for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zoom Video Communications Inc

ZM.O

現在値

443.72USD

変化

16.17(+3.78%)

出来高

8,763,739

本日のレンジ

433.33

 - 

448.48

52週レンジ

62.02

 - 

588.84

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
427.55
始値
435.85
出来高
8,763,739
3か月平均出来高
253.65
高値
448.48
安値
433.33
52週高値
588.84
52週安値
62.02
発行済株式数
284.42
時価総額
121,604.20
予想PER
168.78
配当利回り
--

次のエベント

Zoom Video Communications Inc at Credit Suisse Technology Conference (Virtual)

適時開示

その他

Zoom Q2 Revenue Surges 355% To $663.5 Mln

Us Open Tennis Championships And Zoom Announce Vip Virtual Experience Partnership

Zoom Video-Conferencing Device Will Debut In Japan In October -Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zoom Video Communications Incとは

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(Zoom Video Communications, Inc.)はビデオおよびウェブ会議サービスの米国を拠点とするプロバイダである。【事業内容】同社はクラウド・ビデオ会議、オンライン会議、グループ・メッセージング、およびソフトウェアベースのビデオ会議室ソリューションを1つのプラットフォームに統合する。同社のソリューションは、Windows、Mac、Linux、Android、BlackBerry、Zoom Rooms、PolycomとCisco TandbergなどのH.323/セッションイニシエーションプロトコル(SIP)ルーム・システムでビデオ、オーディオ、および画面共有のエクスペリエンスを提供する。そのソリューションには、会議、プレミアム・オーディオ、ビジネス・インスタント・メッセージ(IM)、ビデオ・ウェビナー、ズーム・ルーム、H.323/SIPコネクタ、および開発者プラットフォームが含まれる。同社のクラウド・ビデオ会議ソリューションには、フル・スクリーンとギャラリー・ビュー、およびデュアル・スクリーン用デュアル・ストリームが含まれる。そのセキュリティ・ソリューションには、セキュア・ソケット・レイヤー(SSL)暗号化とロールベースのアクセス制御が含まれる。同社はスクリーン共有文書、写真とビデオクリップ、同時画面共有、およびiPhoneオペレーティング・システム(iOS)ミラーとのiPhone/iPad画面共有を提供する。

業種

Software & Programming

連絡先

55 Almaden Blvd Fl 6

San Jose, CA

95113-1608

United States

+1.888.7999666

https://www.zoom.us

エグゼクティブリーダーシップ

Eric S. Yuan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer, Founder

Kelly Steckelberg

Chief Financial Officer

Aparna Bawa

Chief Operating Officer, Secretary, Interim Chief Legal Officer

Shane Crehan

Principal Accounting Officer

Ryan Azus

Chief Revenue Officer

統計

2.36 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

0.6K

2021(E)

2.4K
EPS (USD)

2020

0.350

2021(E)

2.547
株価売上高倍率(過去12カ月)
545.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
90.31
株価純資産倍率(四半期)
101.41
株価キャッシュフロー倍率
483.13
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
21.17
自己資本利益率(過去12カ月)
12.48

最新ニュース

最新ニュース

焦点:ダウ史上初の3万ドル突破、投資家からは冷静な声

24日のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均が大幅上昇し、史上初めて3万ドルの大台を突破した。新型コロナウイルスのパンデミックで経済が痛手を受け、なお数百万人の失業者が存在する中で、株式市場に心理的な追い風が吹いた形だ。

NY市場サマリー(20日)ダウ219ドル安、ドル上昇

<為替> ドルがユーロや円などの主要通貨に対して上昇した。市場では新型コロナウイルス感染拡大への警戒感と、ワクチン開発への期待がせめぎ合っている。

ダウ219ドル安、コロナ感染急増がワクチン期待に水差す

米国株式市場は下落し、ダウ工業株30種<.DJI>が219ドル安で取引を終えた。新型コロナウイルス感染の急増がワクチン実用化への期待に水を差す格好となった。

NY市場サマリー(9日)円に売り、ダウとS&P大幅高

<為替> ニューヨーク外為市場では、米大統領選で民主党のジョー・バイデン候補が勝利を確実にしたことに加え、ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの高い効果を発表したことで、円を売ってリスク資産を買う動きが広がった。

ダウとS&P大幅高、ワクチン期待で

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が大幅上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンの後期臨床試験(治験)で高い効果を示す結果が報告され、全面的な経済活動再開への期待が高まった。ただ、いずれも終値ベースでの最高値は下回った。

ソフトバンクG、4―9月期純利益4.4倍 利益の変動は「新常態」

ソフトバンクグループ<9984.T>は9日、2020年4―9月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比4.4倍の1兆8832億円だったと発表した。資産売却に伴う利益計上に加え、金融市場の復調や新型コロナウイルスの影響によるデジタル需要拡大が追い風となって投資先の価値が上昇した。

