for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Yum China Holdings Inc

YUMC.N

現在値

52.01USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

38.38

 - 

59.34

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
52.01
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
45.26
高値
--
安値
--
52週高値
59.34
52週安値
38.38
発行済株式数
419.11
時価総額
43,542.04
予想PER
43.33
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Yum China Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Yum China Announces Pricing Of Global Offering

Yum China Launches Hong Kong Secondary Listing

Yum China Holdings Inc Files For Offering 41.9 Million Shares Of Common Stock As Part Of A Global Offering

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Yum China Holdings Incとは

ヤム・チャイナ・ホールディングス(Yum China Holdings, Inc)はレストラン会社である。【事業内容】同社の事業は「KFC」、「ピザハット・カジュアル・ダイニング」、並びに「ピザハット・ホーム・サービス」、「東方既白」、「小肥羊」、「タコ・ベル」等の他の事業を含む。同社のレストラン・ベースは各種レストラン・コンセプトを含む。同社はまたデリバリー・サービスを提供する。「KFC」はクイック・サービス・レストラン(QSR)ブランドである。「ピザハット・カジュアル・ダイニング」はカジュアル・ダイニング・レストラン(CDR)のブランドである。「小肥羊」はコンセプトはホットドッグを提供する。「東方既白」は中華料理QSRブランドである。「タコ・ベル」はメキシコ風料理を提供する。

業種

Restaurants

連絡先

Yum China Building

20 Tian Yao Qiao Road

SHANGHAI, SHA

200030

China

+1.469.9802898

http://www.yumchina.com

エグゼクティブリーダーシップ

Zuliu Hu

Independent Chairman of the Board

Joey Wat

Chief Executive Officer, Director

Ka Wai W. A. Yeung

Chief Financial Officer

Aiken Yuen

Chief People Officer

Leila Zhang

Chief Technology Officer

統計

1.90 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

7.1K

2018

8.4K

2019

8.8K

2020(E)

8.0K
EPS (USD)

2017

1.420

2018

1.530

2019

1.880

2020(E)

1.156
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.69
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.44
株価純資産倍率(四半期)
6.12
株価キャッシュフロー倍率
45.55
総負債/総資本(四半期)
0.81
長期負債/資本(四半期)
0.75
投資利益率(過去12カ月)
10.44
自己資本利益率(過去12カ月)
7.76

最新ニュース

最新ニュース

ヤム・チャイナ、香港へのセカンダリー上場で22億米ドル調達へ=関係筋

米市場に上場する中国外食大手ヤム・チャイナ・ホールディングス<YUMC.N> <9987.HK>は、香港市場へのセカンダリー上場で22億米ドルを調達する見通し。関係筋が明らかにした。

ヤム・チャイナ、香港証取への重複上場申請 NYに続き

中国で「KFC」や「ピザハット」などのファストフードレストランを展開するヤム・チャイナ・ホールディングス<YUMC.N>は28日、香港証券取引所への重複上場を申請した。米中関係の緊張の高まりを巡るリスクの軽減に向け、一部の中国企業の間は中国に近い証券取引所に上場する動きが広がってる。

アングル:過熱する中国コーヒー市場、乱入と競争が期待に冷水

北京でカフェを経営するフアン・イン氏。店の外を見れば、スターバックスを含め競合する近隣のカフェが7店も目に入る。まだ店を維持できているだけでありがたい、とフアン氏は思う。

ヤム・チャイナ、22年北京冬季五輪の公式スポンサーに

中国で「KFC」や「ピザハット」などのファストフードレストランを展開するヤム・チャイナ・ホールディングス<YUMC.N>は20日、2022年北京冬季五輪の公式スポンサーに決まったと発表した。

2020年上半期の株式での資金調達額、中国企業が世界の半分占める

年初からの株式での資金調達で、中国に本社を置く企業が世界の全体額の半分を占めたことが、リフィニティブのデータで明らかになった。新型コロナウイルス禍からの中国経済の復興が比較的早かったことや、米中関係の悪化を受けた中国企業による国内上場の動きが背景にある。

コラム:中国外食産業、新型コロナ問題で買収ファンド受け入れも

中国の外食産業にとっては、買収ファンドが救世主になる可能性がある。マクドナルド<MCD.N>や、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)を運営するヤム・チャイナ<YUMC.N>、火鍋チェーンの海底撈<6862.HK>は、いずれも新型コロナウイルスの感染拡大に伴って中国の全店舗を一時閉鎖した。今まで中国の飲食店とプライベートエクイティ(PE)会社はお互いを警戒し合っていたが、この新型コロナウイルス問題を契機に状況が変わるかもしれない。

