for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤム・ブランズ・インク

YUM.N

現在値

94.65USD

変化

-2.85(-2.92%)

出来高

297,281

本日のレンジ

94.43

 - 

96.68

52週レンジ

92.55

 - 

119.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
97.50
始値
95.70
出来高
297,281
3か月平均出来高
35.51
高値
96.68
安値
94.43
52週高値
119.70
52週安値
92.55
発行済株式数
300.82
時価総額
29,330.18
予想PER
--
配当利回り
1.93

次のエベント

Q1 2020 Yum! Brands Inc Earnings Release

適時開示

その他

KFC Canada Pilots Google's Food Ordering Feature

Yum Brands Expects Q1 Results To Be Significantly Impacted By Coronavirus

Yum! Brands Reports Q4 Earnings Per Share $1.58

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤム・ブランズ・インクとは

ヤム・ブランズ(YUM! Brands, Inc.)は、レストラン事業を行う。【事業内容】「KFC」、「Pizza Hut」及び「Taco Bell」(総称「Concepts」)のブランドで140以上の国と地域で48000以上のレストランを運営する。3つの事業セグメントで構成される。KFC事業は、世界中のKFCコンセプトの運営を行う。Pizza Hut事業は、世界中のPizza Hutコンセプトの運営を行う。Taco Bell事業は、世界中のTaco Bellコンセプトの運営を行う。世界中のKFCレストランは、サンドイッチ、チキンストリップ、チキンオンザボーン及びその他のチキン製品等のフライド・ノンフライドチキン製品を提供する。Pizza Hutは即食ピザ製品の販売を行うレストランチェーンである。Taco Bellは、タコス、ブリオ、クエサジラ、サラダ、ナチョス及びその他の関連製品を含むメキシカンスタイル食品を提供する。

連絡先

1441 Gardiner Ln

+1.502.8748300

http://www.yum.com

エグゼクティブリーダーシップ

Brian C. Cornell

Non-Executive Chairman of the Board

David W. Gibbs

Chief Executive Officer, Director

Christopher Lee Turner

Chief Financial Officer

Mark James King

Chief Executive Officer - Taco Bell Division

Tony Lowings

Chief Executive Officer - KFC Division

統計

2.67 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

5.9K

2018

5.7K

2019

5.6K

2020(E)

5.8K
EPS (USD)

2017

2.960

2018

3.170

2019

3.550

2020(E)

3.920
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.54
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.24
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
20.86
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
39.70
自己資本利益率(過去12カ月)
27.65

最新ニュース

最新ニュース

米インポッシブル・フーズ、バーガーキング朝食サンドに植物肉提供

植物由来の人工肉を手掛ける米インポッシブル・フーズは6日、バーガーキング<QSR.TO>の米国内139店舗で試験的に使われる予定の植物肉ソーセージパティを発表した。この分野で圧倒的なシェアを握る米ビヨンド・ミート<BYND.O>に対抗する。

S&Pが最高値更新、FOMC決定受け

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種は終値で最高値を更新した。米連邦準備理事会(FRB)は29─30日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で25ベーシスポイント(bp)の利下げを決定した。

投資家グループ、ファストフード業界の抗生物質対策を歓迎

総額5兆ドルを運用する投資家の連合体「畜産動物投資リスク・リターン(FAIRR)」は、ファストフード業界が抗生物質の利用削減に向けた対策を講じていることを歓迎すると表明、今後も監視を続けていく方針を示した。

ヤム・ブランズ、第1四半期既存店売上高は予想超え KFCが堅調

ファストフードチェーンを展開する米ヤム・ブランズの第1・四半期決算は、世界の既存店売上高が4%増となり、市場予想の2.66%増を上回った。

米ウーバー、料理宅配事業は収入急増でも課題に直面=IPO申請書

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<IPO-UBER.N>が11日開示した新規株式公開(IPO)申請書類によると、料理宅配サービス「ウーバーイーツ」は事業開始からたったの3年で売上高が15億ドルまで増えており、競合する上場企業グラブハブ<GRUB.N>をしのぐ。

