for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zoom Video Communications Inc

ZM.O

現在値

337.43USD

変化

-5.66(-1.65%)

出来高

8,255,524

本日のレンジ

314.38

 - 

347.75

52週レンジ

100.88

 - 

588.84

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
343.09
始値
345.39
出来高
8,255,524
3か月平均出来高
123.11
高値
347.75
安値
314.38
52週高値
588.84
52週安値
100.88
発行済株式数
285.95
時価総額
98,223.39
予想PER
90.59
配当利回り
--

次のエベント

Zoom Video Communications Inc at Credit Suisse Software Investor Day

適時開示

その他

Zoom Video Communications Reports Q4 EPS Of $0.87

U.S. gives final approval to settlement with Zoom over allegations the company misled consumers about its data security practices

Zoom Video - Conducting Internal Investigation, And Co Terminated For Violating Co Policies China-Based Former Employee Charged In Matter

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zoom Video Communications Incとは

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(Zoom Video Communications, Inc.)はビデオおよびウェブ会議サービスの米国を拠点とするプロバイダである。【事業内容】同社はクラウド・ビデオ会議、オンライン会議、グループ・メッセージング、およびソフトウェアベースのビデオ会議室ソリューションを1つのプラットフォームに統合する。同社のソリューションは、Windows、Mac、Linux、Android、BlackBerry、Zoom Rooms、PolycomとCisco TandbergなどのH.323/セッションイニシエーションプロトコル(SIP)ルーム・システムでビデオ、オーディオ、および画面共有のエクスペリエンスを提供する。そのソリューションには、会議、プレミアム・オーディオ、ビジネス・インスタント・メッセージ(IM)、ビデオ・ウェビナー、ズーム・ルーム、H.323/SIPコネクタ、および開発者プラットフォームが含まれる。同社のクラウド・ビデオ会議ソリューションには、フル・スクリーンとギャラリー・ビュー、およびデュアル・スクリーン用デュアル・ストリームが含まれる。そのセキュリティ・ソリューションには、セキュア・ソケット・レイヤー(SSL)暗号化とロールベースのアクセス制御が含まれる。同社はスクリーン共有文書、写真とビデオクリップ、同時画面共有、およびiPhoneオペレーティング・システム(iOS)ミラーとのiPhone/iPad画面共有を提供する。

業種

Software & Programming

連絡先

55 Almaden Blvd Fl 6

San Jose, CA

95113-1608

United States

+1.888.7999666

https://www.zoom.us

エグゼクティブリーダーシップ

Eric S. Yuan

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer, Founder

Kelly Steckelberg

Chief Financial Officer

Aparna Bawa

Chief Operating Officer, Secretary, Interim Chief Legal Officer

Shane Crehan

Principal Accounting Officer

Ryan Azus

Chief Revenue Officer

統計

2.32 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

0.6K

2021

2.7K

2022(E)

3.8K
EPS (USD)

2020

0.350

2021

3.340

2022(E)

3.725
株価売上高倍率(過去12カ月)
150.67
株価売上高倍率(過去12カ月)
37.05
株価純資産倍率(四半期)
24.99
株価キャッシュフロー倍率
140.08
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
26.92
自己資本利益率(過去12カ月)
20.41

最新ニュース

最新ニュース

米ズームの第4四半期、売上高予想上回る 見通しも堅調で株価上昇

ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが1日発表した第4・四半期(11─1月)決算は、売上高が市場予想を上回った。新型コロナウイルス感染拡大に伴い在宅勤務やオンライン授業が広がり、利用者が増加した。

NY市場サマリー(1日)ドル指数3週間ぶり高値、米株大幅高

バイデン政権が大規模な追加景気対策の策定を進める中、景気回復とインフレ高進に対する期待が膨らみ、ドル相場はこのところ米国債利回りの上昇に歩調を合わせ上昇している。

米国株式市場=大幅高、債券市場の落ち着きや景気回復期待で

米国株式市場は大幅高で取引を終えた。債券市場の売りが落ち着いたほか、新型コロナウイルスワクチンや追加経済対策に関連した動きを受けて早期の景気回復への期待が高まった。S&P総合500種は昨年6月以来の大幅な上昇となった。

米東海岸で大規模ネット障害、ベライゾン施設で問題か

米東海岸一帯で26日、大規模なインターネット障害が発生した。アマゾン・ドット・コムのアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)やビデオ会議サービスのズーム、グーグルなどのサービスに混乱が生じた。

2020年の対シンガポール事業投資は13%増、08年以来の高水準

シンガポール経済開発庁(EDB)は、2020年の海外からの事業投資が13%増で、2008年以来の高水準だったと発表した。半導体、エネルギー、化学などの分野がけん引した。

