for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Xerox Holdings Corp

XRX.N

前日終値

30.82USD

変化

0.35(+1.15%)

出来高

509,207

本日のレンジ

30.54

 - 

31.03

52週レンジ

18.58

 - 

36.57

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
30.47
始値
30.62
出来高
509,207
3か月平均出来高
43.92
高値
31.03
安値
30.54
52週高値
36.57
52週安値
18.58
発行済株式数
221.28
時価総額
6,819.97
予想PER
7.92
配当利回り
3.24

次のエベント

Xerox Corp Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Xerox Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.25 Per Share

Electronics For Imaging Appoints Jeff Jacobson As CEO

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Xerox Holdings Corpとは

Xerox Holdings Corporation is a provider of digital print technology and related solutions. The Company has capabilities in imaging and printing, data analytics, and the development of secure and automated solutions to help customers improve productivity. The Company’s primary offerings span three main areas: Managed Document Services, Workplace Solutions and Graphic Communications. Its Managed Document Services offerings help customers, ranging from small businesses to global enterprises, optimize their printing and related document workflow and business processes. Managed Document Services includes the document outsourcing business, as well as a set of communication and marketing solutions. The Company’s Workplace Solutions and Graphic Communications products and solutions support the work processes of its customers by providing them with printing and communications infrastructure.

業種

Computer Services

連絡先

201 Merritt 7

+1.203.9683000

統計

2.20 mean rating - 5 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

10.8K

2017

10.3K

2018

9.8K

2019(E)

9.1K
EPS (USD)

2016

3.520

2017

3.480

2018

3.460

2019(E)

3.894
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.73
株価純資産倍率(四半期)
1.37
株価キャッシュフロー倍率
7.50
総負債/総資本(四半期)
93.28
長期負債/資本(四半期)
76.55
投資利益率(過去12カ月)
3.69
自己資本利益率(過去12カ月)
2.96

最新ニュース

アングル:S&P500の大幅反発、けん引役はまたもハイテク株

米S&P総合500種株価指数<.SPX>は昨年末の急落後に大幅反発し、現在再び過去最高値に迫ろうとしている。上昇をけん引しているのは、またもやハイテク株だ。

米ゼロックスが事業再編、持ち株会社設立へ

米事務機器大手ゼロックスは7日、事業再編を実施し、新たに持ち株会社を設立すると発表した。 再編は2019年半ばに実施される。新たな持ち株会社の株式は現在と同じティッカーでニューヨーク証券取引所で取引される予定。 企業は持ち株会社化により、節税や特許の保護、効率的な事業の多様化などを図ることが可能となる。 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

EU、米自動車関税に備え報復措置用意=BBG

米国が欧州の自動車に関税を発動した場合に備え、欧州連合(EU)が報復措置を用意していると、ブルームバーグが22日報じた。米重機メーカーのキャタピラー<CAT.N>と米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>のほか、スーツケース大手のサムソナイト・インターナショナル<1910.HK>が対象になっているという。

米ゼロックスに譲歩する考え一切ない=富士フイルムHD社長

富士フイルムホールディングス <4901.T>の助野健児社長・最高執行責任者(COO)は7日の決算会見で、膠着状態にある米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>買収計画について「譲歩する考えは一切ない」との認識をあらためて示した。

米ゼロックス買収、スタンス一切変わっていない=富士フイルム社長

富士フイルムホールディングス <4901.T>の助野健児社長・最高執行責任者(COO)は7日の決算会見で、米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>の買収について「6カ月でめどをつけると時間をはっきりと区切ったわけではない」と述べ、あくまで買収を目指す考えを示した。

米ゼロックス、第3四半期利益が予想上回る 株価上昇

米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>の第3・四半期(7─9月)決算は、売上高がアナリスト予想を下回ったものの、経費削減が奏功し利益は市場予想を上回った。

米ゼロックス、第3四半期利益が予想上回る 売上高は予想に届かず

米事務機器大手ゼロックスの第3・四半期(7─9月)決算は、売上高がアナリスト予想を下回ったものの、経費削減が奏功し利益は市場予想を上回った。

ゼロックス買収差し止め、富士フイルムが米控訴判決で勝訴

富士フイルムホールディングス<4901.T>による米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>買収を巡り、ニューヨーク州の裁判所は現地時間16日、ゼロックス側大株主からの差し止め請求を退け、富士フイルムの主張を支持する判決を下した。

経営統合のスキームに基づき、ゼロックスとの契約履行に向け交渉する=富士フイルム

富士フィルムホールディングスは17日、米事務機器大手ゼロックスの買収差し止めを不服として上訴していたニューヨーク州控訴裁判所の判決で自社の主張が全面的に認められたことについて、「ゼロックスコーポレーション大株主による当社への訴えが退けられたことは、正しい判断だ」などとする声明を発表した。