消費者関連企業の決算に注目、ウイルスの影響見極め=今週の米株式市場

10日からの週の米株式市場では、一般消費財関連企業の決算や小売統計が、新型コロナウイルスによる消費者需要への影響を探る材料として注目される見通しだ。

ヘッジファンド勢、中国株反発でも警戒崩さず 経済的影響を懸念

中国株式市場は4日、新型コロナウイルスの感染拡大による世界的な株安局面から切り返した。ただ、複数のヘッジファンドは感染拡大に伴う経済的影響を懸念し、依然として警戒姿勢を堅持している。

米国株式市場=下落、新型肺炎の拡大防止策巡り経済への懸念強まる

米国株式市場は下落して取引を終えた。過去3カ月余りで最悪のパフォーマンスとなった。中国が新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止に向け、春節(旧正月)の連休を延長すると発表したことを受け、経済活動への影響懸念が強まった。

新型肺炎の死者81人に、拡大防止へ中国は春節連休を延長

中国の湖北省・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は感染が拡大し、患者数は中国国内で2744人に増え、死者は81人に達した。

武漢のKFC・ピザハット数店舗を一時閉鎖=ヤム・チャイナ

中国で「KFC」や「ピザハット」などのファストフードレストランを展開するヤム・チャイナ・ホールディングス<YUMC.N>は25日、湖北省武漢市内の数店舗を一時閉鎖すると発表した。新型コロナウイルスへの感染拡大を防止するためという。

情報BOX:中国、携帯電話契約やスーパーなどで広がる顔認証技術の実態

中国政府は1日、国内通信業者に対し、新たに携帯電話サービスに登録する利用者の顔のスキャンを義務づける新規則を施行した。不正行為の摘発が狙いとしている。

コラム:減税が下支えする中国個人消費、減速は時間の問題か

中国は景気に強い逆風が吹き付けているが、減税や不動産価格上昇が支えとなり、スポーツ用品や家電製品などの販売が着実に増えている。しかしこうした支援材料がなければ小売業者は危機感を抱くだろう。中国の個人消費は、見掛けほど好調ではない。

コラム:中国経済、予想困難のカラクリ

亥年の中国景気はデータによって強弱さまざまだ。株式市場は強気な一方、社債のデフォルト(債務不履行)は増えている。旧正月休暇の消費は弱いが、1月の輸出は好調だった。

焦点:中国企業に逆風、融資抑制と通商紛争で利益の伸び急鈍化

中国企業は第3・四半期決算で負債がやっと減少したものの、利益の伸びは急激に鈍り、政府が進める借り入れ抑制策や米中通商紛争の影響が業績に表れ始めている。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが大半の通貨に対し上昇。米中貿易摩擦の収束はまだ遠いとの見方が、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉妥結への期待に影を落とし、安全資産としてのドル買いを後押しした。

米国株式市場はS&Pとナスダックが連日で最高値、ハイテク株に買い

米国株式市場では、S&P総合500種とナスダック総合が4営業日連続で最高値を更新して引けた。ハイテク株中心に買われ、通商協議を巡る期待も市場心理を押し上げた。

NY市場サマリー(28日)

<為替> ドルが続落し、4週間ぶり安値を更新した。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡り、米国とメキシコの2カ国が前日合意したことを受けてリスク選好が改善、安全資産としてのドル買いが引き続き後退した。ただ、売り一巡後は下げ渋った。

米国株式市場はS&P500とナスダック、3営業日連続で最高値更新

米国株式市場は上昇。S&P総合500種とナスダック総合は3営業日連続で最高値を更新して引けた。貿易摩擦懸念の後退が引き続き相場を支援したが、利益確定の売りに押される場面もあった。

NY市場サマリー(28日)

<為替> ドルが続落し、4週間ぶり安値を更新した。北米自由貿易協定(NAFT A)再交渉を巡り、米国とメキシコの2カ国が前日合意したことを受けてリスク選好が改 善、安全資産としてのドル買いが引き続き後退した。ただ、売り一巡後は下げ渋った。 主要6通貨に対するドル指数は足元0.1%安の94.717。 米国とメキシコが合意したことで、焦点はカナダが新協定で譲歩するかどうかに移行 した。ドルはカナダドルに対して0.2%安。対円では0.1%高の111 .23円。 経済指標では、8月の米消費者信頼感指数が133.4と、市場予想の126.7を 上回...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up