for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Yum! Brands, Inc.

YUM.N

現在値

107.59USD

変化

-1.57(-1.44%)

出来高

88,186

本日のレンジ

107.37

 - 

110.41

52週レンジ

107.37

 - 

139.81

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
109.16
始値
110.06
出来高
88,186
3か月平均出来高
32.67
高値
110.41
安値
107.37
52週高値
139.81
52週安値
107.37
発行済株式数
284.54
時価総額
31,484.63
予想PER
23.64
配当利回り
2.06

次のエベント

Q3 2022 Yum! Brands Inc Earnings Call

適時開示

その他

Yum! Brands Inc Announces Authorization Of Up To $2.0 Bln In Share Repurchases

Yum! Brands Reports Q2 GAAP EPS $0.77

Americana Restaurants Partners With Yum! Brands To Operate Pizza Hut Restaurants In Saudi Arabia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Yum! Brands, Inc.とは

ヤム・ブランズ(Yum! Brands Inc)は、KFC、タコベル、ピザハット、ハビットバーガーグリルのコンセプトの下、157の国と地域で約53,000のレストランのシステムをフランチャイズまたは運営する。【事業内容】セグメントには、KFC、タコベル、ピザハット、ハビットバーガーグリルが含まれる。KFCセグメントには、KFCコンセプトの世界的な事業を含む。タコベルセグメントには、タコベルコンセプトの世界的な事業を含む。ピザハットセグメントには、ピザハットコンセプトの世界的な事業を含む。ハビットバーガーグリルセグメントは、ハビットバーガーグリルコンセプトの世界的な事業を含む。伝統的なレストランと非伝統的なレストランの両方のシステムを開発、運営、またはフランチャイズ化する。KFCはフライドチキンと非フライドチキン製品を提供する。タコベルはメキシコスタイルの食品を専門とする。ピザハットは、すぐに食べられるピザ製品の販売を専門とする。ハビットバーガーグリルは、直火でオーダーメイドで新鮮な食材をトッピングした炭火焼きハンバーガーとサンドイッチを専門とする。

業種

Restaurants

連絡先

1441 Gardiner Ln

LOUISVILLE, KY

40213

United States

+1.502.8748300

https://www.yum.com/wps/portal/yumbrands/Yumbrands

エグゼクティブリーダーシップ

Brian C. Cornell

Non-Executive Independent Chairman of the Board

David W. Gibbs

Chief Executive Officer, Director

Christopher Lee Turner

Chief Financial Officer

Mark James King

Chief Executive Officer - Taco Bell Division

Aaron M. Powell

Chief Executive Officer - Pizza Hut Division

統計

2.48 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

5.6K

2020

5.7K

2021

6.6K

2022(E)

6.7K
EPS (USD)

2019

3.550

2020

3.620

2021

4.460

2022(E)

4.566
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.16
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.71
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
19.22
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
34.05
自己資本利益率(過去12カ月)
25.89

最新ニュース

最新ニュース

マクドナルドのロシア新オーナー、今度はフィンランド企業買収へ

[モスクワ 1日 ロイター] - 米マクドナルドのロシア事業を取得した実業家アレクサンドル・ゴボル氏が、フィンランドの包装材大手フッタマキのロシア事業を最大1億5100万ユーロ(1億5100万ドル)で取得する案を提示したことが、ロイターの確認した文書で分かった。

米ヤム・ブランズ、ロシアのKFC事業売却で交渉 完全撤退へ

[5日 ロイター] - 米外食大手ヤム・ブランズは5日、 ロシアで展開するケンタッキー・フライド・チキン(KFC)のロシア企業への売却に向け交渉を進めていると明らかにした。交渉は進んだ段階にあり、売却が完了すればヤム・ブランズはロシアから完全に撤退する。

ロシア産コーラ「チェルノゴロフカ」に商機、米同業撤退で

米清涼飲料大手コカ・コーラと同業ペプシコがロシアでの炭酸飲料の販売を停止したことを受け、ロシア生まれの飲料「コーラ・チェルノゴロフカ」のメーカーが商機に期待を膨らませている。