契約解消でダメージ大きいのは米ゼロックス=富士フイルム社長

富士フイルムホールディングス<4901.T>の助野健児社長・最高執行責任者(COO)は9日の決算会見で、統合問題で対立している米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>が2021年に期限を迎える技術契約を更新しない方針を示していることについて、「解消によってダメージが大きいのはゼロックスの方だ」と述べ、同社の動きをあらためてけん制した。

経営統合がベスト、ゼロックス説得が私の役目=富士ゼロックス社長

富士ゼロックスの玉井光一社長(富士フイルムホールディングス<4901.T>副社長)は10日、ロイターのインタビューに応じ、富士フイルムと米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>の経営統合計画が暗礁に乗り上げていることについて、経営統合がベストな選択だと改めて主張した上で、ゼロックスを説得するのが「私のミッションだ」と強調した。

インタビュー:経営統合がベスト、ゼロックス説得が私の役目=富士ゼロックス社長

富士ゼロックスの玉井光一社長は10日、ロイターのインタビューに応じ、富士フイルムホールディングスと米事務機器大手ゼロックスの経営統合計画が暗礁に乗り上げていることについて、経営統合がベストな選択だと改めて主張した上で、ゼロックスを説得するのが私の役目だと強調した。

ゼロックスがアジア市場に進出なら欧米展開などで対抗=富士フイルム

富士フイルムホールディングス<4901.T>は27日、米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>がアジア太平洋地域に直接進出するのであれば、同地域で対抗するとともに、ゼロックスの領域である欧米に進出すると表明、徹底抗戦する構えを見せた。

米ゼロックス、新たな商品調達先を模索 富士フ依存低減へ

米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>は25日、 富士フイルムホールディングス<4901.T>への依存を減らすため、新たな商品調達先を模索していく方針を示し、合弁会社の富士ゼロックスを巡る富士フイルムとの技術提携を更新しない可能性があると発表した。

富士フイルムが米ゼロックス提訴、統合解消巡り10億ドル超賠償請求

富士フイルムホールディングス<4901.T>は18日、同社との経営統合合意を破棄した米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>を相手取り、10億ドル超の損害賠償支払いを求めて提訴した。

訂正:ゼロックスとの統合、膠着が半年続けば断念も=富士フイルム会長

富士フイルムホールディングス<4901.T>の古森重隆会長・最高経営責任者(CEO)は7日、報道各社の共同取材に応じ、米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>との統合計画が暗礁に乗り上げていることについて「半年くらい何もなければしょうがない」と述べ、膠着状態が半年程度続いた場合は断念する可能性があることを示唆した。

米ゼロックスとの統合計画、半年膠着なら断念も 富士フイルム会長が示唆

富士フイルムホールディングスの古森重隆会長・最高経営責任者(CEO)は7日、報道各社の共同取材に応じ、米事務機器大手ゼロックスとの統合計画が暗礁に乗り上げていることについて「半年くらい何もなければしょうがない」と述べ、膠着状態が半年程度続いた場合は断念する可能性があることを示唆した。

ホットストック:富士フイルムは小幅高、今期は営業増益・増配を計画

富士フイルムホールディングスは小幅高。18日に発表した2019年3月期業績予想で、連結営業利益が前年同期比53%増の2000億円と利益回復を予想していることが好感された。年間配当は同5円増の80円を計画している。一方、同社の助野健児社長・最高執行責任者(COO)は18日の会見で、米事務機器大手ゼロックスが統合計画を撤回したことについて「できるだけ早く」訴訟を起こす方向で準備を進めていることを明らかにした。先行き不透明感から上値は重くなっている。

米ゼロックスへの訴訟、富士フイルムHD社長「できるだけ早く」

富士フイルムホールディングス<4901.T>の助野健児社長・最高執行責任者(COO)は18日の会見で、米事務機器大手ゼロックス<XRX.N>が統合計画を撤回したことについて「一方的に契約終了する権利は米ゼロックスにはない」とあらためて主張し、同社に対して「できるだけ早く」訴訟を起こす方向で準備を進めていることを明らかにした。

一方的に契約終了する権利は米ゼロックスにはない=富士フイルムHD社長

富士フイルムホールディングスの助野健児社長・最高執行責任者(COO)は18日の会見で、米事務機器大手ゼロックスが経営統合合意を撤回すると発表したことについて「一方的に契約終了する権利は米ゼロックスにはない」とあらためて主張した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up