for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクソン・モービル・コーポレーション

XOM.N

前日終値

68.98USD

変化

0.73(+1.07%)

出来高

3,853,959

本日のレンジ

68.89

 - 

69.49

52週レンジ

64.66

 - 

84.17

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
68.25
始値
69.11
出来高
3,853,959
3か月平均出来高
236.85
高値
69.49
安値
68.89
52週高値
84.17
52週安値
64.66
発行済株式数
4,231.11
時価総額
291,861.70
予想PER
21.29
配当利回り
5.04

次のエベント

Q3 2019 Exxon Mobil Corp Earnings Release

適時開示

その他

MISC Bhd Says Units Signed Time Charter Parties For Newbuild Liquefied Natural Gas Carriers

Exxon Weighs Sale Of Malaysian Offshore Assets - Bloomberg, Citing Sources

Exxon Expects Change In Liquids Pricing To Impact Q3 Upstream Earnings By $0.4 Bln To $0.7 Bln Negatively Versus Q2

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクソン・モービル・コーポレーションとは

エクソン・モービル(Exxon Mobil Corporation)はエネルギー会社である。【事業内容】同社は原油と天然ガスの探鉱・生産・輸送・販売及び石油製品の製造・輸送・販売に従事する。同社はまたオレフィン、芳香族化合物、ポリエチレン、ポリプロピレン・プラスチックを含む石油化学製品及び各種専門製品の製造・販売を行う。同社の事業はアップストリーム、ダウンストリーム、化学、コーポレート、ファイナンシングを含む。アップストリーム事業は原油・天然ガスの探査・生産を行う。ダウンストリーム事業は石油製品の製造と販売を行う。化学事業は石油化学製品の製造・販売を行う。同社は米国、カナダ、南米、欧州、アフリカ、アジア、オーストラリア、オセアニアにあるプロジェクトの探査・開発を行う。

業種

Oil & Gas Operations

連絡先

5959 LAS COLINAS BLVD

+1.972.9406000

http://corporate.exxonmobil.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Darren W. Woods

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Liam M. Mallon

President of ExxonMobil Development Company

Sara N. Ortwein

President of XTO Energy Inc

Neil A. Chapman

Senior Vice President

Karen T. McKee

Senior Vice President

統計

2.72 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

226.1K

2017

244.4K

2018

290.2K

2019(E)

271.9K
EPS (USD)

2016

2.370

2017

3.590

2018

4.880

2019(E)

3.095
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.07
株価純資産倍率(四半期)
1.53
株価キャッシュフロー倍率
7.81
総負債/総資本(四半期)
23.71
長期負債/資本(四半期)
10.00
投資利益率(過去12カ月)
6.54
自己資本利益率(過去12カ月)
5.19

最新ニュース

最新ニュース

石油タンカー運賃が高騰、米制裁の影響で約300隻利用されず

米国の対イラン、対ベネズエラ制裁の影響で、世界的にタンカー運賃が高騰している。商社や石油会社などが制裁違反を恐れ、両国の石油を運んだ実績のあるタンカーを利用しなくなったため、「使えるタンカー」が限られ、アジア向けを中心に石油タンカー運賃が跳ね上がっているという。

トランプ米政権、バイオ燃料消費拡大策を近く最終決定へ=関係筋

トランプ米政権は、国内のバイオ燃料消費量を押し上げるための新たな政策を近く最終決定する見通しで、4日に大統領が署名することを目指している。事情に詳しい関係筋2人が1日、明らかにした。

米エクソン、第3四半期は4期連続の減益 原油安で=暫定決算資料

米石油大手エクソンモービルは1日、第3・四半期について、営業利益が4四半期連続で減少したと明らかにした。主要3部門が軒並み、前年同期比で減益となった。

メキシコ湾岸の米エネルギー施設、熱帯低気圧で生産に影響

熱帯性低気圧「イメルダ」が、メキシコ湾岸の米エネルギー施設に大きな被害をもたらしている。施設の関係者によると、テキサス州では19日、洪水により製油所や石油パイプライン、ターミナルなどが閉鎖を余儀なくされている。

米エクソン、ノルウェーの石油事業40億ドルで売却合意=関係筋

米エクソンモービル<XOM.N>はノルウェーの石油・ガス関連資産を最大40億ドルで売却することで合意した。1世紀以上前に進出したノルウェーでの生産を打ち切ることになる。3人の関係者が5日、ロイターに明らかにした。

コラム:森林再生事業は「金のなる木」、アマゾン火災でも注目

森林再生は、水や土壌、作物といった資源管理の改善につながる。二酸化炭素が吸収され、そこに蓄えられるようになる。

焦点:米エネルギー株、長期低迷からの出口なお見通せず

米エネルギー株の投資家にとって、先行き安心できる要素は乏しいかもしれない。米国株の強気相場が続く中でも、かつて人気を集めたエネルギー株は今や値動きが最もさえないセクターに転落し、世界経済の減速に直面しているほか、地球温暖化に伴って化石燃料産業に投資することへの疑念が浮上するという逆風にもさらされている。