ダウ650ドル安、コロナ感染急拡大や経済対策巡る不透明感が圧迫

米国株式市場は薄商いの中、大幅安となった。新型コロナウイルス感染者が急増し、追加のコロナ経済対策合意を巡る不透明感が増したことを受け、S&P総合500種は4週間ぶりの大幅な下げ率を記録した。

インドネシア、デジタル課税対象にツイッターなど12社追加

インドネシア財務省税務総局は8日、売り上げに10%の付加価値税(VAT)を課税する対象のIT企業に、さらに12社を追加したと発表した。

米スラック、5━7月期は利用者の伸び鈍る 競争激化で

ビジネス対話アプリを手掛ける米スラック・テクノロジーズ<WORK.N>が発表した第2・四半期(5━7月)決算は、市場が注目する請求額の伸びが鈍化し、新規の有料顧客数も前期を下回った。在宅勤務向けサービスの競争激化が響いた。

日経平均は反発、商い細る中で個別物色が活発化

東京株式市場で日経平均は反発。前日の米国株式市場が上昇したことを好感して高寄りして始まったものの、上値を追うだけの材料が不足しており、その後は小動きで推移した。東証1部売買代金は連日の2兆円割れとなるなど、商いは細っている。ただ、そうした中にあっても物色意欲はおう盛で、引き続き個別物色が活発化した。

NY市場サマリー(1日)ユーロが一時1.20ドル突破、S&P最高値更新

<為替>  ユーロが節目となる1.20ドルを2018年以来初めて上抜けた。その後、利益確定売りが広がる中でユーロは下げに転じ、ドルは2年4カ月ぶり安値から戻した。

S&Pとナスダック最高値更新、ハイテク株がけん引

米国株式市場では、S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が最高値を更新したほか、ダウ工業株30種<.DJI>も200ドル超上昇した。アップル<AAPL.O>やズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM.O>がテクノロジー株の上昇をけん引。製造業景気指数が予想を上回ったことや新型コロナウイルス追加対策を巡る協議への動きも楽観論を後押しした。

米国株式市場=上昇、予想上回る製造業指標などで ハイテク株けん引

米国株式市場は上昇して取引を終えた。アッ プルやズーム・ビデオ・コミュニケーションズがテクノロジー株の上昇を けん引。製造業景気指数が予想を上回ったことや新型コロナウイルス追加対策を巡る協議 への動きも楽観論を後押しした。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30 28645.6 +215.61 +0.76 28439. 28659. 28290. 種 6 61 26 72  前営業日終値 28430.0 5 ナスダック総合 11939.6 +164.21 +1.39 11850. 11945. 11794. 7 96...

米ズーム、第2四半期決算が予想上回る 通期売上高見通し引き上げ

ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM.O>が31日発表した第2・四半期決算は、売上高と利益がともに市場予想を大幅に上回った。無料のユーザー基盤から有料のサブスクリプションサービスへのシフトを進めていることが背景。

米ズーム、第2四半期決算が予想上回る 通期売上高見通し引き上げ

ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが31日発表した第2・四半期決算は、売上高と利益がともに市場予想を大幅に上回った。無料のユーザー基盤から有料のサブスクリプションサービスへのシフトを進めていることが背景。

米ズーム、ビデオ会議サービスの障害が復旧 一時ログインできず

米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM.O>は24日、米国の一部で接続障害が発生し、同社のビデオ会議サービスにログインできない状態となっていた問題が解決したと発表した。

コラム:巨大市場のインド、TikTok買収では蚊帳の外

中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を考えるとき、「残存価値」は地域によって異なるようだ。米マイクロソフト<MSFT.O>はティックトックの米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの事業買収を巡って交渉中。一方、ティックトックとの事前協議が伝えられた米ツイッター<TWTR.N>が関心があるのは米国事業だけのもよう。ここでは、ユーザー数でティックトック最大の市場であるインドは蚊帳の外だ。

米ズーム、中国での利用方式変更 現地提携企業との契約に

ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM.O>は3日、中国のユーザーに対し、利用契約を8月23日から現地の提携企業と契約する方式に変更すると通知した。

米上院議員、司法省にズームとTikTokの調査要請

を運営するズーム<ZM.O>と中国系の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を調査するよう要請した。

米スラック、マイクロソフト「チームズ」巡りEUに独禁調査要請

ビジネス対話アプリを手掛ける米スラック・テクノロジーズ<WORK.N>は22日、 欧州連合(EU)の独占禁止当局に対し、米マイクロソフト<MSFT.O>が市場における支配的地位を乱用していなかったか調査を実施するよう要請した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up