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

ヤム・チャイナ香港上場株が急落、米上場廃止リスク第1陣入り

11日の香港株式市場で、ヤム・チャイナ・ホールディングスの株価が急落した。その他の中国企業4社とともに米中の監査紛争に巻き込まれている。

ロシア事業の縮小・停止相次ぐ、ネスレやフィリップ・モリスなど

ウクライナ侵攻を受けて多国籍企業がロシア事業を修正する動きは9日も続き、食品大手ネスレやたばこ大手フィリップ・モリスが事業の縮小や停止を発表した。ロシアによる侵攻に反対する立場を明確にするよう求める消費者からの圧力が強まっている。

ウクライナ、今後7─10日間ロシアの攻撃阻止する必要=政府高官

ウクライナのデニセンコ内相顧問は、ロシアに一部地域を制圧したと宣言させないため、今後7─10日間、ロシアの攻撃を阻止する必要があるとの認識を示した。

米ヤム、ロシアでの投資とレストラン展開を一時中止

米外食大手ヤム・ブランズは8日、「ロシアでの全ての投資とレストラン展開を一時中止する」と発表した。ただ、ロシアでのレストラン事業を制限または一時停止するかどうかは言及しなかった。

NY市場サマリー(9日)株式続伸、10年債利回り低下

<為替> ドルが下落。米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めペースを巡る手掛かりを得ようと、10日に発表される1月の米消費者物価指数(CPI)が注目される。

米国株式市場=続伸、大型テクノロジー株に買い

米国株式市場は続伸して取引を終えた。国債利回りの上昇が一服し、大型グロース(成長)株に買いが広がった。好調な企業決算も投資家の買いを誘った。

トヨタとドミノもカシミール関連のSNS投稿で謝罪、現代に続き

トヨタ自動車とピザチェーン世界最大手の米ドミノ・ピザなど大手企業が、インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方への支持を表明したソーシャルメディア(SNS)投稿を巡りインドに謝罪した。これらの投稿はそれぞれのパキスタンの連携企業が行っていた。

米ヤム、第4四半期既存店売上高予想上回る オンライン注文好調

米外食大手ヤム・ブランズが9日発表した2021年第4・四半期売上高は5%増と、市場予想の4.5%増を上回った。オンライン注文での需要が好調だったほか、新メニューの導入が奏功した。

KFC、代替肉「フライドチキン」販売へ ビヨンド・ミート製

米外食大手ヤム・ブランズ傘下のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は4日、米ビヨンド・ミートが手掛ける植物由来の代替肉を使った「フライドチキン」を全米各地で10日から期間限定で販売すると発表した。

マクドナルド、来年米国で代替肉バーガーの販売拡大へ

米マクドナルドは来年、植物由来の代替肉を提供する米ビヨンド・ミートと提携し、米国内で代替肉バーガーの販売を大きく拡大する計画だ。金融機関のアナリスト2人が明らかにした。

バーガーキング親会社、米サンドイッチチェーンを10億ドルで買収

ハンバーガーチェーン「バーガーキング」を傘下に持つ外食大手レストラン・ブランズ・インターナショナルは15日、米サンドイッチチェーンのファイアハウス・サブスを10億ドルで買収すると発表した。

米ヤム、第3四半期業績は予想上回る 欧米などで客足戻る

米外食大手ヤム・ブランズが28日発表した第3・四半期決算は、売上高と利益がそろって市場予想を上回った。傘下チェーンの「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」と「タコベル」が好調で、「ピザハット」の売り上げ低迷を補った。

デルタ型拡大、米飲食部門回復の弊害になる公算=業界団体調査

全米レストラン協会(NRA)が31日に公表した調査によると、感染力の強い新型コロナウイルスのデルタ型変異株拡大により、米レストラン業界の脆弱な回復が足を引っ張られる恐れがある。

米ヤム・ブランズ、第2四半期決算は予想上回る KFCなど好調

新メニューの導入やオンライン販売の安定した需要を背景に、傘下の「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」や「ピザハット」の米国販売が増加した。

NY市場サマリー(29日)ドル1カ月ぶり安値、株式上昇

<為替> ドルが約1カ月ぶりの安値に沈んだ。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が引き続き材料視されたほか、朝方発表された第2・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値が市場予想を下回ったことが重しとなった。

米国株式市場=上昇、堅調な企業決算が寄与

米国株式市場は上昇して取引を終えた。堅調な米企業決算に加え、第2・四半期の実質国内総生産(GDP)が規模としては新型コロナウイルス禍前の水準を上回ったことが寄与した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up