米政権、石油・ガス業界のメタン排出規制緩和を提案

トランプ米政権は29日、オバマ政権下で導入された石油・ガス業界のメタンガス排出規制を緩和する案を発表した。メタンは主要な温室効果ガスの1つで、環境保護団体や機関投資家から批判の声が上がっている。

NY市場サマリー(2日)

実際、金融市場ではFRBが9月の次回連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利下げを決定するとの 観測はほぼ完全に織り込まれており、ドルは円に対し0.76%下落し、1月3日以来の安値を付け た。ユーロに対しては0.22%安、スイスフランに対しては0.83%安となった。 NY外為市場: <債券> 10年債利回りの週間の下げが23ベーシスポイント(bp)近くと、201 2年以来7年ぶりの大きさに達した。リフィニティブのデータで分かった。雇用統計は安心をもたらす内容 となったが、対中貿易戦争の激化懸念が広がった。 終盤の取引で、10年債利回りは1...

米国株式市場=ダウ続落98ドル安、米中摩擦激化を懸念

米国株式市場は続落し、ダウ平均株価 は98ドル安で取引を終えた。トランプ米大統領が前日、対中関税の「第4弾」を発表し たことが引き続き嫌気され、この日も売りが先行。ダウ平均は一時300ドル超値下がり する場面も見られた。ただ引けにかけて下げ渋る展開となった。 ダウ平均とS&P総合500種指数は6月下旬以来の安値を付けた。週間では S&Pとナスダックが昨年12月以来の大幅な下げを記録した。 今週は米連邦準備理事会(FRB)が10年半ぶりの利下げに踏み切る中、パウエル FRB議長は長期の利下げ局面入りを否定。さらにトランプ氏は9月1日から3000...

米石油メジャー2社、第2四半期決算は明暗分かれる

米石油大手のエクソンモービル<XOM.N>とシェブロン<CVX.N>が2日発表した第2・四半期決算は、明暗が分かれる結果となった。

米エクソン、テキサス州の化学工場で火災 37人軽傷

米石油大手エクソンモービル<XOM.N>のテキサス州ベイタウンの化学工場で31日夜、火災が発生し、従業員37人が負傷した。火は消し止められ、重傷者はいない。

エネルギー各社、メキシコ湾施設の生産中止拡大 暴風雨接近で

暴風雨接近を受け、エネルギー各社が米メキシコ湾岸沖合の石油・ガス施設で生産を中止し、作業員を退避させる動きが広がっている。

UPDATE 1-米国株式市場=小幅高、米の対EU関税圧力が冷や水

(情報を追加しました) [ニューヨーク 2日 ロイター] - 米国株式市場は小幅高で終了した。米中の通 商協議再開を巡る歓迎ムードが薄れる中、株価は取引時間の大部分にわたりほぼ横ばいで 推移。米通商代表部(USTR)が1日、欧州連合(EU)に対する追加関税の対象規模 拡大を検討していると発表したことが冷や水となったものの、プラス圏で引けた。 米通商代表部(USTR)は1日、欧州連合(EU)による欧州の航空機大手エア バスへの補助金を巡り報復関税を課す可能性のある40億ドル相当の追加品目リ ストを公表。USTRは4月、関税の対象となり得る...

コラム:広がる米企業のLGBT支援、強力な変化の原動力に

レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーなどを含むLGBTコミュニティーを支援していない米国の企業などあるのだろうか。

OPEC、協調減産延長へ 一段の生産抑制協議も=イラク石油相

イラクのガドバン石油相は27日、石油輸出国機構(OPEC)が来週の会合で協調減産を延長する見通しを示したほか、一段の生産抑制に関し協議する可能性があると述べた。

米軍とイラク軍、イラク内の基地からの民間人避難計画を否定

イラク軍と米軍の報道官は22日、イラク国内のバラド基地で受託業者として勤務するロッキード・マーティン<LMT.N>とサリーポート・グローバルのスタッフを基地から避難させる計画を否定した。

米エクソンのイラク油田交渉が膠着、イラン情勢も影響

イラク南部の産油量拡大事業交渉を巡り、米石油大手エクソンモービル<XOM.N>とイラクが膠着状態に陥ったことが、同国当局者らの話で分かった。同事業の規模は530億ドルに上るが、契約を巡る対立や安全保障上の懸念、隣国イランと米国の緊張激化が重しだという。

トランプ氏の通商目標は支持、手段には賛同できず=前国務長官

米国のティラーソン前国務長官は5日、トランプ大統領の通商政策上の目的は支持できるが、目的達成に向けた手段は「支持できない可能性がある」と述べた。

アングル:対メキシコ関税が米精製業者に打撃、燃料価格上昇も

トランプ米大統領がメキシコからの輸入品に関税をかける方針を示したことで、両国間のエネルギー貿易が阻害され、結果としてメキシコ産原油を利用する米国の精製業者が打撃を受ける恐れがある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up