ヘッジファンドの今年平均リターン7.3%、ロング・ショート型が健闘

ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によると、1─11月の業界平均リターンは7.3%で、S&P総合500種の上昇率(14%)を下回った。ただ新型コロナウイルスの感染拡大に伴う今年3月の市場の混乱でも資産を維持したこともあり、全体として評価できるとの声が多い。

米検察、ズームの元中国幹部を起訴 天安門事件巡る会議を妨害

米検察当局は18日、天安門事件に関するビデオ会議を妨害したとして、米ビデオ会議サービス大手ズーム・ビデオ・コミュニケーションズの中国在住の元幹部を起訴した。

米ズーム、シンガポールに研究開発センター開設へ 技術者も積極採用

ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズは16日、シンガポールでの事業拡大に向けて研究・開発センターを開設し、数百人規模の技術者を採用すると発表した。

NY市場サマリー(1日)ドル指数急落、S&P・ナスダック最高値

<為替> ドル指数が約2年半ぶりの安値を付けた。米国で追加経済支援策が実現するとの観測が高まったことでリスク選好度が上昇し、安全通貨と見なされるドルに売りが出た。

米国株式市場=S&P・ナスダック最高値、ワクチン期待や好調な中国指標で

米国株式市場は反発し、S&P総合500種とナスダック総合が最高値で取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンの実用化が近いとの見方が高まっているほか、中国の好調な製造業指標を受けて早期の景気回復への期待が広がった。

米ズーム、売上高見通しが予想上回る 第3四半期は利益率低下

ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが30日に示した第4・四半期(11─1月)の売上高見通しは市場予想を上回った。ただ、第3・四半期に粗利益率が低下したほか、一部の成長指標が鈍化を示したことから同社の株価は引け後の時間外取引で5.2%下落した。

焦点:アバター姿でデジタル勤務、金融界に広がる仮想オフィス

かつてはゲーマーたちが独占していたバーチャルリアリティ(仮想現実、VR)。いま、その世界に夢中になっているのは、金融セクターだ。ひとりぼっちのトレーダーや孤立した幹部たちの在宅勤務を活気づける一方で、現実世界での営業活動や人脈構築、研修イベントなどがVRで再現されている。

焦点:ダウ史上初の3万ドル突破、投資家からは冷静な声

24日のニューヨーク株式市場で、ダウ工業株30種平均が大幅上昇し、史上初めて3万ドルの大台を突破した。新型コロナウイルスのパンデミックで経済が痛手を受け、なお数百万人の失業者が存在する中で、株式市場に心理的な追い風が吹いた形だ。

NY市場サマリー(20日)ダウ219ドル安、ドル上昇

<為替> ドルがユーロや円などの主要通貨に対して上昇した。市場では新型コロナウイルス感染拡大への警戒感と、ワクチン開発への期待がせめぎ合っている。

ダウ219ドル安、コロナ感染急増がワクチン期待に水差す

米国株式市場は下落し、ダウ工業株30種<.DJI>が219ドル安で取引を終えた。新型コロナウイルス感染の急増がワクチン実用化への期待に水を差す格好となった。

NY市場サマリー(9日)円に売り、ダウとS&P大幅高

<為替> ニューヨーク外為市場では、米大統領選で民主党のジョー・バイデン候補が勝利を確実にしたことに加え、ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの高い効果を発表したことで、円を売ってリスク資産を買う動きが広がった。

ダウとS&P大幅高、ワクチン期待で

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が大幅上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンの後期臨床試験(治験)で高い効果を示す結果が報告され、全面的な経済活動再開への期待が高まった。ただ、いずれも終値ベースでの最高値は下回った。

ソフトバンクG、4―9月期純利益4.4倍 利益の変動は「新常態」

ソフトバンクグループ<9984.T>は9日、2020年4―9月期の連結純利益(国際会計基準)が前年同期比4.4倍の1兆8832億円だったと発表した。資産売却に伴う利益計上に加え、金融市場の復調や新型コロナウイルスの影響によるデジタル需要拡大が追い風となって投資先の価値が上昇した。

ダウ650ドル安、コロナ感染急拡大や経済対策巡る不透明感が圧迫

米国株式市場は薄商いの中、大幅安となった。新型コロナウイルス感染者が急増し、追加のコロナ経済対策合意を巡る不透明感が増したことを受け、S&P総合500種は4週間ぶりの大幅な下げ率を記録した。

インドネシア、デジタル課税対象にツイッターなど12社追加

インドネシア財務省税務総局は8日、売り上げに10%の付加価値税(VAT)を課税する対象のIT企業に、さらに12社を追加したと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up