エネルギー長官が今月、国内の製油企業に書簡を送り、ガソリンや軽油など燃料の輸出をこれ以上増やさず、国内向けの在庫積み増しを優先するよう要請したことが分かった。

北米3カ国、LNG輸出が6割増へ 各社が今年契約締結

[ニューヨーク 23日 ロイター] - 北米3カ国(米国、カナダ、メキシコ)の液化天然ガス(LNG)開発・生産企業は今年、4800万トンのLNG販売契約を結び、最終的に輸出量は現在の水準から60%増加する見通しだ。ただ、生産の大部分は数年先となる。

欧州に新たなエネルギー懸念、ロシア経由のカザフ原油供給減も

[モスクワ 22日 ロイター] - カザフスタンからロシアを経由して石油を運ぶパイプラインシステムの不具合により、欧州は新たなエネルギー供給障害に直面している。

米製油業界、第3四半期もほぼフル稼働操業の見通し

米製油業界は第3・四半期もフル稼働に近い状態での操業を目指していることが、業界幹部の話や各種見通しで明らかになっている。景気後退(リセッション)を巡る懸念も今のところ重大視されていないようだ。

米大手50社の石油埋蔵量、5年で13%増 M&Aが寄与=調査

アーンスト・アンド・ヤングの調査によると、米大手企業50社の国内石油埋蔵量は昨年までの5年間で13%増加した。直近の増加分の大半は合併・買収(M&A)によるものという。

米ガソリン小売価格、3月以来の4ドル割れ ピークから20%下落

米国の平均ガソリン小売価格が11日、数カ月ぶりに1ガロン=4ドルを下回った。自動車大国にとって燃料価格の下落は朗報となる。

ロシア、「非友好国」投資家の株売却を年内禁止 サハリン1など

[モスクワ 5日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は5日、ウクライナ侵攻を受け対ロシア制裁を科している「非友好国」の投資家がロシアの主要エネルギー事業や銀行などの株式を売却することを年末まで禁止する大統領令に署名した。西側諸国による対ロ制裁に対抗する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up