モンゴル、KFC店舗の営業を一時停止へ 食中毒発生で

モンゴル当局は首都ウランバートルのKFCの店舗で食中毒が発生したことを受けて、検査のため国内のKFC店舗の営業を一時停止すると発表した。食中毒が起きたのはウランバートルにあるKFCのザイサン店で、先週42人が食中毒の症状を示して入院、247人が下痢やおう吐などの症状を訴えた。

米スタバ、新CFOにハイアットのグリスマーCFO起用へ

米コーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)<SBUX.O>は8日、11月末で退任するスコット・モウ最高財務責任者(CFO)の後任にハイアット・ホテルズ<H.N>のパトリック・グリスマーCFOを起用すると発表した。

投資家連合がヤム・チャイナ買収模索、中国投資会社主導か=関係筋

中国の投資会社ヒルハウス・キャピタル・グループなどで構成する投資家グループが、「KFC」や「ピザハット」などファストフードレストランを展開するヤム・チャイナ<YUMC.N>の買収を模索していることが、事情に詳しい関係筋の話で明らかになった。

焦点:中国でアニメ・漫画ブーム、待望される「国産ヒーロー」

1990年代、中国の港湾都市・大連で育ったチャン・ホンチャン氏は、「ドラゴンボール」や「NARUTO─ナルト─」といった日本のマンガにどっぷりと浸っていた。

焦点:貿易戦争より「手強い脅威」、中国で米企業が直面

米中両国が全面的な貿易戦争へと向かう中、中国で販売されている米国ブランドは、より手ごわい脅威に直面しているのかもしれない──。それは政府の後押しを受け、革新的製品で武装したチャイナブランドだ。

焦点:肉厚の鶏に活路、品種改良に賭ける中国食品大手

中国の鶏肉大手、広東温氏食品<300498.SZ>は、国内で急成長するスーパーマーケットやファーストフードの市場の取り込みを狙い、遺伝子工学に高い関心を注いでいる。

米国株式市場は4日続伸、インフレ統計影響せず ハイテク株に買い

米国株式市場は4営業日続伸して取引を終えた。この日発表された1月の消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回る伸びを示したが、市場に懸念が広がることはなった。

中国でコーヒー文化広がる、スタバの追い風に 競合も市場参入

上海の中心街に小さなカフェがある。ここにはカウンターの上にコーヒー豆が入ったガラス瓶が並ぶ。カウンターの向こう側でスタッフはさまざまな種類のコーヒーを淹れている。

米マクドナルドが「ドルメニュー」を一新、1月から展開

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>は4日、価格が1ドル、2ドル、3ドルの値ごろ感のある新セットメニューを、来年1月4日から米国で展開すると発表した。

米国株式市場はダウ再び最高値、S&Pとナスダックは下落

米国株式市場は、ダウ工業株30種の終値が7営業日連続で過去最高値を更新。S&P総合500種とナスダック総合は、主力ハイテク銘柄の売りが響いて下落した。

マクドナルド米店舗でアイス製造機に大量のカビ、まず中国で謝罪

米マクドナルド<MCD.N>は26日夜、米国店舗のアイスクリーム製造機にカビが発生している写真がネットニュースに掲載されたことを受け、まず国内ではなく最重要市場である中国で謝罪声明を公表した。中国で食の安全性への関心が高まっていることが背景とみられる。

焦点:早さより味重視、マクドナルドが賭ける生肉使用バーガー

トレーシー・ムーアさんは、米テキサス州ダラスのマクドナルド<MCD.N>で注文した人気ハンバーガー「クォーターパウンダー」を駐車場で待つのにしびれを切らしていた。

今週の米株はFOMCや雇用統計に注目、アップルなど決算目白押し

5月1日からの週は、米連邦公開市場委員会(FOMC)、米雇用統計、アップルやフェイスブックの決算など米株式市場の注目材料が目白押しだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up